ジャパンネット銀行 JNBvisaデビットカードはファミマで最大4%還元!独自サービスも便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードはファミリーマートでおトクらしい!
でも実際はどういうカードなのかよく知らないな……」

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードはファミリーマートでの還元率が最高4%になるすごいカード。
現金でキャッシュバックされるJNBスターを貯められるところや、ネット銀行の特性を活かした独自のサービスも魅力です。

例えば、ネットショッピングで使い捨てられるカード番号を発行できる「カードレスVisa」はこのカード特有のサービス。
新しく口座開設して不便がないよう、既存の口座から毎月自動でお金を移してくれる「定額自動入金」サービスもあります。

このページではそんなジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードの良いところ・悪いところを余すことなくお伝えします。

きっと、このカードのことがよく分かりますよ。

また、デビットカードについての詳しい解説は次の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
デビットカードとは?クレジットカードと比較して解説!おすすめカード3選も

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカード
ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカード

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカード
年会費 無料 国際ブランド Visa
基本還元率 0.2% 利用可能枠 口座残高まで
※口座残高が500万円を超える場合は1日500万円まで
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし 追加発行可 なし
付帯電子マネー なし 支払日 即時決済
申し込み条件 満15歳以上のジャパンネット銀行普通預金口座開設可能な方

目次

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードをおすすめしたい3つのケース

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードは、数あるデビットカードの中でも特徴の多いカード

一方で、基本的なスペックは低め
使い方を分かった上で使わないともったいないカードだと言えます。

ここではまず、このカードをおすすめできる3つのケースについてお話しします。

どれかの場合にあてはまるのなら、きっとこのカードを使いこなせますよ。

①ケース1:ファミリーマートをよく使うならポイント大量ゲットのチャンス

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードはファミリーマートでおトクなデビットカードです。

なんと、ファミリーマートでのポイント還元率が最大4%
1000円の買い物で40ポイントもTポイントが貯まるのです。

実は、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードには「Tポイントを貯めるタイプ」「JNBスターを貯めるタイプ」の2種類があります。
 

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカード Tポイント型
ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカード

このうちファミリーマートでおトクなのは「Tポイントを貯めるタイプ」のみ。
ファミリーマートをよく使う場合はTポイント型を選びましょう

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードで貯められるポイントについて詳しくは以下の項目で解説しています。

JNBスター型の利点についても解説していますので、ぜひお読みください。

CHECK貯めるポイントを「JNBスター」と「Tポイント」から選べる

②ケース2:ネットショッピングにカードを使うのが不安でもカード番号を変更・分割して対策できる

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードはネットショッピングにもおすすめ。

特に、ネットショッピングに不安がある場合や、初めてネットショッピングでカードを使う場合にこそ使いたいカードです。

おすすめする理由は、ネットショッピングで便利な「カードレスVisa」のサービスを使えるから。

「カードレスVisa」は手元に届いたカードとは別に、ネット上で発行できるもうひとつのVisaデビットカード

自由に発行でき、1日5回までカード番号を変更できます。
これがあれば、万一ネットショッピングでカード番号が流出しても簡単に対応できます

海外の通販を利用するときなど、セキュリティに不安があるときは特に活躍しそうですね。
詳しくは以下の項目で解説しています。

CHECK「カードレスVisa」を使えばカード番号を4つ発行・番号変更自由

③ケース3:普通預金の金利が気になるなら円普通金利最大0.015%のこのカード

ジャパンネット銀行は最大0.015%の円普通預金金利が魅力の銀行です。

ジャパンネット銀行の円普通預金金利(2019年2月9日現在)
預金残高 金利
100万円未満 0.01%
100万円以上 0.015%
主要銀行の円普通預金金利(2019年2月9日現在)
銀行名 金利
三菱UFJ銀行 0.001%
住信SBIネット銀行 0.001%
ソニー銀行 0.001%

ジャパンネット銀行の円普通預金金利は預金残高によって変化し、100万円以上預金していると金利が0.015%になります。

預金残高が100万円に達さなくても金利は0.01%
多くの銀行で円普通預金金利が0.001%であることを考えると、金利が低い状態でも10倍おトクです。

金利が高ければ預けたお金がより多く増えるため、金利はなるべく高い方が良いですね。

「普通預金でしっかり得をしながらデビットを使いたい!」というあなたにはジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードがおすすめです。

その他、ジャパンネット銀行の特徴については以下の項目で解説しています。ぜひご参照ください。

CHECK【ジャパンネット銀行について】ジャパンネット銀行は大胆に使えばおトク!

<【他のおすすめカード】基本スペックが低めなので使う人を選ぶ側面も>

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードは特徴が多い代わりに基本的なスペックが低いカード。

そのため、基本スペックで比較すると他のカードに見劣りしがち
ケース1~3に当てはまらないのなら、他のカードを選んだ方がおトクかもしれません。

例えば、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードの基本還元率は0.2%と低め
他の高還元率デビットカードと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

主要デビットカードの還元率
カード名 還元率
楽天銀行デビットカード(JCB) 1.0%
※楽天市場では2.0%にアップ
住信SBIネット銀行 VISAデビットカード 0.6%
セブン銀行デビットカード 0.5%
※セブンイレブンでは1.5%にアップ
三菱UFJ-JCBデビット 0.3%~0.5%

デビットカードの還元率を気にする場合は「楽天銀行デビットカード(JCB)」など、高還元のデビットカードを選ぶと良いでしょう。

また、ジャパンネット銀行に付帯している保険は「不正利用補償」のみ。
クレジットカードのように保険が付いていてほしい場合このカードはおすすめできません。

保険が充実しているデビットカードとしては「三菱UFJ-JCBデビット」があげられます。

三菱UFJ-JCBデビットの保険・補償
海外旅行保険
死亡後遺障害 最大3000万円
障害・疾病治療 最大100万円
救援者費用 最大100万円
賠償責任 最大2000万円
携行品の損害 年間100万円まで
※1旅行では20万円まで
海外ショッピング保険 年間100万円まで
国内旅行保険
死亡後遺障害 最大3000万円

銀行に関しても、ジャパンネット銀行は円普通預金がおトクですが、円定期預金は他のネット銀行とさして変わらない金利です。

ジャパンネット銀行の円定期預金金利
預金期間 金利
10年 0.03%
10年以外 0.02%
【比較】住信SBIネット銀行の円定期預金金利
預金期間 金利
3か月 0.3%
3か月以外 0.02%

定期預金がおトクなのは住信SBIネット銀行など。
定期預金を活用していきたい場合には「住信SBIネット銀行 VISAデビットカード」の方が使いやすいでしょう。

自分に合ったデビットカードを選んで活用していきたいですね。

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードの基本情報

ここからは、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードの基本的な使い方選び方について解説していきます。

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードには2つのタイプがあります

それぞれ貯められるポイントの種類やおトクな場面が違うため、カードを作るときは2つの違いを分かっておくことが重要です。

2つのタイプの違いを理解して、自分に合った方を選べるようになりましょう。

①年会費・発行手数料無料!Visaのタッチ決済にも対応

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードは年会費・手数料ともに無料。余計なお金を払うことはありません。

Visaのタッチ決済にも対応しており、店頭での支払いがSuicaのようにスムーズです。

Visaのタッチ決済利用イメージ
▲Visaのタッチ決済利用イメージ|ジャパンネット銀行HPより

使い方は簡単。
支払いのときに「Visaのタッチ決済で」と伝え、画像のようにカードをかざすだけ。
サイン・暗証番号不要でスムーズに支払うことができます。

VISAロゴ
VISAタッチ決済ロゴ
タッチ決済ロゴ
▲Visaのタッチ決済|ジャパンネット銀行HPより

使えるのは上のマークがある店舗。
マクドナルドやローソンで対応しているため、活用する機会もたくさんありそうですね。

より詳しい対応店舗についてはVisaのHPをご参照ください。

Visaのタッチ決済|Visa

ただし、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードと相性の良いファミリーマートはVisaのタッチ決済非対応

普通に使うことはもちろんできますが、タッチ決済はできないので注意しましょう。

②貯めるポイントを「JNBスター」と「Tポイント」から選べる

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードには「JNBスターを貯めるタイプ」「Tポイントを貯めるタイプ」と2つの種類があります。

2つのタイプで違うのは貯められるポイントと特典のみ
他の機能は全く同じなので、どちらも年会費無料でVisaのタッチ決済を使えますし、これから紹介する各種機能も共通です。

では、2つのポイントはそれぞれ何が違うのでしょう。下の表にまとめました。

JNBスターとTポイントの違い
JNBスター Tポイント
貯まり方 累計500円毎に1ポイント (ファミリーマート)購入金額200円ごとに2~8ポイント
(ファミリーマート以外)累計500円毎に1ポイント
交換先 現金 ファミリーマートでの支払いなど
有効期限 獲得から1年 最終利用日から1年

注目すべきは、JNBスターを現金に交換できる点とTポイントがファミリーマートでどんどん貯まる点。

また、どちらのポイントにも有効期限があるのに注意です。

特に気を付けたいのはJNBスター型。獲得から1年で失効してしまい、有効期限を延長できません

一方で、Tポイントの有効期限は「最終利用日から1年」。
Tポイントを貯めたり、使ったり、交換すれば有効期限が延長されます。

ただし、いずれのタイプにしても1年間利用がなければ全ポイント失効です。
ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを作ったら、こまめに使うようにしましょう。

<Tポイントはジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードに統合可能>

今まで貯めていたTポイントはジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカード(Tポイント型)に統合することができます

Tカードポイント移動手続き
▲Tカードポイント移動手続き|Tサイトより

統合手続きはTサイト上でYahoo! JAPAN IDを使って行います。
Yahoo! JAPAN IDは無料で作れるため、手続きの前に作っておきましょう。

統合手続きはジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードが届いてからならいつでもできます。

詳しくは、以下のTサイト説明ページをご覧ください。

Tカードポイント移動手続き|Tサイト

③Tポイント型ならファミマで最大4%還元!

Tポイント型JNBVisaデビットカード
▲Tポイント型JNBVisaデビットカード|ジャパンネット銀行HP

Tポイント型最大のメリットは、ファミリーマートでどんどんポイントを貯められること。
特定条件を合わせることにより、最大4%の還元率を実現することができます。

何もボーナスがない日の還元率は1%
200円ごとに2ポイント獲得できます。

還元率の計算で重要なのは「ファミランク」
ファミランクによって貰えるポイントが変わってきます。

ファミランクアップの条件
前月の購入金額合計 ランク
~4999円 ブロンズ
5000円~14999円 シルバー
15000円~ ゴールド

ファミランクは前月の購入金額によって決まります。

1日に平均250円購入すれば4週間の平日、計20日間で合計購入金額が5000円に達します。

合計金額を15000円以上にするためには平均750円必要です。少しハードルが上がりましたが、思ったより難しい数字ではないですね。

そして、特典があるときの還元率は次の表のようになっています。

Tポイント型ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードのファミリーマートでの還元率
特典内容 ファミランク
ブロンズ シルバー ゴールド
通常時 1% 1.5% 2%
レディースデイ 1.5% 2.5% 3%
カードの日※ 2.5% 3.5% 4%
※ファミリーマートに問い合わせ、回答いただいた数値です。
一部、ファミリーマート公式HPの計算と合わない箇所がありますが、HPでは簡略化している小数点以下の計算が原因とのことです。

毎週水曜日はレディースデイ
女性会員はTポイントがいつもより少し多く貰えるおトクな日です。
男性会員は対象外なので注意しましょう。

毎週火曜日・土曜日はカード会員がおトクなカードの日です。
ゴールドランクならば還元率は4%
ブロンズランクでも2.5%還元され大変おトクです。

Tサイトより Tポイントを使う
▲Tポイントを使う|Tサイト

貯めたポイントの使い道はいろいろ
ファミリーマートを含むTポイント加盟店での支払いに使ったり、Tサイトから商品に交換したりすることができます。

Tサイトでは商品に交換する以外にも、Tポイントを増やすゲームに使ったり募金に使うこともできるので一度目を通しておくと良いでしょう。

Tポイントを使う|Tサイト

④JNBスター型なら使いやすい現金に交換可能!

JNBスタープログラム
▲JNBスタープログラム|ジャパンネット銀行より

JNBスター型の利点は交換先が現金であること。
Tポイント型とは違い交換先は現金のみですが、使いやすさは随一です。

交換レートは1JNBスター=1円
その上、1JNBスターから交換を受け付けてくれます

JNBスターには有効期限が1年しかないという弱点がありました。
しかし、いつでも現金に交換できるためこの弱点が気になりませんね。

交換手続きは「残高確認アプリ」と「Web」2種類の方法で可能。
スマートフォンで簡単に手続きできる「残高確認アプリ」がおすすめです。

いずれの方法でも、手続き後交換したJNBスターの分だけ口座に即入金されるため便利です。

JNBスターの交換に便利な口座残高アプリについては次の項目をご参照ください。

CHECKVisaデビットに適した作りのジャパンネット銀行アプリで残高確認

<Tポイントも現金に交換できるがJNBスターの方がおトク>

実はTポイントもYahoo! JAPAN経由で手続きすれば現金に交換することができます。

ただし、交換レートは100ポイント=85円100ポイント=100円のJNBスターに比べて低くなってしまいます。
その上交換には2週間かかり、交換は1000ポイントから100ポイント単位での受付です。

現金への交換ならばJNBスター型の方がずっと使いやすいですね。

⑤ガソリンスタンドの支払いや携帯・公共料金等月額支払いに利用可能

ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードはガソリンスタンドの支払いや、携帯・公共料金等の月額支払いに使うことができます

ただし、ガソリンスタンドの支払いに使うには給油時に3000円以上の残高が必要
また、代金の引き落としに1~2週間かかる場合があります。

引き落とし時に代金を払えない場合、デビットを停止の上メールや電話で入金の連絡をされるので注意です。

月額払いの場合も引き落としが遅れることがあります。
デビットをガソリンスタンドや月額払いに使うのなら口座残高を多めにしておいた方が良いでしょう。

なぜ、このような特例があるのかというとデビットカードには「使えないことが多いケース」が存在するため。

ガソリンスタンドや月額払いというのはその代表例です。
本来使えないケースでデビットを使っているため、特別な対処が必要になってしまうのですね。

デビットカードを「使えないことが多いケース」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
VISA・JCBロゴがあってもデビットカードを使えない場合がある

逆にジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを使うことができないVisa加盟店の例は以下の通り。

★ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを使えないVisa加盟店の例

  • 高速道路料金
  • 飛行機の機内販売
  • NETELLER
  • TSUTAYA DISCAS
  • JR西日本 SMART ICOCAクイックチャージ(新規登録のみ)
  • SAPICAオートチャージ(新規登録のみ)
  • 楽天モバイル
  • この他に、不正利用の報告が多いなどジャパンネット銀行が「使わない方が良い」と判断した加盟店で使えなくなることもあります。

    逆に、加盟店側からジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードの利用を断っていることも。
    格安SIMの支払いはその代表例です。

    格安SIMの支払いは基本的にクレジットカードで行います。
    しかし、格安SIM側が許可した場合に限りデビットカードも使うことができるのです。

    ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードはVisa対応の格安SIM側が「ジャパンネット銀行のデビットカードは利用不可」としていない場合なら使うことができます。

    格安SIMの支払いにジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを使いたい場合、使えるかどうかはジャパンネット銀行ではなく格安SIMの会社に問い合わせましょう

    ⑥不正利用に遭っても年間500万円までなら補償してくれる

    口座残高が不自然に減っていたり、身に覚えのない引き落としがあった場合にはすぐカスタマーセンターへ連絡しましょう。

    もしかしたら、不正に使われたお金が返ってくるかもしれません。
    年間500万円までは不正利用を補償してくれるのです。

    Visaデビットで身に覚えのないお取引があった場合は、
    0120-089-623(通話料無料)へお問い合わせください。

    ▲お問い合わせ|ジャパンネット銀行HPより

    カスタマーセンターの連絡先は上記引用の通りです。

    引用先を参考にする場合はページ下部「金融犯罪被害に関するご相談」の欄をご確認ください。

    ただし、同居人が加担した場合の不正利用など補償の対象にならない場合もあります。
    普通預金口座不正使用保険規定の第5条で確認できるので、補償の対象になるか不安な場合は確認しましょう。

    また、「引き落とし額が3900円の場合はAmazonの年会費引き落としの可能性がある」など、不正利用と勘違いされやすい引き落としについても以下のページで説明されています。

    カスタマーセンターへ連絡する前に一読しておくと良いでしょう。

    この引き落としはなに?と思ったら

    <利用通知メールで利用店舗が即座に分かる>

    利用通知メールで利用店舗が即座に分かる
    ▲利用後すぐに通知メールが届く|ジャパンネット銀行HPより

    ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを使うと指定のメールアドレスに利用通知メールが届きます。

    このメールによって、カードを不正に使われたときにもすぐ気付くことができるのです。
    使った金額、お店の名前が分かるので普段の家計管理にも便利ですね。

    その他、メールで通知されるのは次のようなときです。

    ★メール通知が届くタイミング

  • カード番号の発行・変更時
  • カード番号の利用停止・再開時
  • Visaデビットによる入出金時
  • ご利用代金の引き落とし不能時(残高不足等)
  • 利用限度額変更時
  • Visaデビット取引による暗証番号失効時
  • 通知メールの登録・解除はHPにログイン後「メール配信(my m@il)の登録・解除」で手続きできます。

    初期設定では全て配信するようになっているので、必要ない通知設定は解除してしまいましょう。

    【活用術】ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードならではのサービス

    続いて、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードならではのサービスについてお話ししていきます。

    ネットショッピングで使い捨てにできる「カードレスVisa」やVisaデビットに合わせたデザインになっている残高アプリなど、他のカードにはないサービスが山盛りです。

    これらの特徴的なサービスを活用して、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを最大限に活用していきましょう!

    ①「カードレスVisa」を使えばカード番号を4つ発行・番号変更自由

    「カードレスVisa」を使えばカード番号を4つ発行・番号変更自由
    ▲カードレスVisa|ジャパンネット銀行HP

    カードレスVisaはネット上で発行するジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードとは別のVisaデビットカード。

    現実世界にカードは存在せず、カード番号だけが発行されます

    JNBVisaデビットカードとカードレスVisaの比較
    JNBVisaデビットカード カードレスVisa
    カード番号の数 1つ 4つまで
    カード番号の変更 不可 可能
    使える店 Visa加盟店 Visaの使えるネットショッピング

    現実にカードがあるわけではないので、使える場所はネットショッピングに限られてしまいます
    しかし、カード番号を自由に変更できる柔軟性によって高いセキュリティを実現できるのが最大のメリット

    ネットショッピングで一番怖いのがカード番号の漏洩です。
    しかし、カードレスVisaならカード番号を自由に変更できるため、番号の漏洩も怖くありません。

    海外の通販など、セキュリティーに不安のあるサイトを使うときにはカードレスVisaで買い物した後使った番号をすぐに変更してしまうと良いでしょう。

    カードレスVisa発行に必要なのはジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードのみ。
    HPでログイン後、「カード番号発行」を選んでカードレスVisaを発行しましょう。

    なお、カード番号を変更した上で同じネットショッピングを使うならばカードの再登録が必要になります。

    信頼でき、よく使うネットショッピングならカード番号はむやみに変えない方が使いやすいでしょう。

    <Tポイント型でもカードレスVisaではJNBスターが貯まるので注意>

    カードレスVisaの利用でもポイントが貯まります。
    しかし、貯まるポイントは「JNBスター型」でも「Tポイント型」でも、JNBスターが貯まるので注意しましょう。

    各Visaデビットで貯められるポイント
    カードの種類 使う場所
    店舗 ネット
    JNBスター型 JNBスター JNBスター
    JNBスター型から作ったカードレスVisa 使えない JNBスター
    Tポイント型 Tポイント Tポイント
    Tポイント型から作ったカードレスVisa 使えない JNBスター

    貯まったJNBスターはすぐ現金に交換できるため、Tポイント型でも全く無駄にはなりません
    JNBスターの交換には「残高確認アプリ」が便利です。

    CHECK残高確認アプリについて

    Tポイントをネットショッピングでも貯めたいときは、Tポイント型のジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを使うようにしましょう。

    ②キャッシュバックモール経由で1%還元+ポイントも貯まる

    キャッシュバックモール経由で1%還元+ポイントも貯まる
    ▲キャッシュバックモール|ジャパンネット銀行HPより

    「キャッシュバックモール」はジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカード会員専用の通販提携サービス。

    キャッシュバックモール経由でジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードを使い買い物をすると、代金の1%が口座にキャッシュバックされます

    カードレスVisaでの支払いでも1%キャッシュバックされますよ。

    キャッシュバックモールの使い方
    ▲キャッシュバックモールの使い方|ジャパンネット銀行HPより

    さらに、キャッシュバックモール経由の買い物でもいつも通りポイントが貯まるため、とてもおトク。

    例えば、キャッシュバックモールを経由し、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードで10000円の買い物をしたとします。

    そのとき返ってくる金額は、キャッシュバックが100円にポイントが20ポイント(=20円)計120円

    キャッシュバックモールを経由する一手間でジュース1本分浮いたと考えれば悪くないですね。

    キャッシュバックモール 主要な出店ショップ
    ▲主要な出店ショップ|ジャパンネット銀行HP

    主な出店ショップは画像の通り。
    以下の公式サイトから他の出店ショップを見ることができすので、一度見ておくと良いでしょう。

    キャッシュバックモール|ジャパンネット銀行HP

    ③Visaデビットに適した作りのジャパンネット銀行アプリで残高確認

    ジャパンネット銀行アプリ
    ▲ジャパンネット銀行残高アプリ|ジャパンネット銀行HPより

    ジャパンネット銀行の残高確認アプリは、Visaデビットカードに合わせた作りになっている珍しい銀行アプリです。

    ジャパンネット銀行アプリ 画面イメージ
    ▲画面イメージ|ジャパンネット銀行HP

    画面のイメージは画像の通り。
    デビットカードを使ったお店の名前と支払った金額を確認できるので、簡易的な家計簿にもなります。

    口座残高のすぐ下に保有JNBスター数が表示され、隣の交換ボタンからすぐに交換することが可能

    JNBスターは有効期限が1年のみなので、こうしてスマートフォンから簡単に交換できるのはありがたいですね。

    その他、このアプリで確認できるのは次のような内容。

  • 普通預金口座の残高
  • 保有JNBスター数
  • 最新10件の普通預金取引明細/Visaデビットご利用明細
  • 定期預金口座の残高
  • 極度型ローンのお借入残高
  • 目的型ローン/フリーローンのお借入残高
  • 投資信託の評価金額(残高)・評価損益
  • 外貨普通預金の円換算残高・評価損益
  • 外貨定期預金の円換算残高・評価損益
  • ジャパンネット銀行 残高確認アプリ App Store説明欄より

    詳細やダウンロードリンクは以下のページをご参照ください。

    残高確認アプリ|ジャパンネット銀行

    ③「定額自動入金」機能を使えば手数料ナシで別口座からお金を移せる

    定額自動入金
    ▲定額自動入金|ジャパンネット銀行HP

    「定額自動入金」機能は毎月5日もしくは27日に他行の口座からジャパンネット銀行へ一定額手数料無料で移動させるサービスです。

    これを使えばデビットを作る際問題となる「新規口座への引っ越し」が必要なくなります

    以前使っていた口座からジャパンネット銀行の新規口座へ、デビットを使うのに不自由しないだけお金を移動させれば良いためです。

    ★メインの口座を新しく作りなおした際しなければならないことの例

  • 給与振込口座の変更
  • 預金の移動
  • クレジットカードなどの引き落とし口座変更
  • 公共料金等引き落とし口座の変更
  • ジャパンネット銀行の定額自動入金機能を使えば上記の手間を全て省けます

    1回の定額自動入金で移動させられる金額は1万円から千円単位
    最大で1億円まで移動できるので、個人の利用なら不便はないでしょう。

    また、引き落とし8営業日前までなら「引き落とし額の変更」「引き落としの停止」「引き落としの解約」の手続きができるので安心です。

    口座にお金が足りなかったなど、引き落としができなかった場合は1円も移動しません
    再引き落としはなく、その月の引き落としがなかったこととなります。

    3回連続で引き落としができなかった場合、自動的に定額自動入金サービス解約となります。

    また定額自動入金サービスを使いたいときは、最初契約したときと同じように申し込みなおしましょう。

    申し込みはジャパンネット銀行HPから。詳細・申し込み等は以下のリンク先をご確認ください。

    定額自動入金サービス|ジャパンネット銀行HP

    【ジャパンネット銀行について】ジャパンネット銀行は大胆に使えばおトク

    最後に、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードの発行元であるジャパンネット銀行について見ていきます。

    デビットカードを作ると同時に口座開設するため、できるだけおトクに使いたいですよね。

    ジャパンネット銀行は一言で言ってしまえば「大胆に使うほどおトクになる銀行」

    では具体的にどのような大胆さが必要なのか。
    ひとつひとつ見ていきましょう。

    ①セブンイレブン・ローソン・ファミマのATMが使える

    ジャパンネット銀行は名前の通りネット銀行ですので、自分の銀行のATMを持っていません

    そのため、ジャパンネット銀行の口座からお金を下ろしたいときはコンビニATMなど、他の銀行のATMを使います

    ジャパンネット銀行HPより ご利用いただける提携ATM
    ▲ご利用いただける提携ATM|ジャパンネット銀行HPより

    使えるのはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのATMにゆうちょと三井住友銀行ATM

    ゆうちょのATMは一部使えない時間帯がありますが、それ以外のATMは24時間使うことができます

    ゆうちょATMを使える時間帯
    設置場所 曜日 取扱時間
    ゆうちょ銀行 月曜日 7:00~23:55
    火曜日~土曜日 0:05~23:55
    日曜日・祝日 0:05~21:00
    ファミリーマート 第3月曜日以外 0:05~23:55
    第3月曜日 7:00~23:55

    また、使えるサービスもほぼ全てのATMで共通
    唯一三井住友銀行のATMのみ、振込と暗証番号変更もできます。

    ただし、振込と暗証番号変更はネットからでもできます
    その上、三井住友銀行のATMを使って振り込むと振込を三井住友銀行がする分、手数料が増えてしまいます

    三井住友銀行の振込手数料
    振込先 振込金額 手数料
    三井住友銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行 3万円未満 108円+162円
    3万円以上 216円+162円
    その他 3万円未満 216円+162円
    3万円以上 432円+162円
    「+162円」は次項目解説の月1回目の出金になれば無料。ただし、振込金額が3万円を超えていても2回目以降なら無料にならない。

    以上のことから三井住友銀行のATMで振込・暗証番号変更をするメリットはないと言えるでしょう。

    しかし、コンビニATMと言えば便利な反面手数料がかかるイメージがあります。

    ジャパンネット銀行の場合はどうなのでしょうか?
    次の項目で解説します。

    ②入出金額が3万円以上でないと手数料を取られてしまう(※月1回は無料)

    ATMからジャパンネット銀行に入出金すると手数料を取られてしまいます

    各ATM別入出金手数料
    銀行名 手数料額
    セブン銀行 162円
    E.net
    ローソン銀行
    三井住友銀行
    ゆうちょ銀行 324円

    出金で手数料をとられる銀行は多いですが、入金でも手数料がかかるのは手痛いですね。

    しかし、3万円以上の入出金なら手数料は0円になります。
    入金でも手数料を取るのは「3万円出金して2万円入金し、実質0円で1万円出金」というのを避けるためでしょう。

    また、月1回目の入出金はそれぞれ手数料無料となります。

    ただし、「月1回目の入出金手数料無料」は3万円以上の入出金でもカウントされてしまうので注意が必要です。

    また、こちらはかなり条件が厳しくなってしまいますが、円普通・円定期預金残高の合計が6000万円を超えている場合「手数料優遇」の対象となります。

    この場合はコンビニ・三井住友銀行のATMで入出金の手数料が0円になります。

    入出金額を3万円以上にするなど、大胆に使うことができれば手数料0円でおトクと言えるでしょう。

    <海外ATMからの現金通貨引き出しもOK>

    ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードなら海外のATMでも使うことができます。

    デビットカードを海外のATMに挿入し、現地の海外通貨を引き出すことができるのです。

    海外対応ATMの目印
    ▲海外対応ATMの目印|ジャパンネット銀行HPより

    対応しているATMには「VISA」もしくは「PLUS」のマークが入っています。

    これらのマークが入ったATMを海外で見かけたら、その場所を覚えておくと万一のとき役に立つでしょう。

    その他、海外ATMを使う際に確認しておきたいことは次の表の通り。

    海外ATMを使う際に確認しておきたいこと
    ATM利用手数料 無料
    ※海外ATM設置会社が手数料を請求することはあります
    円換算レート Visa指定レート+海外事務手数料3.02%
    暗証番号 Visaデビットの暗証番号

    国内のATMを使う際は入出金額が3万円を超えていないと手数料がかかってしまいましたが、海外では3万円未満でもATM利用手数料0円です。

    ただし、海外のATM設置会社が利用手数料を課している場合は手数料を取られてしまいます

    引き出しの際は口座の日本円を海外現地通貨に両替して引き出します。

    両替のレートはVisa指定のレートに海外事務手数料3.02%を加えたもの。
    ATM利用手数料はかかりませんが、両替手数料はかかるため注意です。

    暗証番号は国内ATMとは違い、Visaデビット用の暗証番号を入力しましょう。
    国内の店頭などでVisaデビットを使う際に入力している暗証番号です。

    海外ATM利用時の挿入方向
    ▲海外ATM利用時の挿入方向|ジャパンネット銀行HPより

    海外ATMで使うときには図のように、Visaデビット側から挿入する必要があります。

    国内ATMとは逆の向きで入れることになるので注意してください。

    ③ワンタイムパスワードを使って安全なパスワード認証!

    ジャパンネット銀行では「トークン」による「ワンタイムパスワード」を使用しています。

    これにより、従来のパスワードよりも高い防犯性を実現しているのです。
    ひとつひとつ解説していきましょう。

    カード型トークン
    ▲カード型トークン|ジャパンネット銀行HP

    まず「トークン」とは「ワンタイムパスワード」を確認する機械です。
    カードの形をしていて、ジャパンネット銀行の口座を開設するとひとり一枚送られてきます

    トークンの裏面には「シリアル番号」が記載されているため、他の人のトークンと間違えることはありません。

    トークンが届き、シリアル番号を公式HPで入力することで「ワンタイムパスワード」を使うことができるようになります。

    ワンタイムパスワード一定時間で切り替わる、自分で数字を決めない新しい形のパスワードです。

    各時間帯ごとに「このシリアル番号のパスワードは123 456」といった感じでランダムに決められています。
    一定時間がたてば別のパスワードに自動で変わるため防犯性が高いです。

    時間帯によって変わるこのパスワードを知るために使うのがトークンです。

    トークンのボタンを押すことでその時間帯、そのシリアル番号のワンタイムパスワードが表示されるのです。

    後は表示された6桁のワンタイムパスワードを使うだけ。
    ただし、使うのが遅いとワンタイムパスワードが変わってしまうためなるべく早く打ち込んだ方が良いです。

    ★ワンタイムパスワードが必要になる主な手続き

  • インターネット上の振り込み
  • ログインパスワードの再設定時
  • 口座自動振替の登録
  • ワンタイムパスワードが必要なのは上のような手続き。
    必要な時に困らないよう、届いたトークンは失くさないよう保管しておきましょう。

    ④【デビット申し込み】自宅から書類の画像を送って簡単手続き

    ジャパンネット銀行口座開設アプリ
    ▲ジャパンネット銀行口座開設アプリ|App Storeより

    最後にジャパンネット銀行の口座開設方法、すなわちデビットカード申し込み手続きについてです。

    ジャパンネット銀行の口座開設方法は3種類。中でも、手続きが簡単で早いアプリを使った口座開設がおすすめです。

    いずれの方法でも、カードが簡易書留郵便で届くため、受取人を指定しないのはメリットです。

    ジャパンネット銀行口座開設方法
    アプリ 印刷して郵送 取り寄せて郵送
    かかる時間 最短5日 5~14日程度 約2週間
    郵送 不要 必要 必要
    アプリのダウンロード 必要 不要 不要
    本人確認書類 選択肢が少ない 選択肢が多い 選択肢が多い
    手続きに使える端末 スマートフォン パソコン パソコン
    スマートフォン

    ジャパンネット銀行の口座開設アプリを使えば、郵送不要の最短5日でカードが届きます

    本人確認書類を郵送ではなく写真で送るため手続きが早いのです。

    ネックとなるのは対応している本人確認書類の少なさ

    使いやすいものが揃ってはいますが、アプリに対応したものを使えない場合他の方法を取らなければなりません

    ★アプリで口座開設するときに使える本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
  • ★印刷して郵送・取り寄せて郵送するときに使える本人確認書類

  • 運転免許証のコピー
  • 各種健康保険証のコピー
  • マイナンバーカードのコピー
  • 住民基本台帳カードのコピー
  • パスポートのコピー
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 各種年金手帳のコピー+公共料金の領収証等
  • 各種福祉手帳のコピー+公共料金の領収証等
  • 口座開設は以下の公式HPリンクから行うことができます。

    口座開設|ジャパンネット銀行HP

    また、パソコンでは「印刷して郵送」の口座開設手続きができますが、印刷専用の手続きページはリンク先にありません

    「印刷して郵送」する場合の申し込み方法をご紹介しましょう。

    ジャパンネット銀行 普通預金口座開設
    ▲口座開設|ジャパンネット銀行HP

    まず、リンク先「アプリで開設」のページ下部、「Webで入力して申し込む」から普通預金口座を選択しましょう。

    ジャパンネット銀行 口座開設手続き画面1
    ▲口座開設手続き画面

    手続きを進めていくと「口座開設アプリ」を使うよう促されます。
    印刷して郵送する場合、ここでアプリをダウンロードせず下へスクロールしてください。

    ジャパンネット銀行 口座開設手続き画面2
    ▲口座開設手続き画面

    ページ下部「お困りの場合」という欄に口座開設申込書類を自身で印刷する場合の案内が載っています。

    案内のリンク先から申込書類を印刷することができます。
    申込書類に記入の上、封筒に本人確認書類を同封してジャパンネット銀行に郵送しましょう。

    アプリや取り寄せで開設する場合は、ジャパンネット銀行の案内に従って記入していけば大丈夫です。

    あなたにあった方法でこのカードを申し込みましょう!

    まとめ

    ★ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードは基本スペックが低いが、独特なサービスが便利なカード!
    ★ファミリーマートで最大4%還元と、とてもおトク
    ★JNBスターは素早く・簡単に1ポイント=1円で現金に交換できるすごいポイント
    カードレスVisaを活用すればカード番号を自在に変更して安全にネットショッピングを楽しめる
    ★キャッシュバックモール経由のお買い物なら1%還元
    残高確認アプリがデビットに合わせた作りになっており、JNBスターの交換もここからできる
    定額自動入金を使えばメイン口座の引っ越し要らず!
    ★コンビニATMが使えるのは便利だが、3万円以上入出金しないと手数料が発生する
    ワンタイムパスワードで高い防犯性を実現している

    ファミマでおトクなのはもちろん、カードレスVisaや交換の簡単なJNBスターなど、ジャパンネット銀行 JNBVisaデビットカードの底知れぬ魅力は伝わったでしょうか?
    あなたにぴったりでしたら、ぜひこのカードを作ってみてください!

    ジャパネット銀行 JNBVisaデビットカードの基本情報

    カード名 JNBVisaデビットカード
    申込み資格 満15歳以上のジャパンネット銀行普通預金口座開設可能な方
    提携カード Visa
    利用可能額 口座残高まで
    ※口座残高が500万円を超える場合は1日500万円まで
    発行時間 最短5日
    入会金 無料
    年会費 無料
    支払い方式 1回払い
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 不要
    ※口座開設には本人確認書類が必要
    金融機関名 株式会社ジャパネット銀行
    住所・所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1
    電話番号 03-6739-5000
    新規お申込はこちら  >>> JNBVisaデビットカード
    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。