dカードのメリットとデメリットを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事で分かること

  • dカードとは何か?
  • dポイントの特徴とポイントの貯まり方
  • dカードのメリットとデメリットは何か?

あまり知られていませんがdカードは還元率1.0%高還元カードです。
超人気の楽天カードオリコカードと同じ還元率ですね。
実はこのdカード、ドコモで発行していた「DCMX」というカードにdポイントカードの機能が追加されたものなんですが、それとともに入会する人がぐんぐん増えている人気カードなんです。

こんなに人気がありながらも
「dポイントはどこで貯まるのか?」
「どんな点がお得なのか?」
「ドコモ利用者だけしか作れない?」

…といったくわしい情報についてはまだまだ知られていないのが現実です。

本記事では、このdカードのメリットとデメリットを徹底解説いたします!

dカード
dカードETCカード券面
年会費永年無料ETC
年会費
実質無料
国際
ブランド
還元率1.0%
  • 年会費は永年無料
  • ローソン利用は5.0%もおトク!
  • ポイントの使い道が多い。「iDキャッシュバック」がおすすめ
  • ◎家族カード有り

また、dカード GOLD(ゴールドカード) との比較dポイントについても説明していきますね!

dカードとは?

dカードを発行しているNTTドコモ

dカードはNTTドコモが発行するクレジットカードです。以前はDCMXという名前のカードでしたが、2015年11月からdカードに名前が変わりました。

dカードになってから電子マネーiD(アイディー)と、dポイントカード機能が搭載されカード一体型になりユーザーにとって更に便利に!

また、ポイントプログラム(dポイントクラブ)のサービスも大幅に変わり、「ドコモポイント」は「dポイント」に名前を変え、100円毎に1ポイント付与になるなど、ポイントがより貯まりやすく使いやすいカードに進化しました。

dカードは何種類ある?

dカードと名前が付いているものにはたくさん種類があります。

その中でクレジットカードは…

・dカード(一般カード)
dカード GOLD(ゴールドカード)
 どちらもおサイフケータイ利用可能!

この2種類です。

また、dカードにはクレジットカード以外にも種類があります。

・dカード mini
→電子マネーiDがスマホで簡単に使えるサービス。ドコモのおサイフケータイ搭載機種で利用可能。

・dカード プリペイド
→Mastercard加盟店、またはiD加盟店で利用できるプリペイドカード。

・dポイントカード
→dポイント加盟店にてカード提示(見せるだけ)でdポイントが貯まり、貯まったポイントを利用することも可能。

dポイント加盟店でdポイントが貯まるdポイントカード

後払いできて便利な電子マネーiD

余談ですが、dカードに搭載されている電子マネー「iD」についても少しだけ解説しておきますね。

iDとは、NTTドコモが運営する後払い方式の電子マネーです。
支払いはiDを介してクレジットカードで決済する仕組みです。

楽天Edyやnanacoといった一般的な電子マネーはあらかじめ入金して、入金した分しか利用できませんが、クレジット決済を利用するiDの場合は、残高を気にせずスピーディーに支払いができます。

また、クレジット決済となるにもかかわらずサインをしたり暗証番号を入力する必要がないという特徴があります。

dカード・dカード GOLDを比較!

dカードのクレジットカードは「dカード」と「dカード GOLD」の2種類です。
それぞれ特徴が異なり、結局どちらが自分にとってお得なのか分からない人も多いはず。

まずは下記の項目でざっとチェックした後で、ご自身に合ったdカードの詳細を見ることをオススメします。

★年会費無料がいいなら…
→年会費永年無料のdカード

★基本的なクレカ機能があれば十分なら…
→気軽に作れてベーシックな機能が付いたdカード

★国内外ともに旅行や出張に行く機会が多いなら…
→国内・ハワイの主要空港ラウンジ無料、旅行傷害保険が自動付帯のdカード GOLD

★ケータイ補償を重視するなら…
→どちらのカードもケータイ補償付き!dカード GOLDは最大10万円分を3年間補償。
dカードは最大1万円分を1年間補償。

dカードは、一般カードゴールドカードポイント還元率は同じ(1%)です。


dカードdカード GOLD
年会費永年無料税抜10,000円
ETCカード年1回の利用で無料年1回の利用で無料
ポイント還元率1.0%1.0%
旅行傷害保険自動付帯
ケータイ補償最大10,000円最大
100,000円

ドコモ利用者だけにお得?

結論から言うと、dカードはドコモユーザー以外でも十分なメリットを得られるカードです。

dカードのポイント還元率はドコモユーザー以外もみんな同じ。
年会費無料カードの中では高還元の1%で、dカード特約店では2~4%にアップします。

例えば、スタバカードへのチャージは4%のdポイントが還元されます。

dカードでチャージすると高還元のスターバックスカード

他にも…
マクドナルドやローソンの買い物で最大5%おトク

dカードでdポイントの還元率が高いマクドナルド

★スペシャルクーポン利用で通常1,800円のイオンシネマが1,300円に値引き

★貯めたdポイントはiDキャッシュバックが可能

…などなど、多くの特典があります。

dカードは人気カードとして契約者数を伸ばし続けており、2017年の時点でdカードは1690万契約を突破、dカード GOLDは2018年には200万契約、2019年には500万契約を超えています。

dポイントとは?

ドコモ以外でも「貯まる・使える」dポイント!

dポイントとは街やネットの買い物で貯められる共通ポイントです。ドコモユーザー以外の人もポイントを貯めたり使ったりできます。

dカードとdカード GOLDはポイント還元率が同じ1%で、税込100円毎の利用でdポイント1ポイントが貯まります。

dポイントはこうやって貯める!

普段の買い物ネットショッピング、毎月必ずかかる公共料金などの支払いをすべてdカードにまとめましょう。

これらの支払いでも100円毎に1ポイント付与されますので、支払いをひとまとめにすることでポイントを無駄なく貯められます。

特にドコモ利用料金の支払いをdカードに設定すると、2年定期契約と同じ月額料金で定期契約なし・解約金不要の「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を利用できる「dカードお支払割」が受けられますよ。

また、各種税金の支払いもポイント付与の対象です。(国民健康保険は対象外です)

★dカードでポイントが貯まるシーン(1%還元)

・電話代、プロバイダ代などの通信費

・電気代、水道代など月々の公共料金の決済

・食費、日用品費、ネットショッピング、コンビニ利用などの普段のお買い物

・ヘアサロン、ネイルサロン、マッサージ店などの利用金額

・ガソリン代、ETC料金

・自動車税、ふるさと納税などの各種税金

・レストランでの食事、飲み会、カフェなどの支払い

dカードのメリット

年会費がずっと無料

dカードは年会費永年無料カードです。

年会費がかかるクレジットカードはまだまだ多いので、維持費がかからないdカードは貴重です…

ETCカードも無料

dカードはETCカードを無料で発行できます。ETCカードを年1回利用していれば2年目以降の年会費も無料に。
(年1回利用がない場合には税抜500円がかかります)

ケータイ補償が付いている!

dカードには最大10,000円のケータイ補償が付いているんです。

水漏れなどで修理ができなくなった場合や、紛失や盗難の被害にあった場合に新しい携帯電話を購入するのに利用できます。

dカードに登録している携帯電話が対象で、補償される期間は購入から1年以内という点に注意してください。

また、補償の10,000円を全額もらうには、ドコモショップでの購入が必須となります。

ショッピング保険も付帯!

dカードには「お買い物あんしん保険」というショッピング保険が年間100万円付帯されています。
dカードで購入した商品が壊れてしまったり盗まれたりした場合に、購入した日を含めて90日間補償してくれます。

注意点は…
・携帯電話やノートパソコンなど一部補償の対象にならない商品がある
・対象の品物をdカードで「リボ払い」または「3回以上の分割払い」で支払っていること
…です。

ローソンではポイント最大5%

dカードでdポイントの還元率が高いローソン

ローソンでの買い物は、dカードを利用すると最大5%お得になります!

dカードの提示ポイント  1%

+

dカードの決済ポイント  1%

+

ローソンでの決済 3%OFF

★5%お得に★

いつでも5%もポイントが付くのは大きいですね!

dカード特約店ではポイント最大5%に!

dカード特約店でdカードを利用すると、特約店ポイントが加算され還元率は2~5%(2~5ポイント)にアップします。
つまり、dカードの基本還元率1%にプラスして、さらに1~4%(1~4ポイント)が加算されるシステムです。

ポイント付与率を重視する方は、カフェなら「タリーズよりスタバ」、航空券なら「ANAよりJAL」といったように、dポイント特約店を優先的に利用することでポイントが貯まる スピードは早まりますよ!

dカード特約店は数多くあるため、ここでは一部を紹介いたします。

dカードの利用で付与される合計還元率

還元率5%
【日経ビジネス】
カード決済で税込100円毎に5ポイント付与

【カタログギフト リンベル】
カード決済で税込100円毎に5ポイント付与

還元率4%
【ドトール】
ドトールバリューカードにクレジットチャージで税込100円毎に4ポイント付与

【スターバックス】
スターバックスカードにクレジットチャージで税込100円毎に4ポイント付与

【サカイ引越センター】
カード決済で税込100円毎に4ポイント付与
  +
段ボール最大50箱まで無料サービス
見積もり時にお米プレゼント
など


還元率3%
【JTB】
専用ナビダイアルから予約申込みし、カード決済で税込100円毎に3ポイント付与
※Web申込みの場合はdカードポイントUPモール経由でポイント付与

【日経ヴェリタス】
カード決済で税込100円毎に3ポイント付与

還元率2%
【ドコモオンラインショップ】
カード決済で税込100円毎に計2ポイント付与

【dトラベル】【dショッピング】など
利用時にカード決済で税込100円毎に2ポイント付与
※ポイントアップの対象ストアを利用すると更に1%アップ!

【高島屋】
カード決済で税込100円毎に2ポイント付与

【JAL】
パッケージツアーを除く航空券をカード決済で税込100円毎に2ポイント付与

【JALパック】
JALのWebサイトからツアーを申込、カード決済で税込100円毎に2ポイント付与

(※ここでご紹介しているお店は特約店の一部です)

また、dカード特約店の中には電子マネーiDの利用を対象としたポイントアップのお店もありますので一部を紹介いたします。

★iD利用でポイントが加算される店

【紀伊国屋書店】
紀伊国屋書店のお店にてiD決済で100円毎に2ポイント付与

【タワーレコード】
携帯サイトではiD決済で100円毎に4ポイント、店頭では2ポイント付与

【洋服の青山】
お店にてiD決済で100円毎に2ポイント付与

【オリックスレンタカー】
iD決済で100円毎に4ポイント付与
※対象店舗のみ

【居酒屋 さかな市場】
海鮮さかな市場などのジェイアンドジェイグループで100円毎に3ポイント付与

(※ここでご紹介しているお店は特約店の一部です)

楽天市場・Amazonなどでポイント1.5%以上にアップ!

dカードまたはdカード GOLDを利用しdカード ポイントUPモール経由で買い物をするだけで、ポイント還元率が最大10.5%にアップします。

楽天・Yahoo!ショッピング・アマゾン・ポンパレモールなどの人気ショップも還元率1.5%の対象です。

LOHACO・ニッセン・SEIYUドットコム・ビックカメラ.com・FANCLなどでは還元率2.0%!嬉しいですね。

還元率が2.5%以上のショップもかなり多くありますよ!

★還元率10.5%のお店は…?
期間限定で対象のショップが還元率10.5%に。
ポイントアップ期間は約2ヶ月間で、対象のショップは期間ごとにどんどん変わります。ご自分がお気に入りのショップが対象になることもあり得ます!

例:サントリーウェルネスオンライン
ポイント6.0%⇒10.5%
ポイントUP期間:202×年7月14日~9月14日

会員だけのお得なキャンペーンが満載!

dカードは会員を対象としたポイントアップキャンペーンが行われています。

たとえば、スターバックスカードのチャージでポイントが倍増するキャンペーンや、エントリー後にアマゾンで買い物をするとポイントがアップするキャンペーンなどです。

頻繁に開催されるこれらのキャンペーンをねらってチャージやショッピングをすれば、ポイントがかなり貯まっていきます。

ポインコデザインカードも選べる!

dカード券面 ポインコデザイン

dカードには、ドコモのキャラクターポインコがカード表面にデザインされたカードもあります。
シンプルな通常のデザインかポインコデザインカードを申し込み時に選ぶことができますよ!

dカードのデメリット

年会費無料カードはどれをとっても1つや2つ短所がありますが…dカードは特別なデメリットが見当たらないめずらしいカードです。

ベーシックな機能がバランスよく付いて1%という高還元の1枚なんです。

ただ、他の年会費無料カードと比較するとデメリットに感じる点がありますのでご説明いたします。

旅行傷害保険が付いていない…

ベーシックなdカードには旅行傷害保険がありません。

年会費無料でありながら海外旅行保険付きのエポスカード楽天カードと比較した場合はデメリットとなってしまいます…

旅行保険を重視される方は、手厚い補償が付いたdカード GOLDがおすすめです。
年会費はかかりますがdカード GOLDは最高1億円補償の旅行傷害保険が自動付帯(カードを持っているだけで補償されます)。
国内・ハワイの主要空港ラウンジは無料で利用できるので、海外旅行や国内出張などに行かれる機会が多い方にはdカード GOLDはお得ですよ!

実はドコモ利用者に本当にお得なカードは…

ドコモが発行しているカードと聞くと、ドコモユーザーにお得!というイメージがありますよね?

しかし、通常のdカードはドコモ利用者ならではのお得さが「ケータイ補償」くらいしか見当たりません。

実は、ドコモ利用者に本当にお得なのはdカード GOLD(ゴールドカード)なのです…!!

dカード GOLDは、入会すると毎月のドコモ利用料が10%お得になるのです。ドコモ光も同様に10%還元の対象です。
ご利用料金1,000円(税抜)につき100円分のポイントが付く計算です。

また、ドコモの「月々サポート」も割引になります。

ドコモユーザーがdカードを作るなら、dカード GOLDにした方が絶対お得ですね…。

dカードのカードスペック

年会費
 永年無料

ポイント還元率
 基本還元率1.0%

マイル還元率
 JALマイル 0.5%

ETCカード
 初年度無料
 (年1回の利用で2年目以降の年会費540円が無料に)

家族カード
 有り
 (年会費永年無料)

国際ブランド
 VISA、MasterCard

締め日
 毎月15日

引落し日
 翌月10日
 (休業日の場合は翌営業日に)

支払方法
 手数料無料:一括払い・2回払い・ボーナス一括払い
 手数料有料:リボ払い、分割払い

発行スピード
 最短5日

電子マネー
 iD

まとめ

最後に、dカードの特徴をまとめました!

dカードとは…

基本還元率が1%と高い!

ドコモ利用者以外にも多くのメリットがあるカード

マクドナルドでは支払いと提示で2%のポイントが貯まり、ローソンでは5%おトクに!

10,000円のケータイ補償(購入から1年)がある

dポイント特約店(ポイント加盟店)ではポイントアップ!

ポイントアップモール経由で楽天・Yahoo!ショッピング・アマゾンなどで還元率1.5%

ドコモ利用者はdカード GOLD(ゴールドカード)の方がさらに得できる

ドコモを利用している人以外にもメリットがあり、ベーシックな機能が備わった高還元カードがdカードです。



dカード
dカードETCカード券面
年会費永年無料ETC
年会費
実質無料
国際
ブランド
還元率1.0%
  • 年会費は永年無料
  • ローソン利用は5.0%もおトク!
  • ポイントの使い道が多い。「iDキャッシュバック」がおすすめ
  • ◎家族カード有り



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。