無料dカードはドコモユーザー向け…ではない?1分で分かるメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「年会費無料で高還元なクレジットカードを作りたい。
ドコモユーザーの自分なら、やっぱりdカードがいいのかな?」

結論から言うと、dカードはドコモユーザー向け…ではありません

もちろんドコモユーザーがこのカードを作っても良いのですが、この場合はより特典の優れた「dカードGOLD」の選択をおすすめしたいところ。
よって、無料のdカードは基本的に「ドコモユーザー以外」向けとなります。

今回はそんな無料「dカード」について、他社カードや上位カードと比べた際のメリット・デメリットを分かりやすくまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたが作るべきカードが分かります。

1分でチェック!dカードのメリット・デメリットとこのカードを選ぶべき人

1分でチェック!dカードのメリット・デメリットとこのカードを選ぶべき人

dカードは、無料の一般カードとゴールドカードの2種類。
無料のdカードを選ぶべきは、以下の条件のいずれかに該当する方となります。

dカードの取得が向いている方
  • 普段の生活で積極的に「dポイント」を貯めたい
  • 「d払い」を活用して普通のクレジットカードよりもおトクに決済したい
  • カード払い時の、「決済機にカードを挿入して通信」の数秒間をまどろっこしく思っている
  • d「ポイントカード」を作りたい(または既に持っている)docomoユーザー

dカードの主なメリットは3つ。

  • それなりに高い還元率(1%)で「dポイント」を貯められる
  • dポイントカード機能が付いている
  • 「かざすだけ」決済機能である「iD」の付帯

クレジットカードとして利用すれば、dポイントをいつでも、どこででも貯められます。
さらにポイントカード機能も付いているので、dポイント加盟店の利用機会が多い方には相性が良いです。

一方でdocomoユーザーへの優待は無いわけではないものの微妙…というよりゴールドカードが優秀すぎるため、特に「docomoユーザーにおすすめ」というわけではありません。

CHECKdocomoユーザーなら1.1万円の年会費を掛けてでも「GOLD」を選んだ方がおトクか

基本的には普段使っている携帯会社に関係なく、「dポイントを貯めたいかどうか」で申し込みを決めるのが無難でしょう。

▲▼dカード
年会費完全無料
国際ブランドVISA
Mastercard
還元仕様100円につき1ポイント(dポイント)還元
付帯保険
追加カード
  • ETCカード
    (初年度または年1回の利用で無料、該当しない場合550円/年)
  • 家族カード(無料)
申込み条件(公式HPより)
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと
特典など

※「ローソンで実質5%優待」特典は終了しました。

「年会費無料・還元率1%」にライバルは多い…あえてdカードを選ぶ意味って?

「年会費無料・還元率1%」にライバルは多い…あえてdカードを選ぶ意味って?

dカードの利点はやはり、年会費無料で効率よく「dポイント」を貯められること。

…ですが、実際のところ「無料・還元率1%」という特性を同じくするライバルは多いです。
有名どころだと「楽天カード」「オリコカード」等ですね。

ここからはそんなライバルと、「dカード」の差別化点についてお話しさせて頂きます。

①ローソンなど、dポイント加盟店を利用する機会が多いなら優先度◎

dカードと他のライバルカードにおける最も分かりやすい違いは「貯められるポイントの種類」。

あなたが普段、

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • マツモトキヨシ
  • マクドナルド

など、dポイント加盟店(=dポイントを貯めて使えるお店)を利用する機会が多いなら、dポイントを貯める意味も大きいでしょう。

ちなみにdポイント加盟店にて「dカード」を使うと、通常のクレジット還元(100円につき1ポイント)に加え、ポイントカードを提示した際にもらえるポイントを受け取ることができます。
ローソンの場合だと200円につき1ポイント還元ですね(=合計還元率1.5%)

例:ローソンで1,000円の買い物をした場合、
(1)通常クレジット還元で10ポイント付与
(2)dポイント加盟店なので5ポイント付与
→合計15ポイント還元

CHECKdポイントクラブ公式HP「たまる・つかえるお店」

★ただし一部の特約店を除くと、dポイント加盟店での還元率自体は「他社の還元率1%カード+普通のdポイントカード」を提示した場合と変わりません。

基本的に、dポイント加盟店でdカードを使う意味は、

  • 1枚のカードで最大の還元を受けられる
  • dカード加盟店以外での決済でdポイントを獲得し、貯めたポイントで支払いができる
    あたりになるだろうと思います。

★また「dカード」にはdポイントカード機能そのものが付いている上、年会費が完全無料。
そのため「メインのクレジットカードは別にあるが、これからdポイントを貯めたい」という方が「クレジット機能がついでに付いているポイントカード」として作るのもありかと思います。

CHECK9.FAQ:現在持っているdポイントを、新しいdカードに移行できますか?

★その他、dポイント加盟店では一部加盟店にて指定商品の割引クーポン等を利用できる場合があります。
(2021年9月現在提供されているものだと、ローソンでの「ウチカフェスイーツ」シリーズ20円オフなど)
dカードユーザー限定の割引というわけではありませんが、チェックしておいて損はないでしょう。

CHECKdポイントクラブ公式HP「dポイントクラブのステージとは」

②「d払い」との併用で還元率は1.5%に

docomoが提供するスマホ決済サービスが「d払い」
こちらはPayPayとよく似た、QRコード/バーコードを用いて支払いを行う方法ですね。

「d払い」利用イメージ(公式HPより)

▲「d払い」利用イメージ(公式HPより)
そしてこの「d払い」では、「dカード」を支払方法に選んだ場合に限り、常時1.5%の還元を受けられます。
(d払いの通常還元率0.5%+dカードの還元率1.0%)

「d払い」を利用できるお店はクレジットカードに比べると限られますが、それでも加盟店数はどんどん増えています。
例を挙げると、

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イトーヨーカドー
  • ウェルシア
  • マツモトキヨシ

などですね。
「dポイント」加盟店ではないセブンイレブンが含まれているのもポイントです。

バーコード決済自体を手軽に思えるかはその人次第なので、全員におすすめできる決済方法というわけではありませんが…。
「d払い」加盟店を利用する機会が多いなら、ぜひチェックしたいところです。

CHECKd払い公式HP「街のお店から探す(使えるお店)」

★「dポイント」加盟店かつ「d払い」加盟店というお店(ローソン等)で支払いを行った場合、

  • 通常のクレジット還元
  • dポイント還元
  • d払い還元

三重取りが可能です。ローソンの場合だと実質還元率は2.0%となりますね。

★ちなみにdカード以外のクレジットカードは「d払い」ポイント還元の対象となりません。
(=二重取り・三重取りが可能なのはdカードだけ)

③「id」付帯でカードをかざすだけで決済ができる

「dカード」には「iD」という電子マネーの機能が付いています。
こちらは簡単に言うと、「カードをかざすだけ」でクレジット決済を行うサービスですね。
読み取り機にカードを挿入、数秒の間通信を待つ…。という現在主流の方法よりも、ごくスピーディに支払いを済ませられるのがメリットとなっています。

また「Suica」「楽天Edy」等と違い、クレジットカード紐づけのためチャージの手間がかからないというのも大きな特徴ですね。

▲「iD」利用イメージ(公式HPより)
ただしこちらのサービス、

  • 先述の「d払い」と併用できない
  • iD加盟店(コンビニなど)でないと利用できない
  • iDを使ったからといってポイント還元率が増えるわけではない
    といった注意点もありますので、あらかじめご確認ください。

要はおトクさよりも「スピーディさ」「決済の手軽さ」重視の方向けということです。

CHECKiD公式HP「使えるお店をさがす」

★ちなみに同じくiDを使った「Apple Pay」の利用も可能です。
この場合はdカードそのものではなく、「dカードの登録を済ませたiphone等」をかざして支払いを行う形となりますね。
(2021年8月現在、Google Payは未対応)

④29歳以下ならそれなりの保険も付帯

「dカード」では、29歳以下の方に対し「海外旅行保険」「国内旅行保険」が付帯します。

年齢制限こそあるものの、保険の内容自体は無料カードにしては充実したもの。
特に海外旅行の可能性があるのなら、お守りとして持っておくに越したことはないでしょう。

dカードの旅行保険(29歳以下限定)
海外旅行保険(詳細:公式PDF
障害死亡
後遺障害
最高2000万円
治療費最高200万円
賠償責任最高2000万円
携行品損害最高20万円/年
救援者費用最高200万円
国内旅行保険(詳細:公式PDF
障害死亡
後遺障害
最高1000万円
入院保険(障害)3,000円/日
通院保険(障害)1,000円/日
手術費1.5万円または3万円
航空機乗継遅延2万円
出航遅延・欠航1万円
手荷物遅延1万円
手荷物紛失2万円
※保険はいずれも利用付帯(旅行代金をdカードで支払った場合のみ適用)

ちなみに無料カードの場合、ショッピング保険(一定期間内の商品の盗難や破損を補償する保険)は付帯しません。

⑤ドコモユーザー特典も一応付いてはいるが…。

その他、dカードにはドコモユーザーに向けた以下の特典が付帯していますが…。

dカードのドコモユーザー向け特典
ポイント還元ドコモの携帯料金、またはドコモ光の「dカード」決済で、1,000円につき10ポイント(1%)還元
※ゴールドカードは10%還元
ドコモの携帯保証ドコモで購入した携帯電話が1年以内に紛失、盗難、または修理不能となった場合、同一機種購入に掛かる費用を1万円補償
※ゴールドカードは3年間、10万円まで補償

見ての通りdocomo関連の特典で言えば、dカードGOLDの方が圧倒的に優秀。
その他のサービス面のこともあり、docomoユーザーのメインカードとしておすすめしやすいのは「dカードGOLD」の方と言って良いでしょう。

ということで、無料のdカードを作るべきドコモユーザーは、

  • ゴールドカードの審査に通れない(学生など)
  • 特典などで負担を相殺できるとしても、年1.1万円の年会費支払いに抵抗がある
  • すでにメインのクレジットカードを持っており、dポイント加盟店やd払い加盟店で使えるサブカードとして「dカード」を作りたい

といった方に限られそうですね。

要は無料カードのドコモユーザー特典は、おまけ程度だということです。

dカードとポイント還元率1%、またはそれ以上の他社クレジットカード比較

dカードとポイント還元率1%、またはそれ以上の他社クレジットカード比較

ここでは無料の「dカード」と、ライバルとなる還元率1%、またはそれ以上のクレジットカードを簡単に比較させて頂きます。

高還元クレジットカードの簡易比較
dカード
  • 年会費無料
  • 還元率1.0%
    (dポイント)
  • dポイントカード機能付帯
  • d払いで還元率1.5%
  • dショッピング等で還元率+1%
  • ETCカード原則無料
  • iD付帯
楽天カード
  • 年会費無料
  • 還元率1.0%
    (楽天ポイント)
  • 楽天ポイントカード機能付帯
  • 楽天ペイで還元率1.5%
    ┗ただしチャージの手間あり
  • 楽天市場で還元率+1%
ヤフーカード
  • 年会費無料
  • 還元率1.0%
    (Tポイント)
  • Tポイントカード機能付帯
  • Yahoo!ショッピング・LOHACO利用で+PayPayボーナス1%還元
オリコカード
  • 年会費無料
  • 還元率1.0%
    (オリコポイント/交換必須)
  • ETCカード無料
  • iD、QUICPay付帯
リクルートカード
  • 年会費無料
  • 還元率1.2%
    (リクルートポイント)
  • ETCカード無料
  • 付帯保険優秀
P-one Wiz
  • 年会費無料
  • 実質還元率1.495%
    (常時1%値引き+残額に0.5%のTポイント付与)
  • リボ払い専用
    ┗支払額引き上げによる実質一回払いは可能

JALカード
(普通)

  • 実質年会費5,500円
    (マイル還元率1%を前提とした場合)
  • 実質還元率2%~
    ┗マイルを航空券に交換する場合
  • JAL関係の優待あり
※特記が無い限り、ETCカードは原則有料

やはり気になるのは「リクルートカード」など、dカードよりも高い還元率を実現させている他社カードの存在でしょうか。

このあたりは「dポイントを貯められる」「d払いで還元率1.5%」といった部分で差別化できるとは思いますが…。
純粋な基本還元率を重視するのであれば、他社カードの選択を考慮に入れるのもありかと思います。

CHECK【還元率2%~】グレード不問!「本当に」高還元なクレジットカード6選

docomoユーザーなら1.1万円の年会費を掛けてでも「GOLD」を選んだ方がおトクか

docomoユーザーなら1.1万円の年会費を掛けてでも「GOLD」を選んだ方がおトクか

先にも少し触れましたが、あなたがドコモユーザーなら1.1万円の年会費を考慮してでも、無料カードより「dカードGOLD」を選びたいところ。
同カードの基本情報は以下の通りです。

▲▼dカードGOLD
年会費11,000円(税込)
国際ブランドVISA
Mastercard
還元仕様100円につき1ポイント(dポイント)還元
※無料カードと同じ
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
追加カード
  • ETCカード
    ┗初年度または年1回の利用で無料、該当しない場合550円/年
  • 家族カード
    ┗1枚目無料、2枚目以降1,100円
申込み条件(公式HPより)
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと
特典など

※その他のサービスは無料カードと同様

☆無料カードにない特典、または無料カードの上位特典

dカードGOLDの年会費は1.1万円。
そしてドコモの携帯(またはドコモ光)の利用料金が10%還元ということで、ドコモに年11万円=月9,000円強以上を支払っているのなら、それだけで年会費の元を取れる計算となります。
またポイント還元はご家族の携帯利用分も対象となりますので、複数人の料金を負担している場合、特にこの特典のメリットは大きいでしょう。

また、

  • 年間100万円以上(月8.3万円~)カードを使えば、各クーポンの取得により必ず年会費の元を取れる
  • 無料カードと違い、「3年間、10万円まで」と充実した携帯保証

といった利点も見逃せません。

ということであなたがdocomoユーザー、かつ普段の決済用のメインカードをお探しならば、無料カードより「dカードGOLD」への入会が優先されると考えてよいでしょう。

dカードGOLD

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費11,000円
(家族1名無料)
ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • dポイントカード機能付き
  • ドコモの携帯料金、またはドコモ光の利用額1000円につき税抜額の10%還元
  • 年間利用額100万円以上で11,000円相当のクーポンプレゼント
  • 国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料

FAQ:未成年者がdカードへ入会する場合、親権者の同意は必要ですか?

FAQ:未成年者がdカードへ入会する場合、親権者の同意は必要ですか?

はい、必要です。
クレジットカードの親権者同意は、「親権者にカード会社が電話をかけて確認する」形で行われるのが一般的ですね。

そのため未成年者はカードを受け取るまでに、やや時間がかかりやすくなります。

FAQ:dカードの審査は厳しいですか?

いえ、年会費無料で18歳から申し込めるカードということで、審査難易度は決して高くありません

もちろんブラック状態でも作れるほど特別に甘い…というわけでもありませんが、そういった事情が無い限りさほど心配する必要はないでしょう。
実際、無料dカードでは学生さんやフリーターの方の審査通過例も多いです。

FAQ:途中からゴールドカードへ切り替えることはできますか?

はい、可能です。
手続きはインターネット上で簡単に行えますので、「少し無料カードを試してみてからゴールドカードを選ぶか決めたい」という場合には、そういった対応を取るのも良いでしょう。

また一般には、下位カードの利用実績を積んでいると上位カードの審査に通りやすくなるとされていますね。

FAQ:VISAとMastercardはどちらを選べばよいですか?

正直なところ、どちらでもよいです。
どちらも日本国外で広く普及している国際ブランドであり、日本国内においても国外においても使えるお店に大きな差はありません

ごくまれに「VISAしか使えない」「Mastercardしか使えない」お店やサービスも無いことは無いものの、多くの方にとって気にするほどの違いではないでしょう。

FAQ:現在持っているdポイントを、新しいdカードに移行できますか?

はい、可能です。
dカードの利用者情報登録をする際、お手持ちのdポイントカードに記載してある番号を登録すればOK。
dポイントの残高を、「dカード」内のdポイントカード機能に移行できます。

dカードのメリット・デメリットについてのまとめ

dカードのメリット・デメリットについてのまとめ

ポイント
  • dカードは「無料・還元率1%」という特性を持つクレジットカードの一角。
    ライバルカードとの差別化点は、

    • dポイントを貯められる
    • 「d払い」併用で還元率1.5%
    • iD付帯
    • 29歳以下ならそれなりの旅行保険が付く
    • おまけ程度とは言え、docomoユーザー向け特典が付く

    といったところ

  • ★docomoユーザーなら、より特典が多く、年会費の元を取りやすい「dカードGOLD」の選択が推奨されるか
    →基本的に無料dカードを作るべきは「dポイントを貯めたい人」となる

上位カードや多くのライバルカードに比べると若干地味な印象ながら、全体的に高水準なスペックを持つ「dカード」。

年会費を掛けずに「dポイント」を効率よく貯めたい、という場合はもちろん、単に「クレジット機能やdocomo特典が付いたポイントカード」としても使いやすい、ポテンシャルのあるカードだと言って良いでしょう。

▲▼dカード
年会費完全無料
国際ブランドVISA
Mastercard
還元仕様100円につき1ポイント(dポイント)還元
付帯保険
追加カード
  • ETCカード
    (初年度または年1回の利用で無料、該当しない場合550円/年)
  • 家族カード(無料)
申込み条件(公式HPより)
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと
特典など

※「ローソンで実質5%優待」特典は終了しました。

dカード

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費永年無料ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • 年会費は永年無料
  • ローソンではdカード決済で1%ポイント還元!
  • ポイントの使い道が多い。「iDキャッシュバック」がおすすめ
  • ◎家族カード有り



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。