未成年者のクレジットカード:親権者の同意が必要な根拠&各カードの同意方法も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未成年者のクレジットカード:親権者の同意が必要な根拠&各カードの同意方法も
「未成年だけれど、はじめてのクレジットカードを作りたい!」

多くのクレジットカードは18歳から申し込みが可能。(高校生を除く)
実際に18歳・19歳といった未成年者が、自分名義のクレジットカードを作ることは難しくありませんが……。
法律上の制限により、未成年者がカードを作るためには「絶対に」親権者の同意が求められます

そしてやや面倒なことに、この「同意」を得る方法はカード会社ごとにバラバラ。
あなたがもしも親元を離れて生活しているのなら、場合によって同意書を郵送したり受け取ったりという手間が必要となりますね。

今回ははじめてのカード取得を目指す未成年者のあなたのために、親権者の同意が必要な理由やその「同意」を得る方法、そして各社のその取得方法情報を含めたおすすめクレジットカードをまとめました。
読み終えていただけば、不安なくはじめてのクレジットカードへ申し込みを行えますよ。

高校在学中は18歳であっても、単独名義でクレジットカードを作ることはできません
代用品となる「デビットカード」などの利用をご検討ください。

未成年者がクレジットカードを作るためには親権者の同意が「絶対に」必要!その理由は?

そもそも、未成年者はなぜ単独でクレジットカードを作ることができないのでしょうか?
社会人として立派に働いている未成年者であっても、親権者の同意が必要と言うのはちょっとおかしな気もしますよね。

この疑問に対する答えは簡単で、「法律(民法)に定められているから」
正しくは民法の上に「未成年者による単独の法律行為(取引)は取り消しができる」と定められているからです。(民法5条)

未成年者にカードを使われるだけ使われて、「やっぱり取り消します」が通じるようであれば、カード会社は当然大きな損失を負ってしまいます。
このリスクを防ぐため、どのクレジットカードも「未成年者による単独契約の禁止」を掲げているんですね。

未成年者の法律行為(取引)は、親権者の同意があってはじめて「取り消しのできない、有効な行為」として認められます。
つまり未成年者は法律の上で単独で取引ができる人間とは見なされず、希望を叶えるにはどうしても大人の力が必要となるわけです。

以上の根拠により、親権者の同意なく未成年者がクレジットカードを作ることはできません
(ただ、「同意」が形だけのものに過ぎないことはあります。詳しくは後述

★未成年者であっても、既婚者であれば単独での法律行為(この場合はクレジットカードの作成)が認められます。
……が、それはあくまで法律上の話で、実際のところはカード会社の規約により親権者の同意が必要となることでしょう。

★2022年からは民法の改正により、18歳が成人年齢と見なされます。このことから、18歳から単独でクレジットカードの作成が可能になると見込まれます。
(ただ、すべてのカード会社が規約を改正するとは限りません)

「親権者の同意」って具体的にはどんな手続きが必要なの?

さて、ここで気になるのは「親権者の同意をどうやって取るのか」という点ですが……。
答えから言うと、これはカード会社によって異なります

主な手段は「親権者への電話確認」「同意書の送付」の2つ。クレジットカードの場合、インターネット上の簡単なチェックだけで確認が済むことはほぼありません。
大手どころだとJCB楽天カードYahoo!JAPANカードは「電話確認」、三井住友カードオリコは「同意書の送付」を採用しています。

同意書の送付が必要なタイプのカード会社の場合、あなたが親元を離れて暮らしているのなら、一度郵送物のやり取りを交わす必要が出てきますね。
これを避けたいのなら、電話での確認を行っているクレジットカード会社を選ぶと良いでしょう。
(言うまでもなく、あなたが事前に親権者の同意を取っておく必要があります)

CHECKはじめてのクレジットカードには何を選べばいい?

▲Yahoo!JAPANカードへ未成年者が申し込む際に現れる入力項目

ちなみに、これまで携帯電話料金(正しくは端末代の分割払い)の支払いを長期間延滞させたりしていない限り、審査通過自体はさほど問題になりません。(以下で紹介するような、若年層向きのカードを選ぶ場合に限る)
これに関しても親権者の同意、つまり「仮にこの申込人が支払い不能に陥っても、親権者が何とかしてくれるだろう」という期待が含まれていると思われます。

<親に知らせずにカードを作ったらどうなるの?>

「同意書の送付」で親権者の同意を取るカードの場合、実質一人で、つまり親権者の同意を取らずに申し込むことは難しくありません。
このとき一体どういったデメリットがあるかと言うと、未成年者であることを理由に法律行為、この場合は物品購入などの取り消しが認められなくなります
(詐術を行った制限行為能力者=この場合は未成年者の行為は取り消しができない:民法21条)

とは言え、これはデメリットと言うよりほとんど「当たり前」のことですね。
その他に考えられる問題を挙げるとすれば、

  • 本来、『同意書の送付』で親権者の同意を取るカード会社が何らかの理由で親権者に電話を掛けたとき、(審査の仕様変更、提出書類に不審点がある場合など)同意を得られず審査落ち

といった状況などとなるでしょうか。もちろん単に「カードを使いすぎて取り返しがつかなくなる」といった問題も考えられます。(これは未成年者に限ったことではありませんが……)

そういうわけで同意書を送付するタイプの会社を選ぶ場合、「100%親の同意なしでカードを作れないわけではないものの、無駄なリスクを避けるためには結局事前に同意は取っておくべき」というのが答えとなりますね。

仮に同意を得られないのなら、クレジットカードの代用品として使いやすい、銀行口座直結の「デビットカード」への申し込みをおすすめします。
(こちらは親の同意が原則不要/民法5条中の「法定代理人(親権者)が目的を定めて処分を許した財産(=小遣い)」を使うものと見なされるためか)

はじめてのクレジットカードには何を選べばいい?

ここからは、はじめての取得におすすめなクレジットカードを「親権者の同意を得る方法」を踏まえて紹介していきます。

<メインのカードには「特化型」より「汎用型」がおすすめ>

クレジットカードの使い勝手は、大きく

  • 特定のお店やサービスでおトクに使える「特化型」
  • どこで使ってもポイントが多く貯まる等のメリットを得られる「汎用型」

の2つに分けられます。
前者の例として分かりやすいのは、ルミネカード・パルコカードといった、指定ショッピングビル等で優待を受けられるカードでしょうか。

こういった特化型のカードは、優待対象のお店やサービスを使う上では非常に重要となるのですが……。優待店と関係ない場所でカードを使った場合のポイント還元率やサービス内容は、乏しいことが多いもの。
そのため、あなたが普段さまざまな場所で使うメインカードをお探しなら、基本のポイント還元率が高い(1%~)等、どこででもメリットを得られる「汎用型」カードの選択をおすすめします。
具体的な例を挙げると、1%以上の還元率を持つカード(オリコカード楽天カードなど)や、今後の上位カード取得につながる「JCBカードW」などですね。

特化型のカードは基本的にサブカード、つまり「メインのカードとは別に、優待を受けられるお店でだけ使うカード」として使うのが有効です。

①還元率重視なら楽天やオリコなどが無難なところ

現時点では特にステータス性を気にせず、とにかくおトクにクレジットカードを使いたい!という場合には、「使いやすいポイントが多く貯まる」カードを選ぶのが無難でしょう。

★高還元&ポイントの使い勝手の良いクレジットカード
楽天カード Yahoo!JAPANカード オリコカード
盤面(画像は公式HPより) 楽天カード
楽天カード-ミッキーデザイン
※その他デザインあり
Yahoo!JAPANカード
Yahoo!JAPANカード
オリコカード
年会費 無料 無料 無料
国際ブランド VISA
Master
JCB
VISA
Master
JCB
VISA
Master
実質還元率 1.0% 1.0% 1.0%
利用可能枠 非公開 非公開 非公開
親権者への同意の取り方 電話 電話 同意書の送付
付帯電子マネー、ポイントシステム 楽天Edy
楽天スーパーポイント
T-MONEY
Tポイント
iD、QUICPay
貯まるポイント 楽天スーパーポイント Tポイント オリコポイント;
(nanaco等へ交換可)
その他 楽天市場でのポイント優待等 Yahoo!ショッピング、ヤフオクでのポイント優待等 入会後6ヶ月ポイント2倍
海外旅行傷害保険
※1
死亡・後遺障害 最高2000万円
治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 最高200万円
救援者費用 最高20万円
国内旅行傷害保険

2
傷害死亡
後遺障害
手術費用
入院日額
通院日額
ショッピング保険
※3
年間最高100万円
(国内外問わず)
年間最高50万円
(海外利用分のみ)
※1……海外で怪我をした場合などに利く保険。適用条件については公式HP参照
※2……国内で事故に遭った場合に利く保険。
※3……当該カードで購入した物品が偶然に破損または盗難に遭った場合、返金を受けられるサービスのこと。補償期間(多くは90日)、自己負担額等の詳細については公式HP参照

3つのカードの還元率はいずれも1%。(100円につき1円相当の1ポイント還元)
申し込み先は「普段利用する、ネットショップやポイントサービス」を元に選べば問題ありません。
(普段よく楽天関連のサービスを使うのなら楽天カード、よくTポイント加盟店を使うのならYahoo!JAPANカード、等。オリコはポイントの交換先が多いのでどちらもピンと来ないときに◎)

★その他、単純な還元率の高さで言うと「リクルートカード」「REXカード」は上記カードを上回ります。(ただ、ポイントの使い勝手の良さは上記カードに及びません)

★帰省などで飛行機の航空券を取得する機会があるのなら、年会費こそ発生しやすいものの非常に還元率の良い航空会社系のクレジットカードもおすすめです。
ANAカードJALカードAirDOカードソラシドエアカードなど。会社によっては学生カードあり)

★旅行保険を付けたい場合には、横浜インビテーションカード(あるいはREXカード)を併せて取得することをお勧めします。

②将来的なステップアップを目指すなら、JCBや三井住友といった大手が◎

将来的にステータスカード(名前の通りステータス性を感じさせる、取得が難しかったり年会費が高かったりするカード)を手に入れたいと考えるのなら、「JCB」「三井住友カード」といった大手を選ぶのが良いでしょう。

と言うのもクレジットカードは、利用を続けていくことで発行元からの信用が増し、上位のカードを取得しやすくなります。(もちろん切り替え時に相応の経済能力は必要ですが)
発行の難しいカードを手に入れるためには、その会社で早くから信用を積んでおくのがベストというわけですね。

そして「JCB」「三井住友カード」の2社は、若い方に向けて同社の一般カード三井住友VISAカード<クラシック>JCB一般カード等)より還元率に優れた特別なカードを提供しています。

★大手による若年層向けカードの比較
JCB CARD W plus L 三井住友VISAデビュープラスカード
盤面(画像は公式HPより) JCB CARD W plus L 三井住友VISAデビュープラスカード
年会費 無料 無料
国際ブランド JCB VISA
実質還元率 0.8%前後
(nanacoへの交換なら1%)
1.0%前後
利用可能枠 10万円~100万円
(学生は10万円または30万円)
10万円~80万円
(学生は10万円~30万円)
親権者への同意の取り方 電話 同意書の送付
貯まるポイント Oki Dokiポイント
(nanaco等へ交換可)
ワールドプレゼント
(ギフトカード等へ交換可)
その他
  • 39歳以下限定
  • 申込みには指定金融機関(各銀行)の口座が必要
  • 25歳以下限定
  • 26歳になると「プライムゴールドカード」へ移行可
海外旅行傷害保険
※1
死亡・後遺障害 最高2000万円
治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 最高20万円
救援者費用 最高100万円
国内旅行傷害保険

2
傷害死亡
後遺障害
手術費用
入院日額
通院日額
ショッピング保険
※3
年間最高100万円
(海外利用のみ)
年間最高100万円
(リボ払い・3回以上の分割払い・海外利用のみ)
※1……海外で怪我をした場合などに利く保険。適用条件については公式HP参照
※2……国内で事故に遭った場合に利く保険。
※3……当該カードで購入した物品が偶然に破損または盗難に遭った場合、返金を受けられるサービスのこと。補償期間(多くは90日)、自己負担額等の詳細については公式HP参照

2つのカードは一長一短。
見ての通り「JCBカードW」は海外旅行保険が付いているのに対し、「三井住友VISAデビュープラス」カードは基本還元率に優れ、「プライムゴールドカード」の取得が確約されていますね。

申し込み先を選ぶ際には、2社の上位カード(ゴールドカード、またはそれ以上)のメリットを確認した上で、希望に適う会社を選ぶと良いでしょう。

JCBゴールドカード 三井住友カード「プライムゴールドカード」
JCBゴールドカード ▲三井住友カード「プライムゴールドカード」

ちなみに上記2社のゴールドカード利用を続けていけば、年会費5万円+税の最上位カード(「JCB ザ・クラス」、「三井住友プラチナカード」)を手に入れられる可能性もあります。

<親の「家族カード」の利用はどう?>

未成年者がクレジットカードを使いたいと考えるとき、自分名義のカードを作る以外に「安定収入のある親族に、家族カードを作ってもらう」という方法が挙げられます。

家族カードとは名前の通り、会員の家族に発行されるカードのこと。そして、その利用分の請求は本会員に向かいます
例えばお父さんのカードの「家族カード」をあなたが使った場合、その請求(もちろん利用明細も)はお父さんに届くわけですね。この際、「どこで買い物をしたのか」までが記載されることになります。(「アマゾン」「ラクテンイチバ」など。物品名までは入りません)

家族とあなたの両方が納得してカードを作るのなら、未成年、あるいは学生の間はこれを利用して何の問題もありません
ただ、今後自分名義のカードを作るためにはある程度の「信用情報」(すべてのクレジットカード会社に共有される、個々のカード等の利用履歴)を積んでおきたいところ。
自分で支払いをこなせるくらいの余裕が出て来たら「家族カード」は卒業し、自分名義のカードを作っておくことが今後に繋がることでしょう。

まとめ

★未成年者がクレジットカードを作るために、親権者の同意は必須。これは民法上の制約によるもので例外は2022年まで皆無と言って良い
★同意を得る方法は主に「親権者への電話確認」「同意書の送付」の2つで、カード会社によって異なる
★はじめてのクレジットカードなら、基本還元率が高い・今後の上位カード取得に繋がるといった汎用性の高い(どこで使っても良い)ものを選ぼう

18歳以上であれば、自分名義のクレジットカードを難なく作成可能。
きちんと親権者の同意を得たら、サービス内容や将来性等をもとにはじめてのカードを選んでいけると良いですね。

CHECKクレジットカードの審査通過条件とカード受け取りまでの流れ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。