ちばぎんスーパーカード<デビット>は千葉県内で特典多数!年会費はやや高め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちばぎんスーパーカードデビットは千葉県内で特典多数!年会費はやや高め

なびお
千葉銀行のデビットカードを作ってみたい!
でも一体どんなカードなんだろう?

千葉銀行のデビットカードは特典豊富なJCBデビットカード
独自のサービスがある一方で、使いにくい要素もあり一長一短な側面があります。

このカードの大きなメリットは千葉銀行提携の店舗で割引やポイント2倍などの特典を受けられること。
他にも、家族カード発行可能、生体認証機能を追加できるなど独自のサービスがあります。

一方で、年会費が1375円とやや高めであり、発行には審査が必要です。

このページではちばぎんスーパーカード<デビット>の長所・短所を余すところなく解説していきます。
他のJCBデビットとの比較も載せているので、年会費分の価値があるか考える参考にもなりますよ。

▲それぞれちばぎんスーパーカード<デビット>/ちばぎんスーパーカード<デビット>ゴールド
ちばぎんスーパーカード<デビット>のカード情報
年会費
1375円
※初年度無料
※2年目以降も条件クリアで無料
国際ブランド基本還元率
JCB0.3~0.5%
利用可能枠
1日200万円まで
※口座残高を超える場合は利用不可
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最大3000万円最大3000万円
ショッピング補償
100万円まで
※海外のみ
追加発行可
家族カード
年会費/440円
※初年度無料
※2年目以降も条件クリアで無料
付帯電子マネー支払日
なし即時決済
申し込み条件
以下の4点を満たす方

  • 契約時満15歳以上である(中学生を除く)
  • 千葉銀行普通預金口座を有している
  • 千葉銀行営業地域内に住所または勤務先(学校)がある
  • JCBの保証を受けられる
ちばぎんスーパーカード<デビット>ゴールドのカード情報
年会費
11000円
国際ブランド基本還元率
JCB0.3~0.5%
利用可能枠
1日200万円まで
※口座残高を超える場合は利用不可
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最大3000万円最大3000万円
ショッピング補償
500万円まで
追加発行可
家族カード
※1枚までは無料。
※2枚目以降は年会費1100円で発行
付帯電子マネー支払日
なし即時決済
申し込み条件
以下の4点を満たす方

  • 契約時満20歳以上である
  • 千葉銀行普通預金口座を有している
  • 千葉銀行営業地域内に住所または勤務先(学校)がある
  • JCBの保証を受けられる

目次

ちばぎんスーパーカード<デビット>の基本情報 キャッシュ一体にもできる千葉銀行のJCBデビットカード

ちばぎんスーパーカード<デビット>は千葉銀行のJCBデビットカードです。

キャッシュカード一体型も発行しており、一体型ならカード1枚でATMでの入出金から普段の買い物まで済ませられます。

JCBデビットでの買い物1000円ごとにOki Dokiポイントを1ポイント貯められる点も見逃せません。

また、ちばぎんスーパーカード<デビット>はグレードの高いゴールドカードも発行しています。

ゴールドカードにもデビット単体型とキャッシュカード一体型があるため、ちばぎんスーパーカード<デビット>には実質4種類のカードがあることになりますね。

そんなちばぎんスーパーカード<デビット>の基本情報を見ていきましょう。

①【年会費】千葉銀行のデビットカードは計4種類!まずは一般カードかゴールドカードか選ぼう

ちばぎんスーパーカード<デビット>には一般カードとゴールドカードの2種類があります

一般カードとゴールドカード最大の違いは年会費です。
ゴールドカードは年会費が高い代わりにひとつグレードの高いサービスを受けることができます。

一般カードとゴールドカードの比較
一般カードゴールドカード
年会費1375円
※初年度は無料
※一定条件をクリアすれば2年目以降も無料
11000円
家族カード440円
※初年度は無料
1100円
※1枚目は無料
利用限度額1日200万円まで
※口座残高を超える場合は利用不可
1日200万円まで
※口座残高を超える場合は利用不可
Oki Dokiポイントの有効期限獲得から2年間獲得から3年間
旅行傷害保険
※旅費をちばぎんスーパーカード<デビット>で支払う必要がある

※保有しているだけで有効
国内ショッピングガード保険×500万円まで
海外ショッピングガード保険100万円まで500万円まで
空港ラウンジの利用×

一般カードとゴールドカードのサービスを比較したときに大きく差が出るのは旅行面

ゴールドカードには、以下のような旅行で役立つ特典が付いています。

  • 旅行傷害保険が適用される条件が易しい
  • ショッピングガード保険が好待遇
  • 空港ラウンジが利用可能

一方で、一般カードには年会費が安いメリットがあります。
さらに、一定の条件をクリアすれば年会費は無料にすることができます。

以下のいずれかをクリア

  • 満20歳未満である
  • 1年間のデビット利用額が12万円以上
  • 携帯電話料金の支払いにちばぎんスーパーカード<デビット>を使っている

また、それぞれに「デビット単体型」と「キャッシュカード一体型」の2種類があります

一般カード、ゴールドカードの2種類と合わせて、ちばぎんスーパーカード<デビット>は計4種類に分類できることになりますね。

デビット単体型カードとキャッシュカード一体型カードの違いは以下の通りです。

デビット単体型とキャッシュカード一体型の比較
デビット単体型キャッシュカード一体型
JCBデビットでの買い物
国内ATMでの入出金×
ATMでの生体認証機能の追加×
J-Debit機能×

全体に、キャッシュカード一体型の方が多機能になっています。

ただし、キャッシュカード一体型はカードを紛失・盗難に遭った場合のリスクが高いのがデメリット。

一体型カードを使ってATMからお金を下ろされる可能性があるためです。

キャッシュカード一体型も単体型も年会費などは変わらないため、メリット・デメリットを比較して自分に合ったタイプを選んでいきましょう。

ちばぎんスーパーカード<デビット>はデビットカードであるが、発行に審査が必要

ちばぎんスーパーカード<デビット>は一般カード、ゴールドカードを問わず、発行には審査が必要です。

一方で、多くのデビットカードはカードの発行に審査がありません。

銀行口座さえ持っていればカードを作れるため、その手軽さ・作りやすさがデビットカードそのもののメリットになっています。

しかし、ちばぎんスーパーカード<デビット>では審査があるためそのメリットが薄らいでしまっています。

審査結果によってはカードを発行できないことがあるため注意しましょう。

②【国際ブランド】ブランドはJCB!国内外で利用でき、JCBの各種特典を受けられる

ちばぎんスーパーカード<デビット>の国際ブランドは一般カードもゴールドカードもJCBです。

そのため国内外のJCB加盟店でデビット決済をすることができます。

JCBマーク

JCBマーク
また、ちばぎんスーパーカード<デビット>ではJCBカードが対象の各種特典を受けられるのも嬉しいところ。

JCBカードが対象の特典にはたとえば以下のようなものがあります。

JCBカードで受けられる特典例

  • JCB提携企業でのOki Dokiポイントサービス
  • 海外JCB加盟店でOki Dokiポイント2倍サービス

それでは、これらの特典で貰えるOki Dokiポイントとは何なのでしょうか。
次の項目で解説していきます。

③【還元率】1000円ごとにOki Dokiポイントを1ポイント貰える。ポイントを交換することで還元率は0.3~0.5%ほど

ちばぎんスーパーカード<デビット>ではJCBデビットでの買い物1000円ごとにOki Dokiポイントを1ポイント貰えます

例えば、1カ月の間に10万円JCBデビットで買い物した場合、獲得ポイントは100ポイント。

1カ月間の合計利用額で獲得ポイントを計算するため、1回500円の小さな買い物を積み重ねてもポイントが貰えますよ。

貯めたOki Dokiポイントは「JCBポイントプログラム」から商品に交換したり、商品券・マイルに変換することができます。

交換商品や商品券・マイルはデジタルカタログで確認することができ、JCB会員サービスmyJCBから交換可能です。

Oki Dokiポイントプログラム2020 デジタルカタログ

このように、Oki Dokiポイントは各種商品や商品券に交換して使うため還元率は交換先によって変化します。

商品券や各種ポイントへの交換比率から計算すると還元率は0.3~0.5%ほど
(1000円につき、現金よりも30円~50円得をする計算です)

使いやすくおトクな交換先を見つけてOki Dokiポイントを交換すると良いでしょう。

なお、Oki Dokiポイントには有効期限があります
有効期限は一般カードとゴールドカードで違いがあり、ゴールドカードの方が1年長くなっています。

Oki Dokiポイントの有効期限
一般カード獲得から2年
ゴールドカード獲得から3年

交換先が豊富でどれに交換しようか悩んでしまいますが、有効期限内にポイントを使うよう注意しましょう。

ちばぎんスーパーカードの各種特典 千葉県内での特典が豊富!

ちばぎんスーパーカードには3種類の特典が付帯しています。

「ちばぎんパートナー特典」「ちばぎん ひまわり宣言特典」「JCB特典」の3つです。

それぞれ、千葉県内の店舗で割引を受けられたり、千葉銀行での手数料が無料になるメリットがあります。

この項目では、この3つの特典に加え、ちばぎんスーパーカード<デビット>に付帯している保険についても解説していきます。

それでは、ひとつずつ順番に見ていきましょう。

CHECKちばぎんパートナー特典
CHECKちばぎん ひまわり宣言特典
CHECKJCB特典
CHECK付帯保険

①【ちばぎんパートナー】千葉銀行提携店舗で割引、ポイント2倍などの特典

「ちばぎんパートナー」は千葉銀行のデビットカード、クレジットカードを見せることで特典を受けることができるパートナーショップです。

特典の内容はさまざま。
JCBデビットでの買い物で貯まるOki Dokiポイントが通常の2~3倍になったり、カラオケで室料30%OFFの割引を受けられたりします。

ちばぎんパートナー店舗で受けられる特典の例(2020年2月6日現在)
店舗名特典内容
ららぽーと
TOKYO-BAY
豊洲
柏の葉
新三郷
富士見
Oki Dokiポイント2倍
鴨川シーワールド入場料割引
大人:3000円→2700円など
シダックス室料30%OFF
マツモトキヨシ
※千葉県内の店舗限定
Oki Dokiポイント2倍

千葉県外で有効な特典も中にはありますが、多くの特典は千葉県内で有効です。

生活圏・行動圏内に対象店舗があればちばぎんパートナー特典を上手く活用できるでしょう。

詳しい対象店舗は以下の公式ページでご確認ください。

CHECKちばぎんパートナーご紹介|ちばぎんパートナー

②【ちばぎん ひまわり宣言】千葉銀行でATM利用手数料無料などの特典

ちばぎん ひまわり宣言は千葉銀行を使えば使うほど、千葉銀行で手数料無料などの特典を受けられるサービスです。

千葉銀行での取引数に応じて「ステージ」が決まり、そのステージに応じて特典を受けられる仕組みになっています。

まずは、各ステージごとの特典内容を見てみましょう。

ちばぎん ひまわり宣言の特典内容

千葉銀行ATM時間外利用手数料
ブロンズステージ全ステージ無料
シルバーステージ
ゴールドステージ
生体認証機能付きICキャッシュカード発行手数料
ブロンズステージ全ステージ無料
シルバーステージ
ゴールドステージ
提携ATM利用手数料
ブロンズステージ割引なし
シルバーステージ月3回まで無料
ゴールドステージ無料
提携ATM
  • イーネット
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • VIEW ALTTE

特典内容は「ATMの時間外手数料無料」「コンビニATMで手数料無料」など、かなり使い勝手の良いものが揃っています。

千葉銀行ATMのみを使う場合は一番低いステージである「ブロンズステージ」で十分なのも嬉しいですね。

時々コンビニATMを使ってしまう、という場合にはぜひシルバーステージまでは欲しいところです。

では、そんなちばぎん ひまわり宣言のステージ判定条件を見てみましょう。

使える対象は以下の通り。

ちばぎん ひまわり宣言ステージ判定条件対象取引

  1. インターネットバンキングを契約している。
  2. 千葉銀行発行のクレジットカードまたはデビットカードを持っている。
  3. 千葉銀行発行のクレジットカードまたはデビットカードの利用額がいずれかで年間30万円を超えている。
  4. 千葉銀行の口座を給与受取口座にしている。または、国民年金・厚生年金等の公的年金受取口座にしている。
  5. 千葉銀行で円預金、外貨預金、投資信託、公共債の残高が合計で30万円以上ある。
  6. 千葉銀行所定の住宅ローンまたは目的別ローンの借入残高がある。
  7. 千葉銀行所定のカードローンの契約がある。

ちばぎん ひまわり宣言ステージ判定条件
ブロンズステージ
対象取引7項目中2項目クリア
シルバーステージ
以下の(1)か(2)のいずれかをクリア

  1. 以下の2点をクリア
    • 25歳未満である
    • 対象取引の①、②をクリア
  2. 対象取引7項目中3~5項目クリア
ゴールドステージ
対象取引7項目中6項目以上クリア

対象取引のうち、①、④、⑤は比較的簡単に達成できる易しい条件になっています。
デビットカードを契約する場合、②も自動的に達成できますね。

対象取引7項目中3~5項目達成すれば「シルバーステージ」に上がることができるので、シルバーステージまでは目指しやすいですね。

デビットカードを契約すれば②の条件がクリアできるメリットがありますが、ちばぎんスーパーカード<デビット>には他にもメリットがあります。

デビット契約後2カ月後または3カ月後より、無条件でシルバーステージまたはゴールドステージにステージアップできるのです。

ちばぎんスーパーカード<デビット>でのステージアップ
一般カード
カード契約の2カ月後の1日から
1年間シルバーステージに
ゴールドカード
カード契約の3カ月後の1日から
カードを契約している限りずっとゴールドステージに

一般カードのステージアップは1年間と期間限定のものですが、ゴールドカードのステージアップはずっと有効です。

シルバーステージまではデビットカードを契約しなくても比較的簡単に達成できますが、無条件で特典をゲットできるのは嬉しいですね。

③【JCB特典】JCB提携店舗でポイント優遇など、JCBカードで受けられる各種特典

ちばぎんスーパーカード<デビット>ではJCBが提供する各種特典を受けることができます

特典は保険の付帯やポイント優遇などさまざま。
保険に関しては次の項目で解説するため、この項目ではポイント優遇について解説していきましょう。

(1)JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典

JCBのポイント特典としてはまず「JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典」が挙げられます。

JCB提携企業でOki Dokiポイントの特典を受けることができるサービスです。

対象店舗はかなり多く、2020年2月6日現在ではセブンイレブンや通販サイトAmazonでポイント3倍になります。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー|JCB ORIGINAL SERIES

JCB ORIGINAL SERIESパートナー|JCB ORIGINAL SERIES
JCBカードを使う際には対象店舗を一度確認しておくと、ポイントを貯める際に役立つことでしょう。

JCB ORIGINAL SERIES対象企業

(2)海外ダブルポイントサービス

また、JCBカードは海外でもポイント特典を受けることができます。
それが「海外ダブルポイントサービス」です。

この特典は名前の通り、海外のJCB加盟店でJCBカードを使うとポイントが2倍になるサービスです。

先ほどのJCB ORIGINAL SERIESとは違い「JCB加盟店」が対象であるため、海外のJCBを使える全てのお店で特典を受けることができますよ。

ただし、この特典を利用するにはJCBの「myJチェック」に登録している必要があります

myJチェックとは

myJチェックとはJCBの会員サイトmyJCBから登録できる「紙のカードご利用代金明細書」を電子メールに替えるサービスです。

myJチェックに登録していれば海外でJCBを使うだけで獲得ポイントが2倍になります。

海外旅行を計画している場合はmyJチェックへの登録を検討すると良いでしょう。

④【付帯保険】不正利用補償など、万一の事態に備えた保険が付帯

ちばぎんスーパーカード<デビット>には万一に備えた保険が付帯しています。

以下の表がその一覧です。

ちばぎんスーパーカード<デビット>に付帯する保険一覧
一般カードゴールドカード
海外旅行保険
傷害による死亡・後遺障害最高3000万円最高1億円
傷害による治療費用100万円限度300万円限度
疾病による治療費用100万円限度300万円限度
賠償責任2000万円限度1億円限度
携行品の損害1旅行につき20万円限度1旅行につき50万円限度
救援者費用等100万円限度400万円限度
国内旅行保険
傷害による死亡・後遺障害最高3000万円最高5000万円
ショッピングガード保険
国内ショッピングガード保険500万円限度
海外ショッピングガード保険100万円限度500万円限度
不正利用補償
紛失・盗難による不正利用1事故500万円限度1事故500万円限度

ちばぎんスーパーカード<デビット>はデビットカードの中では付帯保険がとても多い方です。

海外旅行での保険が手厚く、心配の多い海外旅行へ行くときの不安が少し減るのは嬉しいですね。

また、これらの保険の多くはJCBカードの特典です。
そのため、同等の付帯保険を持つJCBデビットカードも他にありますが、このカードの保険が豊富である点は変わりません。

なお、一般カードで海外/国内旅行傷害保険を利用するには「旅費をちばぎんスーパーカード<デビット>で支払う」という条件があります

このとき、旅費に該当するのはツアー代金や旅行での交通費です。

万一に備えたい場合には、旅費をちばぎんスーパーカード<デビット>で支払っておきましょう。

ちばぎんスーパーカード<デビット>の独特なサービス

次に、ちばぎんスーパーカード<デビット>ならではの他のデビットカードではなかなか見られないサービスに注目していきましょう。

ひとつめは家族カードの発行です。
クレジットカードでは発行可能なことの多い家族カードですが、デビットカードで対応しているのは珍しいです。

ふたつめはATMでの生体認証機能追加です。
キャッシュカード一体型デビットカードで指静脈を利用した生体認証機能を追加できます。

それではひとつずつ詳細を確認していきましょう。

①【家族カード】クレジットカードのように家族カードを発行できる

ちばぎんスーパーカード<デビット>は家族カードを発行することができる珍しいデビットカードです。

家族カードとはデビットカード契約者以外でも使える2枚目、3枚目のカードのことを指します。

家族カード利用者はデビットカード契約者の預金口座のお金を使ってデビット決済することができます。

家族カードにはデビットカードとは別に年会費がかかり、一般カードとゴールドカードでそれぞれ会費が異なります。

家族カードの年会費
一般カード
440円
※初年度無料
※2年目以降も一定条件クリアで無料
ゴールドカード
1100円
※1枚目は無料

一般カードでもゴールドカードでも年会費がかかりますが、一般カードは初年度無料、ゴールドカードは家族カード1枚目までは無料です。

さらに、一般カードの「デビットカード契約者」が年会費無料の条件をクリアしていれば、家族カードの年会費も合わせて無料になります。

一般カード年会費無料の条件(家族カードを発行する場合)

以下のいずれかをクリア

  • デビットカード契約者が満20歳未満である
  • 1年間のデビット利用額がデビットカード契約者・家族カード所持者合わせて12万円以上
  • 携帯電話料金の支払いにちばぎんスーパーカード<デビット>あるいはその家族カードを使っている

年間利用額12万円以上、の条件はデビットカードと家族カードの利用額を合算して計算します。

そのため、家族カードを作ることでデビットカードの年会費を無料にしやすくなるメリットがありますね。

家族カードは、デビットカードでは珍しいですが、クレジットカードではメジャーなサービスです。

クレジットカードを作りにくい専業主婦/主夫でも、家族のクレジットカードで家族カードを作ればクレジット決済ができるようになるためです。

発行のハードルがクレジットカードに比べて低いデビットカードでは、家族カードを発行するメリットは少なくなります。

ただし、2枚目のデビットカードを作るよりは年会費が安いなどのメリットもあるため、場合によっては活用できるでしょう。

家族カードを利用する際は、デビット決済の引き落とし口座が家族カード保有者の口座ではなく、デビットカード契約者の口座になる点に注意しましょう。

②【ATM生体認証機能】ATMでの生体認証機能を無料で付けることができる

千葉銀行ではキャッシュカードに指静脈を使った生体認証機能を追加することができます。

生体認証機能を追加するにはICキャッシュカードが必要であり、発行手数料1100円が必要です。

しかし、ちばぎんスーパーカード<デビット>のキャッシュカード一体型であれば、無料で生体認証機能を追加することができます

キャッシュカード一体型のちばぎんスーパーカード<デビット>には最初からICチップが備わっているためです。

ただし、生体情報を追加するにはカードと下記の必要書類を持って千葉銀行窓口へ行く必要があります。

生体情報追加に必要なもの

  • ちばぎんスーパーカード<デビット>キャッシュカード一体型
  • 引き落とし口座の届出印
  • 本人確認書類(顔写真の入った公的証明書)
    運転免許証やパスポートなど

本来お金のかかるサービスを一体型デビットを使っていれば無料で使えるのが嬉しいですね。

他のJCBデビットとちばぎんスーパーカード<デビット>を比較。年会費のかからないカードも

さて、ここまでちばぎんスーパーカード<デビット>について見てきましたが、年会費1375円はこのカードに見合っているのでしょうか?

他のJCBデビットカードと簡単に比較して考えていきます。

今回、ちばぎんスーパーカード<デビット>と比較するのは「三菱UFJ-JCBデビット」「イオン銀行CASH+DEBIT」です。

それぞれ、三菱UFJ銀行とイオン銀行のJCBデビットカードです。

まずは基本スペックである「年会費」「還元率」から比較していきましょう。

JCBデビットカードの基本スペック比較

年会費
ちばぎんスーパーカード<デビット>
(一般)
1375円
※初年度無料
※年間利用額12万円以上で無料
※20歳未満なら無料
※携帯料金の支払いに利用していれば無料
三菱UFJ-JCBデビット1100円
※初年度無料
※年間利用額10万円以上で次年度無料
※23歳以下なら無料
イオン銀行CASH+DEBIT無料
貯められるポイントと還元率
ちばぎんスーパーカード<デビット>
(一般)
Oki Dokiポイント
還元率0.3~0.5%
三菱UFJ-JCBデビットOki Dokiポイント
還元率0.3~0.5%
イオン銀行CASH+DEBITときめきポイント
WAONポイント
還元率0.5%

基本スペックで比較すると一番良いのは「イオン銀行CASH+DEBIT」
年会費が無条件で無料であり、還元率が0.5%と高めです。

次いで、年会費が安く無料条件も易しい三菱UFJ-JCBデビットが続きます。

ただし、ちばぎんスーパーカード<デビット>との年会費差は275円であるため、残り二つのカードは大差がないと考えても良いでしょう。

では各種特典、付帯機能で比較するとどうでしょうか。
以下のようになります。

JCBデビットカードの特典、付帯機能比較

独自の特典
ちばぎんスーパーカード<デビット>
(一般)
  • ちばぎんパートナー
  • 主に千葉県内で割引やポイントなどの特典

  • ちばぎん ひまわり宣言
  • 千葉銀行やコンビニATM手数料が無料に

    三菱UFJ-JCBデビット特になし
    イオン銀行CASH+DEBIT
  • イオンマーク対象の特典
  • イオングループで割引やポイント特典

  • WAONマーク対象特典
  • 対象店舗でWAONポイント特典など

  • イオン銀行myステージ
  • イオン銀行ATMや他行ATM利用手数料が無料に

  • キャッシュ機能付帯特典
  • 対象取引でWAONポイントプレゼント

    JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典
    ちばぎんスーパーカード<デビット>
    (一般)
    対応
    三菱UFJ-JCBデビット対応
    イオン銀行CASH+DEBIT非対応
    海外/国内旅行傷害保険
    ちばぎんスーパーカード<デビット>
    (一般)
    最高3000万円
    三菱UFJ-JCBデビット最高3000万円
    イオン銀行CASH+DEBITなし
    付帯機能
    ちばぎんスーパーカード<デビット>
    (一般)
  • キャッシュカード一体可
  • 家族カード発行可能
  • 生体認証機能追加可能
  • 三菱UFJ-JCBデビット
  • Google Payに登録可能
  • イオン銀行CASH+DEBIT
  • 電子マネーWAON付帯
  • キャッシュカード付帯
  • デザイン
    ちばぎんスーパーカード<デビット>
    (一般)
    1通り
    三菱UFJ-JCBデビットディズニーデザインなど含め3通り
    イオン銀行CASH+DEBITディズニーデザインなど含め3通り

    特典で比較すると、ちばぎんスーパーカード<デビット>、イオン銀行CASH+DEBITの特典が一際目を引きます。

    それぞれ、千葉県内での特典、イオングループでの特典と住み分けされているので、自分に合っているカードを選べば、おトクに使えるでしょう。

    一方、JCB提供の特典や保険に注目するとちばぎんスーパーカード<デビット>及び三菱UFJ-JCBデビットに軍配が上がります。

    年会費こそかかりますが、保険が豊富なデビットカードを使いたい場合はこれらのカードを選ぶと良いでしょう。

    付帯機能にはそれぞれ良さがあり、優劣を付けることはできません。

    最後にカードデザインですが、ちばぎんスーパーカード<デビット>以外2種のカードではディズニーデザインを選ぶことができます。

    JCBカードはディズニーデザインを出していることが多いのですが、ちばぎんスーパーカード<デビット>にはディズニーデザインがないのです。

    さまざまなデザインの中からカードを選びたい場合、ちばぎんスーパーカード<デビット>は物足りないと言えるでしょう。

    このように比較すると、JCBデビットにはそれぞれ長所短所があることが見えてきます。

    年会費のかからないイオン銀行CASH+DEBITはJCB提供の特典を受けられないため、JCB特典を活用したい場合違うカードを選ぶ必要があります。

    JCB特典を受けられる三菱UFJ-JCBデビットとちばぎんスーパーカード<デビット>は、年会費が大きく変わらずサービスも同程度です。

    そのため、ちばぎんスーパーカード<デビット>の年会費が特別高いということはありません

    自分に合ったカードを選ぶのが良いでしょう。

    まとめ

    ポイント
    • ちばぎんスーパーカード<デビット>は千葉銀行のJCBデビットカード。ゴールドカードやキャッシュカード一体型を選ぶことができ、一般カードでは1375円の、ゴールドカードでは11000円の年会費がかかる。ただし、一般カードの年会費は一定条件クリアで無料になる。
    • JCBデビットでの買い物1000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まる。貯まったポイントは各種商品、商品券などと交換でき、交換比率から計算すると還元率は0.3~0.5%になる。
    • ちばぎんパートナーの店舗で割引やボーナスポイントの特典を受けられる。ちばぎんパートナー店舗は千葉県内に多いため、千葉県内で有利な特典。
    • ちばぎん ひまわり宣言ステージが上がると千葉銀行ATM時間外手数料やコンビニATM利用手数料が無料になる。ちばぎんスーパーカード<デビット>を利用しているとステージが上がりやすくなるが、デビットがなくてもシルバーステージまでなら比較的上がりやすい
    • ちばぎんスーパーカード<デビット>ならJCB提供の各種特典を受けることができる。特典の内容はJCB提携企業でのポイント特典や海外でのポイント倍化、旅行傷害保険など。
    • ちばぎんスーパーカード<デビット>は家族カードを発行できる。年会費は一般で440円、ゴールドで1100円と新しくデビットを作るよりは安い。
    • ATM生体認証機能をキャッシュカード一体型デビットカードに追加できる。利用には千葉銀行窓口での手続きが必要。
    • ちばぎんスーパーカード<デビット>と他のJCBデビットカードを比べると、年会費はやや高いが釣り合うサービスも併せ持っていると言える。自分の使いたい機能に合わせてカードを選ぶことが大事。

    千葉県内で便利なちばぎんスーパーカード<デビット>。
    年会費がかかってしまう可能性があるので、他のカードと見比べながら自分に合ったカードを選んでいきましょう。

    ちばぎんスーパーカード<デビット>(一般)の基本情報

    カード名ちばぎんスーパーカード<デビット>
    申込み資格以下の4点を満たす方

  • 契約時満15歳以上である(中学生を除く)
  • 千葉銀行普通預金口座を有している
  • 千葉銀行営業地域内に住所または勤務先(学校)がある
  • JCBの保証を受けられる
  • 利用可能額1日200万円まで
    ※口座残高を超える場合は利用不可
    審査時間2週間~3週間 
    発行時間2週間程度
    入会金無料
    年会費1375円
    支払い方式即時決済
    担保不要
    保証人不要
    必要書類なし
    ※口座開設には本人確認書類が必要
    金融機関名株式会社千葉銀行
    住所・所在地千葉県千葉市中央区千葉港1-2
    電話番号043-245-1111
    新規お申込はこちらちばぎんスーパーカード<デビット>

    ちばぎんスーパーカード<デビット>(ゴールド)の基本情報

    カード名ちばぎんスーパーカード<デビット>
    申込み資格以下の4点を満たす方

  • 契約時満20歳以上である
  • 千葉銀行普通預金口座を有している
  • 千葉銀行営業地域内に住所または勤務先(学校)がある
  • JCBの保証を受けられる
  • 利用可能額1日200万円まで
    ※口座残高を超える場合は利用不可
    審査時間2週間~3週間 
    発行時間2週間程度
    入会金無料
    年会費11000円
    支払い方式即時決済
    担保不要
    保証人不要
    必要書類なし
    ※口座開設には本人確認書類が必要
    金融機関名株式会社千葉銀行
    住所・所在地千葉県千葉市中央区千葉港1-2
    電話番号043-245-1111
    新規お申込はこちらちばぎんスーパーカード<デビット>
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。