【有名ブラックカードの審査】重要なのは年収より決済額?年収400万円でザ・クラス可決も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【有名ブラックカードの審査】重要なのは年収より決済額?年収400万円でザ・クラス可決も

「どうせ新しくクレジットカードを作るなら、人の目を引くものが欲しい。
自分でもいわゆるブラックカードを作れないかな?」

ブラックカード、特に有名ブランドのインビテーション(招待)制カードともなれば、誰でも取得できるものではありません。
…が、毎年それなりの数の入会者がいらっしゃるのもまた確かです。

そこで今回は、あなたがいわゆる有名「ブラックカード」を取得する条件や、そのために必要な下位カード情報などをまとめました。
読み進めて頂ければ、あなたが今作るべきカードが分かります。

ステータスカードランキング
ラグジュアリーカード
年会費50,000円+税
重く冷たい、金属製のカードが人気。インビテーション無く申し込める。
ダイナースクラブカード
年会費22,000円+税
ステータスカードの代名詞。限度額に一律の制限無し!
アメリカン ・エキスプレス・カード(グリーンカード)
年会費12,000円+税
トップクラスの知名度。世界700以上のVIP空港ラウンジを年会費無料で

ハイステータスなブラックカードの取得に重要なのは年収…ではなく「決済額」?

ハイステータスなブラックカードの取得に重要なのは年収…ではなく「決済額」?

一般に、ゴールド・プラチナカードよりも上位にあたる「ブラックカード」を持っている人と言えば……。
年収が数千万円かそれ以上で、大きな会社の重役やそれに近い身分で…といったイメージが抱かれているだろうと思います。

確かに最も取得難易度が高いとされるアメックス・センチュリオンに関して言えば、そのイメージも遠くはないのかもしれませんが…。

意外と、

といった有名ブラックカードにおいて、年収1000万円以下でインビテーション(招待)を受けられたという方はまったく珍しくありません。
特にJCBでは、ともすれば年収400万円前後から十分に入会を狙えるようです(後に体験談を紹介します)。

そして実際にアンケート調査の回答を見ていると、有名ブラックカードを取得できた方に共通するのは「下位カードの年間決済額が高い(数百万円単位)」こと。

もちろん申込み先によって多少の傾向の違いはあるかと思いますが…。
少なくともJCBやダイナースに関して言えば、ブラックカードを取得する上で重要なのは、年収そのものよりも「普段からそのカードを積極的に利用している」ことのようですね。

つまり上位カードの招待を受けたければ、日常の決済のできる限り多くの部分を、下位カードで行うべきだというわけです。

主なインビテーション制・ハイステータスブラックカードとすぐに作れる下位カード

主なインビテーション制・ハイステータスブラックカードとすぐに作れる下位カード

ここからは、実際の「有名ブラックカード」と、その取得の前提条件となる下位カード(インビテーション不要)を紹介させて頂きましょう。

①JCB THE CLASS/JCBプラチナ・JCBゴールド

国産ブラックカードの代表格として挙げられるのは、やはり「JCB THE CLASS」でしょう。

券面デザインは公式HP上で大きく掲載されていないため、ここでは実際のホルダーの方の提供画像を掲載させて頂きます。

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)
年会費(税込)基本還元率
55,000円
(家族無料)
0.4%
~0.5%相当
国際ブランドETCカード
JCB無料
付帯保険入会条件
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
ゴルファー保険
非公開
主な特典
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
    (プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯)
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 指定レストランのグルメ優待
  • 「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンJCB LOUNGE」の利用 他多数

※ディズニーランドの会員制レストラン「クラブ33」予約特典は終了

5万5000円(税込)という年会費は、ダイナースやアメックスといった海外産のステータスカードに比べれば安価ですね。

トップクラスのステータス性を持つカードであることは間違いないものの、JCBゴールドやプラチナで実績を積んでいれば、年収600万円前後でインビテーションが届く方もいらっしゃいます。
そのネームバリューの割には、意外と現実的に入会を狙えるカードと言えるでしょう。

ちなみにJCBにおける、インビテーション不要のカードの最上位は「JCBプラチナ」ですが…。
「JCBゴールド」会員にも「ザ・クラス」の案内が届くことはある模様。
2つのカードの特性を見比べた上で、申込み先を決めると良いでしょう。

インビテーション不要のJCBカード
JCBプラチナ
JCBプラチナ券面

  • 年会費27,500円
  • コンシェルジュ
  • グルメ優待
  • 「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンJCB LOUNGE」の利用等
JCBゴールド
JCBゴールド券面
  • 年会費11,000円
  • 航空機遅延補償等を含む充実の付帯保険
    (ザ・クラスまで共通) 他

②ダイナースクラブプレミアムカード/ダイナースクラブカード

名だたる外資系クレジットカードのうち、アメックス・センチュリオンよりは現実的な範囲内で取得を狙えるのが「ダイナースクラブ プレミアムカード」です。 券面

▲▼ダイナースクラブ プレミアムカード
年会費(税込)基本還元率
143,000円
(家族無料)
0.3%相当
※非提携カードの場合
国際ブランドETCカード
Diners Club無料
付帯保険入会条件
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
ゴルファー保険
キャンセル補償
交通事故保険
非公開
主な特典
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス
  • TRUST CLUB ワールドエリートカードの無料付帯(※非提携カードに限る)
    ┗国際線利用時の手荷物配送3つ無料等
  • グルメ優待等 その他非公開

非提携カード(ANAダイナース、JALダイナースなどでないもの)であれば、こちらもブラックカード相当の「TRUST CLUB ワールドエリートカード」が無料で付いてくるという特典には少し驚かされますね。

一般カードでさえ十分すぎるステータス性を持っているダイナースクラブの、さらにインビテーション制上位カードとなればよほど取得難易度が高いのだろうと予測されるところですが…。

実際のアンケートなどを見てみると、意外と年収700万円くらいから入会報告が見られます。
普段からダイナースクラブカードを利用しているのであれば、インビテーションも夢ではないかもしれません。

…が、もちろん最上位カードに年14万円以上(マイルが貯まる提携カードであれば17万円~)の価値を見出せるかは、その人次第と言わざるを得ないでしょう。

インビテーション不要のダイナースクラブカード(一部)
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード券面
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率0.3%~
  • 限度額取り決めなし
  • 目安年収500万円~
  • 国内空港ラウンジ
  • 海外空港ラウンジ
  • グルメ優待
  • 正直ステータスカードとしてはこの時点で十分優秀
ANAダイナース
ANAダイナースカード券面
  • 年会費29,700円
  • マイル還元率1%
  • ANAゴールドカード共通特典
    ┗マイル優待、ANA優待など
  • その他の特典はプロパー(非提携)カードに準ずる
  • 上位カードは「ANAダイナースプレミアムカード」
    ┗こちらもインビテーション制
  • JAL、その他航空会社との提携カードあり

③アメックス・センチュリオン/アメックスプラチナ

世界で一番ハイステータスともいわれるカードが「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」ですね。
こちらは券面デザインどころか、存在自体が非公開となっています。

このことからも察せられる通り、取得報告は「ダイナースプレミアム」と比べてもごく僅か。
かろうじて年会費38万5000円、それとは別に55万円の入会金が必要、またホルダーになるには一千万円単位の年収…ではなく「決済額」が求められるということは分かっていますが、多くの方にとってあまり現実的とは言えないカードでしょう。

とは言え「世界最高」のクレジットカードを手に入れたい、そしてそれに見合う経済能力に自信があるという方は、「アメックス・プラチナ」の利用実績を積んでいくことも視野に入るかもしれませんね。

インビテーション不要のアメックス上位カード
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
アメックス・プラチナ券面
  • 年会費143,000円
  • 実質還元率0.3%~
  • 国内空港ラウンジ
  • 海外空港ラウンジ
  • グルメ優待 他

【年会費5万円~】審査に通ればインビテーションなしで作れる2つのブラックカード

【年会費5万円~】審査に通ればインビテーションなしで作れる2つのブラックカード

ここからはステータス性や知名度という意味では先述のカードに届かないものの、「インビテーション不要」で作れるブラックカードについて紹介させて頂きましょう。

①TRUST CLUB ワールドエリートカード

まず挙げさせて頂くのは、Mastercardの最上位グレードにあたる「ワールドエリート」を冠する「TRUST CLUBワールドエリートカード」
発行元は日本国内のダイナースクラブカードと同じく、三井住友トラストクラブ社です。

TRUST CLUB ワールドカード券面

▲▼TRUST CLUB ワールドエリートカード
年会費(税込)基本還元率
143,000円
(家族会員無料)
1%相当~
国際ブランドETCカード
mastercard無料
付帯保険入会条件
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
キャンセル補償
ゴルファー保険
(詳細:公式HP
25歳以上
主な特典

魅力は充実のトラベル優待ですね。Mastercardブランドなので、ダイナースやアメックスよりも多くのお店で利用できるのも嬉しいところです。

★ちなみにこのカード、「ダイナースプレミアムカード(招待制)」に入会できれば無料で追加発行が可能です。

②ラグジュアリーカード

続いて紹介するのは、ダイナースやアメックスと同じく米国発祥…でありながら、日本では「アプラス」社が発行する「ラグジュアリーカード」

名前通りステータス性の高さをウリにしたこのカードも、Mastercardの「ワールドエリート」グレードに当たります。トラベル関連特典が前掲のカードと重なっているのはこのためですね。

ラグジュアリーチタンカード券面

▲チタニウムカード(年会費5.5万円)

ラグジュアリーブラックカード券面

▲ブラックカード(年会費11万円)

ラグジュアリーゴールドカード券面

▲ゴールドカード(年会費22万円)

 

ラグジュアリーカード基本スペック
年会費(税込)基本還元率
55,000円
(チタニウム)
110,000円
(ブラック)
220,000円
(ゴールド)
~2.2%
(チタニウム)
~2.75%
(ブラック)
~3.3%
(ゴールド)
※ポイント交換先によって変動あり
国際ブランドETCカード
mastercard無料
付帯保険入会条件
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
【G】個人賠償責任保険
20歳以上
主な特典
  • すべて金属(チタン)製カードを採用
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス(同伴者1名無料)
  • 国際線利用時の手荷物配送(往路・帰路ともに3個まで)
  • 「ダイニングby招待日和」(指定レストランにて2名以上の利用で1名分無料)
    【B/G】サービス対象のレストランと任意の場所の間のリムジン送迎サービス
  • 【B/G】5つ星ホテル等での限定テイスティングイベント

  • ヘリクルーズ優待
  • ハワイアン航空にてHawaiianMilesのエリート会員ステータス付与
  • 新生銀行特典
  • その他多数の国内外宿泊施設、カフェ・バー、空港・旅行関連サービス等
※【B/G】 …ブラック以上のみ対象
※【G】………ゴールドカードのみ対象
  • 全グレードでチタン製カードを採用
  • ブラックカード以上で利用できる「リムジン送迎サービス」
    (※ラグジュアリーカードの最上位はゴールドカード)

といった、「他のカードとは違う」感はやはり目を引きます。

トラベル関連特典に魅力を感じた方はもちろん、「皆と違うカードを持ちたい」という場合にも、「ラグジュアリーカード」は重要な選択肢となってくれることでしょう。

ラグジュアリーカード(ブラック)
年会費100,000円(+税)ETC
年会費
永年無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 24時間365日対応グローバルコンシェルジュ
  • ポイント還元率は業界最高水準の1.25%
  • ラグジュアリーホテルで会員限定優待など、充実したトラベル優待

【裏技】会員の紹介があれば、いきなりインビテーション制ブラックカードを作れるかも

【裏技】会員の紹介があれば、いきなりインビテーション制ブラックカードを作れるかも

招待制の最上位カードを利用するためには、原則として下位カードで利用実績を積み、カード会社から個別に案内を受ける必要がありますが…。

ここで裏ワザとして挙げられるのが、「既存会員から紹介してもらう」という方法。
この手段は、

  • JCB THE CLASS
  • ダイナースクラブプレミアムカード
    (ただし提携カードは不可)

等で利用できるようですね。

もちろんその後の審査に通過できるかはまた別問題ですが…。

もしもあなたの身の回りに、こういった最上位カードのホルダーがいらっしゃるのであれば、そのコンシェルジュ等を通し紹介をお願いしてみるのも良いかと思います。

証拠付き!完全招待制ブラックカード、審査経験者3名の口コミ体験談

証拠付き!完全招待制ブラックカード、審査経験者3名の口コミ体験談

ここからは、「完全招待制のブラックカード」のインビテーションを受けた方を対象に実施したアンケート調査より、その回答を紹介させて頂きます。

信憑性に乏しい「体験談」や「口コミ」が多く存在する昨今ですので、今回はアンケート回答時に添えて頂いた「カードへの申込みや契約が事実と分かる画像」も一緒に掲載させて頂きました。

①年収400万円で「JCBザ・クラス」を取得できた方の体験談

まず、こちらは貴重な「JCBザ・クラス」ホルダーの体験談ですね。

年収400万円で「JCBザ・クラス」を取得できた方の体験談

▲▼カード保有が確認できる画像とアンケート回答
属性
  • 40代
  • 年収400万円
  • 会社員(20年)
利用可能枠ショッピング350万円
キャッシング 50万円
インビテーション前に利用していたカード
JCBゴールド ザ・プレミア
申込理由
特典でディズニーのクラブ33に入れる事でカードを作りましたが改訂されなくなりました。今はディズニーやユニバのラウンジに入れるのが一番の魅力です。またザクラスは日本に数少ないインビテーションブラックカードなので所持している価値はあるかと
自由な口コミ感想・体験談
年収が不安でしたがJCBの場合下位カードのゴールドカードで実績を積めば、インビテーションもらえます。
カードポイント還元だけの目的ではなく、インビテーションブラックカードの信頼は社会信用となり価値なる一枚として役立つので持っていて損は無いと思います。
さらにこちらは年会費が5万と高いですが、年一度のカタログギフトも頂けますのですごくお得だと思います。
その他
前後してSPGアメックスの審査通過

国内最高峰のステータス性を持つ「JCBザ・クラス」ですが…。
利用実績と信用があれば年収400万円という属性でもインビテーションを受けられるという情報を嬉しく思う方も多いのではないでしょうか。

またサービス面では、やはりディズニーランドやUSJといった、有名テーマパークをフルに楽しめる特典が特筆点となっています。

②「JCBザ・クラス」ホルダー&ダイナースプレムアムからも案内を受けた方の体験談

続いて紹介するのも「JCBザ・クラス」ホルダーの体験談。
またこの方はJCBの他にも、ダイナースプレミアムのインビテーションを受けていたとのことでした。

▲▼カード保有が確認できる画像とアンケート回答

属性
  • 30代
  • 年収1000万円
  • 会社員(5年)
利用可能枠ショッピング100万円
インビテーション前に利用していたカード
JCBゴールド
申込理由
ディズニーランドのクラブ33へ行きたかった(※現在はサービス終了)。ファストパスの特典があったため。
年1回プレゼント(選択)があるため年会費を考えると割安感があった。
難易度が高いブラックカードとインターネット上に記載あり、ステイタスになるとおもった。
自由な口コミ感想・体験談
インビテーションからの申し込みで、スムーズに可決された。コンシェルジュサービスは利用したことない。
その他
その他カードも検討したが、VISAブラックカードは母が保有していたため、必要性を感じなかった。
ダイナースプレミアはインビテーションが来るが、年会費が15万円と高額なため申し込みせず、見送った。

申込理由にはやはりディズニー関連が先頭に来ることが多いようですが、前の方も言及されていた通り、年1回のカタログギフトプレゼントは評判が良いですね。

またこの方は利用可能枠が100万円とブラックカードにしては低額。
これは一見デメリットのようですが、下位カードにあたるゴールドカードの利用可能枠が100万円程度であってもインビテーションを受けられる(可能性がある)と見ることもできるでしょう。

③「楽天ブラックカード」の案内を受けたものの、審査に通れなかった方の体験談

こちらは少し毛色が変わって、「楽天ブラックカードのインビテーションを受けたはいいが、審査に通れなかった」という方の体験談です。

▲▼インビテーションを受けたと確認出来る画像とアンケート回答
属性
  • 30代
  • 年収800万円
  • 会社員(0年)
利用可能枠ショッピング300万円
キャッシング100万円
(楽天カードゴールド)
インビテーション前に利用していたカード
楽天カードゴールド
申込理由
インビテーションが届いて嬉しかったので興味を持ち、ポイント還元で年会費を概ねペイできそうだったので申込みを決めました。
自由な口コミ感想・体験談
借り入れもまったく無く、支払い遅延もしたことが有りませんが審査に落ちてしまいました。
転職したばかりで現在の会社が勤続10ヶ月程度であった事と、直前にポイント目当てで5枚ほどクレジットカードを作っていたのでそれが原因かも知れません。

インビテーションを送ってきたんだから審査で落とさないでくれというのが正直なところですね。

年収の高さ、そして利用可能枠の高さから推測するに「楽天カード」の利用実績も十分だったと推測されますが…。
それでも審査に通過できなかったのには、この方が触れている通りやはり勤続1年未満という点が影響していそうです。

何にせよ、こちらは「インビテーションを受けられたからといって、必ずしも審査に通れるわけではない」と分かる好例だと言えるでしょう。

ブラックカードの審査や取得条件についてのまとめ

年収400万円で「JCBザ・クラス」を取得できた方の体験談

ポイント
  • 招待制の最上位ブラックカード取得において、重要なのは意外と属性そのもの…というより「決済額」
    JCBでもダイナースでも、年収1000万円未満で案内が届いた例は多い
    ┗JCBザ・クラスなら年収400万円での可決例も
  • 「JCBザ・クラス」「ダイナースクラブプレミアムカード」といった招待制カードを利用するには原則として下位カードで利用実績を積む必要がある。
    が、知り合いに会員がいれば紹介で申し込めるかも

プラチナカードを超えるブラックカード、それも有名ブランドの招待制カードとなればその取得難易度は決して低くありません。

…とは言え一昔前のイメージに比べればいくらか入会しやすくなっているようですので、それなりの属性そして支払い能力をお持ちであれば、狙ってみる価値はあるでしょう。

参考:有名ブラックカードを狙うため、申込み先候補となりやすいインビテーション不要カード
JCBゴールド
JCBゴールド券面年11,000円
(家族1名無料)
基本還元率0.5%
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
▶ラウンジ・キー(海外空港ラウンジサービス)付帯
┗ただし利用のたびに32USドルの入場料発生
▶代表的な国産ステータスカード
▶年会費に対して保険内容が充実
▶セブンイレブン、Amazon等でポイント優遇
JCBゴールド
JCB ETCカード券面
年会費11,000円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5%程度
  • 世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジがUS32ドルでご利用可能
  • 最高1億円を補償する付帯保険
  • 国内やハワイの空港ラウンジを無料でご利用可能
  • 安心・丁寧なゴールド会員専用デスク
  • 全国250店舗で飲食代金20%OFF
JCBプラチナ
JCBプラチナ券面年27,500円
(家族1名無料)
基本還元率0.5%
旅行保険最高1億円
航空機遅延保険
▶プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯(海外空港ラウンジ完全無料)
▶コンシェルジュサービス
▶「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンJCB LOUNGE」の利用等
▶セブンイレブン、Amazon等でポイント優遇 他
JCBプラチナ
JCB ETCカード券面
年会費27,500円ETC
年会費
無料
国際
ブランド
JCB還元率0.5%程度
  • プライオリティ・パス、プレステージ会員資格付帯(海外空港ラウンジ完全無料)
  • コンシェルジュサービス
  • 「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンJCB LOUNGE」の利用等
  • セブンイレブン、Amazon等でポイント優遇

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード券面年24,200円
(家族1名無料)
基本還元率0.3%
旅行保険最高1億円
▶独自の提携により海外空港ラウンジ完全無料
▶帰国時、手荷物1個の配送無料
 その他旅行・空港関連の特典が多い
▶年会費を数千円プラスし航空会社提携カードを選べば、高還元や航空会社優待も狙える
(ANAダイナースなど)
ダイナースクラブカード
年会費24,200円
※航空会社提携カードは数千円上乗せ
ETC
年会費
発行手数料、年会費共に無料
国際
ブランド
Diners Club還元率0.3%相当
(通常カード)
2.0%相当~
(航空会社提携カード、航空券取得時)
  • 国内空港ラウンジに加え、独自提携により海外空港ラウンジも無料で利用可能
  • 帰国時の手荷物一個配送無料
  • その他ゴルフ、エンタメ優待など



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。