オリコEX Gold for Biz:最大の特色「招待日和」って?類似カードとの比較も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私用のカードと仕事用のカードを分けたい。
どうせならコストパフォーマンスの良いクレジットカードを選びたいけれど、オリコの<EX Gold for Biz>はどうなんだろう?」

オリコが提供する、「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」は、2,000円+税という安価な年会費のビジネスカード。
最大の特徴は使う人によってコストパフォーマンスが「最高」にも、「ごく普通」ともなり得ることで、やや人を選ぶカードの一つとも言えます。

今回はそんな「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」について、その「人を選ぶ」と言える理由や各種メリット・デメリット、似たような特色を持つ「ライフカードゴールド」との比較結果をまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今このカードを必要としているかどうか分かります。

「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」ってどんなクレジットカード?

まずは、「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」とはどういったクレジットカードなのか見ていきましょう。

★個人事業主向けカードは「EX Gold for Biz  S  iD×QUICPay」、法人向けカードは「EX Gold for Biz  M  iD×QUICPay」とされますが、特典内容などに違いは無いため、申し込み時以外に気にする必要はありません。(ただし従業員カード/メンバーカードを発行できるのは「M」だけ)

①最大のメリットはMastercardブランド選択時の充実した特典

「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」(以後「EX Gold for Biz」)の基本情報は以下の通り。

★オリコ「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」

年会費 2,000円+税
※初年度無料
国際ブランド VISA
Mastercard
基本還元率 0.6%相当 利用可能枠 10万円~300万円
海外旅行傷害保険 最高2000万円 国内旅行傷害保険 最高1000万円
ショッピング補償 年間最高100万円 追加発行可 ETCカード
従業員カード(「M」のみ、3枚まで)
付帯電子マネー iD
QUICPay
支払日 月末締め、翌27日払い
申し込み条件 EX Gold for Biz  S  iD×QUICPay:個人事業主
EX Gold for Biz  M  iD×QUICPay:法人代表者
その他
  • 国際ブランドに応じたサービスを利用可
  • (Visaゴールドカード優待特典、Mastercard T&E Savings他)

  • 会計ソフト「freee」2ヶ月優待サービス 他
  • 2,000円+税という年会費は、ビジネスカードの中では安価な方ですね。0.6%という還元率も、ビジネスカードにしては高い方です。
    (貯まるのは「暮らスマイル」と呼ばれるポイント。交換先などのポイントサービス詳細については公式HP参照)
    とは言え似たような価格帯のカードは多く、上のスペック表を一見すると特にこれと言って特徴は無いように思えますが……。

    重要なのはこのカード、安価な年会費で「ゴールドカード」の立ち位置にあること。
    実は各種ビジネスカード、VISAやMasterといった国際ブランドが積極的に会員特典を設けてくれるという特徴があるのですが、この内容はカードのグレードが上がると目に見えて充実してくるんですね。
    国際ブランドごとの特典内容を、実際に見比べてみましょう。

    ★オリコEX Gold for Bizのカード会員特典・付帯サービス

    VISAのみ VISAビジネスオファー
    (オフィスサプライ、その他提携会社の料金優待など)
    VISAビジネスグルメオファー
    (指定レストランの料金優待)
    VISAゴールドカード特典

  • 国際線利用時、空港自宅間の荷物配送「割引」
  • 国際線クローク割引 他
  • Mastercardのみ Mastercard T&E Savings

  • 指定レストラン、2名以上の利用で1名様無料(ダイニング by 招待日和)
  • 国際線利用時、空港自宅間の荷物配送「2個まで無料」
  • 海外航空券優待 他
  • Mastercardビジネスアシスト
    (オフィスサプライ、その他提携会社の料金優待など)
    VISA、Master共通
    (オリコが提供するサービス)
    クラウド会計ソフト「freee」有料プラン2ヶ月優待
    福利厚生サービス「ライフサポート倶楽部」優待

    答えから言うと、特典の内容はMastercardが圧倒的に優れています

    中でも目を引くのは指定レストランのコース料理代金が1名分無料になるという「ダイニングby招待日和」サービス。
    優待対象となるのは主にホテルや高層ビル内に置かれた高級料理店で、接待にもぴったりとなっています。(残念ながら対象店やサービスについては非公開)

    似たようなサービスを提供しているカードとしてはダイナースクラブカードが有名ですが、こちらのカードの年会費は2万円を超えるもの。

    オリコ「EX Gold for Biz」最大のメリットはMastercard選択時、2,000円+税の年会費で各種ゴールドカード・各種ステータスカードと近いレベルの特典を得られることにあります。

    その一方、Mastercardの特典に魅力を感じない場合には、目立つ特典が少ない代わりに年会費の安いビジネスカード(三井住友ビジネスクラシックJCB一般法人カード)を使って差し支え無いでしょう。

    ★「ダイニングby招待日和」のサービスを利用できるのは月2回までとなります。
    その他詳細については、Mastercard公式HPをご覧ください。

    ★国際ブランドは原則Master一択となりますが、よく使われる会社が「Visaビジネスオファー」の優待対象となっている場合はこの限りではありません。

    ②iDとQUICPayの同時付帯でコンビニ等での使い勝手◎

    「EX Gold for Biz」の正式名称は「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」。特に頭に入りにくいのは「iD×QUICPay」の箇所でしょう。

    ご存知の方も多いかと思いますが、「iD」「QUICPay」とは「後払い式電子マネー」の名前。
    後払い式というと分かりにくいですが、これは単に「かざすだけでカード払いができる」方法と思って差し支えありません。
    「EX Gold for Biz」には2つの電子マネーが内蔵されていることから、これを使えば普通のクレジットカードより手軽に決済ができるというわけですね。


    ▲三井住友カード公式HPより、電子マネーの決済機の例。これにカードをかざせば決済できる

    対応店は主にコンビニエンスストア、その他大手飲食チェーンなど。
    「iD」「QUICPay」に対応しているお店はどこもカード払いが可能なので、2つの電子マネーが付いているからといって決済のできる場所自体が広がるわけではありませんが……。
    暗証番号を入力したり店員さんにカードを切ってもらう必要が無いことから、支払いがスムーズになるのは確かとなっています。

    これらの電子マネーについて詳しくは、「電子マネーの徹底比較!」ページをご覧ください。

    あわせて読みたい
    電子マネーの徹底比較!

    iD公式HP「使えるお店」
    QUICPay公式HP「QUICPayの使えるお店」

    他社と比べた「EX Gold for Biz」の明確なメリットは「Mastercard選択時の、年会費に対する得点の充実度」「iD・QUICPayの内蔵」の2点です。

    この2つの利点にさほど魅力を感じない場合、「EX Gold for Biz」は「ごく普通の、年会費の安めなビジネス用カード」としかなり得ません。
    この場合はより年会費の安い、あるいは無料のビジネスカード(ライフカードビジネスなど)を選択した方が良いでしょう。

    メリットの同じ「ライフカードビジネスゴールド」との比較

    「EX Gold for Biz」最大のメリットは、やはり「年会費2,000円+税にしてMastercardのビジネスゴールド特典を受けられる」こと。
    ただしここで気になってくるのが、全く同じ年会費で全く同じメリットを持つ「ライフカードビジネスゴールド」の存在。
    そこで、よく似た2つのビジネスカードを比較してみました。

    ★いずれのカードも複数の国際ブランドを取り扱っていますが、ここでは「Mastercard」の選択を前提として解説していきます。

    ★三井住友ビジネスクラシックカードとJCB一般法人カードの比較

    オリコ「EX Gold for Biz」 ライフカードビジネスゴールド
    盤面(画像は公式HPより)
    年会費(1名) 2,000円+税 2,000円+税
    年会費(2枚目以降) 無料
    ※法人代表者のみ。3枚まで
    2,000円+税
    ※枚数制限なし
    基本還元率 0.6% 0.5%
    国際ブランド Mastercard(VISA) Mastercard(VISA、JCB)
    カード発行対象 法人代表者、個人事業主 法人代表者、個人事業主
    カード利用枠 10万円~300万円 10万円~500万円
    ※500万円超も応相談
    国内空港ラウンジ ×
    Mastercardのサービス以外の特典内容
  • 「freee」2ヶ月優待
  • 福利厚生サービス
  • 「freee」2ヶ月優待
  • 弁護士無料相談サービス
  • 福利厚生サービス
  • 海外旅行保険 傷害死亡、後遺障害 最高2000万円 最高2000万円
    傷害治療費用
    (事故1回あたり)
    最高200万円 最高200万円
    疾病治療費用
    (1疾病あたり)
    最高200万円 最高200万円
    賠償責任
    (事故1回あたり)
    最高2000万円 最高2000万円
    携行品損害 最高20万円 最高20万円
    救援者費用
    (1年あたり)
    最高200万円 最高200万円
    国内旅行保険 傷害死亡、後遺障害 最高1000万円 最高1000万円
    その他補償 シートベルト傷害保険
    (急激かつ偶然な、外来の事故に対する補償)
    ショッピング 国内ショッピング 年間100万円まで
    海外ショッピング 年間50万円まで

    「招待日和」をはじめとするMastercardの特典内容は共通となります。

    2つのカードの目立った違いをまとめると以下のようになるでしょうか。

    ★「EX Gold for Biz」とライフカードビジネスゴールドの簡易比較

    「EX Gold for Biz」のメリット
  • 基本還元率がやや良い
  • 追加カードが無料(3枚まで)
  • 国内ショッピングの破損や盗難に対応してくれる
  • (購入後90日間以内。詳しくは公式HP参照)

    「ライフカードビジネスゴールド」のメリット
  • 追加カードに枚数制限なし(ただし有料)
  • 国内空港ラウンジを無料で使える
  • 利用可能額は最大500万円(これ以上も応相談)
  • 弁護士無料相談サービス
  • シートベルト傷害保険
  • Mastercardの特典を目当てに申し込むのなら、どちらを選んでも構いません。
    「ライフカードビジネスゴールド」の特典で気になるのは国内空港ラウンジサービスでしょうか。とは言え、このサービス自体は珍しくないので個人用カードで同様の特典を用意できれば使う機会は無さそうです。

    2社独自のサービスにさほど魅力を感じないのなら、国内ショッピング保険の利く「EX Gold for Biz」を選ぶのが無難でしょう。仮に購入した備品などが破損した場合、これを補償してもらうことができます。(ただし購入後90日間、かつ1万円以上の商品に限る)

    ★その他のビジネスカードの特典としては、三井住友ビジネスカードJCB法人カードの「東海道・山陽新幹線優待」(年会費別途発生)、「ANA法人カード」のマイル優待などが挙げられます。こちらも併せてご覧ください。

    申込から入手までには2~3週間前後の日数を見ておこう

    「EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay」の申し込み条件は「法人
    代表者である」もしくは「個人事業主である」の1点だけ。
    最低限度額が10万円と小さいことを見ても、審査通過にさほど高い信用は必要ないと見込まれます。

    審査自体は数日~1週間程度で完了することが多いようですが……。
    オリコの公式HPを見る限り、契約の過程では一度、オリコと郵送物のやり取りを行う必要がある模様。


    ▲オリコ公式HPより

    この過程により、どんなに早くても申し込みからカード入手までには2~3週間ほどの時間が必要となるでしょう。

    オリコ公式HP「オンライン申し込み手続き(EX Gold for Biz M iD×QUICPay)」

    ちなみに法人代表者を対象とした「EX Gold for Biz M」においても、登記事項の証明書などは求められません
    運転免許証などの本人確認書類と、オリコから送られてくる入会申込書があれば十分です。
    (ただし「S」の場合、キャッシング枠の希望によっては収入証明書が必要)

    まとめ

    「EX Gold for Biz」最大の特徴は、年会費2,000円+税でMastercardのビジネスゴールド会員向けサービスを利用できること。
    特に重要なのは高級レストランのコース代金が1名様分無料になる「ダイニングby招待日和」、その他空港での手荷物宅配サービスなど
    「VISAビジネスオファー」に特別の魅力を感じない限り、国際ブランドはMasterほぼ一択
    ★iD、QUICPayの付帯により、コンビニなどでスムーズな決済を済ませやすい
    ★「ライフカードビジネスゴールド」と比べたメリットは、基本還元率がやや良いことや国内ショッピング補償が利くことなど。一方、空港ラウンジなどを利用したいのならライフカードに軍配が上がる

    やや使える場面が限定されやすいものの、特典が充実しておりコストパフォーマンスに優れる「EX Gold for Biz」。
    どうせこのカードを使うのなら、Mastercardの提供する会員サービスはもちろん、後払い式電子マネー「iD」「QUICPay」も上手に活用したいところです。

    EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPayの基本情報

    カード名 EX Gold for Biz (M/S) iD×QUICPay
    申込み資格 法人代表者(M)
    個人事業主(S)
    提携カード 無し
    利用可能額 10万円~300万円
    審査時間 数日~1週間程度
    到着までの目安 2~3週間程度
    入会金 不要
    年会費 2,000円+税
    (初年度無料)
    支払日 月末締め、翌27日払い
    支払い方式 1回払い、分割払い、据置き一括払い、半年賦併用払い、リボルビング払い
    分割払い(年率) 12.2%~15.0%
    リボ払い(年率) 15.0%
    キャッシング(年率) 15%、18%(Sのみ)
    遅延損害金(年率) 14.6%
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 本人確認書類
    金融機関名 株式会社オリエントコーポレーション
    住所・所在地 東京都千代田区麹町5丁目2番地1
    電話番号 049-271-3220(Orico for Biz デスク)
    登録番号 関東財務局長(12)第00139号
    
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。