【リボ払いは選ぶな】ジャックス「Ponta Premium Plus」の総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「近くのローソンや昭和シェルを、もっとおトクに利用したい!」

そんなあなたにおすすめしたいクレジットカードが、ジャックスの発行する「Ponta Premium Plus」(ポンタプレミアムプラス)。
このカードは毎月の利用額に対し1%の割合でPontaポイントが貯まっていくのに加え、入会特典や還元率アップのサービスも超充実。
さらに年5万円の利用で翌年の年会費も無料とあって、Ponta加盟店をおトクに利用するためにはピッタリなんですね。

今回はそんな「Ponta Premium Plus」について、その基本情報やメリット・デメリット、さらに一見魅力的な「リボ払いコース」の注意点について詳しくまとめました。
読み終えていただければ、ノーリスクで効率よくPontaポイントを貯めていく方法が分かりますよ。

ジャックス「Ponta Premium Plus」基本情報とメリット・デメリット

まずは、Ponta Premium Plusとは一体どんなクレジットカードなのか、詳しく見ていきましょう。

Pontaカード公式HPより
▲Pontaカード公式HPより

★Ponta Premium Plus基本情報

年会費 2,000円+税
・初年度無料
・年5万円以上の利用で翌年度無料
国際ブランド JCB
基本還元率 1.0% 利用可能枠 40万円、60万円
海外旅行損害保険 最高2000万円 国内旅行損害保険 最高1000万円
ショッピング補償 なし 追加発行可 ETCカード
家族カード
電子マネー なし
※Pontaは提示のみでポイントが貯まるサービス
支払日 末日締め翌27日払い
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)
その他
  • 毎年7月、12月にポイント上乗せ(月額利用額10万円以上の場合)
  • カード盗難保険&ネット安心保険あり
  • ローソンで還元率アップ等のサービスは無し
  • ※上記スペックは一般コース(リボ専用コースでない)もの

    ★このページは一般コースの選択を前提として、解説を進めて行きます。
    リボ専用コースを選ぶべきでない理由については、当該項目をご覧ください。

    ①基本還元率1%、安定してPontaポイントを貯めやすいのが嬉しい

    あなたがPonta Premium Plusへの申込みを検討されている理由は、やはり「pontaポイントが貯まるから」かと思います。

    Ponta Premium Plusでは、請求額100円につき1ポンタポイント付与されます。
    この還元率は一般のJCBカード(還元率0.4%前後)などに比べても高く、安定しておトクにポイントを貯めやすいと言って良いでしょう。
    10万円の利用につき1,000ポイント(=1,000円相当)が貯まると考えると、この還元率の高さが分かりますね。

    ▲公式HPより
    ▲公式HPより

    電子マネーのチャージ、公共料金、年会費、キャッシングサービス、その他一部企業の支払いはポイント付与の対象外となります。

    ②入会特典は最大6,500ポイント(=6,500円相当)!

    月々のカード利用でポイントを貯めやすいPonta Premium Plus。
    これに加えて入会特典も充実しており、カード入手後すぐにおトクさを実感することができます。
    具体的な特典と、その適用条件は以下の通り。

    ★Ponta Premium Plus入会特典(2018年4月現在)

    適用条件
    2,500P
    または6,000Pプレゼント
    カード到着後2ヶ月以内に

    • 5万円以上10万円未満の利用……2,500P付与
    • 10万円以上の利用……6,000P

    カード到着時に同封の用紙での応募必須

    250Pプレゼント カード到着後2ヶ月以内にPonta Web登録(無料)
    250Pプレゼント カード到着後2ヶ月以内にJACCSインターコムクラブ登録(無料)

    カードでの支払い元をPonta Premium Plusに集中させられるなら、6,000ポイントを受け取ることはさほど難しくないでしょう。
    この入会ポイントはかなり大きいため、すでにメインカードを別に持っているという場合であっても初めの2ヶ月間は、積極的にPonta Premium Plusを利用したいところです。

    ③毎年7月、12月は利用額に応じて還元率アップの可能性も

    その他、Ponta Premium Plusでは「7月」「12月」の利用額に応じ、還元率アップの恩恵を受けることができます。(優待月ポイント)

    ★還元率上乗せ適用条件

    適用条件
    還元率0.5%上乗せ
    (=100円につき1.5P)
    「7月」または「12月」のカード利用額10万円~20万円未満
    還元率1.0%上乗せ
    (=100円につき2P)
    「7月」または「12月」のカード利用額20万円以上

    1%でもそこそこの還元率、1.5%であれば類まれな高還元率とされる今、このサービスは大きいですね。仮に1ヶ月の利用額を20万円とすれば、4,000円相当のポイントが戻ってくる計算になります。

    利用額に応じた入会特典や上乗せ特典、高めな基本還元率を思うと、Ponta Premium Plusは「メイン使い向けのカード」と言えます。

    一方、ローソンや昭和シェルなどPonta加盟店でのみ使うサブカードとして使っていきたい場合には、Ponta Premium Plusよりも以下で紹介する他社カードの方が目的に適うことでしょう。

    ④Pontaポイントが貯まる他社カードとの比較

    メインカードとして利用しやすい「Ponta Premium Plus」。ただし、Pontaカードを効率的に貯められるクレジットカードは他にも存在します。
    ここでは気になる、他社の発行するPontaポイントの貯まるクレジットカードを見てみましょう。

    ★Pontaポイントが貯まるクレジットカードの比較

    基本還元率 その他
    ジャックス
    「Ponta Premium Plus」
    1.0%
    (Pontaポイント)
    • 5万円以上の利用で年会費無料
    • 利用額に応じポイント上乗せあり(7月、12月)
    クレディセゾン
    「ローソンPontaカードVISA」
    0.5%
    (Pontaポイント)
    • 年会費完全無料
    • ローソンでのクレジット払いなら還元率2%
    シェル-Pontaクレジットカード 1.0%
    (Pontaポイント)
    • 年1回の利用で年会費無料
    • 昭和シェルでの給油1Lにつき2ポイント付与
    リクルートカード 1.2%
    (リクルートポイント※)
    • 年会費完全無料
    ※Pontaポイントと一対一で交換可

    それぞれの特徴をかんたんに言い切ると、以下のようになりますね。

    Ponta Premium Plus 汎用性が高く、メインカード向き
    クレディセゾン
    「ローソンPontaカードVISA」
    ローソンのみで使うサブカード向き
    シェル-Pontaクレジットカード 昭和シェルを頻繁に利用される場合向き、メイン・サブどちらも◎
    リクルートカード ポイント交換の手間が必要、ただし最も高還元

    どのカードが最も向いているかは、利用者によるとしか言い様がありません。
    基本還元率で言うとリクルートカードが最も高いものの、このカードで貯めたポイントをローソンなどで使うためには交換手続きが必要なので一長一短と言ったところ。
    ただし少なくともメインカードとして様々な場所で使い、交換の手間なくポイントを使っていきたいという場合にはPonta Premium Plusがベストな選択肢となりそうです。

    ★毎年7月・12月の還元率アップを踏まえて考えた場合であっても、年間付与ポイントはリクルートカード>Ponta Premium Plusとなります。

    リボ払いは還元率2倍&年会費完全無料、しかしその実態は……?

    さて、Ponta Premium Plusの公式HPを見ると、目を引かれるのが「リボ専用コース」におけるメリットの大きさでしょう。
    一般コース(原則一括払いで支払い)との違いを簡単にピックアップすると、以下のようになります。

    ★Ponta Premium Plus、2つのコースの比較

    一般コース
    (一般カード)
    リボ専用コース
    (リボ専用カード)
    年会費 2,000円+税
    (初年度、年5万円以上の利用で無料)
    完全無料
    基本ポイント還元率 1.0% 2.0%
    年2回のポイント上乗せ あり(利用額10万円以上) なし
    ショッピング補償 なし 最高100万円

    ということで、年2回のポイント上乗せサービスが無いということ以外は圧倒的に「リボ専用コース」の方が高スペック。
    もしも「リボ払い手数料を支払わず、ポイントだけを受け取る」ことができればそれに越したことは無いのですが……。

    残念ながらジャックス公式HPを確認したところ、何をどうやってもリボ払い手数料は1日単位で発生するとのこと。

    リボ払いをお支払いコース以下の金額でご利用いただいた場合でも、手数料がかかります。

    ジャックス公式HPより)

    ジャックスにおけるリボ払いの年利(実質年率)は15%。これを月利に換算すると1.25%ですので、リボ残高を1ヶ月保持するごとに1.25%の手数料が発生することになります。
    (支払い待ちのリボ残高10万円×1ヶ月で約1,250円の手数料、実際は誤差あり)

    ここまでお読みいただければ既にお分かりかと思いますが、2%のポイントがたまったとしても1.25%を手数料として持っていかれれば、高還元率にも意味がありませんね。

    実際のところ手数料は日割りで計算されるため、1ヶ月ごとに残高を清算すれば1.25%もの手数料が発生することはありませんが……。
    それでも「一般コース」に比べ、安定しておトクになるとは決して言えません。

    Ponta Premium Plusのリボ払いコースの実質還元率は、ほとんどの場合で「一般コース」に比べ低くなります。
    リボ払いの設定ミスを行えば多額の手数料が発生する可能性もあり、「リボ専用コース」への申込みは全くもっておすすめできないと言って良いでしょう。

    「Pontaポイントを貯めたいけれど、ローソン等を年5万円も使わない気がする」という場合には、年会費無料かつリボ専用でも無いクレディセゾン「ローソンPontaカードVISA」リクルートカードなどへの申込みを検討されてください。
    Ponta Premium Plusの申し込み先候補は、実質「一般コース」のみとなります。

    「Ponta Premium Plus」の受け取りまでには1ヶ月ほどを見ておこう

    Ponta Premium Plusの発行元はジャックス。この会社は他社に比べても審査スピードが遅い傾向にあり、公式HPにも以下のような記載が見られます。

    「Ponta Premium Plus」カードは、カード審査等の都合上、お客様のお手元に届くまでには、お申込から1ヶ月程度のお時間をいただく場合がございます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

    Ponta Premium Plus公式HPより)

    申し込み者からの声を聞いても、審査通過までに2週間ほど掛かることは珍しくない模様。そこからカード到着までには、さらに1週間程度の日数が必要となります。
    属性が良ければ審査時間の短縮は狙えるものの、それでも審査には数日~1週間程度が掛かるため、「申し込み後すぐに使える」とは思わない方が良さそうです。

    また、審査基準が同社発行のREXカードと同様であれば、ジャックスからの申込み確認電話が必要となる可能性も低くはありません。

    詳しいジャックスカード発行の流れについては「実録!REXカード受け取りまでの流れ」をご覧ください。

    ★クレジットカードは本人限定受取郵便で届きます。
    カードの受け取りに必要な書類については、当該公式HPをご覧ください。

    ★審査通過に求められる最低条件については、「クレジットカードの審査と申し込み確認について」のページをご覧ください。

    まとめ

    ジャックス「Ponta Premium Plus」は1%という安定した高還元率に加え、利用額に応じた入会特典やポイント上乗せが嬉しいクレジットカード。さまざまな特典内容はメインカードとして使っていくために相性が良い
    ★ライバルは高還元なリクルートカード。このカードと比べたPonta Premium Plusのメリットは、直接Pontaポイントが貯まるためポイント交換の手間がかからないこと
    「リボ専用コース」は一見高スペックだが手数料の発生を避けられず、選択肢とはならない
    ★ジャックス発行カードの例に漏れず、申し込みからカード受け取りまでには時間が掛かりやすいため注意

    サブカード向きのセゾンカードや高還元率のリクルートカードなど、ライバルの多い「Ponta Premium Plus」。ですが、堅実にPontaポイントのみを貯めていきたいという場合にメリットが大きいことは確かです。
    このカードを選ぶ場合には、入会特典や年2回の還元率アップと言った独自のメリットを逃さないよう、メインカードとして活躍させてあげてくださいね。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。