JAL・VISAカード/Mastercardを選ぶべきはどんな人?JCB他と比べた利点と欠点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JAL・VISAカード/Mastercardを選ぶべきはどんな人?JCB他と比べた利点と欠点

なびお
普段の決済でJALマイルを貯められるクレジットカードを作りたい。
海外での利用を前提とするなら、VISAかMastercardが良いようだけど…?

「JAL・VISAカード/Mastercard」は、「海外でJALカードを使う」ことを前提とする場合に是非チェックしたいJALカード。
理由は簡単で、「JCB」「Diners Club」といったブランドよりも、海外加盟店(=使えるお店)がずっと多いからですね。

…ただしその一方で、ゴールド会員を対象としたサービスは他のブランドに劣ることから、「海外に行くなら絶対にVISAかMastercardを選ぶべき!」…とまでは言えません。

今回はそんな「JAL・VISAカード/Mastercard」について、その基本機能や、他ブランドのJALカードと比べたメリット・デメリットをまとめました。

【管理人】なびこ
読み終えていただければ、今のあなたが作るべきカードが分かります。
JALカード
ETCカード券面
年会費5,500円
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
ETC
年会費
発行元により異なる
(JCBや東急カード発行なら完全無料)
国際
ブランド
還元率2.0%~
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
  • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可

JAL「VISAカード」「Mastercard」の基本情報とメリット・デメリット

JAL「VISAカード」「Mastercard」の基本情報とメリット・デメリット

それでは早速、「JAL・VISAカード/Mastercard」とはどんなカードなのか見ていきましょう。

①一番のウリはやはり、価値の高いJALマイルを貯めやすいこと

「JAL・VISAカード/Mastercard」の基本情報は以下の通りです。

JALカード
ETCカード券面
年会費5,500円
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
ETC
年会費
発行元により異なる
(JCBや東急カード発行なら完全無料)
国際
ブランド
還元率2.0%~
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
  • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可
▲▼「JAL・VISAカード/Mastercard」
(普通カードの場合)
年会費(税込)実質還元率
2,200円
(カード年会費、初年度無料)

+3,300円
(ショッピングマイル・プレミアム加入時)

※家族カードは1,100円/年

2%前後~
(ショッピングマイル・プレミアム加入時)
還元ポイント付与方法
JALマイル決済額100円につき1マイル付与
(ショッピングマイル・プレミアム加入時)
ポイントの使い道国際ブランド
JALや提携航空会社の航空券購入
他社ポイント等への交換(非推奨)
VISA
Mastercard
付帯保険ETCカード
海外旅行保険
国内旅行保険
※いずれもほぼ死亡時のみの補償
発行手数料1,100円
電子マネー支払日
ApplePay
VISAタッチ決済
┗VISAのみ対応
毎月15日締め
翌10日払い
申込条件
18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、
日本国内でのお支払いが可能な方
JAL系特典一覧(リンク先詳細)
ブランド別特典(VISA)
  • 国際線利用時の手荷物配送優待
  •  ○出国時…15%オフ
     ○帰国時…1個目500円、2個目~は15%オフ
     ※通常価格は区間により異なる
    詳細公式HP

  • 海外Wi-Fiレンタル20%オフ
  • VISAゴールド国際クローク15%オフ
  • その他公式HP参照
    すべて普通カードも優待対象
ブランド別特典(Mastercard)
  • 国際線利用時の手荷物配送優待
  • (普通カードは対象外)
    ┗出国、帰国ともに1個目500円
     2個目~は100円引割引

  • その他「CLUB-A(ゴールド)」カード会員対象のサービスは非公開
    ※上位カードはその他特典あり、詳細後述

    さて、「JALカード」取得の理由として最も大きいのはやはり、「普段のお買い物で、価値の高いJALマイルを貯められる」という点でしょう。

    各区間の往復航空券を購入するのに必要なマイルと、本来の価格を照らし合わせて考えると、1マイル当たりの価値は多くの場合で2円を超えます
    そして国際線やハイシーズンともなれば、その2倍、3倍以上の価値を持つこともまったく珍しくはありません。

    参考:航空券交換に必要なマイル例(往復)
    東京⇔
    大阪、名古屋
    12,000マイル
    東京⇔
    札幌、福岡、沖縄
    ソウル
    15,000マイル
    成田⇔
    北京、台北、グアム
    20,000マイル
    成田⇔ホノルル40,000マイル
    成田⇔パリ52,000マイル
    ※シーズン間での相違なし
    ※普通席/エコノミークラスの場合
    ※その他の区間についてはJAL公式HPをご覧ください(国内線国際線)。

    参考:ハイシーズンに羽田⇔福岡便を取得する例(クリック/タップで開閉)

    2020年8月10日、羽田→福岡
    12:20発、大人一人
    • 「ウルトラ先得(75日前までの予約)」利用時、普通席の価格は23,500円
    • 「特便割引21(21日前までの予約)」利用時、普通席の価格は27,300円
    2020年8月15日、福岡→羽田
    12:05発、大人一人
  • 「ウルトラ先得(75日前までの予約)」利用時、普通席の価格は31,300円
  • 「特便割引21(21日前までの予約)」利用時、普通席の価格は31,700円
  • JALマイルなら…
    上の往復搭乗券は15,000マイルで交換可

    よって、
    ウルトラ先得×2の場合、現金購入時に必要なのは「54,800円」
    →54,800円相当を15,000マイルで交換可
    →1マイルあたりの価値は約3.65円

    同様に「特便割引21」の場合を計算
    →1マイルあたりの価値は約3.93円

    積極的にJALマイルを貯めていきたいのであれば、「JALカード」の取得は必須と言っても良いでしょう。

    ★JALマイルの有効期限は原則として3年間です。

    ショッピングマイル・プレミアムへの入会はほぼ必須

    JALの一般カード(普通カード、CLUB-Aカード)会員は「ショッピングマイル・プレミアム」というオプションサービスに加入することができます。

    こちらに加入することで、通常は0.5%のマイル還元率を1.0%にまで引き上げ可能。
    別途年会費が3,300円発生しますが、JALマイルの価値の高さ(2円超~)を考えると加入した方がほぼ確実におトクになると言って良いでしょう。

    もう少し具体的に言うと……。
    1マイル当たりの価値を2.5円と見積もった場合、年間カード利用額が26万4000円以上なら、「ショッピングマイル・プレミアム加入により得られたマイルが、年会費の損失を上回る」ことに。

    JALカードの取得を検討するほどクレジットカードの利用機会が多いなら、「ショッピングマイル・プレミアム」加入は必須と言って良いでしょう。

    ★「ショッピングマイル・プレミアム」込みの年会費は5,500円(普通カードの場合)です。

    ★ゴールドカードの場合、追加の年会費を支払うことなく自動的に「ショッピングマイル・プレミアム」が適用されます。

    ②「海外で使いやすい」ことが最大の強みにして差別化点

    JALカード最大の利点はやはり「普段の買い物でJALマイルを貯められる」こと。
    ですがこれ自体は、VISA/Mastercardに限らず、すべての「JALカード」に共通する特徴です。

    そしていくつか種類のある「JALカード」の中で、「VISA」「Mastercard」ブランドを選ぶメリットは 、「海外での加盟店がダントツで多い」点にあるでしょう。

    例えば以下は、実際にスイス西部在住の友人から送ってもらった、マクドナルドのキャッシュレス決済対応状況を示す写真ですが……。

    マクドナルドのキャッシュレス決済対応状況を示す写真

    VISA、Mastercard(とAmerican Express)のロゴマークが確認できるのに対し、JCBやDiners Clubの文字は見られません

    「海外でJALカードを使う」ことを前提とするのなら、海外加盟店の多いVISAまたはMastercardブランドの取得が推奨されます。

    ★海外でクレジット決済を行った際には税込2.2%(VISA/Mastercard共通)の海外事務手数料が発生します。
    この数値自体はJCBやDiners Clubに比べ高いものとなりますのでご注意ください。

    とは言え国際線搭乗券と交換する際の「JALマイル」の価値は4円以上(=実質還元率4%以上)となることも珍しくありませんので、海外事務手数料を気にしすぎる必要はありません。

    参考JALカード公式HP「海外でのご利用分のご請求方法」

    VISAとMastercardはどちらを選ぶべき?

    VISA、Mastercardはどちらも海外加盟店の多い国際ブランド。

    「VISAしか使えない」「Mastercardしか使えない」お店もあるにはありますが、観光地を利用する分であればそこまでの差は出ないでしょう。

    が、JALカード、特に「普通カード」(最も安いカード)の場合、サービス内容が優れているのは「VISA」ブランドの方。
    VISAブランドを選べば、普通カードであっても「手荷物配送優待」「海外Wi-Fiレンタル20%オフ」といった優待を受けられます。
    また、国際ブランドのシェア自体も「VISA」の方が上 ですね。

    こういった事情から、どちらのブランドのカードを作るか迷ったら、「VISA」を選ぶのが無難でしょう。

    ……とは言え2つのブランドの差はそこまで大きなものではありませんから、既にお持ちのカード の種類等によっては「Mastercard」を選んでも差し支えありません。

    ★以前はMastercardユーザーのみを対象としたマイルアップサービス(Mastercardトラベラー・リワード)も存在しましたが、現在は終了済みです。

    ★日本国内で利用する分においては、「VISA」「Mastercard」、それに「JCB」の加盟店数に大きな差 はありません。

    ③「JMB WAONカード」へのチャージにも対応、WAON加盟店ならマイル還元1.5%~

    海外での決済に向く「VISA」「Mastercard」。

    ですがあなたが日本国内の「WAON」加盟店、具体的には

    • 各コンビニ(セブンイレブン除く)
    • イオングループ等

    を利用する機会があるのなら、「JMB WAONカード」との併用によりマイル還元率をさらに引き上げることが可能です。

    JMB WAON券面

    この「JMB WAONカード」とは、WAONポイントの代わりにJALマイルが貯まる「WAON」カードのこと。
    WAONとはイオングループが提供する電子マネーであり、Suicaやnanacoと同じようなもの と考えて頂ければ分かりやすいでしょう。

    そして「JAL・VISAカード/Mastercard」はこの「JMB WAONカード」へのチャージ(入金)に対応 。もちろんこのチャージの際にも、通常通り1.0%(ショッピングマイル・プレミアム加入時)の還元を得られます。

    さらにJMB WAONカードはWAON決済時に200円につき1マイル(0.5%)の還元あり。
    要は「チャージ+WAON決済」を組み合わせることで、計1.5%(特約店なら2.0%)の還元を受けられるわけですね。

    マイル二重取りの流れ
    1. 「JAL・JCBカード(クレジットカード)」を使って「JMB WAONカード(電子マネー)」にチャージ
       →このとき1%のマイル還元
       ※ショッピングマイル・プレミアム加入時
    2. 「JMB WAONカード」を使って、任意のお店でWAON決済
       →このとき0.5%のマイル還元
       (特約店なら1%の還元)
    3. 2つ合わせて1.5%(または2.0%)のマイルを獲得!

    WAON加盟店(特に特約店であるファミリーマート等)を利用する機会が多いなら、ぜひ普段の生活に「JMB WAONカード」を取り入れたいところです。

    参考JAL公式HP「JMB WAONカード」

    ★JALカードを使ったャージ でマイル還元を受けられる(=マイルの二重取りができる)のは2021年3月末までとなります。
    重々お気を付けください。

    JMB WAONカードへの対応状況
    JAL・VISA/Mastercard対応
    JAL・JCBカード対応
    JALカードSuica不可
    JALカードOPクレジット
    (小田急提携)
    不可
    東急JALカード対応
    JALアメックス不可
    JALダイナース不可
    JCBブランド
    VISAまたはMastercardブランド
    その他ブランド

    ④20代なら「JAL CLUB EST」の選択でさらにおトク

    こちらはすべてのJALカードに共通する内容ではありますが……。
    あなたが現在20代であるなら、年会費をプラス2,200円(ショッピングマイル・プレミアム込み)し「JAL CLUB EST」に入会することで、それ以上のリターンを受け取ることができます。

    ※20代でないのでこの項目を飛ばす※

    「JAL CLUB EST」は20代の方のみが申し込める、特別なJALのクレジットカード、という形にはなっていますが……。

    実際のところは追加の年会費「2,200円」(普通カードの場合、計7,700円)を支払うことで、年会費以上の特典を得られるオプションサービスと考えて差し支えありません。
    「JAL CLUB EST」特典の付いた「東急JALカード」を選ぶためには、「JAL CLUB EST」申込口より「TOKYU POINT」提携カードをお選びいただければOKです。

    そして気になる、「JAL CLUB EST」限定特典は以下の通り。

    「JAL CLUB EST」限定特典

    • 本来はJALの上位会員しか利用できない「サクララウンジ」を年5回無料で利用可
      ┗ソフトドリンク、アルコール類、新聞、雑誌、無線LAN等の提供
    • 毎年「e JALポイント」5,000円分付与
      ┗JALの航空券購入など、JALでのインターネット決済に利用可。有効期限1年間
    • JAL航空券購入時、フライトマイルは通常カードより+5%
      (普通カードの場合、還元マイル+15%)
    • 入会/更新時の初回搭乗ボーナスマイル、通常カードの+1,000
      (普通カードの場合、合計2,000マイル付与)
    • JALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用可能
    • マイルの有効期限が3年→5年に

    年5,000円分の「e JALポイント」付与といい、一般JALユーザーは使えない「サクララウンジ」の提供といい、「JAL CLUB EST」のサービス内容は年会費相当以上

    少なくともあなたが年に1回以上JALを利用し得るのなら、「JAL CLUB EST」への入会を選んで間違いはないでしょう。

    ★普通カードの場合、「JAL CLUB EST」入会時の年会費は計7,700円です。
    これには「ショッピングマイル・プレミアム」年会費も含まれます。

    ★「JAL CLUB EST」は一般のJALカードと申込口が異なりますのでご注意ください。

    ★その他、あなたが「29歳以下の学生」であるのなら、無料で作れる「JALカード navi」を選択可能です。こちらも併せてご検討ください。

    学生専用JALカードnavi

    JALカード navi ディズニーデザイン券面

    ETCカード券面

    年会費無料ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率100円=1マイル
    • 入会時2000マイルプレゼント
    • 在学期間中マイルの有効期限無期限化
    • 「毎年の初回搭乗で1000マイルプレゼント」など搭乗で貰えるボーナスマイル

    ⑤ただしゴールド会員へのサービス内容はJCBカード等に劣る

    ここまで解説してきた通り、数々のメリットを持つ「JAL・VISAカード/Mastercard」ではありますが……。

    残念ながら、ゴールド会員を対象としたサービスの内容は、他のブランドに比べ明らかに劣ります
    簡単に比較すると以下のようになりますね。

    各ブランドJALゴールド(相当)の比較
    VISA
    Master
    JCBAmexDiners
    年会費17,60017,60020,90030,800
    国内
    加盟店

    ※JCBと共通

    ※JCBと共通
    海外
    加盟店
    △~○
    海外空港
    ラウンジ
    ×
    有料
    ×
    無料
    保険
    遅延補償も充実

    家族特約なし
    国際線
    手荷物配送
    優待のみ優待のみ帰路のみ1個無料帰路のみ1個無料
    JMB WAON××
    備考グルメ優待
    クラブオフ
    グルメ優待
    空港系特典他
    ※JAL提供のサービス(基本還元率、ボーナスマイル、提携店優待など)は共通
    ※いずれも国内空港ラウンジ利用可

    ゴールドカード間で比較した場合、VISA/Mastercardブランドの強みは「海外で使いやすい」の一点のみ。

    これ自体は非常に重要なポイントですが……。
    特に海外に行く予定が無いのであれば、付帯保険やサービスに優れる「JCB」等への申込み が優先されそうです。

    保険内容を含むJCBゴールドとの詳細比較(クリック/タップで開きます)
    JAL・VISA
    Mastercard
    JAL・JCB
    年会費17,600円
    (家族8,800円)
    マイル還元率1.0%
    国内空港ラウンジ利用可
    一方に無い利点
  • 海外で決済しやすい
  • 海外空港ラウンジ(有料)
  • 20万以上のお店やサービスでの優待
  • ETCカード無料
  • その他グルメ、ゴルフ優待など
  • 海外旅行保険傷害死亡
    後遺障害
    5000万円1億円
    治療費150万円300万円
    賠償責任2000万円1億円
    携行品損害50万円50万円
    救援者費用100万円400万円
    航空機遅延・欠航2万円
    ※日本発着の国際線のみ対象、乗り換え不可
    2万円
    ※全線対象
    手荷物遅延、紛失4万円
    国内旅行保険傷害死亡
    後遺障害
    5000万円5000万円
    入院1万円/日1万円/日
    手術10~40万円10~40万円
    傷害通院3千円/日2千円/日
    航空機遅延・欠航2万円
    手荷物遅延、紛失4万円
    ※保険金に関しては上限金額のみを記載

    ★普通カード、CLUB-Aカードの場合、各ブランド間に大きな相違点はありません。

    東急JALカードとの差別化点は特になし

    実はここまで解説してきた「JAL・VISAカード/Mastercard」の特性は、「JALカード TOKYU POINT ClubQ(東急JALカード)」完全に一致します。差別化要素は見受けられません。

    東急JALカードとは、「JAL・VISAカード/Mastercard」に

    • 「TOKYU PONT」サービス
    • 「PASMO」オートチャージ機能

    が加えられたJALカード。

    東急グループやPASMOを利用する機会が無いのならさほど気にする必要はありませんが……。
    これらのお店やサービスを利用する可能性が今後少しでもあるのなら、「JAL・VISAカード/Mastercard」と比べデメリットのない「東急JALカード」の選択をお勧めします。

    あわせて読みたい
    東急JALカード(JALカードTOKYU POINT ClubQ)について

    JAL「VISAカード」「Mastercard」のグレード間/他カード間比較

    JAL「VISAカード」「Mastercard」のグレード間/他カード間比較

    ここからは、「JAL・VISAカード/Mastercard」間、あるいは他のカード間での比較を通し、あなたに合った申込み先を絞り込んでいきましょう。

    ①3グレードのVISAカード/Mastercard比較

    「JAL・VISAカード/Mastercard」は、

    • 普通カード
    • CLUB-Aカード
    • ゴールドカード

    の3グレード展開です。

    JCBのようにゴールドカード限定特典が充実している…というわけではありませんので、年会費の予算と希望するサービスに応じ、申込み先を決定する形となるでしょう。

    普通カード
    JALカード券面
  • 年5,500円
  • (ショッピングマイル・プレミアム加入時)

  • 家族会員1,100円
    • 入会+初回搭乗ボーナスマイル2,000
    • 更新+初回搭乗ボーナスマイル2,000
    • フライトマイルボーナス+10%
    • これ1枚だけでは海外旅行時の保険が心配かも
      「横浜インビテーションカード」等の併用推奨
    JALカード
    ETCカード券面
    年会費5,500円
    ※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
    ETC
    年会費
    発行元により異なる
    (JCBや東急カード発行なら完全無料)
    国際
    ブランド
    還元率2.0%~
    ※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
    • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
    • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
    • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
    • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可
    CLUB-Aカード
    JALカード CLUB-A券面
  • 年14,300円
  • (ショッピングマイル・プレミアム加入時)

  • 家族会員3,850円
    • 入会+初回搭乗ボーナスマイル5,000
    • 更新+初回搭乗ボーナスマイル2,000
    • フライトマイルボーナス+25%
    • 旅行保険はゴールドカードと共通
    • Mastercardの手荷物優待を受けられるのはこのグレードから(VISAは普通カードから適用)
    CLUB-Aゴールドカード
    JALカード CLUB-Aゴールド券面
  • 年17,600円
  • ※ショッピングマイル・プレミアムは無料で自動加入

  • 家族会員8,800円
    • 入会+初回搭乗ボーナスマイル5,000
    • 更新+初回搭乗ボーナス2,000マイル
    • フライトマイルボーナス+25%
    • 旅行保険に加え、ショッピング保険、海外航空便遅延補償付き
    • ┗遅延補償は日本発着便のみ適用

    • 国内空港ラウンジサービスを利用可(サクララウンジとは異なる)
    JAL CLUB-Aゴールドカード
    ETCカード券面
    年会費17,600円ETC
    年会費
    発行手数料、年会費共に無料(共通)
    国際
    ブランド

    還元率実質2%~
    ※マイルを航空券に交換する場合
    • JAL航空券購入時、付与マイル+25%
    • 国内線ラウンジサービス
    • その他提携ブランド(JCBまたはDCカード)のゴールド会員向けサービス
    ※いずれも+2,200円で「JAL CLUB EST」へ入会可(20代のみ)

    「コストパフォーマンス重視で、海外でも使えるJALカードを作りたい」とお考えなら、申込み先は「普通カード」で十分でしょう。

    とは言え「普通カード」の海外旅行保険は携行品損害保険が付かないなど、やや不安が残る内容となっています。

    このあたりが気になるのなら、

  • 上位カードの選択
  • 「横浜インビテーションカード」「ジャックスカードゴールド」
  • 等、付帯保険に優れたサブカードの取得を検討 することをおすすめします。

    参考JALカード公式HP「海外旅行・国内旅行の付帯保険」

    ②ANAカード(VISA/Mastercard)との比較

    JALカードと比較されやすいのはやはり「ANA」カード。

    とは言えあなたが「普通カード」取得を検討されているのなら、申込み先は「JAL」の方に決めて構いません。
    理由は簡単で

  • JALカードの方が年会費が安い
  • 同じ区間の航空券を購入する際の必要マイルが、安くつきやすい
  • からですね。

    JALANA
    券面JALカード券面
    JALカード CLUB-Aゴールド券面
    ANA VISA券面
    ANA VISAワイドゴールドカード券面
    年会費5,500円※1
    (普通)
    17,600円
    (ゴールド)
    8,800円※1
    (普通)
    15,400円
    (ゴールド)
    入会、継続ボーナス1000マイル
    (普通)
    2000マイル
    (ゴールド)
    ┗入会時は5000
    ※いずれも初回搭乗が条件
    1000マイル
    (普通)
    2000マイル
    (ゴールド)
    ※入会または継続のみで貰える
    東京
    ⇔福岡
    必要マイル
    15,000
    マイル
    12,000
    15,000
    18,000
    マイル
    ※時期により変動
    成田
    ⇔グアム
    必要マイル
    20,000マイル20,000マイル
    成田
    ⇔パリ
    必要マイル
    52,000マイル55,000マイル
    ※1 マイル還元率1%のための有料オプションサービス加入時
    ※提携航空会社を利用する場合、必要マイルが異なる可能性があります 。

    とは言えゴールドカードの場合、年会費は「ANAカード」の方が安くなります

    あなたがゴールドカードの取得を検討中、かつ利用する路線が決まっているのなら、ANAの方の必要マイルを確認した上で申込み先を決めるべきでしょう。

    参考JAL公式HP「JALグループ国内線 特典航空券 必要マイル早見表」
    参考JAL公式HP「JAL国際線特典航空券PLUS 各路線の必要マイル数」
    参考ANA公式HP「シーズン・必要マイルチャート(国内線)」
    参考ANA公式HP「ゾーン・必要マイルチャート(国際線)」

    ちなみに航空会社関係のサービス内容(系列ホテル優待、航空券購入時のマイルアップ等)はほぼ相互互換となっています。

    ★プラチナ相当のVISA/Mastercardを取り扱っているのは「ANA」のみです。
    ただしこちらのカードの年会費は88,000円と非常に高額です

    あわせて読みたい
    8種の「ANA一般カード」徹底解説!ただしJALカードを選ぶべき場面も

    まとめ

    まとめ

    • 「JAL・VISAカード/Mastercard」の特徴は以下の通り。
      • 普段の買い物で効率よくJALマイルを貯められる
      • 他ブランドに比べ、「海外で利用しやすい」という強いアドバンテージを持つ
      • JMB WAONカードとの組み合わせでマイル還元率1.5%~(2021年3月末まで)
      • ただしゴールド会員へのサービスはJCB等に劣る
    • 「海外で使えるJALカードが欲しい」とお考えなら「普通カード」で十分。
      ただ付帯保険やラウンジサービスを求めるなら、他社のゴールド限定サービスと「海外での利用しやすさ」がトレードオフとなる

    「普通カード」(またはCLUB-Aカード)への申込みを検討しているのなら、優先的な申込み先候補となる「JAL・VISAカード/Mastercard」

    一方でゴールド会員相当のサービスを求める場合には、他ブランドの提供する「JALカード」の内容をチェックし、それぞれのメリット・デメリットを天秤にかけた上で申込み先を決めたいところです。

    JAL・VISAカード/Mastercardの基本情報

    カード名JAL・VISAカード/Mastercard
    申込み資格18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、
    日本国内でのお支払いが可能な方
    審査時間数日~
    到着までの目安3週間~
    入会金無料
    年会費5,500円
    (ショッピングマイル・プレミアム加入時の普通カードの場合)
    支払日毎月15日締め
    翌10日払い
    支払い方式1回払い他
    担保なし
    保証人不要
    必要書類本人確認書類
    金融機関名株式会社ジャルカード
    株式会社三菱UFJニコス
    電話番号0120-10-2622
    新規お申込はこちら「JAL・VISAカード/Mastercard」公式サイト
    JALカード
    ETCカード券面
    年会費5,500円
    ※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
    ETC
    年会費
    発行元により異なる
    (JCBや東急カード発行なら完全無料)
    国際
    ブランド
    還元率2.0%~
    ※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
    • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
    • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
    • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり
    • 発行元によってはSuica機能付きカード等も選択可
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。