海外通販で求められるクレジットカードのCVV番号って何?その確認方法とセキュリティコードの意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外通販で求められるCVV番号って何?その確認方法とセキュリティコードの意味
「海外通販を使おうとしたら、クレジットカードの決済画面で見慣れない項目がある……」

おそらくそのとき、入力フォームの左側には「CVV」(あるいはこれに似た3文字のアルファベット)が文字が見られるのではないでしょうか。
これは日本で言う「セキュリティコード」のことで、お手持ちのクレジットカードを確認すればすぐに分かります

今回は「cvv number」の確かめ方と、そのおまけに「セキュリティコードが必要な決済とそうで無い決済の違い」「現在主流の本人確認方法」などを簡単にまとめました。
読み終えていただければ、海外の通販であっても滞りなく済ませることができますよ。

海外通販で求められる「CVV(cvc、cid他)number」はセキュリティコードのこと!その確認方法は?

海外通販の決済時、カード番号や有効期限と一緒に求められることのある「CVV number」。(CVC2、CID、CVV2と呼ばれることも)
これは日本で言うセキュリティコードで、遠隔決済の安全性を高めるために使われます。

インターネットショッピングの際、セキュリティーを高めるためにカード番号や有効期限に加え、セキュリティーコードをご入力いただく場合があります。
なお、JCBからも加盟店へセキュリティーコードの使用を推奨しています。

(JCBカード公式HPより)

このセキュリティコード(CVV)の確認方法はカードによって異なります。
以下の画像のうち赤枠で示されたのがセキュリティコードで、3桁もしくは4桁の数字で表されます。


三井住友カード公式HPより

JCBカード公式HPより

多くの場合はクレジットカード裏面、署名欄のあたりに書かれていますが、アメリカンエキスプレスカードをはじめとする一部のクレジットカードではセキュリティコードをカード表面に見ることができます。

数字の書かれている場所が一度分かれば、もう迷うことはないでしょう。この情報を元に、スムーズに決済に進められますよ。

決済代行会社HPから見る、セキュリティコードの利用メリット

この「セキュリティコード」は、一体何のために設けられているのでしょうか?
クレジットカード決済代行会社(お店と利用者の間で、カード決済の橋渡しを行う会社)「ZEUS」の公式HPに、分かりやすい記載がありました。

  • クレジットカード・セキュリティコードはクレジットカード利用伝票や明細書に記載されることはありません
  • クレジットカード・セキュリティコードは実際にクレジットカードを持っているカード会員のみが知ることを(が)できるため、オンライン上でのクレジットカード決済時に不正利用対策を高めることができます。

「ZEUS」公式HPより)

つまり、セキュリティコードは「利用者の手元にクレジットカード自体があること」を確かめるための番号。
このコードはクレジットカードの内部情報に含まれないため、例えスキミング(磁気ストライプの磁気情報に入っているカードの情報抜き出し)の被害に遭った場合でも、セキュリティコードさえあれば不正利用を防ぐことができます。

もちろん、これは何らかの方法でカード番号や暗証番号を盗まれてしまった場合にも同じ。
「セキュリティコード」は名前通り、あなたの大切なカード情報を犯罪から守る(セキュリティ=防犯)ための番号、というわけですね。

セキュリティコードの入力を求められる時とそうでない時の違いは何?

クレジットカード決済をよく利用されるのなら、ネット通販を利用する際にも

  1. カード番号や名義、有効期限だけで買い物ができるとき
  2. セキュリティコード(CVV)が必要なとき
  3. カード会社のパスワードを求められるとき

……といった複数のパターンがあることに気付くかと思います。
これらの違いですが、答えから言うとどれを採用するかはショップの判断や、仲介している業者のシステムによるようですね。

ただし、よく考えるとカードが盗難に遭った際、あるいは何らかの方法でお店で使ったカードの情報を抜き取られてしまったとき、不正利用を防げるのは(3)のパターンだけ
(本来セキュリティコードは保存されないはずなのですが、実際に流出した例はあります)
「一旦カード会社のページに飛ばされて、ログインパスワードの入力を求められる」というこの認証は「3Dセキュア」と呼ばれ、導入ショップも着々と増えてきているようです。

この「3Dセキュア」の台頭により、セキュリティコードでの情報保護は何となく頼りないものと思えてしまいますが……。利用者の立場でショップに決済方法を変えてもらうわけにもいきません。

もちろんセキュリティコード、スキミング(磁気カードの情報抜き出し)に対応できるといった点からも「無いよりはあった方が良い」システムには間違いないのですが……。

結局のところ、私たちにできることは「怪しいサイトに情報を入力しない」「利用明細をよく確認して、不正利用が無いか確かめる」ことくらい。
特に海外通販を利用する場合には大事なことで、得体の知れない会社、とくにやたら多くのカード情報を要求する会社で買い物をするのはやめましょう

★仮に不正利用が発覚した場合、あるいはカードを盗難されてしまった場合には、即カード会社に連絡を行い、カードの利用を停止させてください。
被害に遭ったカードが「不正利用保険」「盗難保険」に加入していれば、その分の金額は支払わずに済みます。

まとめ

CVV番号、つまりセキュリティコードはお手持ちのクレジットカードで簡単に確認できる!多くの場合は書名欄の近くに記載あり(アメックスは表面)
セキュリティコードによって決済の安全性を高められるものの、それが違法サイトだった場合には裏目に出ることも……。
得体の知れないサイトを利用するのは避け、海外通販の利用の有無にかかわらず毎月の利用明細はきちんとチェックしよう!不正取引に関しては保険も利く

場所によっては名義やカード番号と同じく、決済に必要不可欠となる「セキュリティコード」。
購入者の立場で積極的に情報を守ることは難しいですが、「できる限り大手のサイトを使う」「利用明細をきちんと確認する」といった方法で安全性を高めていけると良いですね。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。