楽天デビットカードは年会費0円! JCBブランドがオトクな理由。ポイントは貯まるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


楽天デビットカードならJCBがおすすめなワケ

楽天デビットカードはご存知でしょうか?

そもそも「デビットカード」は、クレジットカードとは違い、口座から直接お金が引き落としになるため、使い過ぎの心配がないカードです。お財布に現金をあまり入れておきたくないかたにはうってつけですね。

銀行口座さえ持っていれば審査が不要なので、15歳から作ることも可能で(※楽天デビットカードは16歳から)、レジ横に「VISA」とか「JCB」とかのマークがあるお店ならクレジットカード同様に使えます

中でも楽天デビットカードは年会費無料なのに楽天のクレジットカードと同様にカード利用100円ごとに1ポイント(1円相当)が貯まりますので、特に人気が高いです。

ここでは、ざっくりと「デビットカードのメリット」を。そして「楽天デビットカード」のメリットや使い方、デメリットを
徹底解析していきます。

この記事でわかること< ★ デビットカードとは?
★ 楽天デビットカードのメリット・デメリット
★ 楽天デビットカードは、他のデビットカードよりおトクなのか?
★ なぜ楽天デビットカードはJCBブランドを選ぶべきなのか

【年会費無料】高還元率カードランキング
VIASOカード
年会費無料還元率0.5%〜1.0%
年会費永年無料でネットでオトク、オートキャッシュバックが便利。
JCB CARD W
年会費無料還元率1~7%
セブンイレブン、アマゾンでポイント4倍、スターバックスはポイント6倍!
楽天カード
年会費無料還元率1~3%
ポイントの貯まりやすさピカイチの超人気カード!
三井住友VISAデビュープラス
初年度年会費無料還元率1.0%
安心の三井住友カードブランド+ポイント付与率は通常カードの2倍。

そもそもデビットカードとは?

デビットカードとクレジットカードの違い

10秒で説明「デビットカードとクレジットカードの違い」

デビットカード クレジットカード
支払い方法 都度払い 後払い
支払い回数 1回払いのみ
(リボ・分割などは不可)
1回払い、2回払い、分割払い・リボ払い・ボーナス払い
利用可能額 預金口座の残高および利用限度額の範囲内 利用限度額の範囲内(審査の結果による)
キャッシング ×
特典 キャッシュバック(楽天デビットカードなどはクレカと同様のポイント付与) ポイント付与

このようにデビットカードとクレジットカードにはさまざまな違いがあることがわかります。

デビットカードは支払いの都度、口座から直接、利用額が随時引落しされるため、使い過ぎにならないのがポイント(借金にならない)。

それではデビットカードの使い方についても説明していきます。

デビットカードの使い方解説

デビットカードの使い方は簡単。ほぼクレジットカードを使うのと同じ要領です。(ただし、支払い方法は、一括のみとなります)

ネットショッピングでも、一部のシステム機能を除き、クレジットカードで決済する要領で使えます(「クレジットカードで決済する」を選んで、クレジットカード用のフォームに同じように記入するだけ)

その場合、公共料金のネット振込みでも利用可能です。

もちろん一般の店舗でも使えます。
クレジットカードが使えるVISA加盟店やJCB加盟店なら、デビットカードにも対応しているため、カードを渡すだけで自動的に口座残高から利用金額のぶんだけ引き落としになります。(コンビニでも使えます。預金残高が不足している時は、すぐその場でわかるので利用不可と言われます)

ただし、デビットカードには

(1)J-Debit発行のデビットカード
(2)VISAやJCBなどのクレジットカードの国際ブランドと提携しているデビットカード

の2種類あり、(1)のJ-Debit発行のデビットカードだと使える場所が限られてしまいます。

このページで紹介する「楽天デビットカード」は(2)に相当いたします。

デビットカードは海外で使えるの?

VISAやJCBなど、クレジットカードの国際ブランドマークがついたデビットカードなら海外旅行の時でも使えます。

【お買い物で使う場合】
クレジットカードと同じように、国際ブランドのマークを確認してから、「カードで」「一括払いで」と言って決済してください。決済と同時に、その時点の為替レートで換算された金額が、ご自分の銀行口座、銀行預金から瞬時に引き落とされます。

【海外ATMで現地の通貨を引出す場合】
クレジットカードでATMからキャッシングする時と同じ操作で現地通貨を引落してください。

※ただし、クレジットカードのような利息はつきません。
※銀行キャッシュカードとは別の、デビットカード専用の暗証番号が必要です。
※ATM手数料も基本的にはかかりません。

楽天デビットカードのメリット

楽天デビットカードのメリット

それでは、デビットカードの中でも特に人気の高い「楽天デビットカード」について、他のデビットカードと比べた場合のメリット・デメリット、そして、クレジットカードと比べた場合のメリット&デメリットをご説明いたします。

楽天が発行。だからオススメできないわけがない

誰もが一度は聞いたことのある「楽天」。楽天カード(クレジットカード)は今もなお年間日本一の発行枚数を誇り、ポイント還元率も高いです。

同様に、楽天デビットカードも(JCBに限って言えば)年会費も無料。しかも楽天のクレジットカードと同様に「楽天スーパーポイント」が付与されます。

ポイントは、楽天市場はもちろんのこと、楽天BEAUTYや楽天トラベルでも利用できます。クレジットカード利用で獲得した利用ポイントや、楽天ポイントカードを使って街の一般店舗で獲得したポイントと合算もできます。つまり「ポイント優待デー」なども含め、楽天のポイントサービスがすべて使えるわけです。

獲得ポイント(楽天スーパーポイント)は、楽天市場にログインすれば一目瞭然。貯まったポイントは、その場で瞬時に楽天市場のショッピングとして利用できます。

楽天デビットカードのポイント還元率は?

気になるポイント還元率は、年会費無料の楽天デビットカード「JCBブランド」の場合、楽天カード(クレジットカード)と同じ、1000円で10ポイント(10円相当)。還元率は1%で「楽天カード」と同じ。←ダントツにおトク

年会費が1,029円(税込)かかる楽天デビットカード「VISAブランド」の場合、還元率は1000円で2ポイント(2円相当)。還元率は0.2%に下がります。

さらに、年会費が3,086円(税込)かかる楽天デビットカード「VISAゴールド」というものもありますが、この場合、還元率は100円で5ポイント(5円相当)。還元率は0.5%です。

獲得した楽天スーパーポイントの有効期限は1年間。しかしその1年の間に一度でもポイントを利用すればまた有効期限が1年間伸びますので、実質的にポイント失効の可能性はかなり低いと言えます。

利用者が年々増加して注目度も高いデビットカードですが、ポイント還元率はクレジットカードに比べて圧倒的に低く、他のデビットカードだと0.2%~0.5%のところがほとんどです。

その点、楽天デビットカード、特にJCBの場合はポイント還元の面でダントツに有利だといえます。

作り方は簡単!楽天銀行の口座を開設するだけ

では、楽天デビットカードを作るにはどうしたらいいかというと…

楽天銀行のネット銀行口座を作るだけ!
(楽天銀行口座を持ってる人は、カードの申し込みをするだけ)

クレジットカードと違って、「審査」はありません。とても簡単ですね。

口座の開設はネットで申し込みができ、約10日ほどでデビットカードが届きます。
このときに口座の番号等の書類も同封されてきますので、設定をすればスマートフォンのアプリからも残高を見たり振り込み等ができるようになります。

申し込みの条件は「16歳以上」それだけです。

支払い方法は一括のみだから安心

楽天デビットカードの支払い方法は一括のみです。

口座から即時に引き落とされるので、使い過ぎの心配がありません。
「あといくらお金が残っているか(残高)」も一目瞭然なので安心です。

ただし、口座にお金を入れておかないと「残高不足」として使えないので注意が必要です。

楽天デビットカードは入会審査がない! 発行期間は?

本人確認書類等を送り、銀行口座の開設までに5日~6日かかり、カードが手元に届くまでには4日ほどかかるため、約10日くらいをみておくといいでしょう。

もちろん発行手数料は無料

ネットでの申し込みの方が発行までの期間が短くなりますのでおすすめです。

しかも楽天デビットカードは、クレジットカードのような「ローン」の一種ではなく、銀行口座からお金を引き出されるだけなので、審査は不要。
なので、楽天デビットカードの場合は楽天銀行の口座さえあれば、16歳から作ることができます。

本人認証サービス「J/Secure」で安心して利用が可能

「J/Secure」とは、インターネットショッピングをする際にJCBカード発行会社にあらかじめ登録したパスワードを入力することにより、本人認証を行うサービスのことです。

第三者からの不正利用を防げるサービスなので安心して利用できますね。

設定はネットから簡単にできるので、不正使用を防ぐためにも設定しておくことをお勧めします。

新規入会時に、1,000円相当のポイントがもらえる

国際ブランドがJCBの楽天デビットカードに申し込むと今なら1000円分のポイントをプレゼントしています。(※)

エントリーと新規申し込みをするだけ!オトクにポイントをGETしましょう!

※翌月末までに合計3,500円以上ご利用でもれなく1,000ポイントプレゼントとなっています。

楽天デビットカードのデメリット

楽天デビットカードのデメリット

楽天銀行を開設しなくてはならない

楽天カードなどの「クレジットカード」と比べた場合、大きく違うのは

・瞬時に決済
・引き落とし銀行が選べない(口座開設の必要あり)
・審査がない
・キャッシングできない

の4つでしょう。
このうち、2番めの「引き落とし銀行が選べない」に関しては、新たに楽天銀行の口座を作る必要があるため、普段からネットバンクを利用しない方には面倒に感じられてしまうかもしれません。

使わない口座を開設しても仕方ないですし、楽天銀行にいちいちお金を入れるとなると利用手数料がかかるのが難点です。(振込手数料、出入金手数料など)

ただし、ハッピープログラムというサービスで、月に2回までは引き出し手数料無料等のサービスがあります。(※ハッピープログラムのステージによって回数は異なります)

ハッピープログラムが利用上限に達すると入金、引き出し共に270円の手数料がかかってしまいます。

三菱UFJ銀行やみずほ銀行のように、楽天銀行の店舗が街中にあればいいのですが…。そこがこのカードで最大のデメリットかもしれません。

電子マネーチャージがポイント付与の対象外

楽天デビットカードも、楽天カード(クレジットカード)と同じように、楽天edyとnanacoにチャージすることが可能です(楽天edyへのチャージはVISAブランドのみ。nanacoチャージはどちらも可)。

しかし、クレジットカードの場合、電子マネーやプリペイドカードへのチャージでポイントがもらえるカードが多いのですが、楽天デビットカードでは、ポイント付与の対象外となってしまいます。(ちなみに楽天カードでも電子マネーへのチャージでのポイント付与は停止となってます)

電子マネーへのチャージでポイントがつくデビットカードは今のところありません。

楽天デビットカードなら「JCBが断然オトク」な理由

JCBが断然オトクな理由

100円使うと1ポイント(1円相当)もらえる

楽天デビットカードではデビットカード利用100円ごとに1ポイントもらえます。

これは国際ブランドはJCBに限られたサービスなので、楽天デビットカードを作る際にはJCBブランドにするのが断然おススメです。

しかもポイントは1ポイント1円として使えます。

JCBのポイント還元率をVISA&Masterと比べると…

JCBブランドの場合は100円ごとに1ポイントと、デビットカードの中ではダントツにポイント還元率がいいです。
それに対してVISAは1000円の利用で2ポイントとかなり還元率が悪いです。(100円で2ポイントではありません。千円で2ポイント。還元率は0.2%です)

ちなみに、VISAゴールドの場合は1000円の利用で5ポイント(還元率0.5%)と、少しだけ還元率はUPいたしますが、そもそも年会費が3,086円(税込)かかってしまいます。

楽天デビットカードを作るなら国際ブランドはJCBで決まり!ですね。ほとんどの方がJCBに申込んでいます。

JCBは年会費がタダ!ではVISAとMasterは?

楽天デビットカードは国際ブランドがJCBとVISAの二種類があります。

JCBは年会費がタダですが、VISAは1,029円かかってしまいます。

VISAゴールドの場合は、年会費が

おまけにVISAはポイント還元率も悪いので、楽天デビットカードはJCBがオトクといえます。

楽天デビットカードのまとめ

他のデビットカードと楽天デビットカードを比べた場合のメリットを挙げていくと…

(1)JCBブランドだと年会費が無料(VISAは年会費がかかる)

(2)しかもJCBブランドの楽天デビットカードだと、ポイント還元率が楽天カードと同じ1%なのでオトク!(VISAは0.2~0.5%)

(3)「J/Secure」で第三者からの不正利用が防げる!

(4)楽天銀行の口座開設はネットから簡単にできる。

(5)審査がない。16歳以上なら誰でも作れる。(ネットでの利用も可能)

デメリットは…

(1)楽天銀行の口座が必要で、楽天銀行は出入金にも手数料がかかる

(2)電子マネーではポイント付与対象外

このようになっていますが、(2)のデメリットは他のデビットカードやほとんどのクレジットカードで同じです。

JCBの楽天デビットカードはポイント還元率クレジットカードと変わらず、年会費も無料なので、作っておいても損はないでしょう。

楽天デビットカードの詳細

申込み資格 満16歳以上
国際ブランド JCB、VISA
利用可能枠(ショッピング枠) 口座の残高から即時引き落とし
審査時間
発行時間(到着日) 約10日
入会金 無料
年会費 VISAのみ1029円
支払い方式 一括のみ
分割払い(年率) なし
リボ払い(年率) なし
キャッシング(年率) なし
遅延損害金(年率) なし
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか

楽天銀行株式会社の詳細

金融機関名 楽天銀行株式会社
住所・所在地 〒158-0094 東京都世田谷区玉川1-14-1
楽天クリムゾンハウス
電話番号 0120-691-021
貸金業登録番号


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。