学生の半数がクレジットカードを所有!ポイント高還元・海外旅行にも便利な厳選9選+α

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生の半数がクレジットカードを所有!ポイント高還元・海外旅行にも便利な厳選9選+α
※旧券面

「クレジットカードを持ちたいけど、学生でも大丈夫かな?」

はい、大丈夫です!
一般カードでしたら、アルバイトなどで安定収入があれば大丈夫
それに、「学生専用」のクレジットカードも結構多いんですよ!

この記事ではクレジットカードの仕組みからその作り方、さらに学生さんにおすすめのクレジットカードをご紹介します!
あなたの欲しいクレジットカードを手に入れることができますよ。

学生・新社会人向けカードランキング
UFJニコス「イニシャルカード」
初年度年会費無料還元率0.4%
5年後にはゴールドカードの発行が確約された、若者向けカード。
三井住友VISAデビュープラスカード
初年度年会費無料還元率:1.0%
18歳から25歳までの三井住友VISAカード入門編。ポイントが常時2倍!
JCB CARD W
年会費無料還元率1~7%
39歳以下だけが申し込めるJCBカード!最強のポイント還元率。
VIASOカード
年会費無料還元率:0.5%
携帯代、プロバイダー代もポイント2倍!自動キャッシュバックが魅力。

そもそも「クレジットカード」ってどういうもの?

「クレジットカード」とは、利用した代金を後払いで支払うことのできるカードのことをいいます。

普段の様々な支払いに利用することができ、ショッピングはもちろんのこと、電気・ガスなどの公共料金の支払いにも利用することができます。

では、なぜその場で支払いをせずに、後払いでいいのかというと、クレジットカードの仕組みとしては「カード利用者」「カード会社」「加盟店」が以下のような関係で成り立っているからです。

「カード利用者」「加盟店」で商品をクレジットカードで購入

「カード会社」「加盟店」へ商品購入代金を一旦立て替えて支払いをしてくれる

原則翌月以降「カード会社」「カード利用者」に対してカード利用分をまとめて請求をする

このように、「カード利用者」「カード会社」は後日しっかりと返済してくれる前提の信頼関係で成り立っています。
「カード利用者」に返済能力がしっかりとあるかどうかカード入会の際に「カード会社」「審査」を行う必要があるのは当然のことだといえるでしょう。

「審査」なんてせずに早くカード発行してくれ」と思うかもしれませんがこのような、しっかりとした理由があるのです。

その場で現金支払いをする必要のないクレジットカード払いは買い物もスムーズでとても便利なものとなっています。
また、1ヶ月分の利用料金を翌月にまとめて支払うことができるのもクレジットカードのメリットの1つです。

<「リボ払い専用カード」には注意!>

実は、クレジットカードの中でも「リボ払い専用カード」というものがあります。

「リボ払い」とは、月々決まった金額をずっと返済していくというシステムで、上手に利用すればとても便利な支払い方法の1つなのです。
しかし、気をつけないと大きな落とし穴があるので注意が必要です。

例えば、10万円のカード利用をして、1ヶ月1万円の返済設定をしているとします。

そうすると、返済金額は月々1万円なので、残りの9万円は繰り越されることになります。
翌月も10万円利用したとすると、18万円もの金額が繰り越されることになり、手数料もどんどん増えていくことになります。
1年も利用すれば余裕で数百万円の借金に膨れ上がり返済不能となることもあります。

このような事態にならないためにも、当サイトとしては、「リボ払い専用カード」おすすめしていません
また、うっかり間違えて申込みしてしまう可能性のある「リボ払い専用カード」があるので紹介しておきます。

★うっかり間違えて申し込んでしまいそうなリボ払い専用カード

  • ファミマTカード
  • 三井住友VISA RevoStyle

これらのカードには申込みの際には、くれぐれも気をつけましょうね。

とても便利なクレジットカードですが、一つ間違えると取り返しのつかないことになる可能性もあるので注意が必要です。

原則、支払いは1回払いなどと自分ルールを決めて、賢く利用するようにしましょうね。

クレジットカードは学生には早い?そんなことはない!

クレジットカードを持つなんてまだ学生には早すぎると思っている大人はたくさんいると思いますが、実は、学生の半数がクレジットカードを既に持っているというデータもあるのですよ。

最近ではキャッシュレス化もどんどん進む中、大人だけが便利なクレジットカードを使えるなんて考えはおかしな話です。

しかし、学生のうちからクレジットカードを持つには知っておかないといけないこともいくつかあるのでこれから紹介することを理解しておきましょう。

①大学1年生からクレジットカードを持ち始めた人は多い!

「一般社団法人日本クレジット協会」「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート(平成28年度)」結果報告書によると、大学生のクレジットカード所有率は50.0%で、所有している約9割が自分名義のカードを持っています。

その中でも17.5%もの学生が1年生からクレジットカードを持っているというデータがあり、学年が上がるにつれ所有率が上がる傾向にあるようです。

なんと半数の学生が、クレジットカードを持っているという結果なのです。

意外とみんな持っているという結果に驚いたのではないでしょうか。

主に、学生がクレジットカードを持とうと思った理由としては、以下のような考えがあります。

  • 現金がなくても買い物をすることができる
  • ネットショップでの支払いに便利
  • 海外旅行の際に必要になる
  • スマートな支払いが可能

あわせて読みたい
海外旅行にクレジットカードがあるだけで安心便利!もしもの対処法も教えます!

やはり、勉強とアルバイトと遊びで大学生のスケジュールは意外とパンパン。時間がいくらあっても足りないということが多いと思います。お金だって毎月ギリギリの生活。

そんな学生たちには、クレジットカードを1枚持っておくことで得られる「ポイント還元」「海外旅行保険」「電子マネー」などの利益はとても大きなものとなりますよ。

上記のクレジットカードを持つ理由も何かとお金の必要な学生の思いからきているのだと考えられます。

また、「学生専用カード」も多数発行されています。一般カードと比べて審査基準も緩いのでおすすめですよ。

詳しくは、
あわせて読みたい
まずは学生専用クレジットカードをチェック!で説明しています。

<中には「大学が発行している」クレジットカードも!>

「学生専用カード」の中には、大学が発行しているクレジットカードもあります。参考程度に紹介しておきます。

基本的には、利益の一部が大学に寄付されるクレジットカードとなっています。通っている大学に貢献したいと考えているような場合には申込みしてみるのも良いでしょう。

大学発行クレジットカード一覧
発行大学 年会費
赤門カード 東京大学 在学中無料
早稲田カードStudent 早稲田大学 在学中無料
慶應カード 慶應義塾大学 在学中無料
明治大学カード 明治大学 在学中無料
同志社大学カード 同志社大学 在学中無料

主にこのような大学からクレジットカードがあります。年会費は、在学中は無料というカードがほとんどです。
もし、自分が通っている大学のカードを利用したいという場合は、他にもたくさん発行されているので一度「大学名 クレジットカード」で検索をかけてみると良いでしょう。

②審査は実は厳しくない

実は「学生」の内にクレジットカードを持つことは難しいことではないのです。
なぜなら、「学生」であることはカード審査が有利に働くポイントがあるからです。

「カード会社」としては、学生のうちにカードを発行してもらえれば、そのまま社会人になってもずっと利用してくれる可能性が高いという利益があるので審査を緩くしている傾向にあります。

また学生の場合、収入というものが、審査をする際ほとんど基準に入りません
なので、アルバイトなどで安定した収入があればほとんどの場合、審査に引っかかるということはありません。

これは学生の特権といってもいいでしょう。

社会人1年目の信用がない状況で、いざカードを発行しようとしても審査に通らない可能性があります。

学生のうちにクレジットカードを1枚持っておくことは後々のことを考えると賢い選択といえるでしょう。

また、将来プラチナカードなどのステータスカードを持ちたいと考えているのならば、学生のうちにクレジットヒストリー(利用実績)を貯めておくといいでしょう。
ただしそれには、少額でもカード利用をし、滞りなく返済をすることが大事になってくるので、その点は注意が必要ですよ。

信用に傷をつけないということがとても重要です。

今後のカード発行にも必ず役に立ちますよ。

<「30歳くらいになってから……」は逆に不利>

30歳を過ぎて収入も安定してからクレジットカードを作ろうと考えていると思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があるので気をつけましょう。

実は、クレジットカード発行の際の審査に重要な判断材料として「個人信用情報」というものがあります。

この情報を保管している機関を「信用情報機関」といいます。

「カード会社」は、審査をする際には必ず「信用情報機関」に問い合わせをして利用実績などに傷がないか調べて信用できる人なのかどうかを判断します。

この時に、利用実績が一切ないことを「スーパーホワイト」といい、これは審査を不利に働かせる大きな要因となります。

なぜかというと、過去に金融事故を起こしてしまい金融ブラック状態となったが、その期間を終えて全ての記録を抹消された方(このような状況を「ホワイト」と呼ぶ)との区別が信用情報を見ただけではできないからなのです。

そうすると、単に今まで現金主義で過ごしてきて問題など一切起こしていない場合でも、ある程度年齢が高いのに情報がないってことは「あれ?もしかして過去に何かあったのか?」と疑われる原因となってしまう訳なのです。

こうなってしまうと重要な判断材料が1つ失われてしまいます。

30歳を過ぎて初めてクレジットカードを作るということで、審査に通りにくくなってしまう理由がわかっていただけますよね。

③申し込みから、カードを受け取るまでの流れ

では、だいたいクレジットカードのことも理解できたし、早速申込みとなります。
ネット申し込みが一番簡単でスピーディーなので簡単に説明しておきます。

クレジットカードの申込の流れ

利用したいクレジットカードの公式HPにアクセス

規約に同意
 個人情報取扱に関する条項
 会員規約
 を確認の上「同意する」をクリック

個人情報の入力
 申し込みフォームに必要事項を入力

申し込み内容の確認と受付完了
 登録したメールアドレスに受付完了のメールが届くので確認

審査・発行手続き

カード発行
 申し込み後1週間〜2週間程度でカード発行となります

申し込み後1週間〜2週間程度でカード発行となります。

自宅にカードが郵送されますが、受け取りの際、「本人限定郵便」または、「簡易書留」(配達状況を記録している郵便)となるので、原則本人受け取りです。
その時は、身分証明書が必要になりますので事前に用意しておくと良いでしょう。

また、簡易書留の場合は、本人以外家族等が代理で受け取ることも可能です。

詳しくは、

あわせて読みたい
「クレジットカード 作り方 学生」で説明しているので参考にしてくださいね。

まずは学生専用クレジットカードをチェック!

実は、クレジットカードの中でも、「学生専用クレジットカード」というものがたくさん発行されているのはご存知でしたか?

学生で持つことのできるクレジットカードはたくさんありますが、まずは「学生専用クレジットカード」から確認しておきましょう。

①「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラス

年会費 初年度無料 ETC年会費 初年度無料
国際ブランド VISA 還元率 1.0%
  • 年会費は2年目以降も実質無料(年1回利用が条件)
  • 18歳~25歳限定
  • 入会後3ヶ月間はポイント5倍=2.5%還元!
  • 26歳になったら良デザイン&高ステータスカード「プライムゴールドカード」へ自動切換え!

新規入会&Vpassアプリログインで最大8,000円プレゼント↓

誰でも一度は聞いたことのある「三井住友VISAカード」ですが、学生専用・若者向けのカード「三井住友VISAデビュープラスカード」がしっかりと用意されています。

基本情報は以下の通り。

三井住友VISAデビュープラスカード
年会費 1,250円+税(1回以上利用で翌年無料) 国際ブランド VISA
基本還元率 1.0% 利用可能枠 10〜30万円
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 あり(利用付帯) 追加発行可 ETCカード
家族カード
付帯電子マネー iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa 支払日 15日締め翌月10日払い
月末締め翌月26日払い
申し込み条件 18歳以上25歳まで(高校生は除く)

年会費は1,250円+税ですが、年1回のカード利用で無料にすることができるので実質無料となっています。
国際ブランドの選択は「VISA」のみとなっていますが、世界No. 1の加盟店数を誇る「VISA」なら利用できなくて困るということは、ほとんどないので安心できます。

また、カード利用枠については、親権者の同意があるかどうかで利用可能額が異なります。

親権者の同意あり:利用可能額30万円
親権者の同意なし:利用可能額10万円

もしPCなどの購入のように高額利用を考えている場合は、親権者の同意をもらうことを強く勧めます。

このカードの魅力は、ポイント還元率がいつでも2倍(1.0%)で入会後3ヶ月間は5倍(2.5%)という高還元を実現しているという点にあります。

常時1.0%還元というのは、「学生専用クレジットカード」の中では、このあと紹介する「楽天カード アカデミー」くらいです。
しかし、入会後3ヶ月間のポイント還元率なら今回紹介する中では一番の高還元カードとなっていておすすめです。

また、「三井住友VISAカード」は、ブランド力も高く、持っていても恥ずかしくないというのも魅力の1つです。

さらに、26歳以降で最初のカード更新時には「三井住友VISAプライムゴールド」に自動アップグレードするのもうれしいところです。

ただし、旅行保険などは付帯していないので旅行メインで利用したいという場合は他の紹介カードを選択するといいでしょう。

詳しくは、

あわせて読みたい
三井住友VISAデビュープラスカード完全ガイド:学生は?審査は?で説明しています。

②「三井住友VISAクラシックカード A」

三井住友VISAクラシックカードA券面画像

同じく「三井住友VISAカード」から学生でも積極的に発行している、もう1つのクレジットカードが「三井住友VISAクラシックカード A」です。

基本情報は以下の通り。

三井住友VISAクラシックカード A
年会費 250円+税 国際ブランド VISA
MasterCard
基本還元率 0.5% 利用可能枠 10〜30万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング補償 あり(利用付帯) 追加発行可 ETCカード
家族カード
付帯電子マネー iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave(※2018年12月下旬以降利用停止) 支払日 15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い ※選択可能
申し込み条件 18歳以上の学生(高校生は除く)

年会費は在学中なら250円+税で利用できます。
通常1,500円+税の年会費がかかるのでかなり学生優遇されていてお得です。
国際ブランドは、「VISA」はもちろん「MasterCard」が選択できるのが「三井住友VISAデビュープラスカード」と異なります。
どちらのブランドを選べばよいか迷った時は、1枚目はとりあえず「VISA」を選んでおけば大丈夫です。世界シェアNo. 1で利用できなくて困るということはまず考えられません。

「MasterCard」は、2枚目もしくは、みんなとは違うブランドがいいという場合は選んでみるといいでしょう。といっても、「MasterCard」も世界シェアNo. 2のブランドなので利用面で困るということは滅多にありませんけどね。

他に大きく異なる点は、国内外旅行傷害保険が付帯しているという点です。

海外旅行傷害保険補償内容
項目 補償金額
死亡・後遺障害 自動付帯分: 300万円
利用付帯分:1,700万円
傷害・疾病治療費用(1事故・疾病限度額) 100万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,500万円
携行品損害(自己負担3,000円) 20万円
救援者費用(一年間限度額) 150万円
国内旅行傷害保険補償内容
項目 補償金額
死亡・後遺障害 自動付帯分: 300万円
利用付帯分:1,700万円

<自動付帯と利用付帯とは>

クレジットカードの付帯保険には、自動付帯と利用付帯の2つがあります。
自動付帯とは、カードを持っているだけで自動で保険適用になるものです。加入手続きなどは不要で旅行などに行くときにはとても強い味方となります。

一方、利用付帯とは、ツアーパック代金や公共交通機関の料金をカード決済することで保険が適用されるというものです。

どちらも付帯していれば嬉しいですが、自動付帯の方がより便利で優れているといえるでしょう。

自動付帯分の補償内容がやや不安がありますが、その辺は旅行中の公共交通機関などの料金をカード利用することで保険適用となる利用付帯分の補償でカバーできます。

旅行メインで利用したいという場合には「三井住友VISAクラシックカード A」がピッタリとなっています。

ただし、ポイント還元率が一般的な0.5%となっているのがやや不満なところです。

③「楽天カード アカデミー」

楽天カード公式HP

CMでもおなじみ「楽天カード」には学生専用カードがちゃんとあります。それが「楽天カード アカデミー」です。

基本情報は以下の通り。

楽天カード アカデミー
年会費 無料 国際ブランド VISA
JCB
基本還元率 1.0% 利用可能枠 非公開
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし 追加発行可 ETCカード(500円+税)
付帯電子マネー 楽天Edy 支払日 毎月10日締め
翌4日払い
申し込み条件 18歳以上28歳以下の学生(高校生は除く)

年会費は無料。ポイント還元率も無料カードの中では高還元の1.0%となっています。
国際ブランドについては、「VISA」もしくは「JCB」のどちらかから選ぶことができます。

国際ブランドの種類については、こちらで詳しく説明しています。
あわせて読みたい
「国際ブランドの違い」は、使えるお店の違い

「楽天カード アカデミー」特有の特典サービスとしては、以下のようなものがあります。

対象商品 特典内容
楽天ブックス 本・DVDなど ポイント5倍
楽天トラベル 高速バス予約 ポイント3倍
楽天ダウンロード 本などのダウンロード ポイント3倍

勉強などに必要な書籍、友人との旅行にも役立つサービスを会員限定優待を受けれるのはとても嬉しいですね。積極的に活用していきましょう。
ポイントもザクザク貯まってとてもお得ですよ。

ただし、デメリットもあるのでしっかり把握しておきましょう。

まずは、ETC年会費が無料ではないというところです。発行すると年会費500円+税がかかってきます。

車を普段運転するという場合には、ETCカード年会費無料のカード選択しましょう。

「ETCカード」の年会費が無料のクレジットカードは以下のようなものがあります。

  • 学生専用ライフカード
  • ANAカード〈学生用〉
  • JCBカードW
  • オリコカード THE POINT

今回紹介しているカードの中では上記のようなカードが年会費無料でETCカードを発行することが可能です。

もう一つが、キャッシング機能がないということです。

海外旅行などでとても便利なキャッシング機能ですが、「楽天カード アカデミー」では利用することができません。
必要という場合は、通常の「楽天カード」に申込みするのも手かもしれません。

<学生でも通常の「楽天カード」に申し込める>

実は、通常の「楽天カード」には学生でも申込みすることは可能です。
「楽天カード アカデミー」にはないキャッシング機能が欲しいと思っているような場合には「楽天カード」に申込みをしましょう。
詳しくは、
あわせて読みたい
「楽天クレジットカードの申し込み【完全ガイド】ETCカードの年会費を無料にする方法」
「楽天カードのガチな口コミ評判と審査(顔写真付き19件掲載中!)」

で説明しています。

専業主婦、無職の方でも、なぜか「審査通過」したというような面白い内容となっています。
学生でも審査が通る可能性は十分にあるので大丈夫ですよ。

あわせて読みたい
楽天カードアカデミーと楽天カードの違い【全解説】

④「学生専用ライフカード」

「ライフカード」が発行している学生専用クレジットカードでその名の通り「学生専用ライフカード」は、学生向けカードの中でもサービス充実度がトップクラスのカードとなっています。

基本情報は以下の通り。

学生専用ライフカード
年会費 無料 国際ブランド VISA
MasterCard
JCB
基本還元率 0.5% 利用可能枠 5〜30万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯) 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし 追加発行可 ETCカード
付帯電子マネー ID、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco 支払日 毎月5日締め
当月26、27、28日払い、または翌月3日払い
申し込み条件 18歳以上25歳以下の学生(高校生は除く)

年会費は永久無料です。
何と言っても「学生専用ライフカード」の一番の魅力は在学期間中ならではの学生特典サービスがとても充実しているということです。
学生特典はこのようなものがあります。

  • 海外ショッピング利用の5%を現金キャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • ケータイ利用料金決済で毎月アマゾンギフトが当たるチャンス

みていただければわかるように学生の海外旅行を応援するような特典が多いですよね。

⑴海外利用額からキャッシュバック

「学生専用ライフカード」は、海外でショッピング利用分の5%が現金キャッシュバックされます。
卒業旅行などで海外へ行く時には大活躍します。
ポイント付与ではなく、現金がバックされるというのが嬉しいですよね。

ただし、このサービスを受けるには、事前に公式サイトからの申込みが必要です。
海外に行く際には忘れずに申込みをしておきましょうね。

⑵海外旅行傷害保険が自動で付帯している

今回紹介している年会費無料で旅行傷害保険が付いているカードは、ほとんどの場合カード利用が付帯条件となっています。

しかし「学生専用ライフカード」年会費無料で、自動で付帯されます。
しかも、回数制限なく保険が適用されるのでとてもお得な嬉しい特典となっています。

海外旅行傷害保険の補償内容
項目 補償金額
死亡・後遺障害 最高2,000万円(自動付帯
傷害・疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(自己負担3,000円) 20万円
救援者費用 200万円

⑶ケータイ利用料金決済で毎月アマゾンギフトが当たるチャンス

ケータイ料金の支払いを「学生専用ライフカード」ですると、10人に1人の確率でAmazonギフト券500円分が当たります。
しかも、抽選は毎月あるので、1年に1回は当選することになりますね。

ただし、抽選には初回のみサービスへの申込みが必要なので忘れないようにしておきましょう。

普段使いはもちろんのこと、大学生になったら色々な国をみて回りたいと思っている学生さんは特に「学生専用ライフカード」はおすすめのカードとなっています。

あわせて読みたい
学生専用ライフカード(年会費無料)が学生カード最強の理由

⑤「ANAカード〈学生用〉」

ANA公式HP

「ANAカード〈学生用〉」は、航空会社が発行しているだけあって、旅行の際にとても役に立つ保険などが付帯しています。
ANA一般カードと同じ機能に加えて、学生カード独自の特典が魅力のカードとなっています。

基本情報は以下の通り。

ANAカード<学生用>
年会費 1,200円+税(在学期間中無料) 国際ブランド VISA
MasterCard
JCB
基本還元率 0.5% 利用可能枠 非公開
海外旅行傷害保険 最高1,000万円(自動付帯) 国内航空傷害保険 最高1,000万円(自動付帯)
ショッピング補償 あり(条件つき) 追加発行可 ETCカード
付帯電子マネー VISA/MasterCard:楽天Edy、QUICPay、PiTaPa
JCB:楽天Edy、iD、PiTaPa
支払日 毎月15日締め
翌月10日払い
申し込み条件 18歳以上の学生(高校生は除く)

年会費は1,200円+税となっていますが、在学期間中は年会費無料です。

もともと年会費が有料なだけあって、付帯されている保険などは内容がとても充実しています。
国内外の旅行傷害保険が年会費無料自動付帯しているのは「ANAカード〈学生用〉」の最大の魅力です。

海外旅行傷害保険
項目 補償金額
死亡・後遺障害 最高1,000万円(自動付帯
傷害・疾病治療費用 なし
賠償責任 なし
携行品損害 なし
救援者費用 100万円
国内旅行傷害保険(航空機搭乗中または飛行場構内のみ保険適用)
項目 補償金額
死亡・後遺障害 最高1,000万円(自動付帯

保険内容は死亡・後遺障害などの補償に限られますが、自動付帯なのでこれはしょうがないですね。
また、国内旅行傷害保険は航空機搭乗中または飛行場構内のみ保険適用対象なのは覚えておきましょう。

国際ブランドの選択肢は、VISA、MasterCard、JCB
選択自由度が高いのは嬉しいところです。
好きなブランドを選びましょう。

「ANAカード〈学生用〉」のデメリットとしては年会費無料の期間が在学している間に限られるという点でしょうか。
卒業してしまうと、一般のANAカードに切り替わってしまい年会費は1,200円+税がかかってきてしまいます。

しかし、一般のANAカードへ自動切り替えされると、卒業ボーナスとして2,000マイルもらえるのは嬉しい特典となっています。

ポイントを貯められるお得なクレジットカード

ここから紹介するカードは一般カードとなりますが、学生でも申し込むことが可能なクレジットカードとなっています。
ポイント還元率に焦点を当てて、おすすめのカードを紹介していきます。

①スタバやセブンイレブンでいちばんお得!「JCBカードW」

JCB CARD W

年会費 永年無料 ETC年会費 永年無料
国際ブランド JCB 還元率 1.0%〜7.0%
  • 39歳以下だけが申し込める特別限定のJCBカード!
  • 39歳までに作れば40歳以降もずっと無料で持てる
  • 普段からポイント1.0%還元と一般カードの2倍!
  • よく行くお店でポイントアップが嬉しい!
  • Amazonやセブン・イレブンでポイント2.0%還元
  • スタバでポイント5.5%還元 (カードチャージ)
  • 国内・海外の旅行保険が最高2000万まで補償!
  • ◎家族カード有り

新規入会限定!入会後3ヵ月間はポイント4倍!↓

まず、紹介したいのがJCBが発行している「JCBカード W」です。
JCBでポイントもたくさん貯めていきたいと考えているのならば、このカード「JCBカード W」一択ですよ。

基本情報は以下の通り。

JCBカードW
年会費 無料 国際ブランド JCB
基本還元率 1.0% 利用可能枠 非公開
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 海外のみ(利用付帯) 追加発行可 ETCカード
家族カード
付帯電子マネー QUICPay 支払日 毎月15日締め
翌月10日払い
申し込み条件 18歳以上39歳以下の学生(高校生は除く)

「JCBカード W」は、年会費無料です。
実は、JCBが直接発行しているクレジットカードの中では年会費無料なのはめずらしい存在なのです。
ちなみに、JCB一般カードだと年会費は1,250円+税かかります。

「JCBカード W」の一番注目しておきたいことは、高いポイント還元率でしょう。

JCBカードのポイントシステムは「Oki Dokiポイント」が貯まるというものです。
JCB一般カードだと還元率は0.5%と一般的。
しかし、「JCBカード W」だとJCB一般カードの2倍ポイントが貯まります。これは、年会費無料のカード中でもとても高還元といえます。

また、還元率が大幅アップする提携優待店で利用すればさらにポイントが貯まりやすくなります!

ポイント還元率
スターバックス 5.5%
セブンイレブン 2.0%
Amazon 2.0%
エッソ・モービル・ゼネラル 1.5%

このように、スターバックスでは驚異のポイント還元率5.5%
セブンイレブンやAmazonのショッピングでも2.0%という高還元率です。
普段からこのような場所で買い物をする場合は絶対に「JCBカード W」がおすすめです。

あまり弱点のない「JCBカード W」ですが、しいてデメリットをあげるとするのならば、国際ブランドJCBが海外で利用できる加盟店が少ないという点です。
ただし、Discover cardとの提携でアメリカ全土で使えるようになっていますし、ハワイなどでは、VISAやMasterCardよりも断然使いやすくお得ですよ。

詳しくは、
▶︎「ハワイ旅行ならこのクレジットカードで決まり!お得な優待サービスで遊び尽くせ!」で説明しています。
あわせて読みたい
JCBカードWが、最もアマゾンでポイントが貯まりやすい年会費無料カードであることが判明【完全解説】

②携帯料金支払いでポイント2倍「VIASOカード」

VIASOカード

年会費 無料 ETC年会費 無料
国際ブランド 還元率 0.5%〜1.0%
  • お手軽!オートキャッシュバック
  • 携帯代、プロバイダー代もポイント2倍!
  • 還元率10%超!VIASOeショップ!(楽天市場・Amazonなども利用可!)
  • ◎家族カード有り

↓今なら10,000円分のキャッシュバックプレゼント!↓

学生専用のクレジットカードではありませんが、三菱UFJニコス発行の「VIASOカード」がおすすめです。

「VIASOカード」は年会費無料という点はもちろん、ポイントシステムが他のカードとは異なり、貯まったポイントは自動でキャッシュバックされる画期的なクレジットカードとなっています。

基本情報としては以下の通りです。

VIASOカード
年会費 無料 国際ブランド MasterCard
基本還元率 0.5% 利用可能枠 10〜100万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯) 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 あり(利用付帯) 追加発行可 ETCカード
家族カード
付帯電子マネー なし 支払日 毎月5日締め
当月27日払い
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)

「VIASOカード」の一番の魅力は先ほども言いましたが、貯まったポイントが自動的に現金キャッシュバックされるというシステムです。

ポイント還元率は、1000円につき、5円分のポイントが貯まるので、0.5%と一般的な還元率となっています。

しかし、現金キャッシュバックの利点としては、他のカードとは違ってポイントをマイページなどにログインして商品交換などをする手間が省けるというところです。
商品交換だと商品が限定的で自分のほしい商品がないことがよくあります。
現金ならそんな思いも絶対にすることはないので、本当に自由度の高いお得なシステムですよね。
年間1,000ポイントからキャッシュバック可能です。

また、大手キャリアのスマホ代を「VIASOカード」で支払えば、貯まるポイントは還元率2倍になります。

毎月一定の額をずっと支払うものだから、効率的にポイントを貯めることができます。
イメージとしては、毎月のスマホ代を「VIASOカード」払いにすると、1.0%off(のちにキャッシュバックされるから)で利用することができるのと同じことです。

ケータイ以外にもETCカード利用や自宅のネット料金の支払いでもポイント2倍になります。

ただし、特定の加盟店のみポイント2倍なので注意しましょう。
加盟店は以下の通り。

ポイントが2倍になる特定加盟店一覧
種類 特約店
ケータイ ドコモ / au / ソフトバンク / Y!Mobile
ネット Yahoo!BB / @nifty / OCN / au one net / BIGLOBE / ODN
ETC ETC対応の高速・有料道路

「VIASOカード」のデメリットとしては、ETCカード発行費用がかかる点とApple Payに対応していないという点です。

ETCカードは年会費は無料です。
しかし、発行時に手数料として1,000円+税がかかります。
完全無料のカードも多い中で、これははっきり言って残念なところです。

あとは、「VIASOカード」はまだApple Payに非対応です。
今では「オリコカード THE POINT」「JCBカードW」まで、ほとんどのクレジットカードが対応しているだけにこちらも残念です。

あわせて読みたい
VIASOカードのメリットと審査に落ちないコツを解説!ETCカード年会費無料

③どこでもポイント1.0%以上「オリコカード THE POINT」

Orico Card THE POINT

年会費 永年無料 ETC年会費 永年無料
国際ブランド 還元率 1.0%
  • ポイントは100円単位!端数切り捨てのムダなし
  • トラベルサービスが充実
  • ネットショッピングでポイント0.5%上乗せ
  • iD・QUICPay搭載
    ◎家族カード有り

↓ここから限定、最大8,000円ぶんもらえる↓

名前の通り、ポイントシステムに特化したのがオリコカードが発行する「オリコカード THE POINT」です。

基本情報は以下の通りです。

オリコカード THE POINT
年会費 無料 国際ブランド MasterCard
JCB
基本還元率 1.0% 利用可能枠 10〜300万円
海外旅行傷害保険 なし 国内旅行傷害保険 なし
ショッピング補償 なし 追加発行可 ETCカード
家族カード
付帯電子マネー iD、QUICPay 支払日 月末締め
翌月27日払い
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)

年会費は無料
学生カードではないので期限もなく、ずっと無料で利用することができます。

「オリコカード THE POINT」の一番の特徴は常時1.0%以上でポイントが貯まるということです。

また、入会後6ヶ月間は1.0%→2.0%と2倍の還元率に。

さらに、ネットショッピング利用で還元率が上がるオリコモールというものがあります。
「オリコカード THE POINT」ならオリコモール経由でAmazonなどでネットショッピングすると、そこからさらに+0.5%のポイントが加算されます。(一部対象外あり)

では、貯まったポイントはどのようなものに交換できるか気になりますよね。
ポイント交換先もたくさん用意されているのも「オリコカード THE POINT」の魅力の一つです。
交換先は以下の通り。

交換形式 交換先
オンラインクーポン
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフト券
  • LINEギフト券
  • nanacoギフト券
  • ファミリーマートお買い物券
ポイント
  • WAONポイント
  • Tポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント
  • au WALLET ポイント
マイル
  • ANAマイル
  • JALマイル

オリコカードのポイントシステム「オリコポイント」はポイントの価値を等価交換できるものが多いです。
この等価交換というのはとても大切で、他のカードのポイントは交換すると価値が減ることが多いです。

「オリコポイント」なら、貯めたポイントを損することなくしっかり使えますよ。

買い物はもっぱらネットを利用というような場合には「オリコカード THE POINT」は、さらにお得なカードとなります。

もう一つのメリットとして電子マネーが「iD」「QUIC Pay」の2種類がカード一体型で搭載されていることです。

「2種類いる?」と思われるでしょうが、頻繁に利用していると、どちらか一方は利用できないような場面が多々あります。
2つ搭載していることで利用できないという心配も減り、使い勝手は格段にアップしますよ。
電子マネーでの支払いでもしっかりとポイントは貯まります。
ちょっとしたコンビニなどの買い物はカードを店員さんに渡す手間も省けるのでとても便利ですよ。
サインも不要ですし積極的に利用していきましょう。

「オリコカード THE POINT」のデメリットとしては、旅行傷害保険など付帯している保険がないという点です。

海外旅行の際、強い味方になる海外旅行傷害保険や、買い物する際に安心のショッピング保険は一切ありません。

学生生活、旅行もたくさん楽しみたいと考えている場合は、他のカードを選択しましょう。

あわせて読みたい
オリコカード・ザ・ポイントを申し込む前に。5つの長所と3つの短所(ETCカード無料)

デザイン重視のあなたにおすすめのクレジットカード

女性向けのカードとなってしまいますが、デザインがかわいいカードがいいという場合には、各社様々な券面デザインを用意していますので紹介します。

①女性に安心なサービスも揃っている「JCB CARD W plus L」

「JCB CARD W plus L」は女性向けのクレジットカードです。
なぜかというと、女性疾病保険などが任意付帯しているクレジットカードとなっているからです。

実はこのカード、「①スタバやセブンイレブンでいちばんお得!「JCBカードW」」で紹介した「JCBカード W」と基本スペックは全く同じです。

「JCBカード W」に女性特有の疾病に対する保険やファッション、コスメなどの情報が追加されています。

⑴LINDAリーグ


LINDA公式HP

LINDAリーグとは、「L’OCCITANE」「ABISTE」などのキレイに関するお得な情報やサービスがいち早く届くLINDA限定サイトです。
流行とオシャレに敏感な女性にとってうれしいサービスとなっています。

⑵女性疾病保険とお守リンダ

「JCB CARD W plus L」には、「女性疾病保険」「お守リンダ」に任意で保険に加入することが可能となっています。
しかも、掛け金は30円〜790円ととても低い金額設定となっていてとてもお得です。

JCBカード公式HP

「女性疾病保険」は、乳がん、子宮がん、妊娠合併症など女性特有の病気での入院、手術費用に限り、通常保険金に加えてさらに同額を上乗せして2倍補償してくれるというものです。

学生なら保険料月々290円で加入できるので入っておくと万一の病気にも備えることができ安心です。

JCBカード公式HP

「お守リンダ」は、お手頃な掛金で自分の必要なプランを選んで加入することができます。
プランは、「女性特定がん」「天災限定傷害」「犯罪被害補償」「傷害入院補償」があり、掛金は、月々30円〜390円なので無理なく加入することができます。
全てのプランに加入したとしても学生(20歳〜24歳)なら、580円だけで備えることができます。
この機会に、保険を充実させておきたい場合は加入しておくと、とても安心できますよ。

②ミッキー好きには「JALカード navi JAL・JCBカード(ミッキーマウス デザイン)」

JALカード公式HP

「JAL・JCBカード」には、「JALカード navi」という学生専用カードがあります。
貯まったマイルでお得に旅行したいという場合におすすめのクレジットカードです。

さらに、「JCB」がディズニーランドの公式スポンサーということで、券面がミッキーデザインのカードも用意(ミッキーデザインでなければ「VISA」「MasterCard」も選択可能)されていてディズニーファンにもうれしいカードとなっています。

基本情報は以下の通り。

JAL・JCBカード JALカード navi
年会費 在学中無料 国際ブランド JCB
基本還元率 1.0% 利用可能枠 非公開
海外旅行傷害保険 最高1,000万円(自動付帯) 国内旅行傷害保険 最高1,000万円(自動付帯)
ショッピング補償 なし 追加発行可 ETCカード
付帯電子マネー QUICPay
WAON
支払日 毎月15日締め
翌月10
日払い
申し込み条件 18歳以上30歳未満の学生(高校生は除く)

年会費は在学中は無料です。
選べる国際ブランドは「JCB」です。旅行損害保険は国内外で最高1,000万円まで補償。

カード利用がなくても適用される自動付帯なので、カードを持っているだけで大丈夫。心配はいりません。

さらに、学生特典のボーナスマイルオリジナルサービスがあり、非常にマイルが貯まりやすくなっているのがこのカードの特徴です。
ただし、在学期間限定の特典です。

★JALカード naviのボーナスマイル一覧

<ボーナスマイル>

「飛ぶほどボーナスマイル」は、毎年(1月〜12月まで)の搭乗実績に応じて最大2,000マイルもらえるます。

飛ぶほどボーナスマイル
搭乗実績 ボーナスマイル
2,500~4,999マイル 1,000マイル
5,000マイル以上 2,000マイル

「ためるほどボーナスマイル」は、毎年(1月〜12月まで)の獲得マイルに応じて50〜300マイルを受け取ることができます。

獲得マイル ボーナスマイル
0〜999マイル 50マイル
1,000〜1,999マイル 100マイル
2,000〜2,999マイル 200マイル
3,000マイル以上 300マイル

「海外旅行ボーナスマイル」は、在学中JAL国際便に搭乗した場合、片道300マイルが付与されます。

「語学検定ボーナスマイル」は、対象の外国語検定に合格すると500マイルがもらえます。

「JALカード継続ボーナス」は、卒業後も継続してJALカード会員だった場合に2,000マイルを受け取ることができます。(卒業後は普通カードへ自動切替)

これだけの学生特典があるのでマイルが貯まりやすいというのは間違い無いですよね。

卒業後は、普通カードに自動切替されて、年会費2,000円+税かかってくるのでこの辺も合わせて気をつけましょう。

マイルについては、フライトとショッピングで貯めることができます。ショッピングマイルとフライトマイルの還元率は1.0%です。

わかりにくいので、どれくらいの利用でどのくらいのマイルが貯まるのか例をあげると以下のようになります。

<利用例>

  • 1年に1回沖縄旅行
  • 月々3万円のJALカード naviの利用

と仮定します。

まず、年1回の沖縄旅行で3,164マイル貯まります。

内訳は以下の通り

往復
フライトマイル 1968マイル

ボーナスマイル 196マイル

毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル

3,164マイル

ショッピングマイルの還元率は1.0%なので、月々3万円の利用だと年間3,600マイル貯まります。

さらに、「ためるほどボーナスマイル」で+300マイル加算

合わせると、年間7064マイル貯まることになります。

このマイルをe JALポイントに交換すると、6000マイル→6000P(6000円相当)になります。(2019年3月31日まで、JAL会員限定で3,000マイル単位でポイント交換が可能)

このeJALポイントは、JALホームページでの、航空券やツアーの購入代金の支払いに利用することができます。

(2018年7月現在)
例えば、東京ディズニーリゾートパークチケットをポイントを使って購入すると。

チケット代7,400円−6000P(6,000円相当)=1,400円

なんと東京ディズニーリゾートパークチケットを1,400円で購入することができます。

年に1回格安でディズニーに行けるなんてこれって本当に嬉しいですよね。

このような条件で何年かポイントを貯めることができれば、海外旅行の飛行機代をタダで利用することだって夢じゃありませんね。

卒業旅行ぐらいまでにはかなりマイルも貯まっているのではないでしょうか。

さらに学生特典としてお得なオリジナルサービスも設定されています。
詳しくは、
JALカード naviの9つのメリットを参考にしてみてください。

③バービー好きにおすすめ「学生専用Barbieカード」

ライフカード公式HP

このカードは、先ほど紹介した「学生専用ライフカード」と基本スペックは全く同じで、券面デザインがバービーになっているというものです。

ただこの「Barbieカード」、デザインがバービーになっているだけではないのです。
バービー好き女子にはたまらない限定特典やうれしいサービスがあります。

★Barbieカード限定特典
  • 毎月抽選でバービーグッズがもらえる
  • 「バービーカード限定コース」限定商品とでポイント交換ができる
  • バービーの最新情報をメルマガで受け取ることができる

ライフカード公式HP

「Barbieカード」で、2,000円以上のショッピングを利用すると、自動的にバービーグッズがもらえるキャンペーンにエントリーされます。

当選すると自宅に突然バービーグッズが届きますよ。
グッズは月替りで商品内容は、月初めにメルマガで知らせてくれます。

ライフカード公式HP

ポイント交換の際に、「Barbieカード」なら限定の商品と交換することができます。
2018年7月現在だと、バービーのタオルハンカチフレグランスと交換できるようになっています。

また、バービーの最新情報をメルマガで受け取ることができます。
イベント期間限定のバービーショップOPEN情報、その他の最新情報などをいち早く知らせてくれます。

バービー好きならメルマガ登録しておくといいと思います。

まとめ

「クレジットカード」とは、利用した代金を後払いで支払うことのできる便利なカード

★大学生のクレジットカード所有率は50%以上

★基本学生カードは年会費が無料収入がなくても作りやすい

★旅行中心で利用したいなら「三井住友VISAクラシックカード A」「学生専用ライフカード」

★ポイント重視の場合は、「JCBカード W」「オリコカード THE POINT」

★カードデザインで選ぶなら「JAL・JCBカード(ミッキーマウス デザイン)」「Barbieカード」

学生専用カードは年会費が特別に無料に設定されるなど、学生の特権といっていいサービスが盛りだくさんです。

学生のうちにガンガン海外旅行に行こうと思っていたり、何かと金欠になりがちな学生生活、少しでも多くポイントを貯めて欲しいものをお得に買いたかったりと、学生の野望はつきません。

学生のうちにクレジットカードを作って、楽しくて充実したキャンパスライフを送りましょう。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。