JCBカードWとAmazonカードの徹底比較!Amazonをよりおトクに使うには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JCB CARD W

年会費 永年無料 ETC年会費 永年無料
国際ブランド JCB 還元率 1.0%〜7.0%
  • 39歳以下だけが申し込める特別限定のJCBカード!
  • 39歳までに作れば40歳以降もずっと無料で持てる
  • 普段からポイント1.0%還元と一般カードの2倍!
  • よく行くお店でポイントアップが嬉しい!
  • Amazonやセブン・イレブンでポイント2.0%還元
  • スタバでポイント5.5%還元 (カードチャージ)
  • 国内・海外の旅行保険が最高2000万まで補償!
  • ◎家族カード有り

新規入会限定!入会後3ヵ月間はポイント4倍!↓

「普段からよく使っているAmazonを、さらにおトクに使えるカードが欲しい。
Amazonカードを作るのが良さそうだけれど、別のカードでもかなりの優待を受けられるとか…?」

Amazonユーザーにとって一番おトクなカードは「Amazonカード(Amazon Mastercard)」…とは限りません

というのもJCBの、39歳以下の方を対象とした年会費無料カード「JCBカードW」は、Amazonにて実質常時2%の還元を実現。
これにAmazon以外で受けられるサービスを考えれば、「JCBカードW」の方がポイントを貯めやすいと言って差し支えないでしょう。

今回は「Amazonをよりおトクに使う」ことをテーマに、「JCBカードW」や各「Amazonカード」のメリット・デメリット、注意点等を簡単にまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたに合ったカードが分かります。

JCBの高還元カード、「JCBカードW」へ申し込めるのは39歳以下の方のみとなります。あらかじめご了承ください。

※年齢制限はあくまで申込時のものであり、カード取得後に40歳になった場合はそのままご利用いただけます。

【年会費無料】高還元率カードランキング
VIASOカード
年会費無料還元率0.5%〜1.0%
年会費永年無料でネットでオトク、オートキャッシュバックが便利。
JCB CARD W
年会費無料還元率1~7%
セブンイレブン、アマゾンでポイント4倍、スターバックスはポイント6倍!
楽天カード
年会費無料還元率1~3%
ポイントの貯まりやすさピカイチの超人気カード!
三井住友VISAデビュープラス
初年度年会費無料還元率1.0%
安心の三井住友カードブランド+ポイント付与率は通常カードの2倍。

「JCBカードW」と「amazonカード」、amazonでおトクなのは結局どっち?

「JCBカードW」と「amazonカード」、amazonでおトクなのは結局どっち?

その他の部分は置いておいて、「Amazonでのおトクさ」のみを判断基準に各カードを比較すると、その結果は以下のようになります。

状況別、Amazonでお得なカード
あなたの状況 おすすめカード
プライム会員でない JCBカードW
プライム会員、かつ年間Amazon利用額が100万円以下※ JCBカードW
Amazonカード
(クラシック)
※どちらを選んでもおトクさは同じ
プライム会員、かつ年間Amazon利用額が100万円以上※ Amazonカード
(ゴールド)
※リボ払いによる年会費優遇を考慮しないとき

Amazonで年100万円の決済を行う方は多くないでしょうから、多くの方は「JCBカードW」または「Amazonカード(クラシック)」の2つから申込先を選ぶことになるでしょう。

なぜ上のような結果が出たのかは追い追い説明していくとして……。
ここからは各カードの詳細と、もう少し詳しい申込先の選び方について解説していきます。

CHECK JCBカードWのメリット・デメリット
CHECK Amazonカード(クラシック)のメリット・デメリット

プライム加入者ならおトクさは同じ…2つのカードの比較と選び方

プライム加入者ならおトクさは同じ…2つのカードの比較と選び方

前掲の通り、あなたが「Amazon Prime」会員であるなら、以下2つのカードの間で「Amazonでのおトクさ」は変わりません

各カードの還元率比較
基本還元率 Amazonでの還元率
JCBカードW 1.0%※ 2.0%※
Amazon
クラシック
(一般)
1.0% 1.5%
Amazon
クラシック
(プライム)
1.0% 2.0%
※ポイントをnanaco等へ交換するとき

そのため、カード選びの決め手となるのは「Amazonに関連しない部分のサービス」となるでしょう。

ちなみにあなたがプライム会員でなく、今後も加入する予定が無いのなら、無条件で「JCBカードW」の方が高還元となります。

①優待内容やポイント交換のことを考えると、2つのカードは一長一短

結論から言うと、「JCBカードW」「Amazonカード(クラシック)」はそれぞれ一長一短であり、どちらが優れていると一概には言えません。

JCBカードWとAmazonカードの比較
JCBカードWの特徴
  • セブンイレブン、昭和シェル等でもポイント優遇
  • 海外旅行保険
  • 実績を積むことでステータスカードとして有名なJCBの上位カード取得も狙える
  • Amazonでのポイント優遇にはその都度、「JCB ORIGINAL SERIES」のページを経由する必要がある
  • ポイント利用には交換手続きが必要
  • 高レートでの交換先は「nanaco」等に限られる
Amazonカード(クラシック)の特徴
  • 貯めたポイントはそのままAmazonで1ポイント=1円として使える
  • 40代以上でも入会可
  • Amazon以外での優待は無い
  • 年1回以上の利用が無いと年会費が掛かる

特徴をごく簡単にまとめてしまうと、

  • JCBカードW
     …ポイント優遇や交換の手間が掛かるが、セブンイレブン等でもおトクになる分、汎用性が高い
  • Amazonカード(クラシック)
     …とにかく手軽に、おトクにAmazonを利用したいならこちら

といったところでしょうか。

申込先は、
  • 貯めたポイントの交換を面倒と思うか
  • Amazonでの買物の際、忘れずに「JCB ORIGINAL SERIES」サイトを経由できるか
  • セブンイレブン、その他JCBの優待店を利用する機会が多いか
  • 今後、JCB系のステータスカードが欲しいか

…といった点を踏まえて選択することとなりそうです。

<要するに…>
Amazon以外で使ってもおトクなカードがほしい →JCBカードWがおすすめ!
とにかくAmazonを、手間なくおトクに使いたい →Amazonカード
(クラシック)がおすすめ!

②「JCBカードW」のメリット・デメリット

ここからは、Amazonで2%の還元を受けられる2つのカードについて、個別に解説を加えていきます。

まずお話しさせて頂くのは「JCBカードW」。こちらは言わずと知れた大手カード会社「JCB」が取り扱う、39歳以下の方を対象とした高還元カードですね。

年会費 基本還元率
無料 1.0%
※「Oki Dokiポイント」をnanaco等へ交換するとき
国際ブランド ETCカード
JCB

年会費、発行手数料ともに無料
付帯保険 申込条件
海外旅行保険
(利用付帯)
  • 18歳~39歳
  • 本人または配偶者に収入があるか、学生である
その他
  • 付与ポイントは「Oki Dokiポイント」。
    (1ポイント5円相当を、1,000円につき2ポイント付与/通常のJCBカードの2倍)
    高レートでの交換先は「nanaco」等に限定されるため注意
  • Amazonでポイント優待を受けるには「JCB ORIGINAL SERIES」のページを経由する必要あり
  • JCBプロパーカードなので、今後上位カードを狙いたい場合にも有効か
  • セブンイレブン、ノジマ、スターバックス等の提携店でもポイント優待あり
  • 申込時に39歳以下なら、40歳になっても利用可能
  • 女性向けの「JCBカードW plusL」も選択可(還元率等に違い無し)

「JCBカードW」は申込層が限られていることもあって、大手カード会社のプロパーカード(非提携カード)の中では別格の好条件
(通常プロパーカードの還元率は0.5%前後)

Amazonのみならず、セブンイレブン、スターバックス等でも優遇を受けられますので、普段使いのカードとしてもピッタリでしょう。

JCBカードWのポイント優遇
Amazon
セブンイレブン
実質2%
※公式HP記載では+3倍
うち1倍はJCBカードW自体の特性によるもの
スターバックス 実質5.5%
昭和シェル 実質1.5%
その他のお店等 公式HP参照

ただし注意が必要なのが、そのポイントの交換先。
「JCBカードW」では1,000円につき「2<Oki Dokiポイント>」を獲得できますが……。
これを「1ポイント5円相当」として交換できる対象は決して多くありません。

OkiDokiポイントの交換レート
1ポイント
=5円相当で交換
1ポイント
=4円相当で交換
  • dポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • Pontaポイント 他

「基本還元率1%」「Amazonでの実質還元率2%」を守るためには、Oki dokiポイントの交換先が「nanacoポイント」(またはJCBプレモカードへのチャージ)に限られます。この点についてはあらかじめ知っておく必要があるでしょう。

また、Amazonはじめとするインターネットショッピングでポイント優遇を受けるためには、「JCB ORIGINAL SERIES」(またはOki Dokiランド)というページを経由し買物を行う必要があります。

これを忘れると優遇分のポイントは獲得できません。これは無条件でポイント優遇を受けられる「Amazonカード」と比べたデメリットと言って良いでしょう。

<Oki Dokiポイント交換先についての備考>
あなたがANAやJAL、デルタ航空等を利用する機会があるのなら、Oki Dokiポイントを各マイルに交換するのも良いでしょう。

交換レートは1ポイント→3マイルと一見あまり良くありませんが、航空会社のマイルは1マイル2円以上の価値を持つことが珍しくありません(航空券への交換を前提とするとき)。
この場合、実質還元率は1%を超えることとなりますね。

……とは言え定期的に飛行機を利用するのであれば、多くの場合で航空会社の提携カード(ANAカード等)を使った方が効率的でしょう。

<その他の留意点>
JCBカードWは、「一般的なJCBカードに対し、常時2倍のポイント還元を受けられる」カードとされています。
そのため「JCB ORIGINAL SERIES」等で「ポイント2倍」とされているお店(ビックカメラ等)を利用しても、通常分のポイントしか獲得することができません

JCBカードWでポイント優遇を受けられるのは、「ポイント3倍」あるいはそれ以上の記載のある店舗(セブンイレブン等)のみとなります。

③「Amazonカード(クラシック)」のメリット・デメリット

何かと注意点が多い「JCBカードW」に対し、ごくシンプルな性質を持つのが「Amazonカード」
特にこのクラシックカード(一般カード)は、Amazonの利用に特化しているという意味で分かりやすいですね。

年会費 基本還元率
1,375円
※初年度無料
※年1回の利用で翌年も無料
1.0%
(Amazonポイント)
国際ブランド ETCカード
Mastercard

年会費550円
※初年度無料
※年1回の利用で翌年も無料
付帯保険 申込条件
なし
  • 18歳以上(高校生除く)
その他
  • Amazonでの還元率は以下の通り。
    • プライム会員…2.0%
    • それ以外  …1.5%
  • 発行元は三井住友カード社
  • Amazon以外での優待は特になし
「JCBカードW」と比べた利点は、
  • どこで使ってもAmazonポイントが貯まる 
    ポイント交換の手間も不要
  • Amazonにて、Amazonカードを使い決済すれば自動的に優待を受けられる(指定のリンクなどを踏む必要が無い)

といったところ。
とにかく面倒なくAmazonで優待を受けたいのなら、こちらのカードの方が向いています。

……とは言えAmazon以外の場所での優遇は(発行元の三井住友カードが何かしらのキャンペーンを行っている場合などを除き)特にありません

基本還元率は高めですが、Amazon専用のサブカードと割り切って使うというのも一考です。

ゴールドカードは付帯保険や空港ラウンジサービスを重視する場合に選びたい

ゴールドカードは付帯保険や空港ラウンジサービスを重視する場合に選びたい

Amazonカードには、クラシック(一般)カードの他にゴールドカードが用意されています。

先述の通り、「おトクさ」だけを理由に申込先を選ぶ場合、年会費11,000円が掛かるゴールドカードは候補に入りづらいもの。

  • Amazonでの還元率2.5%
  • プライム会員資格の自動付帯
    (=プライム年会費4,900円が浮く)

…と考えれば十分に優秀ではあるものの、JCBカードWの還元が優秀なこともあり、年会費分の差を埋めるためには実にAmazonで年100万円の決済が必要となってしまいます。

計算過程を見たい場合はこちら(クリック/タップで開きます)
  1. Amazon primeの年会費は4,900円。
    prime加入を前提とすると、Amazonゴールドの年会費は実質6,100円と言える。
    (11,000-4,900=6,100)
  2. WEB明細の利用で2年目から年会費1,100円割引。
    →1,2より、Amazonゴールドの年会費は実質5,000円(2年目~)。
  3. AmazonゴールドとJCBカードWの、amazonにおける還元率差は0.5%。
    年5,000円分の差を埋めるためには
    5,000÷0.005=100万円の決済が必要。
    →よって単純な「おトクさ」で言うなら、年100万円以上Amazonを利用しない限り、JCBカードWの方が優秀

とは言えこちらのカードには、JCBカードW(あるいはAmazonクラシック)に無い

  • 国内空港ラウンジサービス
  • 国内旅行保険、ショッピング保険

が付いていますので、これらに魅力を感じるのであればそのまま「Amazonカードゴールド」へ申込を決めても良いでしょう。

…これは逆に言うと、ゴールドカード独自の特典を必要としないなら、「JCBカードW」またはクラシックカードで十分、ということでもあります。

Amazon Mastercard(ゴールド)
年会費 基本還元率
11,000円 1.0%
(Amazonポイント)
国際ブランド ETCカード
Mastercard

年会費550円
※初年度無料
※年1回の利用で翌年も無料
付帯保険 申込条件
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
  • 20歳以上
  • 収入がある
その他
  • Amazonでの還元率、常時2.5%
  • プライム会員資格付帯
  • 以下の条件で年会費引下げ
    • WEB明細利用 ▼1,100円
      (適用は2年目から)
    • マイ・ペイすリボ選択 ▼5,500円
  • 空港ラウンジサービス
マイ・ペイすリボによる年会費優遇について

Amazonカードゴールドでは、「マイ・ペイすリボ」(自動リボ払いコース)の選択により5,500円の年会費優遇を受けられます。
これに「プライム会員資格付帯」「WEB明細利用による優遇」を加えれば、JCBカードWより結果的におトクとなることはまったく珍しくありませんが……。

三井住友カード社は「2021年2月の年会費支払い分」より、年会費優遇の条件を変更。
今までは単に「マイ・ペイすリボを選択」していれば年会費優遇を受けられたものですが、これからは「入会(または前回の年会費支払い)~今回の年会費支払いの間に、1度以上、リボ手数料の支払い」を行わなければ年会費優遇を受けられなくなっています。

参考三井住友カード公式HP「<マイ・ペイすリボ>年会費優遇特典条件改定のお知らせ」

もちろんご自身で「年に1度、最小限のリボ払い手数料を発生させる」ことを忘れず実行できるテクニックがあるのなら、これを目的にゴールドカードを選んでも良いのですが……。

リボ払いの仕組みがいまいちよく分からない、という場合、この優遇条件は「無いもの」と考えておくのが無難でしょう。下手に手を出すと、優遇分以上の手数料が発生することにもなりかねません。

まとめ

まとめ

3つのカードの簡易比較
JCBカードW
  • 年会費無料
  • 基本還元率1%
  • Amazon還元率2.0%
  • 39歳以下限定
  • セブンイレブン等でも優遇あり
  • Amazon優遇には指定ページの経由が必要
  • 高レートでの交換先はnanaco等に限定される
  • Amazonカードクラシック
  • 年会費原則無料
    (年1度以上の利用時)
  • 基本還元率1%
  • Amazon還元率2.0%
    (プライム会員の場合)
  • 決済に応じてAmazonポイントが貯まるので、交換などの必要がない
  • その他の優遇は特にない
  • Amazonカードゴールド
  • 年会費11,000円
    (Web明細等で優遇有)
  • 基本還元率1%
  • Amazon還元率2.5%
  • プライム会員資格付帯
  • 付帯保険や空港ラウンジサービスを重視したい場合向き
  • 他のカードよりおトクに使いたいならリボ払いについての十分な知識、あるいは年100万円以上のAmazon利用が必要
  • 3つのカードの中で、単に「おトクさ」のみを比べたならば、セブンイレブン等でも優待を受けられる「JCBカードW」が優勢。

    とは言え

    • 貯めたポイントの交換先が限定的
    • Amazonでの優遇には指定リンクの経由が必要

    といった懸念が無いわけではありません。

    結局のところどのカードを選ぶべきかはその人次第ですので、各メリット・デメリットを見比べた上で、あなたに合った申込先を選択してみてくださいね。

    JCB CARD Wの基本情報

    カード名 JCB CARD W
    申込み資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
    提携カード 無し
    利用可能額 10万円~100万円
    審査時間 最短即日
    到着までの目安 1週間程度
    入会金 無料
    年会費 無料
    支払日 毎月15日締め
    翌10日払い
    支払い方式 1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、リボ払い、分割払い、スキップ払い
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 本人確認書類
    金融機関名 株式会社ジェーシービー(JCB Co., Ltd.)
    住所・所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
    電話番号 0120-015-870
    (入会専用ダイヤル)
    携帯:0570-015-870
    貸金業登録番号 関東財務局長 (12)第00183号
    新規お申込はこちら >>> JCB CARD W
    JCB CARD W

    年会費 永年無料 ETC年会費 永年無料
    国際ブランド JCB 還元率 1.0%〜7.0%
    • 39歳以下だけが申し込める特別限定のJCBカード!
    • 39歳までに作れば40歳以降もずっと無料で持てる
    • 普段からポイント1.0%還元と一般カードの2倍!
    • よく行くお店でポイントアップが嬉しい!
    • Amazonやセブン・イレブンでポイント2.0%還元
    • スタバでポイント5.5%還元 (カードチャージ)
    • 国内・海外の旅行保険が最高2000万まで補償!
    • ◎家族カード有り

    新規入会限定!入会後3ヵ月間はポイント4倍!↓

    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。