海外旅行にクレジットカードがあるだけで安心便利!もしもの対処法も教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行にクレジットカードがあるだけで安心便利!もしもの対処法も教えます!
「海外旅行にはクレジットカードを持っていくといいって教えられたけれど、どこのカードがいいのかな?」

お任せください!

そんなあなたのために、「年会費無料で海外旅行保険を付けられるカード」「海外旅行に役立つサービスがたくさん受けられるカード」など、海外旅行の助けになるクレジットカードの情報を集めました!
今回はこの海外旅行の助けになるクレジットカードの情報に加えて、万が一盗難・不正利用されてしまった場合の対処法と海外で保険を適用してもらう方法をまとめました。
クレジットカードを使って、海外旅行をより快適に楽しみましょう!

【年会費無料】保険充実カードランキング
エポスカード
年会費無料還元率0.5%
最高500万円の海外旅行保険が自動付帯!

目次

私の海外クレジットカード体験談

一番最初にお伝えしたいことが、海外でクレジットカードを持つメリットです。
しかし、海外旅行に今まで行ったことがない人に、いきなりメリットをお伝えしてもイメージしづらいと思います。

そこで、クレジットカードにまつわる私の海外での3つのエピソードを紹介します。

①予定変更で飛行機で遠い観光地へ。急な出費をクレジットカードで支払い!


▲ 予定変更で向かったエアーズロック

私は以前、友達に会うためにオーストラリアのシドニーへ観光に行きました。

しかしそれ以外には目的がなく、1週間の滞在中に他の目的地を考えようと決めていました。
友人と再会して無事目的を果たした私は、次なる目的地を探すために、旅行代理店へ足を運ぶことに。

そこで聞いたのが、期間限定でエアーズロックツアーが安くなっているということ。

「今がチャンス」と感じ、行くことを即決めました。

料金は1泊2日の飛行機代込みで、約7万円ほど。
現金はありませんでしたが、クレジットカードがあったおかげですぐに支払うことができました。

②現金強盗に不正利用!クレジットカードの保証で助かった経験

フィジーに留学中、友人が現地人の強盗に襲われ、現金を奪われる事件が起こりました。
揉み合いの末、友人は財布入りのリュックを奪われました。
友人は警察に連絡を入れましたが、結局犯人を見つけること無く帰国することに。
その同時期、私はクレジットカードの不正利用という形でお金を盗まれました。
クレジットカードの利用履歴を見ていると、アメリカの「ナイキ」で100ドルのシューズの購入履歴を発見。

すぐに不正利用だと気づき、クレジットカード会社に連絡して、調査を依頼することに。

その結果、不正利用と認めてもらえたので、保険が効いてお金も戻って来ました

③クレジットカードなら、手数料が安く済んでかなり節約できた話

フィジーに留学をする前に、留学経験者の友達によく言われていたことが「たくさんの現金を、持ち歩かないように気をつけろ」ということ。
留学して間もない頃は、手持ちの現金を常に少なくし、こまめにATMで現金を引き出していました。

しかし、それを見ていた留学仲間から、

「ATMの手数料高いから、クレジットカード使った方が安く済むよ!」
とアドバイスを受けることに。

今まで手数料は全く気にしていなく、「何だか残高の減りが早いなぁ」と軽い感じにしか思っていなかったのです。

ATMで3000円引き出す度に、合計300円ほど掛かっていたようで、かなりの損をしていました。
それ以降は、クレジットカードを使うようになり、残高の減りを実感
そのおかげで生活費用を節約できたので、助かりました。

なぜ海外旅行にはクレジットカードを持っていくといいの?

ここまで、私の海外で体験したクレジットカードの3つのエピソードを紹介しました。

では、なぜ海外旅行にクレジットカードを持っていくと良いのか?

それは、以下の3つの理由があるからです。

★海外旅行でクレジットカードが役立つ3つの理由

  • 急な出費の決済がすぐにできる
  • 保険が利くので、お金のリスクがグッと減る
  • 引き出し手数料の節約ができる
  • ここからは、海外旅行でクレジットカードがどんな場面で役立つか、見てみましょう。

    ①現金がなくても、急な出費の決済がすぐにできる

    海外旅行は必ずしも、全てが計画通りにいくとは限らず、急な予定変更は頻繁にあります。
    というのも、現地に着いてから、行きたいと思える場所がどんどん出てくるからです。

    そんな場所に行きたいと思っても、手持ちの現金が無いので行けなかった、なんて凄く残念ですよね。
    その点、クレジットカードならば手持ちに現金がなくても、すぐに支払いができるので、行こうと思った場所に行くけるので便利です。
    急な予定変更も含めて、海外旅行を心の底から楽しむには、クレジットカードは欠かせません。

    ②現金と比べて、お金のリスクがグッと減る

    外国は日本と比べて、盗難や強盗などお金に関するリスクが高いです。
    お金のリスクに対処するには、クレジットカードが1番安全な手段です。
    現金が盗難された場合、まず保険は効きません。

    クレジットカードと違って、戻る保証も無いので不安も大きいです。
    しかし、クレジットカードは万が一不正利用をされたとしても、保険が効きます
    しかも、その対処のほとんどをクレジットカード会社に任せれば良いので、非常に楽ですよね。

    ③ATMの高い引き出し手数料を、気にする必要がなくなる

    海外旅行はリスク管理の面から、手持ちの現金を少なくする人が多いです。

    頻繁にプリペイドに預けたお金をATMから引き出したり、為替手数料のことを気にして、少額ずつ日本円を両替する人がよくいます。

    私も海外(フィジー)に留学していたのですが、よくプリペイドカードで現金を引き出して使っていました。


    ▲ 実際に私が使っていたプリペイドカード

    というのも、途上国ではカードを使えない個人店も多かったので、その場合は現金の方が使いやすかったからです。
    確かにこの方法ならば、たとえスリにあったとしても最小限の被害に抑えられるの、安心といえば安心でしょう。

    しかし、頻繁にATMを使ったり、両替をするということは、それだけ手数料も掛かってしまいがちです。
    1日や2日など超短期の海外旅行でしたら、それでも良いかもしれません。しかし、1週間くらいの旅行となりますと、手数料だけで大分損をすることになります。
    例えば、オーストラリアで1週間毎日3000円引き出していた時は、1回の手数料が200円ほど掛かっていました。
    なので、1週間で合計1400円ほどの手数料ですね。
    その点、クレジットカード決済ならば、ATMの引き出し手数料や両替手数料よりも安く済ませます。

    一方、仮にオーストラリアで1週間毎日、クレジットカードで約3000円使ったとすると。
    その手数料は約448円です。(為替のレートで多少上下はしますが)

    ★クレジットカードの計算式

    (36.5豪ドル × 82.6JPY(VISAのレート) ×  1.0163(三井住友VISAカードの外貨手数料) ) × 7 = 21,462円  

    1 AUD = 82.656549 JPY

    三井住友カードを使用例とする

    以上のことから、ATMの引き出し手数料や、街中での日本円の両替手数料と比べ、クレジットカードは手数料を安く済ませれます。

    海外旅行の強い味方になるオススメのクレジットカードは?

    年会費無料で海外保険を付けられるなど、海外旅行に嬉しい機能や特典付きの、おすすめのクレジットカード5種類を紹介します。

    より安心して海外旅行を楽しめる、旅のお供にしたい5種類のカードです。

    ①「JCBカードW」「楽天カード」は2000万円まで死亡傷害保険が利く上に年会費無料

    「年会費は無料で、手厚い海外保険サービスのあるクレジットカードが良い!」という場合は、「JCBカードW」か「楽天カード」がピッタリです!
    なぜなら、どちらのカードも年会費が永年無料で、最大2000万円まで死亡傷害保険が利くからです。
    2000万円という額の死亡傷害保険が利く海外保険の充実ぶりで、永年年会費が無料というカードはこの「JCBカードW」か「楽天カード」くらいと言えます。

     

    ★年会費が永年無料カードの海外旅行保険額
    カード名 海外旅行保険額
    JCBカードW 最大2000万円 (利用付帯)
    楽天カード 最大2000万円 (利用付帯)
    Yahoo カード 保険なし
    エポスカード 最大500万円 (自動付帯)
    ビックカメラSuicaカード 最大500万円 (自動付帯)

    ただし、気をつけておきたいことが、どちらのカードの海外保険も「利用付帯保険」であることです。
    つまり、「JCBカードW」か「楽天カード」で電車代飛行機代ツアー代金を支払った時にのみ、保険が適応されるということ。
    ですので、海外旅行に行く際の交通手段の支払いは、必ずカード払いにしましょう。

    <支払いに使わないと、保険が効かないこともある!?>

    クレジットカードの海外旅行保険には、「自動付帯保険」「利用付帯保険」の2つの保険の適用方法があります。
    自動付帯保険とは、特に何をすることもなく、自動で保険が適用されることです。

    一方、利用付帯保険とは、旅行に行く際に交通料金、またはツアー代金をそのクレジットカードで支払わないと保険が適用されない方法のこと。

    交通費かツアー代金をクレジットカード払いをしないと、絶対に保険が適用されないので、注意をしましょう。

    あわせて読みたい JCBカードWが、最もアマゾンでポイントが貯まりやすい年会費無料カードであることが判明【完全解説】

    あわせて読みたい 楽天クレジットカードの申し込み【完全ガイド】ETCカードの年会費を無料にする方法

    ②「エポスカード」は即日発行可能&海外保険自動付帯!

    「急に海外旅行の予定が入ったから、申し込みからあまり時間がかからずに手に入るカードが良い!」場合は「エポスカード」がおすすめです。

    エポスカードは年会費無料で、海外自動保険が付帯の即日発行のカードです。
    最大のおすすめポイントが、即日発行が可能ということ。
    海外旅行は必ずしも、前々から計画しているわけでもなく、突然決まることもあるんですよね。

    そうなると、海外でクレジットカードを使おうにも、審査が長いカードですと、旅行までに間に合わないこともあります。
    ですが、エポスカードならば即日発行もできますので、お急ぎの海外旅行にも間に合わせることも可能です!
    具体的には、この流れで即日発行となります。

    エポスカード即日発行申込の流れ

    インターネットから申し込み

    その日中に審査完了

    審査に通ったら、最寄りのマルイで受け取り

    もちろん、状況によっては即日の審査が完了しない場合もありますが、特に問題なければその日中にカードの受け取りが可能です。
    エポスカードの即日発行の詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。

    あわせて読みたい エポスカードのメリット・デメリット(ETC無料)

    また、エポスカードは、最大500万円の海外傷害保険が自動付帯するので、楽天カードやJCBカードWのように、飛行機代をカードで払わなくても問題ありません。

    ③「オリコカード・ザ・ポイント」はトラベルサービスが充実!

    「オリコカード・ザ・ポイント」はポイント還元率が高いと有名ですが、海外旅行をする際のトラベルサービスが充実したカードでもあります。
    以下が、オリコカード・ザ・ポイントで受けられる主なトラベルサービスです。
    (必ずしもオリコカード・ザ・ポイントではなく、オリコのカードなら受けられますが。)

    ★オリコカード・ザ・ポイントのトラベルサービス

  • 旅先の情報を日本語で利用できる、海外デスクサポート
  • 最大8%オフにできる、オリコ限定のパッケージツアー
  • 手ぶらで空港まで行ける、手荷物宅配の割引き価格サービス
  • 国内で欲しいお土産を15%オフの料金で買って、帰宅日に宅配するサービス
  • これ以外にも、オリコカードならではのトラベルサービスが多数あります。

    充実したサービスを受けながら、海外旅行を楽しむには、オリコカード・ザ・ポイントがピッタリでしょう。

    あわせて読みたい オリコカード・ザ・ポイントを申し込む前に。5つの長所と3つの短所(ETCカード無料)

    ④「セゾンブルーアメックス」はゴールドカード並みの海外保険が付帯&即日発行!

    セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下「セゾンブルーアメックス」と記載)はゴールドカード並みの最高3000万円の自動付帯の海外旅行傷害保険と、手厚いトラベルサービスが魅力的なカードです。
    これだけの高い保険金額ですので、さすがに2年目以降は3,000円の年会費がかかります。しかし、それ相応の保証を受けることができます。
    トラベルサービスは、以下のような充実した特典があります。

    ★セゾンブルーアメックスのトラベルサービス

  • 海外旅行の際、手ぶらで空港まで行って、帰りも手ぶらでOKの手荷物1個の無料配送サービス
  • 旅先で使えるポケットwi-fiの会員価格でのレンタル
  • 現地の情報提供や困った際のお手伝いを日本語で行う、旅先のアシスタントデスク
  • 冬場にかさばるコートの預かりサービス
  • 最大8%お得なパッケージツアー
  • この中で特に嬉しいサービスは、やはり手荷物1個を無料で配送してくれるサービスですね。
    海外旅行の際に、重いスーツケースを、行きも帰りも運ぶことなく移動できるのは非常に楽です!

    さらに、セゾンブルーアメックスは急な海外旅行の予定でも間に合う、即日発行もできます。

    セゾンブルーアメックス即日発行申込の流れ

    インターネットから申し込み

    郵便で受け取るか、近くのセゾンカウンターで受け取るか決める

    その日中に審査完了

    審査に通ったら、郵便か最寄りのセゾンカウンターで受け取り

    過去にクレジットカードの支払いを滞ったなど信用情報に問題がなければ、審査が通ってすぐに受け取れます

    ※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

    あわせて読みたい セゾンブルーアメックスとセゾンパールアメックスを比較!選ぶべきカードはどっち?

    審査に自信があるならゴールド・プラチナカードもチェック!

    もし基準が高い審査でも通る自信があるのならば、ゴールド・プラチナカードをゲットしてみても良いですね。
    30代の場合、ゴールド・プラチナカードを作るには、おおよそ年収300万円がラインと言われています。

    ゴールド・プラチナカードを持てば、より安心・充実の海外旅行が楽します。
    その理由としては、まず一般カードよりも充実したトラベルサービスを受けることができるから。
    また海外保険も自動付帯タイプが多いので、より安心して海外旅行を楽しめるからです。
    そんなワンランク上の海外旅行を楽しみたい人におすすめの、ゴールド・プラチナカード3種類を紹介します。

    ①「JCBゴールド」は国内外40か所の空港ラウンジが無料!

    「飛行機が出発するまでの間に、ゆったりとくつろぎたいんだよね。」と空港でゴージャスな時間を過ごすなら、「JCBゴールド」がぴったりです。
    JCBゴールドなら、国内28空港39か所と海外1空港の有料ラウンジが無料で利用することができます。
    空港ラウンジの中では、以下のようなサービスを受けることができます。

    ★JCBゴールドの空港ラウンジでのサービス内容

    • コーヒーやお茶、ジュースなどや、アルコール類などのドリンクサービス
    • パンなどの軽食
    • 疲れが取れるマッサージ器での揉みほぐし
    • 無線/有線LAN
    • 新聞や雑誌
    • シャワールーム
    • パソコン貸し出し
    • FAX機

    *ラウンジによって、サービス内容は異なります

    JCBゴールドの空港ラウンジでは、出発前にゆったりとした時間を過ごすことができます。

    ②「ライフカードゴールド」はゴールド最高クラスの保険が自動付帯!

    海外傷害保険の自動付帯額を重視するのならば、「ライフカードゴールド」がおすすめです。
    というのも、「ライフカードゴールド」はゴールドカードの中でも一番高額な、自動付帯で最大1億円の海外旅行傷害保険が受けられるからです。
    そして何と言っても、最大のポイントは利用付帯ではなく、自動付帯であるということ。
    実は、「JCBゴールド」にも同じく最大1億円の海外旅行傷害保険があります。

    JCBゴールドの場合5000万円までは自動付帯です。しかし、1億円の傷害保険を受けるには、旅行代金のクレジットカード払いの利用付帯が条件となってしまいます。
    自動付帯で考えると、「ライフカードゴールド」が一番高額の補償額と言えるでしょう。
    これならば、海外旅行に万が一の事態になったとしても安心ですね。

    ③「ダイナースクラブカード」は旅行の手配を全てお任せに出来る!

    「初めての海外旅行、右も左もよくわからないし、詳しい人に任せたいなぁ…」

    旅行のあれこれの手配をお任せしたいあなたには、「ダイナースクラブカード」がぴったりの1枚です。
    ダイナースクラブカードには、電話一本で航空券の予約、ホテルの予約の手配ができるトラベルデスクサービスがあります。
    面倒くさい手配を全てやってくれますので、あとはそのまま空港に向かうだけでOKです。
    さらに、「海外クラブホテルズ」というサービスでは、ラグジュアリーな高級ホテルの部屋をアップグレードして泊まれることも。(空き部屋の状況によります。)


    シックスセンシズ ダクストン(シンガポール)

    ★シックスセンシズ ダクストンの優待料金
    部屋グレード 優待価格

    通常価格
    パールスイート SGD612(49,732円) SGD680
    ( 55,258円)
    スカイライトスイート SGD675(54,852円) SGD750(60,947円)
    ダクストンデュプレックススイート SGD765(62,166円) SGD850(69,073円)
    モンゴメリースイート SGD990( 80,450円) SGD1,100(9,389円)

    1SGD = 81.20736JPYのレートで計算

    ★シックスセンシズ ダクストンの優待特典

  • Wi-Fiの利用無料
  • 無料のローカルコール
  • 飲料水ペットボトル
  • 伝統中国式ヘルスクリーニング(脈診による健康診断)
  • ヨガクラスの受講がタダ
  • ターンダウンサービス
  • Diners海外クラブホテルズより
     
    「せっかくの海外旅行だから、普通のビジネスホテルじゃなくて、贅沢なホテルに泊まりたい!」

    ワンランク上の海外旅行を楽しむには、嬉しいサービスですね。

    万が一盗難・不正利用されてしまったら?

    海外旅行中に万が一、盗難不正利用されてしまった際、どうすれば良いのかお伝えします!
    クレジットカードが盗まれてしまうとパニックに陥りがちですが、焦ることなくこれから紹介する方法で対処してください。

    何よりも1番大事なのが、落ち着いて行動することです。

    ①盗まれてしまった場合はまずクレジットカード会社に連絡!

    海外旅行中に、万が一クレジットカードを盗まれてしまった際に連絡をすべき相手は、クレジットカード会社現地の警察の2つです。

    クレジットカードが盗まれた際に、電話する順番

    クレジットカード会社

    現地の警察

    なぜクレジットカードが1番最初かと言うと、少しでも早くクレジットカードの悪用を防ぐためです。
    海外でクレジットカードを無くしても、心優しい誰かが交番に届けてくれるということはほぼ無いと考えましょう。

    カードを盗られたら、まず一番にクレジットカード会社に電話して、カードを止めてもらいます。
    また、スムーズに情報を伝えるためにも、事前に以下の情報は忘れずにスマホのメモなどに控えておきましょう。

    ★事前に控えるべき情報

  • クレジットカード会社名
  • カード番号
  • カード会社のカスタマーサポートのTEL番号
  • もし万が一、カード会社の番号がわからない場合は、クレジットカードの国際ブランドのヘルプデスクに電話しましよう。

    VISAカードヘルプデスクに電話するには?

    ①各国ごとにある、Visaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービスのトールフリーダイヤルに電話する

    Visaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービス連絡先

    ②フリーダイヤルが設けられていない国、または繋がらない場合は、コレクトコール(電話の着信者が、電話料金を負担するコールのこと) +1 303 967 1090 に電話する

    (使用する場合は、電話をかける前に滞在する国の国際電話会社に連絡をします。電話会社に+1 303 967 1090の番号を伝えて、コレクトコール使用の手続きをしましょう。)

    Master Cardのヘルプデスクに電話するには?

    各国毎に設けられている、Master Cardのグローバルサービスに電話をする。

    Master Cardのグローバルサービス連絡先

    日本語を希望の場合は、「ジャパニーズ プリーズ」と伝えましょう。

    JCBのヘルプデスクに電話するには?

    ①各国毎にあるJCB盗難紛失デスクに、トールフリーの電話をします。

    JCB盗難紛失デスク連絡先

    ②繋がらない場合は、81-422-40-8122にコレクトコールをします。

    (使用する場合は、電話をかける前に滞在する国の国際電話会社に連絡をします。81-422-40-8122 の番号を伝えて、コレクトコール使用の手続きをしましょう。)

     

    アメックス のメンバーシップ・サービス・センターに電話するには?

    各国毎に設けられている、アメックス メンバーシップ・サービス・センターに、トールフリーの電話をする。

    アメックス メンバーシップ・サービス・センター

    なお、一部の国ではコレクト・コールでの連絡が必要です。コレクト・コールをする場合は、滞在する国の国際電話会社に電話をします。

    そして、その国のアメックスのサービスセンターの連絡先を伝えて、コレクト・コールの手続きをしましょう。

    ダイナーズのコールセンターに電話するには?

    81-3-6770-2796にコレクト・コールをします。
    コレクト・コールをする際は、まず滞在国の国際電話会社に連絡します。

    そして、81-3-6770-2796の電話番号を伝えて、コレクト・コールの手続きをしましょう。

    ②警察に被害届を提出しよう

    クレジットカード会社に連絡し終えたら、次に現地の警察署へと向かいます。
    その際に以下の物を準備しましょう。

    ★警察署に持っていくもの

  • パスポートやビザ
  • 滞在しているホテル名と部屋番号の情報
  • 海外では身分を証明できるパスポートや、ビザなどが必須となっています。
    また、現地の警察とやりとりをしなければいけないので不安な気持ちも強いでしょう。

    その際に、必ず伝えるべきこととしては、「盗られた物・いつ・どこで・どんな人に・どうやって」です。頑張って伝えましょう。

    ②不正利用に気がついたらすぐに連絡しよう!

    「海外旅行中に、身に覚えがないクレジットカードの使用履歴がある…」と気付いた際は、真っ先にクレジットカード会社に連絡をしましょう。
    連絡先としては、盗難と同じくクレジットカード会社、または各国毎にあるカードの国際ブランドのヘルプデスクになります。

    各国毎にある国際ブランドヘルプデスク情報

    また、多くのクレジットカードには「盗難保険」という保険があります。不審に思う取引をカード会社が発見したら、被害額を補償してくる保険です。

    海外ではスキミングや、wi-fiを通じてのハッキングが盛んで、不正利用の被害に遭う日本人旅行者も多いです。

    外務省 海外安全ホームページより

    海外旅行中は、こまめにカードの使用履歴をチェックしておきましょう。

    保険を適用してもらうにはどうすればいいの?

    海外旅行保険の適用方法について、紹介します。

    今回は海外を保険を適応させる際に、一番困った状況になるであろう「障害・疾病」の保険の適用方法を説明します。
    よりわかりやすく説明するために、

    • キャッシュレス診察が可能な場合
    • 現地で診察代を支払った場合

    の2つのケースに分けて、保険適用の方法をお伝えしますね。

    キャッシュレス診察が可能な場合の、保険の適用方法

    まずキャッシュレス診察が何かということから説明しましょう。
    キャッシュレス診察とは海外の病院を利用する際に、クレジットカード会社が病院代を全て補償してくれるシステムのこと。
    旅行者は現金を使わずに診察を受けることができます。
    海外で病院にかかってしまうと、高額な診察代が請求されてしまいます。
    現金が無いと診察そのものが出来ないので、海外旅行の際のキャッシュ診察は非常に重要なのです。
    カードによって、キャッシュレス診察が出来るタイプ、出来ないタイプとあるので、事前にチェックしておきましょう。
    この記事で紹介したカードで言えば、以下のカードがキャッシュレス診察に対応しています。

    ★キャッシュ診察が出来るカード

  • JCBカードW
  • 楽天カード
  • エポスカード
  • セゾンブルーアメックス
  • では、キャッシュ診察が可能な場合の、保険適用の手続きの流れを説明します。

    キャッシュレス診断での、保険適用方法

    ①クレジットカード会社の、海外旅行保険の緊急連絡先に電話をする

    ②クレジットカードのサービスセンターに、近場でキャッシュレス診断が出来る病院を探してもらう

    ③自動付帯の場合:クレジットカードとパスポートを持って指定された病院へ向かう

    利用付帯の場合:クレジットカードとパスポートと交通費のカード支払いレシートを持って、指定された病院へ向かう

    ④診察を受ける

    ※参考: 三井住友カード公式サイト

    以上が大まかな流れとなります。

    キャッシュレス診察ができる場合は、旅行者自身はパスポートクレジットカード以外、特別に用意すべきものはありません。
    病院にかかる際はとにかく早く、クレジットカード会社に電話をしましょう。

    現地で診察代を支払った場合の、保険の適用方法

    キャッシュレス診察が出来ない場合の、クレジットカード保険の適用方法の手順を紹介します。

    現地で診察代を支払った場合の、保険適用方法

    ①クレジットカード会社の、海外旅行保険の緊急連絡先に電話をする

    ②近場で日本語対応可能な病院を、紹介してもらう

    ③現地の通貨を用意する

    ④診察を受ける

    ⑤必ず医師の診断書と治療費の明細書を受け取る

    ⑥帰国

    ⑦事故日より30日以内に保険金請求書類を書いて、保険会社に保険金の請求

    ※参考: 三井住友カード公式サイト
    以上が現地で診察代を支払った場合の、保険適用の流れです。

    また、下記の3つのポイントに気をつけましょう。

    ★自腹で海外の病院を受診した時の3つのポイント

  • 現金を用意すること
  • 医師の診察書と治療費の明細書をもらうこと
  • 30日以内に保険会社に保険金請求を行うこと
  • 保険金をもらうには、然るべき手続きを踏まないともらえないので、3つのポイントは絶対に守るようにしましょう。
    また、カード毎に保険金請求する保険会社が異なります。実際の連絡は、各カードの保険窓口に連絡をしましょう。

    ★この記事で紹介したクレジットカードの保険会社一覧

  • JCBカードW:0120-258-554
  • 楽天カード :0120-456-029
  • エポスカード:0120-11-0101
  • オリコカード・ザ・ポイント:0120-08-1572
  • セゾンブルーアメックス:0120-661-676
  • まとめ

    ★海外旅行をより安心・便利に楽しむにはクレジットカードが頼りになる!
    即日発行もできるクレジットカードがあるので、海外旅行直前でも大丈夫!
    ★クレジットカードは手数料が低く、お得に使える
    ★旅行傷害保険の自動付帯は何もしなくてOK。一方、利用付帯の場合は交通費・ツアー代金をクレジットカード払いしよう!
    ★海外旅行中に、クレジットカードのトラブルがあれば真っ先にクレジットカード会社に連絡を入れる

    海外旅行中は、何かとお金に関するトラブルがよく起こります。特に初めての海外旅行ですと、戸惑ってしまうかもしれません。

    しかし、クレジットカードを持っておけば、お金に関するトラブルの多くは、手厚い補償によって解決することができます。

    ですので、より安心して海外旅行を楽しむには、クレジットカードは最高のパートナーです。
    クレジットカードをお供にして、海外旅行を満喫してくださいね!

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。