【CIC】個人信用情報開示のため窓口に行ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分がブラックかどうかって、自分でわかるの?」

クレジットカードの審査に落ちました。

ショップで勧められたから作ろうとしただけなのに、どういうこと? 正直落ちると思っていなかったので、びっくりです。

なぜ落ちたのかもよくわからない……という話を友人にしたら、言われました。

ブラックなんじゃないの?スマホの分割料金延滞したって言ってたじゃん」

調べてみると、クレジットカードの審査には、年収とかだけじゃなくて「個人信用情報」とやらが見られるらしいのです。

個人信用情報は、クレジットカード会社だけじゃなくて、申し込めば個人でも見られるらしい。
しかもCICというところの窓口に行けばその日のうちにわかるとか。
これは、行ってみるしかない!

CICって何?
情報ってどうやって見せてもらえるの?
実際に行ってまとめてみました。

これを読めば、私と同じ初心者のあなたも、「個人信用情報開示」できちゃいますよ!

個人信用情報って?CICって?

CICの正式名称は「割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」
と言われても正直ピンとこない。そもそも「信用情報」って何?
調べて簡単にまとめてみました。

①信用情報とは

CIC公式ページによると、「信用情報」とは、今までどれだけ約束通りにお金を払っているか、という情報。

ある人が、クレジットカードやローンの後払いを、今どれだけ抱えているのか、今までどれだけ問題無くやってきたのか、が「個人信用情報」です。

②CICとは

この「個人信用情報」をストックしているのがCIC

加盟している会社、あるいは本人から申し込みがあれば、持っている情報を開示してくれます(つまり、どういう情報が登録されてるか教えてくれるってこと)。

クレジット会社は「この人と取引をしても大丈夫かどうか」を開示して知ることができます。

また個人でも、いわゆるブラックかどうか」「滞納の記録が付いているか」「自分はどれだけ返済を抱えているのか」「あとどれくらいお金を借りられるのか」を確かめることができます。

CICに行くためには

クレジットカードに落ちた原因、個人信用情報を開示すればわかるかも。 

でも、いざ行くとなると、なんだかハードルが高そうな気もするCIC(指定信用情報機関)。

開示してもらうのに、必要なものは?いつ行けばいいの?どこにあるの?
CICへ行くための必要情報をまとめてみました。

①持ち物は本人確認書類と500円

(1)本人確認書類

個人信用情報を開示してもらうには、絶対必要になります。他人に情報が渡ってしまうことのないように、窓口で必ず書類を使った本人確認が行われるためです。

本人確認に使える身分証明書 
1つあればOK
  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 写真付住民基本台帳カード
  • 写真付各種障がい者手帳
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 2つ以上が必要
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 戸籍謄本または戸籍抄本(原本)
  • 印鑑登録証明書(原本)
  • 参考CIC公式HP

    運転免許証、パスポート、個人番号カード、在留カードといった顔写真付きのものなら、それ1つあればOK
    健康保険証、住民票、戸籍謄本、年金手帳など、顔写真が無いものならば、いずれか2つが必要になります。

    (2)開示手数料

    個人信用情報の開示には、料金が発生します。
    1人1回につき500円
    普段からお財布の中にある金額だとは思いますが、不安な場合は分けて用意しておきましょう。

    窓口での支払い方法は現金のみです。

    (3)A4が入る大きさのバッグ

    開示された個人信用情報は、A4の封筒に入れて手渡されます。
    折り目やしわが気にならなければ、そのまま持って帰っても大丈夫です。が、誰かに見られたくない場合、濡れたり折れたりするのが嫌な場合は、封筒がすっぽり入るサイズのバッグがあると良いでしょう。
    クリアファイルも持っていけば、より安心と言えそうです。

    個人情報開示持ち物チェックリスト
    本人確認書類(顔写真付き)
    本人確認書類(顔写真なし)×2
    開示手数料500円
    A4が入るバッグ
    クリアファイル

    ②受付時間は平日10時~16時

    CICは、24時間いつでも情報開示ができるわけではありません。
    受付時間は平日昼間のみ。職員の方の昼休みの時間は受付ができません。

    ★受付時間

    毎週 月~金 
    10:00~12:00
    13:00~16:00
    (土・日・祝日・年末年始は受付をしていません)

    予約システムも特にありません。

    ③全国7か所の窓口:首都圏なら新宿が便利

    CICの窓口「開示相談室」は、全国7か所にあります。

    ★ CIC「開示相談室」一覧

  • 首都圏開示相談室(東京都新宿区)
  • 北海道開示相談室(北海道札幌市)
  • 東北開示相談室(宮城県仙台市)
  • 中部開示相談室(愛知県名古屋市)
  • 近畿開示相談室(大阪府大阪市)
  • 中四国開示相談室(岡山県岡山市)
  • 九州開示相談室(福岡県福岡市)
  • 参考CIC公式HP 窓口で開示

    首都圏開示相談室は、東京都の新宿区。新宿ファーストウェストというビルの中にあります。
    公式HPにも地図とアクセス方法が載っています。

    ★CIC 首都圏開示相談室

  • 住所
  • 〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階

  • 交通アクセス
  • JR「新宿駅」西口より徒歩10分
    都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」B1出口より徒歩5分
    中央通り地下通路 S3出口より徒歩3分
    都営新宿線「新宿駅」出口7より徒歩5分

  • 地図
  • 新宿ファーストウェストビル
    ▲新宿ファーストウェストビル

    1階ロビーのほぼ全面がガラス張りになったビルです。大きな交差点に面し、隣は工学院大学、向かいはプラザホテル、はす向かいにはNTTビル、と目印には事欠かない場所にあります。

    入口は工学院大学側とNTTビル側の2か所。

    ビル内から見た入口
    ▲ビル内から見た入口。向かいは工学院大学。

    ビル内の案内表示
    ▲ビル内の案内表示。どちらの入口にもあります。

    ビルに着いたらエレベーターで15階に上がります。
    「CIC」の案内板は、降りてすぐ目につくところにあります。

    「CIC」の案内板
    ▲「CIC」の案内板

    個人信用情報開示してみました

    無事到着したら、いよいよ個人信用情報の開示です。
    入り口を入って、まずは左側に向かってください。

    CIC見取り図

    ざっくりした流れはこんな感じです。

    個人信用情報開示の手順

    「C-touch」入力ブースで必要事項を入力

    窓口で本人確認

    券売機で開示手数料を支払う

    報告書を受け取る

    順番に見ていきましょう。

    ①「C-touch」で必要情報を入力

    「C-touch」は、タッチパネル入力式の受付機のようなもの。入って左奥のブースに5台が設置されています。

    「C-touch」は、タッチパネル入力式の受付機のようなもの
    ▲「C-touch」。指で画面に触れて入力します。

    雰囲気としてはATMに近いイメージ。仕切りがあって、隣から情報をのぞき見することはできません。

    画面に触れると、「ご自身の情報を開示する」「代理人開示」の選択肢が現れます。
    「ご自身の情報を開示する」を選択し、情報入力に進みましょう。

    入力項目は以下の通り。

    ★ C-touch での入力項目一覧

  • カタカナ表記の名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • (自宅でも携帯でも可。6つまで入力できる)
    (過去の電話番号を入力すると、使用時の情報をさかのぼって調べてもらえる)

  • 郵便番号
  • 運転免許証番号
  • (本人確認書類が運転免許証以外は入力不要)

    太字は入力必須項目です。
     
    覚えていかなくても大丈夫。
    入力項目は画面の左側に、入力順で表示されます。

    かかる時間はほんの数分。
    機械から出てきた番号札を受け取れば終了です。入り口右側の椅子(クッション張り)に座って待ちましょう。

    ②窓口で本人確認

    4つある窓口のうち、「本人確認窓口」は左から2番目。受け取った札の番号で呼び出してくれます。入力した本名が呼ばれることはありません

    呼ばれたら窓口に行き、本人確認書類を提出します。係の人が、その場で間違いがないかを確かめてくれます。

    あと、どうでも良いのですが……、本人確認書類と自分の顔をここまでマジマジと見比べて確認されたのは、初体験でした(笑)

    また「C-touch」の入力情報に誤りが無いかもここで確認してもらえます。

    間違いが無ければ、ここも数分で完了。
    ビニールバッグに入った本人確認書類、番号札などを渡してもらったら、そのまま右に進みます。

    ③手数料は券売機で支払い

    開示手数料を払います。1回の開示につき500円
    券売機は、お蕎麦屋さんによくある食券販売機に近い形をしています。お金を入れ、ボタンを押して、領収書を受け取るだけ。操作に迷うことはないと思いますよ。
    出てきた領収書も、食券のような色つきの厚い感熱紙に印刷されていました。

    ④報告書を受け取る

    開示手数料を払ったら、また椅子に戻って待ちましょう。
    今度は一番右側の窓口、「報告書受取窓口」から番号で呼び出されます。
    ここでは窓口の名前の通り、個人信用情報を開示した結果の報告書を受け取ります。A4サイズの青い封筒に入っていました。

    受け取ったらすべて完了。窓口の人にお礼を言いましょう。

    個人信用情報の開示手続きは以上です。

    「短っ」

    先に来て手続き中の人も10人くらいはいましたが、待ち時間まですべて合わせても、30分もいりませんでした。

    <個人信用情報の開示はネットでもできる>

    窓口が近くに無い場合は、インターネットで申し込みから開示までを行うこともできます。

    登録されている電話番号(クレジットやローンの契約時に使ったもの)から電話をかけ、貰った受付番号とその他個人情報を専用のページに入力します。

    手数料1000円で、クレジットカードでしか払えないのがデメリット。

    一方で受付時間は8:00~21:45。祝日でも年末年始でも手続きができ、時間と場所を選ばないメリットもあります。

    参考CIC公式HP パソコンで開示
    参考CIC公式HP スマートフォンで開示

    受け取ったもの一式

    窓口で渡された青い封筒。中には数枚の紙が入っていました。

    私の個人情報も含まれちゃうので、チラッとだけ公開しますね。

    ①信用情報開示報告書

    信用情報開示報告書と書いてあるのがメインの資料です。A4のコピー用に印刷されていて、数枚がホチキスで留めてあります。

    信用情報開示報告書
    ▲ 信用情報開示報告書

    中身に書かれているのは下記の通り。

    ★ 信用情報開示報告書の中身

  • クレジット情報 (登録1箇所につき1枚)
  • 申込情報
  • 利用記録
  • クレジット情報は、スマホの分割払いやクレジットカード、キャッシング、ローンなどの契約日や契約内容、毎月の支払い状況などがまとめられていました。登録1箇所につき1枚。

    申込情報はクレジットやローンに新しく申し込んだときクレジット会社が登録者(私)を調査した記録

    利用記録は、利用中のクレジットやローンの会社が、登録者(私)のことを調べた記録

    ちなみに、情報が登録されていなくても開示手数料はかかります……

    まぁ「登録なし」とわかれば、それだけで価値がありますからね。

    ②信用情報開示報告書の見方

    あわせて受け取った「信用情報開示報告書の見方」資料は、受け取った書類がどんなものなのか、詳しく解説してくれています。

    信用情報開示報告書の見方
    ▲信用情報開示報告書の見方

    「クレジット情報の反映には1~2ヶ月かかる」とか、「クレジット情報は5年、申込情報と利用記録は6ヶ月残る」とか、大事なことがしっかり載っています。

    ③審査が通らなかったために、ご来社されたお客様へ

    これは、横に置いてあったので一緒にもらってきたものです。

    審査に関する案内資料
    ▲審査に関する案内資料

    ざっくり言うと、「CICは審査に関係していません。審査に通らなかった理由を聞かれても答えられません」ってことですね。

    クレジットやローンの審査は、会社が独自の基準で行うもの。CICの登録情報もその一部ではありますが、これだけでは、審査に落ちた理由のすべては分からないのです。

    ……とはいえ、推測できることもあります。

    私の場合、ドコモの延滞がバッチリついていました。そして「異動」の文字も。

    クレジットカードの審査に通らなかった理由は、これですね。きっと……

    まとめ

    「個人信用情報」「ある人が、今どれくらいの返済を抱えていて、今までどれだけ約束通りにお金を払ってきたか」の情報。
    ★「個人信用情報」をストックし、クレジット会社や個人に情報を提供してくれるのがCIC
    ★CIC窓口に本人確認書類を持っていき、手数料を支払うことで、誰でも自分の個人信用情報が見られる
    ★開示報告書では、過去の支払い記録、延滞記録以外に、誰がいつ自分のことを調べたのかも知ることができる。

    忘れていたクレジット払いが無いかちょっと怖かったので一安心。
    でも携帯電話の分割払いは、これからきっちり払わないと……。

    クレジットカード会社が審査の参考にするものと同じ情報が、500円で見られるなら安いかも。
    手続きも簡単ですし、「ブラックかも」と不安な場合は、開示してみて損は無いでしょう。

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。