JCBビジネスプラス法人カードを持つべき会社、持ってはいけない会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5775_jcb_businessplus_top_180426

JCBの法人カードには2タイプがあり、その一つがこの「ビジネスプラス法人カード」

もう一つのほう、通常の「JCB法人カード」との違いは、カード利用分の還元方法。
通常のカードがポイント方式で0.3~0.5%の還元をするのに対し、こちらのカードは特定の費目に対して0.5~3%という高率でキャッシュバック還元をしています。

それだけ書くと良いことずくめに見えますが、おいしい話には裏があるのが世の定め。全ての事業主・会社におすすめできるわけではありません。



インターネット新入会限定キャンペーン 最大12,000円分JCBギフトカードプレゼント!
①新規ご入会で、もれなく8,000円分のJCBギフトカードをプレゼント!
②使用者の追加で、最大4,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
※2019年4月1日(月)~9月30日(月)お申し込み受付分まで
※公式ページの下部「ポイントではなくキャッシュバックをご希望の法人様は」からお申し込み下さい。
法人カードランキング
三井住友VISAビジネスカード for Owners:クラシック
年会費1,250円+税初年度無料
登録簿謄本・決算書不要で手続きが簡単。電子マネーやキャッシングにも対応
JCB一般法人カード_一般
年会費1,250円+税初年度無料
同価格帯の他社カードよりも品質の高いサービス!
オリコEX Gold for Biz
年会費2,000円+税初年度無料
Mastercardのビジネスゴールド会員向けサービスが利用可能。

いくらキャッシュバックできる?

キャッシュバック率の計算方法

キャッシュバック率に0.5~3%と幅があるのは、還元率が毎月計算しなおされるからです。

算定のもとになるのは前月一ヶ月間のカード利用額。
20万円利用するごとに0.5ずつパーセンテージが上がります。

前月の利用額 キャッシュバック率
100万円以上 3.0%
80万円~ 2.5%
60万円~ 2.0%
40万円~ 1.5%
20万円~ 1.0%
5万円~ 0.5%
5万円未満 0%

ただし、表にもある通り、最低でも5万円利用しないと、翌月の還元率はゼロ。

公式サイトのpdf資料からグラフを引用すると、このようになります。

キャッシュバック率のグラフ

もし最低目標金額にも満たないほど少額での利用しか見込めないなら、ビジネスプラスではなく通常のJCB法人カードのほうが適しています。

キャッシュバックの対象、還付方法

そしてこのカードの最も重要な点は、カード利用額全てがキャッシュバック対象になるわけではないということです。

対象になるのは、旅費交通費
これらに対しての利用額に、さきほどのキャッシュバック率を乗じた金額が還元額となります。

キャッシュバック対象となる費目
◆JR乗車券
・みどりの窓口、きっぷうりばでのカード利用分が対象
・ICカードチャージは対象外

◆高速道路料金
・ETCカード利用分を含む
・サービスエリア、パーキングエリアでの利用分は対象外

◆ガソリンスタンド
・給油以外の利用(洗車、タイヤ等の購入など)も含む
・スタンドの系列は問わない

◆タクシー
・JCBタクシーチケットでの利用分も対象

◆レンタカー
・系列は問わない

◆国内航空券
・早割などの割引チケットも対象

◆宿泊費
・ホテル、旅館など宿泊施設での利用分が対象
・ホテル内に併設の売店、レストランなどでは一部対象外となることがある

◆旅行代理店
・パッケージツアー、格安ツアーなども対象

※全て国内利用分、国内加盟店での利用分に限る。

上記に該当する金額 × 前月の利用額に応じたCB率 = 還元額

となります。
この額はカードの請求額と相殺するかたちで利用者に還元されます。

上記リストに入っていないもの、例えば私鉄やその他の交通機関については記載がないのでJCBに問い合わせてみたところ、利用先によって異なるため一律に回答はできかねるとのことでした。
ただし、電話窓口「JCB法人デスク(Tel:0120-392-739)」へ申込者自身で問い合わせて、利用先の具体名を伝えれば個別に回答できる”可能性がある”そうです。

また、キャッシュバックの限度額は1ヶ月につき15,000円まで。
つまり仮に毎月同じ額の利用があるとして、還元率が3%ならばキャッシュバック対象となる利用分は50万円が上限です。もしカード利用額の全額が交通費だったと仮定しても、75万円を超えた利用分についてはキャッシュバックされないことになります。

どんな事業者に向いている?

以上を加味すると、カード決済するべき事業経費の大部分が出張旅費・交通費となる事業者にとっては、このビジネスプラス法人カードが最適となります。

商談や視察などで移動の多い業態だけでなく、個人事務所を持つ会計士や税理士などにも合うでしょう。
また、1枚の法人カードに対して複数枚のETCカードを発行できるので、社用車・営業車を複数稼働させる業態にもマッチします。

裏を返せば、広告出稿や仕入れが主な支出となる事業とは相性がよくありません。

また、経費の多くが交通費であっても、月あたりの額が75万円を超える規模にもなるとキャッシュバック上限に達してしまいます。

その場合は、還元率が最大1.1%となるオリコカードEX Gold for Biz、またはJALマイル付与率が1.125%となるセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードなどの検討をおすすめします。

JCBビジネスプラス法人カード(キャッシュバック型)



インターネット新入会限定キャンペーン 最大12,000円分JCBギフトカードプレゼント!
①新規ご入会で、もれなく8,000円分のJCBギフトカードをプレゼント!
②使用者の追加で、最大4,000円分のJCBギフトカードプレゼント!
※2019年4月1日(月)~9月30日(月)お申し込み受付分まで
年会費 1,250円+税
(初年度無料)
追加カード年会費 1,250円+税
(初年度無料)
ETCカード年会費 無料
※1枚の法人カードに対しETCカード複数枚発行可
申し込み資格 法人または個人事業主
国際ブランド
利用限度額 10万~100万円
締め日、支払日 15日締め、翌10日払い
支払方法 1回払い、2回払い
基本ポイント還元率 ※キャッシュバック
交通費・出張旅費に対し0.5~3%還元
マイル付与率
電子マネー
経理・会計ソフト優待 各種会計ソフトデータ連携
・会計王シリーズ
・みんなの青色申告
福利厚生サービス 福利厚生倶楽部
その他ビジネスサービス ・JCB.ANA@desk
・JCB de JAL ONLINE
・タスカリマックス常時5%off
空港ラウンジサービス
付帯保険 ショッピングガード保険
オススメ度 ★★★★☆

JCBビジネスプラスゴールド法人カード(キャッシュバック型)

INSERT-CONTENT: NOT FOUND POST ID.

年会費 10,000円+税
(初年度無料)
追加カード年会費 3,000円+税
(初年度無料)
ETCカード年会費 無料
※1枚の法人カードに対しETCカード複数枚発行可
申し込み資格 法人または個人事業主
国際ブランド
利用限度額 50万~250万円
締め日、支払日 15日締め、翌10日払い
支払方法 1回払い、2回払い
基本ポイント還元率 ※キャッシュバック
交通費・出張旅費に対し0.5~3%還元
マイル付与率
電子マネー
経理・会計ソフト優待 各種会計ソフトデータ連携
・会計王シリーズ
・みんなの青色申告
福利厚生サービス 福利厚生倶楽部
その他ビジネスサービス ・JCB.ANA@desk
・JCB de JAL ONLINE
・タスカリマックス常時5%off
空港ラウンジサービス 国内28空港+ホノルル利用可
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
航空機遅延保険
ショッピングガード保険
オススメ度 ★★★★☆


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。