【オートチャージ】年会費無料Suicaカードはどう選ぶ?ビックカメラ・イオン比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【オートチャージ】年会費無料Suicaカードはどう選ぶ?ビックカメラ・イオン比較

なびお
Suicaのオートチャージのためにクレジットカードを作りたい。
他の場所で使うカードはもう持っているから、年会費無料のものが良いんだけれど……

「年会費無料」「Suica付帯(一体型)」そして「オートチャージ対応」を満たすクレジットカードは複数存在します。
が、使える人の限られる銀行系カードを除外したのなら、申込先はほぼ「ビックカメラSuicaカード」「イオンSuicaカード」の二択となるでしょう。

今回は無料で作れるSuica系クレジットカードについて、それぞれのメリット・デメリットや、あなたに合ったカードの選び方をまとめました。

【管理人】なびこ
読み終えていただければ、無駄なお金を一切掛けず、より便利にSuicaを使う方法が分かります!

年会費無料で使える「オートチャージ対応・Suica付帯カード」には何がある?

意外と「年会費無料の、Suica付きクレジットカード」は多くありません。
ここではそんな貴重なクレジットカードを、簡単に紹介していきます。

①年会費無料のSuica系カード簡易比較

早速、年会費無料(条件付き含む)のSuica系クレジットカードをまとめましたのでご覧ください。

★以下のカードのすべてがSuica一体型(クレジットカードにSuica機能が付いている)、かつオートチャージに対応しています。

★いずれのカードも、定期券の機能を付けることはできません
(=Suica定期券を利用されている場合には、カードを分ける必要がある)
定期券機能を付けられるカードについては、ビューカードの公式HP(PDF)をご覧ください。ただし年会費の発生は避けられません。

▼年会費無料(条件付き含む)のSuica系クレジットカード簡易比較

イオンSuicaカード
イオンSuicaカード券面年会費無料
基本還元率0.5%
(ときめきポイント)
ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード券面477円+税
※初年度無料
※年1回の利用で翌年も無料
0.5%(JREポイント)
+
0.5%(ビックポイント)
スーパーICカードSuica「三菱UFJ-VISA」
三菱UFJ-VISA券面

無料
0.5%
(三菱UFJポイント)
  • 引き落とし先に設定できるのは「三菱UFJ銀行」口座のみ
  • 三菱UFJ銀行のキャッシュカード機能付き
  • ATM利用手数料の優待あり
  • みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
    みずほマイレージクラブカードセゾンSuica無料
    0.5%
    (永久不滅ポイント)
    横浜バンクカードSuica
    横浜バンクカードSuica

    無料
    0.5%前後
    (Vポイント)
    ※「Yahoo!JAPANカードSuica」他、新規入会募集の終了したカードは除外(2018年9月現在)

    とりあえず見つけられた範囲内で、年会費無料、または簡単に無料にできるSuica系クレジットカードは上の5種類
    とは言えご覧の通り銀行系のクレジットカードは引き落とし先口座が限定されるため、利用できる層が限られます。

    また、当該銀行を利用されている場合であっても「イオンSuicaカード」「ビックカメラSuicaカード」の会員特典は見逃せないところ。
    キャッシュカードとクレジットカード(とSuicaカード)と一体化させることにこだわりが無いのなら、新しくクレジットカードを入手することも十分視野に入るでしょう。

    ★500円程度の年会費が発生するものまで含めれば、申込先の幅は広がります。
    有料Suica系クレジットカードについて、詳しくは「JREカードについて」のページをご覧ください。

    ★各銀行キャッシュカードから「Suica」付きクレジットカードへの切り替え方法は、原則

    • 各公式HPからの申し込み
    • 本人確認書類を持って銀行窓口で手続き(カードは後日発送)

    のいずれかとなります。
    キャッシュカードとクレジットカード、Suicaカードを一体化させたい場合には、上記いずれかの方法で手続きをお取りください。

    ②そもそもSuica系クレジットカード取得のメリットって?

    「Suica」機能の付いたクレジットカード=「view」マークの付いたクレジットカードを手に入れると、以下の共通サービスを利用できます。

    【オートチャージ】年会費無料Suicaカードはどう選ぶ?ビックカメラ・イオン比較
    ▲クレジットカードにこのマークが付いていれば、Suicaのオートチャージをはじめとする各種サービスを利用できます。
    (上で紹介したSuica機能付きカードにはすべてviewマークの搭載あり)

  • Suicaのオートチャージ
    (改札通過時に残高が任意の金額を下回っていたとき、自動でチャージ)
  • 「モバイルSuica」の当面無料利用※
    (インターネット上の手動チャージ・残高照会が可能に/viewカードユーザー以外は年会費1,030円)
  • JR東日本駅内設置の「VIEW ALTTE」ATMでクレジットカードを使ったチャージ
  • 他、JR系列ホテルの優待など
  • ※ モバイルSuica について、ガラケー時代の2007年頃から使っていますが、その時から「利用料は当面無料」と言っていたので、おそらくずっとだと思われます。

    Suica系のクレジットカードを1枚持っておくことで、Suicaの使い勝手を大きく向上させられることは間違いありません。
    特にオートチャージ機能は有用で、改札通過時の残高不足をあらかじめ防ぐことができます。

    詳しいサービス内容については、以下の公式HPをご覧ください。

    ビューカード公式HP「Suica・オートチャージ」

    ★オートチャージサービスは、カードの申込み時に設定できます。
    (初期設定だと残高が1,000円を下回ったとき、自動的に3,000円チャージ。入会後に変更可)

    徹底比較!「イオンSuicaカード」VS「ビックカメラSuicaカード」

    ここからは、広い層から申し込める年会費無料の(あるいは年会費を無料にしやすい)2つのSuicaカードについて、詳しく比較していきましょう。

    ①2つのカードの詳細比較

    「イオンSuicaカード」「ビックカメラSuicaカード」の詳細情報は以下の通りです。

    2つの(準)年会費無料Suica系クレジットカードの比較
    イオンSuicaカードビックカメラSuicaカード
    盤面(画像は公式HPより)イオンsuicaカードビックカメラSuicaカード
    年会費完全無料477円+税
    ※初年度無料
    年1回の利用で2年目以降も無料
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    JCB
    VISA
    JCB
    基本ポイント還元率0.5%
    (ときめきポイント)
    0.5%
    (JREポイント)
    +
    0.5%
    (ビックポイント)
    Suicaチャージ時還元率0.5%1.5%
    Suicaオートチャージ
    その他のサービス等
  • イオン系列で還元率1%
  • 毎月10日は還元率1%
  • 毎月20日、30日はイオン系列5%オフ
  • 55歳以上なら毎月15日5%オフ
  • ビックカメラでの還元率10%
  • JREポイントカード機能付き
  • 海外旅行傷害保険死亡・後遺障害最高500万円
    治療費用最高50万円
    疾病治療費用最高50万円
    賠償責任
    携行品損害
    /1旅行
    救援者費用
    国内旅行傷害保険傷害死亡
    後遺障害

    最高1000万円※1

    手術費用

    15,000円
    または30,000円

    入院日額

    3,000円/日
    (8日目~)

    通院日額

    2,000円/日

    ショッピング補償
    (海外・国内)
    ※1 保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金の決済を条件に適用される保険)を指す

    同じくSuica系のクレジットカードと言っても、それ以外のサービス内容はだいぶ異なりますね。
    ただし保険内容は「ビューカード」のノーマルカードで共通となっています。

    ②申込先選びの決め手は「チャージ時還元率」「特典」「年1回の利用の有無」

    さて、気になるのは2つのカードのどちらへ申し込めばよいか、という点ですが……。
    基本的なサービス内容は、「ビックカメラSuicaカード」の方が上といって間違いないかと思います。

    特にSuica関連サービスを目的にカードを選ぶのなら、「チャージ時還元率1.5%」はまず見逃せません。ついでにJR系列のお店が加盟している「JREポイント」(旧Suicaポイント、ビューサンクスポイント等)も貯まるため、アトレやテルミナ等を利用する機会があるのなら、こちらも有用ですね。

    イオン系列のお店は使わないし、確実に年に1回以上はチャージを行う、という場合には「ビックカメラSuicaカード」を選ぶのがおすすめです。

    ビックポイントは1ポイント=1円としてSuicaのチャージに使えるため、ビックカメラを利用する機会が無くても気兼ねなく利用できるかと思います。

    とは言え、普段からイオン系列のお店を利用される場合、あるいは今後年1回のチャージを行うか疑わしい場合などには「イオンSuicaカード」も十分選択肢となるでしょう。

    2つのSuica系カードのメリット比較
    イオンSuicaカード
  • 毎月20日、30日のイオン系列5%オフ
  • 無条件で年会費が無料
  • ビックカメラSuicaカード
  • Suicaチャージ時還元率1.5%
  • 基本還元率も計1.0%と高め
  • 加盟店でJREポイントが貯まる
  • ビックカメラで還元率10%
  • ★ちなみにイオンではSuica決済が可能です。
    (ただしオートチャージは適用外、Suica利用自体にポイント付与なし)

    まとめ

    ポイント
    • 年会費無料の(あるいは無料にしやすい)Suica系クレジットカードは多くない上、支払方法も限られやすい。
      ただし「イオンSuicaカード」「ビックカメラSuicaカード」は例外で、デメリットなくオートチャージ機能や「モバイルSuica」を利用できる
    • 普段からイオングループをよく利用する、または年1回以上カードを使うかどうか分からないのなら「イオンSuicaカード」を選ぶのが良い
    • 上記に当てはまらないのなら、チャージ時還元率1.5%が魅力の「ビックカメラSuicaカード」がおすすめ

    選択肢が少ないこともあって、申込先を選びやすいSuica系クレジットカード。
    独自のメリットを見比べた上で、あなたが有効活用できそうなカードを選びましょう。

    あわせて読みたい
    クレジットカードを「メイン」と「サブ」に分ける意味:Suicaカードの上手な使い方は?
    クレジットカードの審査通過条件とカード受け取りの流れ

    「イオンSuicaカード」「ビックカメラSuicaカード」の基本情報


    カード名イオンSuicaカードビックカメラSuicaカード
    申込み資格18歳以上の方(原則高校生を除く)
    進路の決まった18歳以上の高校生であれば1月から申込み可
    日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。
    (未成年の方は親権者の同意が必要です。)
    ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
    利用可能額非公開非公開
    審査時間最短即日最短30分(店頭申込)
    到着までの目安2週間程度最短1週間(ネット申込)
    入会金無料無料
    年会費無料477円+税
    ※初年度無料
    ※年1回の利用で翌年無料
    支払日毎月10日締め、翌2日払い毎月末締め、翌々月4月払い
    支払い方式一回払い・二回払い・ボーナス一括払い・ボーナス二回払い・リボルビング払い・分割払い1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス一括払い、ボーナス併用払い、リボルビング払い
    分割払い(年率)9.69%~12.42%12%、15%
    リボ払い(年率)15.0%13.2%
    キャッシング(年率)7.8%~18%18%
    遅延損害金(年率)14.6%14.6%
    必要書類本人確認書類本人確認書類
    キャッシュカード
    金融機関名株式会社イオン銀行株式会社ビューカード
    住所・所在地東京都江東区枝川一丁目9番6号 住友不動産豊洲ビル東京都品川区大崎1-5-1
    電話番号0570-071-09003 (6685) 7000
    貸金業登録番号
    (貸金業者でない)
    関東財務局長 (3)第01472号
    新規お申込はこちらイオンSuicaカードの公式サイトビックカメラSuicaカード
    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    SNSでもご購読できます。