ICOCAポイントはお得?特徴を徹底解説!【電車に乗るほどお得】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JR京都新快速

交通系ICカード「ICOCA」を更にお得に利用できるようにするべく、JR西日本がICOCA ポイントという新たなポイントサービスを2018年10月1日より開始します。

日経新聞『JR西日本、列車乗車回数に応じてポイントが貯まる「ICOCAポイント」サービスを10月1日に開始』

しかし、ICOCAにはJ-Westポイントというポイントサービスが既にあります。
 

参考「J-WESTポイント」 JR西日本HP

「もうJ-Westポイントってのがあるんだから、ICOCAポイントなんていらなくない?」と思いますよね。

実は、ICOCAポイントが10月から導入されるに当たって、現在のJ-Westポイントが廃止される形になります。

つまり、J-Westポイントと入れ替わる形で、ICOCAポイントが導入されるということ。

なので気になることは、「J-Westポイントと比べて、ICOCAポイントってお得なの?使いやすいの?」ということですよね。

今回の記事ではICOCAポイントの特徴はもちろん、J-Westポイントと比べて、ICOCAポイントは使いやすいのか解説します。

また、ICOCAポイントには電車がお得になるサービスもあります。

ですが、コスパが最高に良いと言われている一部在来線の昼特便と比べても、果たして本当にお得なのかも徹底検証!

この記事を読んでいただければ、ICOCAポイントの基本的なことが簡単にわかります!

ICOCAポイントとは?いつから、どこで使える?

まずは、ICOCAポイントの基本的な特徴について簡単に説明しますね。

具体的には、ポイントサービスや使える場所についてです。

①ICOCAでの電車利用と店舗支払いで貯まるポイントサービス

関西地方を中心に、1,800万枚以上も発行されている交通系ICカードICOCA。

そんなICOCAに新たに付帯されるポイントサービスが、ICOCAポイントです。

ICOCAポイントはお得?特徴を徹底解説!【電車に乗るほどお得】
▲JR西日本『ICOCA HP』より転載

ICOCAポイントの貯め方についてはこちらで詳しく紹介しますが、簡単に言えば電車に乗れば乗るほどポイントが貯まるサービスです。また、従来のJ-Westポイントと同じように、お店でのICOCA支払いでもポイントが貯まります。

利用するにあたっての費用は一切かかりません

ICOCAポイントサービス

まずは、「ICOCAポイントとは、ICOCAを使っての電車の乗車お店の支払いで貯まるポイントサービス」と思っていただいて問題ありません。

2.ICOCAポイントの3つの貯め方』で詳しく解説をします。

②2018年10月1日から使える

ICOCAポイントは2018年10月1日から導入されます。

導入日以降、ICOCAポイントを貯めたり使用することが可能です。

それより前は、駅の券売機WEBで登録をする形になります。

詳しい登録方法は『4.ICOCAポイントの登録は券売機とWEB』で説明をします。

③ポイント基本還元率は加盟店のレート次第

ICOCAポイントの基本ポイント還元率は、加盟店のレート次第です。

ICOCAポイントの種類

これは後述する電車乗車でたまるポイント還元率ではなく、ICOCA加盟店でのお買い物の還元率のこと。電車の乗車は、別のポイントレートでポイントが貯まります。

ICOCAポイントが貯まる加盟店の詳細はこちらをご覧ください。

④ICOCAポイントは、電車の乗車と加盟店でのお買い物に使える

貯まったICOCAポイントは、1ポイント=1円で使うことができます。

ICOCA HPより転載 1ポイント1円
▲ICOCA HPより転載

電車の乗車や、全国のICOCA加盟店でのお買い物に使うことができます。

ICOCAポイントの使える加盟店の一例
コンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ポプラ
百貨店
  • 近鉄百貨店
  • 天満屋
  • 阪急
  • 伊勢丹 阪神梅田本店
飲食店
  • マクドナルド
  • ガスト
  • CoCo壱
  • すき家
  • ミスタードーナッツ
  • ドトール
スーパー
  • イオン
  • KOHYO
  • マックスバリュ
  • イトーヨーカドー
  • izumiya
*他のお店を見るには、ICOCAの公式HPをご確認ください

ただし、貯まったICOCAポイントは自動で使えるわけではありません。その前に、ICOCAポイントをお手持ちのICOCAにチャージする必要があります。

⑤チャージは駅の券売機で!【翌月6日からチャージ可能】

ICOCAポイントはチャージをして初めて、電車の乗車やお店で使えるようになります。

具体的には、以下の券売機や乗り越し精算機でICOCAポイントのチャージが可能です。

チャージ可能な機器
▲ICOCAポイントのチャージができる機器 ICOCA HPより転載

またチャージに関してのもう一つの注意点としては、貯まったポイントは翌月の6日からチャージができるということ。

チャージ可能時期

ですので、ICOCAポイントを貯めたからといって、すぐに使えるわけではないので注意しましょう。

ICOCAポイントの3つの貯め方

ICOCAポイントには、ポイントの3つの貯め方があります。

★ICOCAポイントの3つの貯め方

  • 時間指定ポイント
  • 利用回数ポイント
  • 電子マネーポイント

それぞれのポイントの貯め方を簡単に紹介します。

①時間指定ポイント

ICOCAポイントには時間指定ポイントというのがあります。

その特徴を簡単に言うと、一部区間の電車に4回以上乗ることで、それ以降運賃の30〜50%分のポイント還元を受けられるということ。

ポイント還元の比率は、その乗車区間によって異なります。

そしてその名の通り、ポイントが付く時間が指定されています。

★時間指定ポイントの対象時間
  • 平日10時〜17時の間の入場と退場
  • 土日、年末年始の終日

上記の時間内の入場・退場のみ、ポイント対象としてカウントされます。

このポイント還元率は路線によって異なります

また、肝心の対象路線は以下の通りです。

時間指定ポイント適用区間
▲ICOCAポイントの種類 JR西日本HPより転載

対象となるのは、JR京都線JR神戸線JR宝塚線の3線の内の一部区間です。

例えば、JR京都線の京都〜新大阪間を例にとって、どれくらいのポイント還元を受けられるか見てみましょう。

京都〜新大阪を月に8回利用した場合の合計料金 (片道560円) 
時間指定ポイント ポイント無し
運賃 3,080円 4,480円
その内の還元ポイント 1,400円分 0円分
*ポイント還元で割り引いた額を独自に算出

計算をしてみると、ICOCAポイントの時間指定ポイントを活用することで、しなかった場合よりも1,400円分ポイントがもらえることがわかりました。

もちろん時間や路線指定の制約はありますが、通常の乗車より圧倒的にお得なのは間違いないでしょう。

なお、この時間指定ポイントが対象となるのは大人用のICOCAのみ子供用のICOCAは対象外なので、注意しましょう。

②利用回数ポイント 11回以上の乗車で10%分のポイント獲得

ICOCAポイントには、利用回数ポイントという貯め方もあります。

簡単にいうと、1月の間に同額の運賃区間を11回以上利用することで、それ以降の運賃の10%分がポイントバックされるというもの。

ここで注目したいのは、同額の運賃区間ということです。つまり、別々の路線であっても同額の運賃区間であれば、利用回数ポイントとしてカウントがされます。

例を出しましょう。

大阪~京橋 (160円)
大阪~西九条(160円)
大阪~新今宮(170円)
大阪~ユニバーサルシティ(170円)

上記の区間の電車を1回ずつ乗車したとしましょう。

その際のカウントの仕方としては、160円区間を2回利用170円区間も2回利用したとカウントされます。

つまり同額の運賃区間の利用は、利用回数ポイントとしてカウントされるのです。

なので、160円区間を1月の間に11回以上したとすれば、それ以降は1回ごとに16円分のポイントバックを受けられます。

1つの路線だけでなく色んな路線を利用していても、それは利用回数ポイントの対象になるということ。

なお、時間指定ポイントが有効のJR京都線JR神戸線JR宝塚線は、利用回数ポイント対象外です。電車乗車によるICOCAポイントの2重貯めはできないので、注意しましょう。

また、利用回数ポイントに関しては、大人用ICOCA子供用ICOCAも利用できます!

<従来のJ-WESTポイントはチャージでポイント還元>

前のJ-WESTポイントと比べると、時間指定ポイント利用回数ポイントICOCAポイントならではのポイントの貯め方です。

前のJ-WESTポイントは、チャージ額の200円につき1ポイント(1円)が付くというものでした。どれだけ利用しても、基本ポイント還元率は0.5%のまま。

J-westポイントとは
SMART ICOCAの特徴

ですので従来のJ-WESTポイントと比べると、複数回電車に乗るのならばポイントバックの恩恵を受けやすくなったと言えますね。

大阪〜新今宮(片道170円) を月に17回利用した場合の合計料金
利用回数ポイント J-WESTポイント
運賃 2,881円 2,985円
ポイントバック分 119円 15円
*ポイント還元で割り引いた額を算出かつ、3,000円チャージした前提で独自に計算

同じ3,000円のチャージをしたとして、J-WESTポイントと比べて利用回数ポイントの方が104円分お得という計算に。

もちろん電車に複数回乗るという前提がありますが、J-WESTポイントと比較して、よく電車を利用するユーザーであるほどICOCAポイントの割引の恩恵を受けやすいですね。

③電子マネーポイント お店での支払いでポイントゲット!

一部のICOCA加盟店で、ICOCA払いすることでICOCAポイントをゲットできます。

ただし、ポイントの貯まるICOCA加盟店に関してはまだ未定とのこと。順次、ICOCAのHPで公開していくとのことです。

ICOCA HPスクリーンショット
▲ICOCA HPより転載

また、加盟店によってICOCAポイントの還元率レートも異なります

こちらもわかり次第、詳細をお伝えしますね!

ICOCAポイントが貯まるのは、ICOCAカードのみです。

ICOCAポイントについてよくある質問
▲『ICOCAポイントについてよくある質問

SuicaやPASMOなど、他の交通系ICカードではICOCAポイントは貯まらないので注意しましょう。

ICOCAポイントの導入で2つのサービスが終了

ICOCAポイントサービスを導入されると同時に、ICOCAに関わる2つのサービスが終了します。

それが、ここまでも何度か言及したJ-WESTポイントと、昼特便です。

ここでは終了するサービスの今後の扱いと、ICOCAポイントとの違い(主に運賃)について説明します。

①【使い忘れ注意!】J-WESTポイントが貯まるサービスは2018年9月30日で終了

ICOCAポイントが2018年10月1日に導入するにあたって、その前日の9月30日をもってJ-WESTポイントサービスが終了します。

ここで終了するのは、電車の乗車加盟店での支払いJ-WESTポイントが貯まるサービスです。

今現在保有しているJ-WESTポイントは、有効期限までは利用可能です。 

J-westポイント有効期限について
▲ポイントは翌年度末まで有効 『J-WESTポイントとは』JR西日本HPより

ポイントの有効期限は、ポイントを獲得した翌年度末(3月末)

例えば、2018年9月に獲得したポイントの有効期限は2020年の3月31日です。

その期限においては、今まで通りSMART ICOCAへのチャージや、JR西日本のグッズと交換ができます。

使い忘れてしまうと、有効期限が切れてポイントは消失してしまいます。

有効期限内に今持っているJ-WESTポイントをチャージするなどして、忘れずに利用しましょう。

②昼間特割きっぷが廃止 【9月30日】

同じく9月30日をもって、昼間特割きっぷの販売が終了をします。

「昼間特割きっぷ」の発売延長とその後の発売終了について

昼間特割きっぷとは、京阪神の駅間をお得に乗車できる6枚つづりの切符のこと。

大阪←→京都の片道切符が通常1枚560円のところ、1枚あたり350円になるというお得な切符です。

昼間特割きっぷの主要区間の値段例
▲昼間特割きっぷの主要区間の値段例 JR西日本HPより転載

この昼間特割きっぷが終了すると共に、新たにICOCAポイントが導入をされます。

ここで気になるのは、昼間特割きっぷと比べてICOCAポイントはお得なのか?

そこで大阪←→京都を例にとり、計算をしてみました。

大阪〜京都間のICOCAポイントと昼間特割きっぷ使用の料金比較
ICOCAポイント 昼間特割きっぷ
6回乗車 2,520円 2,100円
12回乗車 4,200円 4,200円
18回乗車 5,880円 6,300円

実際に計算してわかったのは、50%のポイントバックが受けられる区間の路線では、12回の乗車をして昼間特割きっぷと同じ料金になるということ。

12回より少ない場合、ICOCAポイントよりも昼間特割きっぷの方がお得

12回より多い場合、昼間特割きっぷよりもICOCAポイントの方がお得

つまり、何度か電車に乗ることで、ICOCAポイントのお得さを体感できるということですね!

ちなみに他のポイント還元率が30%の区間の場合、昼間特割きっぷの方がお得になることも…。

例えば、大阪駅←→立花駅の場合。

通常の運賃が220円で、30%のポイント割引で差し引いて4回目以降は154円の運賃です。

一方、昼間特割きっぷなら6枚つづりで900円、つまり1回分の運賃は150円です。

すなわち、昼間特割きっぷを活用した方が1回分の運賃が安いため、昼間特割きっぷの方がお得ということになります。

そんな安定したお得さの昼特割引きっぷの廃止を受けて、Twitterでも名残惜しんでいる方の姿も…。

区間によっては昼間特割きっぷより割高になってしまいますが、今後はICOCAポイントのポイント還元を活用して、運賃を少しでもお得にしましょう。

あわせて読みたい
【保存版】電子マネーの種類(交通系)おすすめはコレ!

次に、ICOCAポイントの登録の仕方を解説します。

ICOCAポイントの登録は券売機とWEBで

ICOCAポイントの登録には2つの方法があります。

それが駅中の券売機WEBです。

ICOCAエリア内のピンク色と紺色の自動券売機、並びに登録用WEBサイトから登録ができます。

WEBでの登録は、完了するのに10日ほど時間がかかるとのこと。

また、既にSMART ICOCAを持っている場合は自動で登録されます。そのため、新たにICOCAポイントの登録作業は必要ありません

ICOCAエリア内の券売機イメージ図
▲ICOCAエリア内の券売機イメージ図 『JR西日本HP』より転載

券売機での詳しい登録方法は、JR西日本のICOCA公式HPで写真を交えて詳しく説明されています。

詳しくは公式HPを参考にしてくださいね。

ICOCAポイントサービス利用登録方法

あわせて読みたい
【保存版】電子マネーの種類(交通系)おすすめはコレ!

まとめ

ICOCAポイントとは、ICOCAカードで貯められるポイントサービス。
★一部区間の時間指定でポイントが貯まる時間指定ポイントと、同じ運賃の区間の電車の11回以上の乗車で貯まる利用回数ポイント、加盟店でのICOCA払いで貯まる電子マネーの3つの貯め方がある。
★複数回電車に乗れば乗るほど、ICOCAポイントのポイントバックの恩恵を受けられる。
★ICOCAポイントの導入と共に、J-WESTポイントのポイント貯めサービス昼間特割きっぷが廃止。今後はICOCAポイントを活用していく形になる。

以上がICOCAポイントについての解説となります。

JR西日本は今まで関西で愛されてきた昼間特割きっぷを廃止して、よりICOCAを活用してもらいたいという意図があるのでしょう。

人気だけど…昼特きっぷ終了へ JR西、イコカ普及狙い

ICOCAポイントの恩恵を受けられるのは、電車に頻繁に乗るユーザー
逆に、そこまで電車に乗らないユーザーからすれば、あまり旨味を感じられないかもしれません。

そんなユーザーにこそ、従来の昼間特割きっぷが丁度良かったとも言えます。
何故なら、安い値段で複数回電車に乗ることができるからです。1回で使い切る必要もなく、長い期間で使うこともできました。

筆者としては、ICOCAポイントをより活用してもらうには、あまり電車に乗らないユーザーにも旨味を感じさせるような施策づくりが必要だと考えます。
(ICOCAポイントの加盟店を増やしたり、ポイント還元率が通常よりも高いお店など)

いずれにせよ、今後ICOCAポイントがどこまで満足度の高いサービスになれるか、注目していきたいと思います。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。