セブン銀行デビットカードは手堅くおトク!クレカ・nanacoと徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブン銀行デビットカードはセブン・イレブンでおトク!クレカ・nanacoと徹底比較
「セブン銀行デビットカードならnanacoポイントがおトクに貯まるらしい。
nanacoを貯めるならこれ一択なのかな?」

確かにセブン銀行デビットカードはnanacoポイントをおトクに貯められますが、クレジットカードのセブンカード・プラスよりおトク度は低いです。

しかし、セブン銀行デビットカードこそが輝く場面もありますよ!

ここでは電子マネーの「nanaco」、クレジットカードの「セブンカード・プラス」と比較しながら、セブン銀行デビットカードの使い方をお教えします。

セブン銀行デビットカードのメリットとデメリットを一緒に見ていきましょう!

なお、セブン銀行デビットカードの正式名称は「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」です。

キャッシュカードと名前にありますが、キャッシュカードとしても使えるだけで、他は普通のデビットカードと同じなので安心してくださいね。

また、「そもそもデビットカードってどんなカードなんだろう?」と気になるあなたはこちらの記事をご確認ください。

あわせて読みたい
デビットカードとは?クレジットカードと比較して解説!おすすめカード3選も

セブン銀行デビットカード

セブン銀行デビットカード

 

セブン銀行デビットカード
年会費無料国際ブランドJCB
基本還元率0.5%利用可能枠200万円
※口座残高が200万円以下の場合は口座残高まで
※自分で利用限度額を設定することも可能
海外旅行傷害保険なし国内旅行傷害保険なし
ショッピング補償なし追加発行可なし
付帯電子マネーnanaco支払日即時決済
申し込み条件申し込み時16歳以上で、セブン銀行の個人口座をお持ちの方
セブン銀行デビットカード、セブンカードプラス、nanaco比較表
セブン銀行デビットカードセブンカード・プラスnanaco
発行手数料無料無料300円
年会費無料500円
※条件次第で無料
無料
セブンイレブンでの還元率1.5%1.5%1.0%
イトーヨーカドーでの還元率1.0%1.5%1.0%
(一部テナントは異なる)
イトーヨーカドーハッピーデー特典なし5%引き5%引き
ボーナスポイントつかないつくつく
支払い方法1回払い分割払いやリボ払いも可能1回払い
支払いスピードnanacoほど速くはない速い
チャージ不要不要必要
セブン銀行の口座必要不要不要
使える店多い多い少なめ
ネット通販使える使える使えない
公共料金使えない使える使えない

目次

あなたに合うのはこのカード!フローチャートで簡単診断

セブン銀行デビットカードはnanacoポイントをおトクに貯められるデビットカードです。

nanacoポイントを貯められるいくつかのカードのうち、あなたに向いているのはどのカードなのか診断してみましょう。

Q1からYes/Noでご回答ください。

Q1:新しくクレジットカードを作ることができる。
Yes
No
おすすめのなのは「セブンカード・プラス」!
②クレカを新しく作れるのならセブンカード・プラスがおすすめへお進みください。
Q2へお進みください。
Q2:セブン銀行の口座を持っている/作るつもりだ。
Yes
No
「セブン銀行デビットカード」がおすすめ!
①新しくクレジットカードを作らないのならセブン銀行デビットカードがおトク!へお進みください。
Q3へお進みください。
Q3:多少手間がかかっても良いからおトクなカードを作りたい。
Yes
No
セブン銀行の口座開設が必要ですが、おトクにするなら「セブン銀行デビットカード」がおすすめ。
①新しくクレジットカードを作らないのならセブン銀行デビットカードがおトク!へお進みください。
手軽に作るのなら「nanaco」一択です!③どちらも合わなければ、ぜひnanacoカードを作ってみようへお進みください。

①新しくクレジットカードを作らないのならセブン銀行デビットカードがおトク!

「セブン銀行デビットカード」はクレジットカードである「セブンカード・プラス」の次におトクなカードです。

クレジットカードの手数料や使いすぎといったデメリット・リスクを避けるのなら、ぜひおすすめしたいカードですね。

セブン銀行デビットカードには審査がないため、学生などのクレジットカードを持てない方にもおすすめです。

セブンカード・プラスやnanacoと違い発行手数料・年会費がともに無料なのも魅力。

一方で、発行に少し手間がかかってしまう難点があります。
セブン銀行の口座が必要なので、口座を持っていない場合口座を開設しなければなりません。

口座開設といっしょにセブン銀行デビットカードを申し込めるので活用しましょう。

詳しくは「①セブン銀行デビットカードの申し込み方法は「カード切換え」「オンライン口座開設」「郵送で口座開設」の3通り」の項目で説明していますので、ご確認ください。

最後に簡単にまとめれば、セブン銀行デビットカードは「発行に少し手間がかかるけれど安全でおトクな手堅くまとまったカード」。

この記事を読んでセブン銀行デビットカードについてもっと詳しく見ていきましょう!

②クレカを新しく作れるのならセブンカード・プラスがおすすめ

もし、あなたが新しくクレジットカードを作れるのならセブンカード・プラスがおすすめ。

クレジットカードなので審査があり、お金を借りれてしまうリスクもありますが、その分他のカードに比べておトクになっています。
どれほどおトクなのか次の表で確認してみましょう。

nanaco対応カードの還元率比較表
セブンカード・プラスセブン銀行デビットカードnanaco
nanacoボーナスポイントつくつかないつく
セブンイレブン1.5%1.5%1.0%
イトーヨーカドー
ヨークマート
1.5%0.5%1.0%※
ヨークベニマル0.5%0.5%1.0%
Ario1.0%0.5%1.0%
西武・そごう1.0%1.0%1.0%
セブン美のガーデン0.5%0.5%1.0%
アカチャンホンポ0.5%0.5%1.0%
Denny’s1.5%1.0%1.0%
ファミール
ポッポ
0.5%1.0%1.0%
芝のらーめん屋さん0.5%0.5%1.0%
BARNEYS NEWYORK1.5%0.5%使えない
Yatsugatake Kogen Lodge1.5%0.5%使えない
7net1.0%1.0%使えない
公共料金0.5%使えない使えない
チャージ0.5%使えない使えない
※2019年7月1日午前0時よりnanacoポイント付与率が変更となります。ご注意下さい。
通常のnanaco払い時は200円(税抜)ごとに1nanacoポイント付与(還元率0.5%)。カード払い時は200円(税込)ごとに2nanacoポイント付与(還元率1.0%)となります。

表のように、セブンカード・プラスは一番おトクに使える店舗が多いだけでなく使いやすいところでおトクというメリットがあります。

具体的にはセブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズなど。
なじみ深いこれらのお店で1.5%という高還元率を誇っています。

また7&i系列でなくても、VISAやJCB加盟店でポイントを貯めることができますよ。
その際は還元率が0.5%と落ちてしまいますが、どこでもポイントが貯まるのは嬉しいですね。 

ボーナスポイントについては本記事のコラム<ボーナスポイントが欲しいときにはnanaco決済にしよう>にて取り扱っていますので、そちらをご確認ください。

また、セブンカード・プラスについては以下のページで詳しく解説しています。
今回の診断で興味を持っていただけたなら、ぜひこちらもご一読ください。

あわせて読みたい
セブンカードプラスでETCを申し込むべき3つの理由ーnanacoポイントがお得!

③どちらも合わなければ、ぜひnanacoカードを作ってみよう

セブンカード・プラスやセブン銀行デビットカードが肌に合わなければ、ぜひnanacoを作ってみてください。

発行手数料が300円かかりますが、ハッピーデーならイトーヨーカドーで発行手数料無料になります。

7&i系列の多くのお店で1.0%という高い還元率なのは魅力。
nanacoを使って、セブンイレブンやイトーヨーカドーで合計3万円買い物をすれば手数料の元が取れます

セブン銀行デビットカードなどには及びませんが、nanacoを使える店は意外と多く2018年11月時点で約336,000店舗(公式HPより)。

nanacoを使えるお店には画像のマークが貼ってあるので、使うときには目印にすると良いでしょう。

nanacoを使えるお店には画像のマークが貼ってある
nanaco公式HPより

現在nanacoを使えるお店と、各店舗での還元率は公式サイトのこのページで確認することができます。

CHECKnanaco公式HP|使えるお店を探す

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドー各店舗で申し込むことができるほか、店頭で記入する内容を事前にwebで入力してスムーズに受け取ることもできます。

詳しくは公式サイトにあるこちらのページをご確認ください。
CHECKnanacoカード入会案内

セブンイレブンやイトーヨーカドーでおトクなnanacoを、この機会に作ってみませんか?

【nanacoポイント対応カードと比較】セブン銀行デビットカードのメリット

セブン銀行デビットカードは一言でいえば「手堅くまとまったおトクなカード」
その一方で、セブン銀行の口座が必須というデメリットがありました。

この項目ではセブンカード・プラス、nanacoと比較してセブン銀行デビットカードの「手堅くまとまったおトクさ」をより深く見ていきましょう。

きっと、セブン銀行デビットカードが気に入るはずです。

①nanacoとしても使える一体型と今までのnanacoをそのまま使える紐付型

セブン銀行デビットカードには2種類のタイプがあります。「nanaco一体型」「nanaco紐付型」の2つです。

どちらのタイプも発行手数料・年会費無料で性能はほとんど変わりません。
違いはnanacoを搭載しているかどうかのみです。

 

一体型・紐付型のメリット・デメリット
一体型紐付型
支払い方法デビットカード払い
nanaco払い
デビットカード払い
カード枚数1枚で十分nanacoと2枚持ちするのが理想
ポイントの貯まり先デビットカード付帯のnanaco元から持っているnanaco
ポイントを引き継げるか引き継げない引き継げる

一体型と紐付型の2種類から選べる
一体型と紐付型の2種類から選べる

一体型はnanacoを搭載しているので、デビットカード1枚でデビットカード払いもnanaco払いもすることができます。

お財布の中に入れるカードを一枚減らせるわけですね。
nanacoを持っていないなら、こちらのタイプがおすすめです。

デビットカード払い・nanaco払いで貯まったポイントは、デビットカードに搭載された新規のnanacoへ貯まっていきます。
元から持っていたnanacoにポイントを貯めることはできないので注意しましょう。

一方、紐付型は既に持っているnanacoを併用していくタイプ。
デビットカードではデビットカード払いしかできません。

ですが、デビットカード払いで獲得したポイントを既に持っているnanacoに貯めていく事が可能です。
その一方で、カードが2枚に増えてしまうのはデメリットといえるでしょう。

電子マネーとデビットカードは違うお財布に入れて使いたい、という場合などはこちらも良いかもしれませんね。

「既にnanacoを持っていて、セブン銀行デビットカードのnanaco一体型を作りたい」場合、残念ながら今までのnanacoポイントを引き継ぐことはできません

今までのnanacoポイントを引き継ぐことはできません

セブン銀行 よくあるご質問より

今まで持っていたnanacoは今まで通り使うことができます。
ですが、一体型のnanacoに切り替えるために今までのnanacoのポイントや残高を使い切ると良いでしょう。

nanacoはポイント不足時のみ現金と併用で支払いに使えるので、これを使って残高を使い切るのがおすすめです。

nanacoはポイント不足時のみ現金と併用で支払いに使える
nanaco公式HP よくあるご質問より

既にnanacoを持っていて、一体型のデビットカードを検討しているなら忘れずに覚えておきましょう。

②セブンイレブンでポイント還元率3倍!

セブン銀行デビットカード何よりの魅力はnanacoよりも0.5%高い、セブンイレブンでの還元率1.5%!

セブンイレブンでポイント還元率3倍!
セブン銀行公式HPより

平日、昼食などで平均500円セブンイレブンで買い物をしているとしましょう。
細かい休日を無視すると年間13万円セブンイレブンで使っている計算になります。

この支払いをセブン銀行デビットカードで支払うとどうなるでしょうか。
なんと年間1950円返ってきます

ちなみにnanacoで支払った場合返ってくるのは1300円1年で650円も差が生まれるんですね。

セブン銀行デビットカードのセブンイレブン以外での還元率はnanacoと同じか、低いぐらいです。
しかし、その点もセブン銀行デビットカードnanaco一体型なら心配無用

「nanacoの方がおトクなお店ではnanaco払い」「セブン銀行デビットカードの方がおトクなお店ではデビットカード払い」と使い分ければ良いのです。

セブン銀行デビットカードとnanacoの還元率比較
セブン銀行デビットカードnanaco
セブンイレブン1.5%1.0%
イトーヨーカドー0.5%1.0%

例えば、セブンイレブンではセブン銀行デビットカードが、イトーヨーカドーではnanacoがおトクです。

そこで、セブンイレブンでは「JCBで」と言ってデビットカード払いし、イトーヨーカドーでは「nanacoで」と言ってnanaco払いすれば無駄がありません。

nanaco紐付型を使っているときは、カードを使いたいお店に合ったカードを持って行くよう気を付けましょう。

<ボーナスポイントが欲しいときにはnanaco決済にしよう>

nanacoには特定商品購入で貰えるボーナスポイントや、イトーヨーカドーでの割引キャンペーンがあります。

しかし、セブン銀行デビットカードはそのどれもが対象外
ボーナスポイントは貰えませんし、イトーヨーカドーハッピーデーの5%割引も受けられません。

イトーヨーカドーハッピーデー5%割引
イトーヨーカドーハッピーデーより
対象カードの中にセブン銀行デビットカードの名前はない……。

この場合もセブン銀行デビットカードのnanaco払いを活用していきましょう。
nanaco払いならばキャンペーンやボーナスの対象になります。

セブン銀行デビットカードを使うなら、デビットカード払いとnanaco払いを上手く使い分けていきたいですね。

③通帳アプリでnanacoポイントと口座残高を管理できる

「セブンカード・プラス」にないセブン銀行デビットカードのメリットとして、便利な通帳アプリをフル活用できるということが挙げられます。

セブン銀行通帳アプリ
セブン銀行通帳アプリ

★セブン銀行通帳アプリできること

  • 残高照会
  • 利用明細照会
  • メモ機能、アイコン設定
  • 月間収支
  • ダイレクトバンキング かんたんログオン
  • 残高・返済日 通知機能
  • nanacoの残高 取引履歴照会
  • この中で注目したいのが「利用明細照会」機能と「メモ機能、アイコン設定」「nanacoの残高 取引履歴照会」機能の3つ。
    デビットカード・nanacoを使う上で役に立つ機能です。

    「利用明細照会」
    セブン銀行通帳アプリ|利用明細照会

    利用明細照会機能で、デビットカードを使ったお店を確認することができます。
    さらに、メモ機能を使えば「2019/1/10 セブンイレブン ○○店 1300円」といった明細に「昼食とマスク」など、何を買ったのか記録できるため大変便利です。

    セブン銀行通帳アプリ|メモ機能、アイコン設定
    セブン銀行通帳アプリ|メモ機能、アイコン設定

    アイコンを活用すれば「今月はどの用途でいくら使ったのか」といった集計・管理も捗ることでしょう。
    例えば、飲食店の明細に食事アイコンを付ければ月にどれだけ外食したのかよく分かりますね。

    セブン銀行通帳アプリ|nanacoの残高、取引履歴照会
    セブン銀行通帳アプリ|nanacoの残高、取引履歴照会

    nanacoの管理も通帳アプリでできます。
    デビットカードで貯めたポイント残高などもここで確認できるため、デビットカードを使う上でも大事な機能と言えますね。

    セブン銀行デビットカードを作ったら、便利なセブン銀行通帳アプリも忘れずダウンロードしましょう。
    ダウンロードリンク、詳細は公式HPをご確認ください。

    CHECKセブン銀行|通帳アプリ

    【他デビットカードと比較】セブン銀行デビットカードのメリット

    ここまでnanaco対応のカードとセブン銀行デビットカードを比較してきました。

    次はnanaco非対応のデビットカードとセブン銀行デビットカードを比較してみましょう。

    デビットカードの中でセブン銀行デビットカードはおトクな方で、かゆいところに手が届く器用さがあります。

    それぞれ、なぜそう言えるのか解説していきます。

    ①新規・切替の発行手数料や年会費が無料

    セブン銀行デビットカードは新規・切替問わず発行手数料が無料で、年会費も無料です。

    つまり、デビットカードを作るのに余計な手数料などはまったく発生しないということですね。

    発行手数料が無料のデビットカードは多いですが、年会費無料のカードはネット銀行などに集中しています。

    メガバンクなど、有名銀行のデビットカードになると年会費がかかることが多いのです。

     

    年会費がかかるデビットカードの例
    カード名年会費
    三菱UFJ-VISAデビット1080円
    三菱UFJ-JCBデビット1080円
    みずほJCBデビット1080円

    上に示したカードはいずれも一定条件を満たせば年会費が免除となりますが、年会費が1080円と高額です。

    セブン銀行はメガバンクではありませんが、ネット銀行と違って身近にATMもあるので生活に密着していて使いやすいですよね。

    そのようなセブン銀行デビットカードが年会費無料なのはおトク感があります。

    ②ドコモ・au・ソフトバンクといった主要携帯会社の支払いに使える

    多くのデビットカードは携帯会社の支払いに使うことができません。
    しかし、セブン銀行デビットカードはデビットカードでありながら携帯会社の支払いに使うことができます

    カード番号を登録し、継続的に利用額を支払う加盟店
    (公共料金、新聞購読料、保険料、インターネットサービスプロバイダー料金、携帯電話料金 ※ 等)

    ※携帯電話料金のうち、NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileのお支払いについてはご利用いただけます

    セブン銀行|デビットが使えない加盟店

    セブン銀行デビットカードで支払えるのはNTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileの4つ

    これらの携帯料金をデビットで支払いたいと考えていたのなら、セブン銀行デビットカードがおすすめです!

    <セブン銀行デビットカードを使えないお店一覧>

    デビットカードはその性質から「支払いに使えそうで使えない」お店が何店舗かあります。

    具体的には、後払い式のサービスや定期的に支払うサービスと相性が悪く使えないことが多いです。

    後払い式のサービスは高速道路の料金、定期的に支払うサービスは公共料金が良い例でしょう。
    多くのデビットカードは、これらの支払いに使えません。

    カードを使えないお店はデビットカードごとに違うため、ここでセブン銀行デビットカードを使えないお店を確認しておきましょう。

    CHECKセブン銀行HP|デビットを使えない加盟店一覧

    ほとんどのお店でセブン銀行デビットカードを使うことができますが、一部のガソリンスタンドや公共料金の支払いには使えないので注意です。

    なぜ、こういった店舗でデビットカードが使えないのかについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
    よろしければ合わせてお読みください。

    あわせて読みたい
    VISA・JCBデビットカードを使える店の一覧表!使えない時の対処法も

    ③デニーズや西武・そごうなど一部7&iグループで還元率1.0%

    デニーズや西武・そごうなど一部7&iグループで還元率1.0%
    セブン銀行公式HPより

    セブン銀行デビットカードの基本還元率は0.5%
    還元率が0.2~0.5%のデビットカードも多いことを考えると、これは高めの還元率です。

    さらに、セブン銀行デビットカードは西武・そごうなど一部の7&iグループで還元率が1.0%まで上がります

    ★還元率が上がる店舗

  • セブンイレブン(1.5%)
  • 西武・そごう
  • 7net
  • デニーズ
  • ファミール
  • ポッポ
  • 貯まったnanacoポイントは電子マネーでの支払いに使えるので、使いやすく便利です。

    この還元率に使いやすい電子マネーのnanacoも付いているため、セブン銀行デビットカードはかなりおトクなデビットカードだと言えるでしょう。

    ご利用の際は、デビットカード払いとnanaco払いを上手く使い分けることをお忘れずに。

    ④かわいらしいデザインからかっこいいデザインまで選べる

    デザインが豊富なのもセブン銀行デビットカードの特徴です。
    現在選べるのは次の3デザイン。

    好きなカードデザインが選べる
    セブン銀行HPより

    実は、デビットカードはデザインがあまり選べないことが多く、選べても色が違うだけ……ということが多いです。

    例えば、みずほJCBデビットは色違いが2種類あるのみ。

    みずほJCBデビットは色違いが2種類あるのみ
    みずほJCBデビットHPより

    そんなデビットカードで3種類の異なるデザインから選べるセブン銀行デビットカードは珍しいです。

    ボノロンデザイン
    セブン銀行HP|ボノロンキャッシュカードより

    また、ボノロンデザインはカード発行枚数に応じて児童館へ絵本の寄付をするカードになっています。

    こういった点からカードを選ぶのも良いかもしれませんね。
    気に入ったデザインがあれば、ぜひお手に取ってみてください。

    【各種手続き】セブン銀行デビットカード申し込みやトラブル対応

    最後に、セブン銀行デビットカードの各種手続きについて確認していきます。

    申し込みや、再発行など万一の場合まで詳しく見ていきましょう。

    ①セブン銀行デビットカードの申し込み方法は「カード切替」「オンライン口座開設」「郵送で口座開設」の3通り

    セブン銀行デビットカードの申し込みに書類は不要
    ネットで申し込むだけでカードが届きます。

    ただし、セブン銀行の口座を持っていない場合は話が別。
    デビットカードの申し込みと同時に口座開設する必要があるので、口座開設用の書類が必要になります。

    そのため、既に口座を持っているか、持っていないかでセブン銀行デビットカードの申し込み方法が変わります。

    口座を持っているか、持っていないかで場合分けして考えていきましょう。

    ★セブン銀行デビットカードの申し込み方法

    (1)既に口座を持っている場合

    既にセブン銀行の口座を持っているのなら手続きは簡単。

    本人確認用の書類を用意することなく、HPから手続きして2週間後にはデビットカードが届きます。

    セブン銀行の「お申込みまでの流れ」ページから「デビットサービスの申込み(切換え)」を選択して手続きを始めましょう。

    デビットサービスの申込み(切換え)ボタンの位置
    デビットサービスの申込み(切換え)ボタンの位置|セブン銀行HP

    手続きを始めると、まずセブン銀行ダイレクトバンキングサービスへのログオンを求められます。

    ダイレクトバンキングサービスはスマートフォンやパソコンからログオンして、振り込みや残高照会ができるようになるサービス。

    もちろん、無料で利用できます
    ダイレクトバンキングサービスのログオンIDをまだ作っていない場合には、ログオンIDを作って手続きを進めましょう

    ログオンIDの作成にはキャッシュカードの情報が必要です。

    ダイレクトバンキングサービスご利用ガイド
    ダイレクトバンキングサービスご利用ガイド|セブン銀行HP

    使うのはキャッシュカード表面に書いてある「店番号」「口座番号」、そして裏面に書いてある「お客さまID」

    「お客さまID」は見落としやすいので注意です。

    次の画面ではログオンIDの設定の他、キャッシュカード裏面の確認ナンバーを使って本人確認をします。

    初回ログオン・利用開始登録画面
    ▲初回ログオン・利用開始登録画面|セブン銀行HP

    自分のカードの指定されたマスに書かれた2桁の数字を入力して本人確認します。
    画像の例だと、「う:56」「え:78」となりますね。

    本人確認が済んだらダイレクトバンキングでの振込額を設定して初回ログオン完了です。

    ログオンIDを作れたら、最初の画面に戻ってデビットへの切り替え手続きを進めましょう。

    デビット申し込み画面でログオンできたら後は画面の指示に従って進むだけ。
    本人確認書類などを用意することなくデビットへの切り替え手続きが完了します。

    パソコンがあれば10分足らずで手続きできるため、デビットに切り替えるのなら忘れないうちに手続きしておきましょう!

    (2)口座を持っていない場合

    口座開設と同時にセブン銀行デビットカードを申し込むことができます。

    口座開設の方法はオンラインでの開設と、郵送による開設の2種類。
    どちらにも良いところがありますが、基本的には家から出なくて良いオンラインの方が便利でしょう。

    オンライン口座開設と郵送による口座開設の比較
    オンライン郵送
    必要書類郵便局指定の本人確認書類公的証明書1通+
    公共料金等の領収証・請求書
    受け取りまでにかかる時間2週間程度2週間以上
    受取人本人のみ本人以外も可

    オンライン口座開設に必要な書類は日本郵便が指定する本人確認書類です。
    こちらのページで確認することができ、使いやすい本人確認書類は次のようなものではないかと思います。

    ★使いやすい本人確認書類の例(オンライン口座開設)

    【1点だけで良いもの】

    • パスポート
    • 免許証
    • マイナンバーカード

    【この中から2点必要なもの】

    • 健康保険証
    • 年金手帳
    • 学生証

    一方、郵送で口座開設する際に必要な書類はセブン銀行が指定するもの。
    こちらのページで確認することができます。使いやすいのは次のものでしょう。

    ★使いやすい本人確認書類の例(郵送で口座開設)

    【公的証明書】(この中から1通必須)

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証
    • 年金手帳

    【領収証・請求書】(この中から原本が1通必須)

    • 電話料金
    • 電気代
    • 水道代
    • NHK

    口座開設までのフローチャートは、公式HPのものが分かりやすいです。
    オンライン開設も郵送での開設も、webサイトで入力する事項があるので公式HPから口座開設を進めていきましょう。

    CHECKセブン銀行HP|お申込みまでの流れ

    ②万一カードを紛失してしまったらダイレクトバンキングから手続き

    万一、デビットカードを紛失してしまったら急いで「デビットカードを停止」させる必要があります。

    そうしないと、見知らぬ誰かがデビットカードを使ってしまうかもしれないからです。

    デビットカードの停止はダイレクトバンキングから行うか、電話で停止を依頼します。
    いつでもどこでも対応できるダイレクトバンキングから手続きするのがおすすめです。

    電話対応してもらう場合、セブン銀行テレホンセンターへ連絡しましょう。
    通常テレホンセンターの営業は8:00~21:00ですが、紛失の場合は24時間対応してくれます。
    詳しくは公式サイトをご確認ください。

    また、デビットカードを停止したら新しいカードを発行しなければなりません。
    この場合、再発行手数料1080円をとられてしまうので注意しましょう。

    紛失にあってしまったら、デビットカードの停止手続きを忘れずに行ってください。

    ③暗証番号の照会はMyJCBから!変更には再発行が必要

    暗証番号に関する手続きについて解説していきます。
    暗証番号を忘れてしまったときと、暗証番号を変更する場合では手続きが違うので分けて解説します。

    (1)暗証番号を忘れてしまったとき

    暗証番号を忘れてしまったらJCB会員専用サイトMyJCBから「暗証番号通知書」を申し込みましょう。

    自宅に暗証番号の書いてある封筒が届くので、それを読んで確認してください。

    (2)暗証番号を変更したいとき

    暗証番号を変更したければ、なんとカードの再発行が必要になってしまいます。

    再発行手続きはセブン銀行テレホンセンターに電話して行いましょう。
    ただし、受付時間が8時~21時と限られているので注意が必要です。

    テレホンセンターについては、公式サイトをご確認ください。

    暗証番号の変更に伴うカードの再発行では手数料が発生しないので、その点はご安心ください。

    ④nanacoポイントは翌月15日に追加されるのですぐに反映はされない

    nanaco払いを使った場合nanacoポイントはすぐに追加されます(※一部加盟店を除く)が、デビットカード払いした場合はすぐに追加されません

    デビットサービスご利用金額に応じたnanacoポイントを、1ヶ月ごとに集計してセンターお預り分として毎月15日に加算します。

    ポイント集計期間は、前々月16日~前月15日の1ヶ月間となります。

    セブン銀行HPより

    セブンイレブンなど、デビットカード払いでおトクになる加盟店もありますが、nanacoポイントが追加されるのは翌月15日だと覚えておきましょう。

    ⑤デビットカードを解約したくなったらテレホンセンターに連絡

    最後にデビット機能の解約についてです。

    年会費等がないため、デビットカードを持ち続けていてもデメリットはありません

    それでも、解約する事情がある場合はテレホンセンターへ連絡し、解約手続きをする必要があります。

    最終的に書面での手続きが必要になりますが、最初の手続きはテレホンセンターでするためテレホンセンターへ連絡しましょう。

    テレホンセンターについては、公式サイトをご確認ください。

    まとめ

    ★セブン銀行デビットカードは発行手数料・年会費無料安全でおトクな手堅くまとまったカード
    nanaco一体型紐付型があり、一体型は便利だが既に持っているnanacoとポイント合算はできない
    ★セブンイレブンで還元率が1.5%になる!
    基本還元率が0.5%と高めで、セブンイレブンなど還元率がアップする店舗もある
    ★セブン銀行の便利な通帳アプリを最大限に活用できる
    ★デビットカードにしては珍しく携帯電話料金の支払いに使える
    デザインが豊富で選びやすい
    ★デビットカード払いのnanacoポイントは翌月15日に追加される

    nanaco対応のカードの中では中ぐらいのリスク・リターンで使いやすさとおトクさを両立しているセブン銀行デビットカード。
    デビットカード払いとnanaco払いを上手く使い分けて、賢く使っていきたいですね。

    セブン銀行デビットカードの基本情報

    カード名セブン銀行デビットカード
    申込み資格申し込み時16歳以上で、セブン銀行の個人口座を持っている
    提携カードJCB
    利用可能額~口座残高
    ※最大月200万円
    審査時間なし
    発行時間2週間程度
    入会金無料
    年会費無料
    支払い方式1回払い
    担保不要
    保証人不要
    必要書類不要
    ※口座開設には本人確認書類が必要
    金融機関名株式会社セブン銀行
    住所・所在地東京都千代田区丸の内1-6-1
    電話番号0120-771-179
    貸金業登録番号
    新規お申込はこちらセブン銀行デビットカード
    

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。