やや高額な「JALアメックス」他ブランドとの差別化ポイント&ANAカード比較も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やや高額な「JALアメックス」他ブランドとの差別化ポイント&ANAカード比較も

「今持っているアメックス・カードをJAL提携のものに切り替えれば、普段の買い物でマイルを貯められるみたい。
でも、アメックスにしては妙に年会費が安いようだけれど…?」

「JAL アメリカン・エキスプレス®・カード」、通称JALアメックスの発行元は「三菱UFJニコス」社。
アメリカン・エキスプレス社が発行する、「いわゆるアメックスカード」とはサービス内容が異なりますので注意が必要です。

とは言えアメックスブランドらしい、「高級路線」が全く失われてしまったわけではありません。
実際、JALアメックス・カードはJCB等の他ブランドのカードに比べ、「やや高年会費・高サービス」といった方針が取られています。

今回はそんな「JAL アメリカン・エキスプレス®・カード」について、その基本機能や、他ブランドのJALカードと比べたメリット・デメリットをまとめました。
読み終えて頂ければ、今のあなたが「JALアメックス」を作るべきか否かが分かります。



JAL アメリカン・エキスプレス®・カードの基本情報とメリット・デメリット


それでは早速、「JALアメリカン・エキスプレス®・カード」の特性について見ていきましょう。

①一番の利点はやはり「普段の決済でJALマイルが貯まる」こと

「JAL アメリカン・エキスプレス®・カード」(以後JALアメックス)の基本情報は以下の通りです。
JALアメックス券面JALアメックス CLUB-Aゴールド券面
JAL アメックス プラチナ券面

▲▼JAL アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費(税込)実質還元率
9,900円
(普通カード)
※ショッピングマイル・プレミアム加入時
20,900円
(ゴールドカード)
34,100円
(プラチナカード)
2%前後~
※ショッピングマイル・プレミアム加入時、またはゴールド以上の場合
還元ポイント付与方法
JALマイル決済額100円につき1マイル付与
※ショッピングマイル・プレミアム加入時、またはゴールド以上の場合
ポイントの使い道国際ブランド
JALや提携航空会社の航空券購入
他社ポイント等への交換(非推奨)
American Express
付帯保険ETCカード
グレードごとに異なる
公式HP参照
年会費、手数料ともに無料
電子マネー支払日
ApplePay毎月15日締め
翌10日払い
申込条件
原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方
(学生を除く)
JAL系特典一覧(リンク先詳細)

「JMB WAONカード」へのチャージには対応していません。
(詳細JAL・JCBカードについて)

American Express/三菱UFJニコス特典
★全グレード共通

★ゴールド以上

  • 国際線利用時、帰国時に限り手荷物配送1つ無料
★プラチナのみ

  • プライオリティ・パス「プレステージ」会員資格付帯、海外空港ラウンジを無料で利用可
  • コンシェルジュサービス
  • 国際線利用時、往路・帰路にて1つずつ手荷物配送無料
  • グルメ優待
  • ホテル、ダイニングなどの優待
※ショッピングマイル・プレミアム…年+3,300円でマイル還元率を本来の0.5%から1.0%に引き上げられるオプションサービス(詳細後述)

アメックス・ブランドに限らず、JALカードを作る理由として第一に挙げられるのは、やはり「価値の高いJALマイルを、普段のお買い物で貯められる」ということでしょう。

主な区間の航空券購入のために、必要なJALマイルは以下の通り。

参考航空券交換に必要なマイル例(往復)
東京⇔
大阪、名古屋
12,000マイル
東京⇔
札幌、福岡、沖縄
ソウル
15,000マイル
成田⇔
北京、台北、グアム
20,000マイル
成田⇔ホノルル40,000マイル
成田⇔パリ52,000マイル
※その他の区間についてはJAL公式HPをご覧ください(国内線/国際線)。
※シーズン間での相違なし
※普通席/エコノミークラスの場合

この必要マイルと、「同じ航空券を現金で購入するとき、必要な金額」を照らし合わせた場合……。
1マイルあたりの価値は多くの場合で2円を超えます。国際線利用時やハイシーズンであれば、その2倍、3倍の価値相当となることも珍しくはありません。

参考:ハイシーズンに羽田⇔福岡便を取得する例(クリック/タップで開閉)
2020年8月10日、羽田→福岡
12:20発、大人一人
  • 「ウルトラ先得(75日前までの予約)」利用時、普通席の価格は23,500円
  • 「特便割引21(21日前までの予約)」利用時、普通席の価格は27,300円
2020年8月15日、福岡→羽田
12:05発、大人一人
  • 「ウルトラ先得(75日前までの予約)」利用時、普通席の価格は31,300円
  • 「特便割引21(21日前までの予約)」利用時、普通席の価格は31,700円
  • JALマイルなら…
    上の往復搭乗券は15,000マイルで交換可

    よって、
    ウルトラ先得×2の場合、現金購入時に必要なのは「54,800円」
    →54,800円相当を15,000マイルで交換可
    →1マイルあたりの価値は約3.65円

    同様に「特便割引21」の場合を計算
    →1マイルあたりの価値は約3.93円

    マイル還元率が1.0%、かつ1マイルの価値が2円以上であれば、実質還元率は2%以上ということになりますね。

    アメリカン・エキスプレスのプロパーカード(非提携カード)の基本還元率は0.3%程度ということを考えると、JALアメックスの優秀さがよく分かるかと思います。

    20代なら「JAL CLUB EST」の選択でさらにおトクに

    あなたが現在20代であるなら、各カードの年会費を「+2,200円」し「JAL CLUB EST」に入会することで、年会費以上のリターンを受け取ることができます。

    ※20代でないのでこの項目を飛ばす※

    「JAL CLUB EST」入会により得られるリターンは以下の通り。

    「JAL CLUB EST」限定特典

    • 本来はJALの上位会員しか利用できない「サクララウンジ」を年5回無料で利用可
      ┗ソフトドリンク、アルコール類、新聞、雑誌、無線LAN等の提供
    • 毎年「e JALポイント」5,000円分付与
      ┗JALの航空券購入など、JALでのインターネット決済に利用可。有効期限1年間
    • JAL航空券購入時、フライトマイルは通常カードより+5%
      (普通カードの場合、還元マイル+15%)
    • 入会/更新時の初回搭乗ボーナスマイル、通常カードの+1,000
      (普通カードの場合、合計2,000マイル付与)
    • JALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用可能
    • マイルの有効期限が3年→5年に

    「JAL CLUB EST」の利点は全JALカード共通ではありますが……。
    「毎年5,000円分のe JALポイント付与」というメリット1つだけを見ても、入会の意味は非常に大きいです。

    あなたが年に1回以上「JAL」を利用するのなら、少し年会費を増やしてでも「JAL CLUB EST」への入会を選ぶべきと言えるでしょう。

    ★「JAL CLUB EST」は実質的には「20代のみ参加できるオプションサービス」。ですがJAL公式HPにおいては、通常のJALカードと別カードという扱いになっています。
    この都合上、通常の「JALアメックス」とは申込口が異なりますのでご注意ください。

    ②注意!発行元は「三菱UFJニコス」…プロパーカードと優待内容は異なる

    冒頭でも触れましたが、「JALアメックス」の発行元はアメリカン・エキスプレス社…ではなく、アメリカン・エキスプレス社と提携を結んだ「三菱UFJニコス」社です。

    アメックス社の発行カードには「高年会費・高ステータス・高サービス(特に旅行関連)」といった特徴がありますが……。
    三菱UFJニコス社の発行するアメックス・ブランドカードは、言うなれば「廉価版」

    そのためアメックス社の発行カードで受けられる、

    • 空港パーキング優待
    • エアポート送迎優待
    • 無料ポーター(手荷物お運び)サービス
    • 国際線手荷物無料配送

    …といった特典は、JALアメックスに付帯しません

    ※ただし、JALアメックスゴールド、JALアメックスプラチナには、国際線手荷物無料配送サービスが付帯します。
    (詳細後述)

    「本家アメックス・ゴールドに近い年会費でプラチナグレードのカードを作れる」といった意味では、決して悪いことではありませんが……。

    特にあなたがすでにアメックス社発行のカードをお持ちであれば、各種特典の違いを押さえておく必要があるでしょう。

    ★ちなみに「ANAアメックス」はJALと異なり、アメックス社自身の取り扱いとなります。
    ただしその分年会費は高額であり、特にプラチナ相当のカードはJALカードの4倍以上の価格(税込16.5万円)となります。
    また、ANAアメックスであっても非提携カードと同じ優待を受けられるわけではありません。

    CHECKJALアメックスとANAアメックスの比較

    ③他ブランドと比べた普通カードの強みは「同伴者含め、国内空港ラウンジ利用可」

    さて、「アメックス社発行でない、アメックスブランドのカード」であるJALアメックスですが……。

    他ブランドに比べたサービスの優秀さが、完全に失われているわけではありません。
    中でも特徴的なのは「普通カードであっても、国内空港ラウンジを無料で使える」こと。さらに同伴者も1名無料です。

    付帯旅行保険も他ブランドの普通カードよりも優れていますから、

    • 空港ラウンジサービスを利用したい
    • 他ブランドの普通カードの付帯保険(ほぼ死亡補償のみ)では不安

    という場合には、「JALアメックス・普通カード」が有力な申込み先候補となるでしょう。

    ……ただしサービスが良い分、年会費は他ブランドカードより高額(+4,400円)
    保険に関しては無料の「横浜インビテーションカード」等でもカバーできることを考えると、JALアメックス普通カードは「国内線とその空港ラウンジをよく利用する方向け」と言って良いでしょう。

    他ブランドカードとの比較
    年会費特性
    JCB
    VISA
    Mastercard普通
    ※1
    5,500円
    • ボーナスマイル+10%
    • 旅行保険対象はほぼ死亡時のみ
    Amex普通
    ※1
    9,900円
    • ボーナスマイル+10%
    • 海外旅行時の携行品損害補償など
    • 国内空港ラウンジサービス
      同伴者1名無料
    JCB
    VISA
    Mastercard
    CLUB-A
    ※1 ※2
    14,300円
    • ボーナスマイル+25%
    • 旅行保険金はAmex普通を上回る
    JCB
    ゴールド
    17,600円
    • ボーナスマイル+25%
    • 航空機遅延補償含む保険充実
    • 国内空港ラウンジサービス
      ┗同伴者有料
    • 海外空港ラウンジ(ただし有料)
    ※1 ショッピングマイル・プレミアム(後述)加入時
    ※2 普通カードとゴールドカードの中間。アメックスブランドの取り扱いなし

    ★国際線利用機会が多いのであれば、後述のゴールドカードまたはプラチナカードの取得をおすすめします。

    ★ちなみに「JALアメックス」普通カードの提示で入れるラウンジは、実は利用料金(1,000円程度)を支払うことで誰でも利用可能です。

    • 付帯保険が重要になりやすい、海外旅行の予定が無い
    • 年間ラウンジ利用回数が4回未満

    といった場合であれば、年会費の安い他ブランドカードを選んだ方が結果としておトクかもしれません。

    あわせて読みたい
    JAL普通カードの徹底比較!

    ショッピングマイル・プレミアムへの入会はほぼ必須

    JALの一般カード(普通カード、CLUB-Aカード)会員は「ショッピングマイル・プレミアム」というオプションサービスに加入することができます。

    こちらに加入することで、通常は0.5%のマイル還元率を1.0%にまで引き上げ可能。
    別途年会費が3,300円発生しますが、JALマイルの価値の高さ(2円超~)を考えると加入した方がほぼ確実におトクになると言って良いでしょう。

    もう少し具体的に言うと……。
    1マイル当たりの価値を2.5円と見積もった場合、年間カード利用額が26万4000円以上なら、「ショッピングマイル・プレミアム加入により得られたマイルが、年会費の損失を上回る」ことに。

    JALカードの取得を検討するほどクレジットカードの利用機会が多いなら、「ショッピングマイル・プレミアム」加入は必須と言って良いでしょう。

    ★「ショッピングマイル・プレミアム」込みの年会費は5,500円(普通カードの場合)です。

    ★ゴールドカードの場合、追加の年会費を支払うことなく自動的に「ショッピングマイル・プレミアム」が適用されます。

    ④ゴールド以上なら、JCB等にない「手荷物無料配送」サービスが付く

    JALアメックスは、ゴールド以上を選ぶことで、JCBやVISA、Mastercardブランドに無い「国際線利用時の手荷物無料配送」サービスが追加されます。
    これに魅力を感じるのなら、JALアメックスへの申込みの優先度は高いでしょう。

    グレードごとの各カードの差別化点
    ゴールド
    JCB
    ゴールド
    17,600円
  • 海外空港ラウンジ(ただし有料)
  • 国内空港ラウンジ(同伴者有料)
  • 付帯保険が他ブランドより優秀
  • ┗航空機遅延・欠航補償など

    VISA
    Mastercard
    ゴールド
    17,600円
    • 国内空港ラウンジ(同伴者有料)
    • 海外で利用しやすい
    American
    Express
    ゴールド
    20,900円
    • 国内空港ラウンジは同伴者1名も無料
    • 帰国時の手荷物配送1個無料
    Diners Club30,800円
    • 海外空港ラウンジ無料
    • 空港関連の特典多数
    • 帰国時の手荷物配送1個無料
    プラチナ
    JCB
    プラチナ
    34,100円
    • 海外空港ラウンジ無料
    • 国内空港ラウンジは同伴者1名も無料
    • コンシェルジュ
    • JCB京都ラウンジ
    American
    Express
    プラチナ
    34,100円
    • 海外空港ラウンジ無料
    • コンシェルジュ
    • 出国・帰国時の手荷物配送1個ずつ無料
    • JCBよりは海外で使いやすい
    他ブランド取り扱いなし
    ※マイル還元率、ボーナスマイルなどのJAL提供サービスは各グレード間で共通

    さて、上の内容をごく簡単にまとめ直すと、

    JALアメックス「ゴールド」は、
    JCB等に比べ年会費が3,300円高い代わりに、

    • 帰国時の手荷物配送が無料になる
    • 国内空港ラウンジは同伴者1名も無料
    JALアメックス「プラチナ」は、
    同じ価格のJCBに比べ、

    • いくらか海外で利用しやすい
    • 国際線利用時の手荷物配送が往路、復路ともに無料

    といったところ。それぞれのカードに年会費相当の価値を見込めるのであれば、申込み先は「JALアメックス」に決めてしまって良いでしょう。

    特にプラチナカードはライバルが少ないだけあって、アメックスブランドを選択しやすいかと思います。

    ★ただしもちろん、

    • JALマイルの貯めやすさに対する年会費の安さ
    • (JCB、VISA、Mastercard)

    • 海外加盟店の多さ
    • (VISA、Mastercard)

    • 付帯保険の充実
    • (ゴールドカードの場合JCB優先。プラチナは大差なし)

    といった点を重視したいのであれば、他ブランドのカード取得が推奨されます。

    アメックスブランドは海外で使える?

    アメリカン・エキスプレスブランドの、「海外での使いやすさ」に関する評価は「JCB以上、VISA/Mastercard未満」といったところ。
    もちろん国や地域にもよりますが、「どこに行っても使える」…とまでは言い難いように思います。

    とは言え、この問題に関してはVISAやMastercardブランドのサブカードを作ることで解決可能(無料のもので構いません)。
    また観光客を対象としたホテル等であれば、高い確率でアメックスブランドを利用できることでしょう。

    JAL アメリカン・エキスプレス®・カードのグレード間&JALカード間比較

    ここからは、JALアメックス間、あるいはANAカードとの比較を通し、あなたに合った航空会社提携カードを絞り込んでいきましょう。

    ①3グレードの「JALアメックス」比較

    これまでの内容と重なる部分も多いですが……。
    3グレードの「JALアメックス」の特性を今一度まとめなおすと以下のようになります。

    普通カード
    JALアメックス券面
    • 年9,900円
      ※JCB+4,400円
      ※ショッピングマイル・プレミアム加入時
    • 家族会員2,750円
    • 入会+初回搭乗ボーナスマイル2,000
    • 更新+初回搭乗ボーナスマイル2,000
    • フライトマイルボーナス+10%

    国内空港ラウンジ、同伴者1名含め無料
    ★普通カードだが、海外旅行時の携行品損害保険などが付く

    CLUB-Aゴールドカード
    JALアメックス CLUB-Aゴールド券面
    • 年20,900円
      ※JCB+3,300円
      ※ショッピングマイル・プレミアムは無料で自動加入
    • 家族会員8,800円
    • 入会+初回搭乗ボーナスマイル5,000
    • 更新+初回搭乗ボーナスマイル2,000
    • フライトマイルボーナス+25%
    • 旅行保険に加え、ショッピング保険、海外航空便遅延補償付き

    国内空港ラウンジ、同伴者1名含め無料
      ┗他ブランドもラウンジ自体は利用できるが、同伴者は有料(千円程度)
    帰国時の手荷物配送1個無料

    プラチナカード
    JAL アメックス プラチナ券面
    • 年34,100円
      ※JCBと同額
      ※ショッピングマイル・プレミアムは無料で自動加入
    • 家族会員17,050円
    • ボーナスマイルはゴールドカードと共通
    • コンシェルジュサービス
    • 海外空港ラウンジの利用無料
      (プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯)

    ホテル、ダイニングなどの優待
    出国・帰国時の手荷物配送1個無料

    ★:American Expressまたは三菱UFJニコスが提供する優待のうち、同グレードのJCB、VISA/Mastercardブランドに存在しないもの

    他ブランドとの差別化、という意味であれば、一番優れているのはプラチナカードと言って良いでしょう。(単にライバルが少ないという理由もありますが)

    とは言え重視するポイントによっては、どのグレードも申込み先の選択肢に入ります。
    国内線ラウンジの利用を最優先とするなら「普通カード」、さらに手荷物配送サービスを利用したいのなら上位カードへの申し込みをご検討ください。

    ②ANAアメックス(アメックス社発行)との比較

    先に少し触れた「ANAアメックス」は、JALアメックスとは異なり、本家本元のアメックス社がANAと提携し発行するカード。

    そのため同グレードであっても、サービス内容、そして年会費は全く異なります。
    あまりに違いが大きすぎて比較対象にもなりにくいため、参考程度にご覧ください。

    ANAアメックスカードとの比較
    JALANA
    券面JALアメックス券面
    JALアメックス CLUB-Aゴールド券面
    JAL アメックス プラチナ券面
    ANAアメックス券面ANAアメックス・ゴールド券面ANAアメックス・プレミアム券面
    年会費9,900円※1
    (普通)
    20,900円
    (ゴールド)
    34,100円
    (プラチナ)
    14,300円※1
    (普通)
    34,100円
    (ゴールド)
    165,000円
    (プレミアム)
    一方にない利点
    • 年会費が安い
    • 同じ区間の必要マイルが少額で済みやすい
    • 普通カードでも帰国時の手荷物配送無料
    • やむを得ないイベント等のキャンセル補償
    • マイル有効期限なし※1
    • ANAラウンジ
    • (プレミアム) 他

    東京
    ⇔福岡
    必要マイル
    15,000
    マイル
    12,000
    15,000
    18,000
    マイル
    ※時期により変動
    成田
    ⇔グアム
    必要マイル
    20,000マイル20,000マイル
    成田
    ⇔パリ
    必要マイル
    52,000マイル55,000マイル
    ※1 マイル還元率1%のための有料オプションサービス加入時
    ※提携航空会社を利用する場合、必要マイルが異なる場合があります。

    JALの方にある「American Expres」系サービス(同伴者1名含め空港ラウンジ無料等)は、同グレードのANAカードにも備わっていると考えて差し支えありません。

    とは言え、コストパフォーマンスが高いのは基本的に「JAL」の方。
    何かしらのこだわりが無い限りは、JALアメックスの方を選んで差し支えないかと思います。

    まとめ

    • 「JALアメックス」の主な特徴は以下の通り。
      • 他のJALカードと同様に、普段のお買い物でJALマイルを貯められる
      • 発行元は本家アメックスでこそ無いが、だからこそANAアメックス等に比べ安価で取得できる
        (ただしプラチナ除きJCB・JAL等よりは高価)
      • 全グレード共通し「同伴者1名含め、国内線ラウンジ無料利用可」。普通カードの取得理由はこれが主となるか
    • ゴールドカードはJCB等に比べ年会費が3,300円高い代わり、「帰国時の手荷物無料配送」サービスを利用可
    • プラチナカードは唯一のライバルであるJCBに比べ海外で利用しやすく、ホテル優待等も受けられるため優先度が高い

    年会費が他ブランドより高く付きやすいこと、VISAやMastercardに比べると加盟店が少ないことから、「誰にでもお勧め」とは言い難いJALアメックス。

    とは言えアメックス・ブランドらしいラウンジサービスや手荷物配送サービスに魅力を感じたなら、年会費を追加してでも申込みを検討する価値があるでしょう。

    JAL アメリカン・エキスプレス®・カード(プラチナ)の基本情報

    カード名JAL アメリカン・エキスプレス®・カード(プラチナ)
    申込み資格原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
    審査時間数日~
    到着までの目安3週間~
    入会金無料
    年会費34,100円
    支払日毎月15日締め
    翌10日払い
    支払い方式1回払い他
    担保なし
    保証人不要
    必要書類本人確認書類
    金融機関名株式会社ジャルカード
    株式会社三菱UFJニコス
    電話番号0120-10-2622
    新規お申込はこちら


    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。