発行元・グレード別!クレジットカードの難易度目安と審査に関するよくある質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発行元・グレード別!クレジットカードの難易度目安と審査に関するよくある質問
「欲しいカードの審査に落ちてしまった。
自分でも手に入れられるカードが欲しいけれど、どれでも良いわけじゃない……」

ご存知の通り、一口にクレジットカードといってもその取得難易度は千差万別。
「無職でも作れた」という噂のあるカードもあれば、年収数千万円レベルでなければ作れないと言われる超・高難易度カードも存在します。

今回はそんなあなたのために、発行元・グレード別のクレジットカード・審査難易度の目安をまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合った難易度のクレジットカードに目途をつけられますよ。

★このページは、様々なクレジットカードの取得難易度について広く浅く解説するものとなります。
取得難易度の低いカードをお探しなら、「審査に通りやすいクレジットカードについて」のページをご覧ください。

★国際ブランドの付いた無審査カードについては「高校生でも作れる、クレジットカードの代用カードについて」のページをご覧ください。

あのカードの難易度はどれくらい?発行元・カードグレード別の取得難易度目安

まずは早速、各カードの取得難易度目安やおおまかな難易度の判断方法を見ていきましょう。

①おおまかな取得難易度の目安

発行元・カードグレード別の、大体の取得難易度をまとめました。

★申し込み条件や国際ブランドの定めるカードグレード、利用者の報告を材料に、主観的に定めたものです。あくまで参考程度にご覧ください。

★各カードのおおまかな取得難易度目安
カードの例 概要・難易度の目安
(目安年収はインビテーション無しの場合を想定)
↑高 【招】アメックス・センチュリオン 世界で最も高難易度とされる
【招】ダイナースクラブ・プレミアムカード
【招】ラグジュアリーカードGold
【招】SURUGA VISA Infinite
招待制の各国際ブランド最上位カード
  • 【招】JCB THE CLASS
  • アメックス・プラチナ
  • 【招】デパートの外商カード
  • その他、招待制の上位カード
  • 取得には継続して同発行元のクレジットカードを利用する必要がある
  • 三井住友プラチナカード
  • 航空会社系のプラチナカード等
  • 目安年収600万円程度~
  • オリコ・ザ・プラチナ
  • その他、招待不要のプラチナカード等
  • ダイナースクラブカード
  • 目安年収500万円程度~
  • アメックス・ゴールド
  • 独自審査の傾向が強い
  • 三井住友ゴールド
  • JCBゴールド
  • アメックスカード(グリーン)
  • その他、年会費1万円程度~のゴールドカード等
  • 目安年収400~500万円程度
    申し込み条件に目安年収が記載されていることも多い
    ★ステータスカードと呼ばれるのは大体このあたりまで
  • MUFGゴールド
  • その他、比較的安価(1万円未満)で取得できるゴールドカード等
  • アルバイトでも毎月収入があれば取得を狙える
    専業主婦も利用できることが多い(申込条件による)
  • JCB一般カード
  • 三井住友クラシックカード
  • その他銀行系カード・プロパーカード等
    (学生カード等を除く)
  • オリコ・ザ・プラチナ
  • イオンカード
  • エポスカード
  • ライフカード(無料)
  • 楽天カード
  • その他流通系カード、学生カード、リボ払い専用カード等
  • 世帯収入やクレヒスがあれば本人収入が無くても通過可能性あり
    ↓低
  • ライフカード(有料)
  • 無料カードの審査落ち後に個別案内されるカード。過去に遅延があったり審査が不安な場合でも年会費を代引きで支払えばクレジットカードを利用できるので、ブラックでも可能性あり
    ※現在金融事故遅延中の場合は可決されません
  • ACマスターカード
  • 独自審査の傾向が強い
    キャッシング枠必須のため、申し込み者本人に収入必須
    ※【招】は発行元からの招待が無ければ作れないカード
    ※各カードの詳細については個別ページをご覧ください。

    実際の審査基準は発行元によって異なるため、「三井住友ゴールドの審査には落ちたけど、アメックス・ゴールドには通った」といった事例もよくあります。(特にアメックスは謎審査と呼ばれるほど独自色が強い)

    将来的に手に入れたいカードが決まっているのなら、同じ発行元のカードのうち、現在あなたが手に入れられそうなものを選ぶと良いですね。
    例えば将来的にJCB THE CLASSの取得を狙うなら、現在の属性に応じて「JCBゴールド」または「JCB一般カード」等を選択することをおすすめします。

    ★クレジットカードを問題なく利用し続けることで、発行元からの信頼があつくなり、将来的に上位カードを取得できる可能性が上がります。
    これは招待制でないカードの取得を目指す場合であっても有効です。

    単純な還元率を重視して申し込み先を選ぶ場合、高難易度カードはほぼ選択肢に入りません
    一部の提携カード(主に航空会社系)を除き、コストパフォーマンスとステータス性はほぼ両立しないとお考え下さい。

    あわせて読みたい
    クレジットカードのポイントと、年会費無料の高還元カード
    クレジットカードの使い分けと重視ポイント別のメイン/サブカード

    ②クレジットカードの難易度は、申し込み条件を見ただけでも分かりやすい

    さて、上の表に掲載したのは有名な、ごく一部のクレジットカードのみ。現在気になっているカードの難易度が分からない、といった方も少なくないかと思います。
    そのため、ここではどのクレジットカードでも使える「おおまかな審査難易度の見分け方」を紹介していきましょう。

    前提として、クレジットカードの審査は無料です。ただし当然ながら、審査を行う際には人件費をはじめとするさまざまな費用が掛かっているハズ。そうなると、クレジットカード会社は「利益にならない、審査に落ちてしまう人の申込はできる限り回避したい」と考えますよね。

    そういうわけで審査通過基準をある程度高く設けているクレジットカードは、審査に落ちてしまう人の申し込みをできる限り避けるため、「入会の目安」「申し込み条件」を提示していることが多いんです。

    みずほマイレージクラブカード ゴールドの申し込み条件▲もっとも分かりやすい、「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の例。
    「25歳以上かつ年収500万円以上」の条件を満たさない限り、申し込みすら断られてしまいます。

    このように、申し込みにある程度の条件を課しているクレジットカードは、そうでないカードに比べ明確に審査難易度が高いと考えることが出来るんですね。

    ★申し込み条件や入会の目安を設けているクレジットカードの例
    年会費 申し込み条件・入会の目安
    (公式HPより)
    三井住友プラチナカード 50,000円+税 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
    ダイナースクラブカード 22,000円+税 年齢27歳以上の方
    三井住友ゴールドカード 10,000円+税 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
    JCBゴールド 10,000円+税 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
    UCカードゴールド 10,000円+税 原則として満25歳以上で年収500万円以上の方
    参考:三井住友クラシックカード(一般カード) 1,250円+税 満18歳以上の方(高校生は除く)

    逆に満18歳から利用可能、かつ「安定収入がある」(基準は発行元による)といった収入に関する要件が定められていないカードであれば、入手難易度はさほど高くないと推測可能です。

    ★ただし、すべてのクレジットカードが明確に申し込み条件を公開しているわけではありません。

    ③プロパー・銀行系は難易度が高いと言われることが多いものの……。

    一般に、プロパーカード(クレジットカード会社が独自に発行するカード。JCBオリジナルシリーズ等)や銀行系カード(みずほマイレージクラブカード等)は、そうでない会社の発行するカードに比べ審査難易度が高いとされています。
    が、結論から言うとよほど返済能力が不安定でない限り、この点をさほど気に掛ける必要は無いでしょう。

    と言うのも、アルバイトの方が「JCB一般カード」「三井住友クラシックカード」等に通過された例は決して少なくありません。高くなくても良いので毎月収入があり、これまでにクレジットカードの支払いなどで問題を起こしていないのなら、非正規雇用者であっても十分に審査通過を狙えるわけですね。ちなみに私自身、決して収入の安定していなかった学生時代に、「みずほマイレージクラブカード」を取得しています。

    確かに「ギリギリで審査に通過できるライン」は流通系のクレジットカード(オリコカード、楽天カード等)に比べやや高いかもしれませんが……。
    決済分を毎月きちんと支払える程度の返済能力があるのなら、プロパー系や銀行系の審査に挑戦してみても問題ないでしょう。

    ★各カード会社が、学生向けカードや若者向けカードを取り扱っていることも多いです。
    審査に自信が無いのなら、こういったカードを選んでみても良いでしょう。

    あわせて読みたい
    比較的審査に通りやすいクレジットカードについて
    学生の半数がクレジットカードを所有!ポイント高還元・海外旅行にも便利な厳選9選+α

    <「ダメ元」で欲しいカードに申し込んでもみても良い?>

    最低限の申し込み条件はクリアしているものの、収入や職業のために審査に通過できる自信が無い、ただし100%審査に落ちるとまでは言えない……。
    そんなときには、「ダメ元」で申し込みを行っても構わないでしょう。

    前述の通り、クレジットカードの審査は無料で受けることが出来ます。申し込み者側の立場であれば、ダメで元々という考えで審査を受ける自体に、大きなデメリットはありません

    ただし、

  • 短期間にあまり多くのカードへ申し込みを行うと、6ヶ月間は審査通過に悪影響が出やすくなる(申し込みブラック/多重申し込み)
  • 1回審査に落ちると、6ヶ月間は同じカードの取得を見込めない
  • といった点には要注意。
    今後6ヶ月の間に就職、勤続年数アップ、現在の借金の清算といった属性向上の可能性があるのなら、これを待って申し込みを行った方が良いでしょう。

    つまり、「ダメ元」での申し込みは「申し込み条件を満たしている」かつ「6ヶ月で属性が大きく向上することも考えにくく、他に多くのカードに申し込むつもりもない」場合にのみ選択肢となります。

    クレジットカードの取得難易度に関するよくある質問と回答

    ここからは、クレジットカードの取得難易度に関するよくある質問にお答えしていきます。

    ★クレジットカードの審査通過条件、その他審査全般については以下のページをご覧ください。

    あわせて読みたい
    一般クレジットカードの審査通過条件と申込み確認の電話について

    ①同じ発行元の、同じグレードのカードに取得難易度の違いはありますか?

    一つのクレジットカード会社が、似たような年会費の似たようなクレジットカードを発行していることは多いですね。

    例:三井住友カードが発行する

    • 三井住友クラシックカード(年会費1,250円+税)
    • 三井住友クラシックカードA(同1,500円+税、旅行保険付き)
    • 三井住友アミティエカード(同1,250円+税、旅行保険付き・女性向き)

    これに関しては、ほとんどの場合で審査難易度に一切の違いは無いと思われます。少なくとも各カードの特性や発行スピードを見る限り、上記3つの三井住友カードの間に審査内容の違いは無いでしょう。

    他社の場合であっても、手間やコストを踏まえて考えれば1社あたりさほど多くの審査基準を設けているとは思えません。
    似たようなカードの中から申し込み先を選ぶ場合には、旅行保険の有無といったサービス内容を参照することになるでしょう。

    ★同じ発行元の似たようなカードであっても、プロパーカード(カード会社が独自に発行するカード)と提携カード(他社と提携を結んで発行するカード)の間では審査難易度が異なることがあります。

    ②審査が難しいカードほど、審査時間は長引くのでしょうか?

    意外とそういうわけでもなく、取得難易度の高い「三井住友プラチナカード」であっても審査結果は数日程度で出ることが多いです。
    審査スピードは審査難易度よりも、カード発行元によります。例えばジャックスは、一般カードであっても申込~カード到着までに1ヶ月程度の時間が掛かることが多いですね。

    ★カード発行元別・大体の発行スピード(プロパーカード/インターネット申込みを想定)
    審査が速い(即日~※) 審査が遅い(1週間~)
    • 三井住友カード
    • JCB
    • クレディセゾン
    • 楽天
    • ジャックス
    • UCカード
    ※カードの到着までには別途、数日~1週間程度の時間が掛かることが多いです。

    ちなみに現在「UCカード」は「クレディセゾンが取り扱う、カードブランドの1つ」という扱いになっているものの、ご覧の通り通常のセゾンカードに比べると審査に時間が掛かる傾向にあります。
    (=審査基準が異なる可能性が高い
    このように、発行元の会社が同じでもカードブランドによって発行スピードや審査基準に違いが設けられている例はしばしば見られます。

    ★郵送などで申し込みを行う場合、到達日数の関係からインターネット申し込みに比べ、カード受け取りまでに時間が掛かりやすくなります。

    ③審査に通りやすくするコツはありますか?

    正直に言うと、ほぼありません
    というのも、審査の際に重視される「年収」や「クレジットカードの利用履歴」は一朝一夕に改善できるもので無いから。
    小手先の行動で結果が決まるのなら、わざわざ審査を行う必要も薄いでしょう。

    それでも強いて言えば、

  • 不要なカードを解約しておく
  • カードローンやキャッシングを利用しているのなら、できる限り返済しておく
  • 短期間に多くのカードに申し込むことは避け、できれば最後の審査から6ヶ月を空けた上で申し込む
  • といった方法が挙げられますが……。

    既存のローンを返済したり、カードを解約した場合であっても、その情報が個人信用情報機関(あなたのカード利用履歴などを保存している場所。審査の際に必ず閲覧される)にいつ反映されるかは、実際に開示してみるまで分かりません。
    結局のところは、身の丈に合ったカードを選ぶ他無いでしょう。

    CIC公式HP ※クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関

    ④金融ブラック状態、あるいはそれに近い状態でも取得できるカードはありますか?

    「ワケアリ」の状態であっても取得しやすいとされるのは「ACマスターカード」。これは消費者金融会社(アコム)が発行する、唯一のクレジットカードですね。
    とは言え、さすがにブラック状態での取得は難しい模様。何とか審査に通ったとしてもキャッシング専用カード、つまり通常のアコムカードのみの発行となることも多いです。

    ダメ元で申し込みを行うのも悪手とまでは言えませんが……。
    基本的には喪明け、つまりブラック期間が明けるのを待って、申し込みを行うことになるでしょう。この場合であれば「ACマスターカード」を問題なく手に入れられることは多いです。

    あわせて読みたい
    アコムACマスターカードの審査と時間。在籍確認は?落ちたら?

    ★例外的に独自審査を行っているアメリカン・エキスプレスカード、特にゴールドカードは「ブラック状態でも作れた」という報告が複数寄せられています。
    信用情報が一切問題にならないとは考えられないものの、一定以上の支払い能力があるのなら「ダメ元」に近い気持ちで申し込んでみても良いでしょう。

    まとめ

    ★クレジットカードの取得難易度は千差万別。確実に審査に通るためには、自分に合った難易度のカードへ申し込むべき。
    将来的に欲しいカードが決まっているのなら、発行元を同じくする下位カードを選んで利用実績を積むのが良い
    ★プロパーカードや銀行系カードは審査難易度が高いと言われることも多いが、高くなくても毎月収入を得ているのなら問題なく通過できることも多い
    「あまり複数のカードへ申し込むと、審査が不利になりやすい」「6ヶ月間は同じカードの審査を受けることが出来ない」という2点を踏まえた上でなら、「ダメ元」で申し込みを行うのもアリ

    どんなに魅力的なカードであっても、審査に通過できなければ手に入れることはできません。
    将来的に手に入れたいカードが決まっているのなら、まずは現在手が届く範囲の、発行元を同じくするカードへ申し込みを行うことをおすすめします。

    あわせて読みたい
    一般クレジットカードの審査通過条件と申込み確認の電話について
    比較的審査に通りやすいクレジットカードについて

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。