WAONPOINTと電子マネーWAONポイントは別物!その違いとは?【完全ガイド】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WAONPOINTとWAONポイントの違いを解説!

この記事で分かること


★ WAON POINTとはどんなポイントか
★ イオンの3つのポイントを比較
★ お得なポイントの使い方

2016年、イオングループは「WAON POINT」のサービスを開始しました。グループ店や加盟店で、交換なしに使える便利なポイントです。

ただし、すでにイオンには「WAONポイント」があります。2つの呼び名はいっしょですが、実は別物です。

さらに、クレジットカードのサービスとして「ときめきポイント」もあります。イオンカードを使うと3つのポイントがそれぞれ付いてくるので、はっきり言って分かりづらくなりました。

そこで、このページではこれら3つのポイントを一気に解説。それぞれの特徴から、得する貯め方、使い方までご紹介していきます。

お得で便利なイオンカードですから、フルに使わなきゃもったいない!このページを読んでもらえれば、その方法がわかりますよ♪

イオンカードについてはこちら


そもそもWAON POINTとは?

まずは、新しくできた「WAON POINT」について、紹介していきます。

イオンの新しいポイントサービス

「WAON POINT」は2016年にできた、イオングループの新しい共通ポイントサービスです。間違えやすいのは、「WAONポイント」とは別物ということです。

今後は「ポイント」を電子マネー専用のポイントサービス、「POINT」をグループの共通ポイントサービスにしていくようです。もしかしたら、「POINT」の方に統一していくことになるかもしれません。

ただ今は、「WAONポイント」もあるので、区別し使い分けていく事が大事。分かりにくいから放っておいて、おトクになるチャンスを逃してませんか?

貯め方はいろいろ

WAON POINTはお買物のほかに、ウォーキングやリサイクルでも貯めることができます。

お買物で

お買物の場合は、イオングループの店舗と、WAON POINT加盟店で200円につき1ポイントが付与されます。

お支払い方法は、WAONのほかに現金や商品券などでも付くようになりました。ただし、会計の時には対象カードの提示が必要です。

ウォーキングで

ウォーキングの場合は1日あたり8000歩を超えると1ポイントが付与されます。

スマートフォンに「smart WAONアプリ」と歩数計アプリ(RenoBody・CARADA)を入れて、2つを連動させると貯められるようになります。



smart WAONアプリと…

smart WAONアプリは、ウォーキングによるポイント付与のほかにも、ポイント数の確認や、ポイントを家族と合算することもできます。

また、いっしょに入れると良いのが、「イオンチラシアプリ」。いつでもチェックできるので、おトク情報を見逃すことがありません。

リサイクルでも

リサイクルの場合はイオン系列店のリサイクルコーナでペットボトル、古紙、紙パックを出すと貯まります。

1ポイントあたりの回収量

リサイクル品 回収量
ペットボトル 5本
古紙 1kg
紙パック 10枚

※異なる店舗もあり

使い方はTポイント・Pontaに似てる

貯まったポイントは、「smart WAON」のサイトで手続きをすると、電子マネーWAONや商品への交換ができます。

そして、対象店舗で交換なしにそのまま、代金の一部として使えます。つまり、TポイントやPontaに近い使い方のポイントです。

しかし、今の段階ではTカード、Pontaカードほどは、使える店舗は多くありません。これからの拡大に期待しましょう。

対応カードと会員登録が必要

イオンカード、WAONカードもポイントカードに

ポイント付与の対象カードは各種イオンカードと電子マネーWAONカード、WAON POINTカードです。ただし、利用には新たにWAON POINT会員登録が必要となります。

登録をすると付与される「電子マネーWAONポイント」の一部が、「WAON POINT」に変わります。



WAON POINTカードとは

WAON POINTカードは、WAON POINTサービスの共通ポイントカードです。クレジットや電子マネー機能がないので、お子さんなども安心して使えます。

お客様感謝デーの割引もWAON POINTカード提示でOK。カードは、イオン系列の店頭で無料配布されていて、入会費・年会費は無料です。

ただし、イオンカード(提携カードを除く)やWAONカードには、会員登録でWAON POINTカード機能が付けられるため、あえて持つ必要はありません。

利用には会員登録が必要

ポイントの利用には、WAON POINTカード会員登録が必要です。ただし、イオンカードでイオンスクエアのIDを持っている場合は不要となります。

会員登録は、smart WAONのサイトからできます。会員登録方法については次の通りです。

入力する情報
○個人情報
(氏名・住所・電話番号)

○カード情報(カード裏面などに記載)

●WAON POINTカードの場合
(WAONPOINT番号・セキュリティコード)
●WAONカード・モバイルWAON・イオンバンクカードの場合
(WAON番号・セキュリティコード)
●イオンカードの場合
(クレジットカード番号・有効期限)

WAON POINT新規会員登録の手順
(1) 「新規会員登録」をひらく
(2) ID、パスワードを設定
(3) カードの種類を選択
(4) カード情報を入力
(5) 個人情報を入力
(6) 「入力完了」で終了

それぞれポイントの特徴は?

つぎに、イオンに3つあるポイントサービスの特徴を、それぞれ見ていきましょう。

WAON POINT

交換せずに使える!

すでに触れましたが、「WAON POINT」はイオンの共通ポイントサービスとしてつくられました。そのため、「WAONポイント」よりも使いやすさは広がっています。

主な情報一覧

対象者 WAON POINT会員
基本付与 ○購入額200円につき1ポイント
○月間利用500円につき1ポイント(WAONのみ)
有効期限 1~2年間
貯める方法 ○加盟店でのWAON・現金、商品券などの利用
○ウォーキング
○リサイクルなど
利用方法 ○会計時にそのまま利用(加盟店のみ)
○電子マネーWAONへの交換
○対象商品への交換
会員登録 手続きが必要

使えるお店は少なめ…

新しいこともあり、加盟店はまだ少ない状況です。今後、範囲が拡大することを期待しましょう。

ただ、イオングループの多くの店舗で使えるので、生活用品で買えないものは、ほとんどないですよ。

主な利用店舗

もらった次から使える!

WAON POINTは、お買物のほかに、smart WAONウェブサイトで、電子マネーWAONや商品と交換できます。そして、イオンでそのまま使うこともできます

ポイントのまま利用できるので、交換の手間がなく、すぐにキャッシュバックに使えるようになりました。

交換商品の一例

種類 代表的な交換商品
キッチン アマダナ、シロカ、アラジンなど
リビング iRodot、ダイソン、タニタなど
食品 松阪牛すき焼き肉、千疋屋アイス詰め合わせなど

WAONポイント(電子マネーWAONポイント)

まだまだ現役

「WAONポイント(電子マネー)」は、電子マネーWAONの利用などで付くポイントです。

今回、公式には「電子マネーWAONポイント」と名前が少し変えられています。そして、電子マネー用のポイントの色合いが、さらに強くなりました。

主な情報一覧

対象者 電子マネーWAON利用者
基本付与 200円につき1ポイント
有効期限 1~2年間
貯める方法 ○WAONの利用
○ウォーキング
○リサイクルなど
利用方法 ○電子マネーWAONへの交換
○Suicaへの交換
会員登録 自動登録

イオン以外も幅広く使える

WAONを利用できる店舗は20万ヵ所近く。今ではいろんなところで使えます。

主な電子マネーWAON加盟店

手続きは必要、でも…

利用するには、電子マネーへ交換(ポイントチャージ)しなければいけません。ただし、いろんなところにあるWAON端末で交換できます。イオンによく行くなら、それほど不便ではありません。

また、公式ホームページの「WAONネットステーション」にログインしても交換は可能です。

ポイントチャージができるWAON端末

名前 WAONステーション イオン銀行ATM ファミポート
外見
設置場所 イオンなど イオンなど ファミリーマート
交換 1ポイント単位 100ポイント単位 100ポイント単位



Suicaへの交換方法は…

WAONポイントをSuicaに替えるには次のような手続きをします。

(1)WAONステーションかモバイルWAONで「センターに預ける」

(2)WAONネットステーションか、モバイルWAONで交換申請をする

(3)Suicaポイントクラブ(会員登録が必要)で確認

交換は「Suicaポイント」なので、Suicaへのチャージが別に必要です。また、10%の交換手数料が発生します。

ときめきポイント

地味だけど実は…

「ときめきポイント」は、イオンカードのクレジット利用で付くポイントです。

また、WAON POINTの加盟店では、還元率がいつでも2倍の1.0%に。実は、イオンでもっとも貯まりやすいポイントでもあります。

主な情報一覧

対象者 イオンカード会員
基本付与 ○200円につき2ポイント(POINT加盟店)
○200円につき1ポイント
(加盟店以外)
有効期限 1~2年間
貯める方法 イオンカードの利用
利用方法 ○電子マネーWAONへの交換
○対象商品への交換
○提携するポイントへの交換
会員登録 自動登録

広範囲でも貯まる

クレジットカードのポイントなので、ほとんど買い物の貯まります。インターネットのお買物や、公共料金の支払いでもOKなので、3つの中ではもっとも貯めやすくなっています。

手続きはかかるけど…

ときめきポイントは、「暮らしのマネーサイト」から「イオンスクエア」にログインすると、交換などができます。

交換先は電子マネーWAONのほか、交通系ICやレジャーチケット、高級食材など。ガッチリ貯めれば、やりくりしながらぜいたくもできますよ。

交換商品の一例

種類 主な交換商品
キッチン ル・クルーゼ、ダンクス、ヘンケルスなど
リビング iRodot、ダイソン、ツインバードなど
食品 松阪牛ステーキ肉、新潟産コシヒカリなど
ポイント Suica、dポイント、JALマイルなど
レジャー USJチケット、イオンシネマ鑑賞券など
商品券 イオン商品券、JCBギフトカードなど

3つのポイントをくらべると…

特徴を見たところで、ここでは3つを簡単に比較していきます。

有効期限では

3つとも有効期限は1~2年

有効期限は最大2年間です。各ポイントは、1年ごとに区切られて有効期限が決まります。

ただ、少なくとも1年間以上は使えるので、できるだけ1年間で利用しましょう。

各ポイントの有効期限の決まり方
(1)加算期間・獲得期間(1年間)
ポイントが貯まる期間。この期間中も利用できる。

(2)使用期間(1年間)
(1)が失効するまでの期間。(1)の翌年にあたる。

(3)有効期限(1~2年間)
(1)と(2)をあわせた期間。(1)のはじめに貯まると2年、おわりに貯まると1年に近い期間となる。

有効期限の区切り

ポイント 開始 終了
WAON POINT 初回利用した月の末日 翌年同月の末日
WAONポイント
ときめきポイント 誕生月の11日 翌年誕生月の10日

還元率では

イオン系ならときめきポイント

3つとも基本の還元率は同じです。しかし、イオン店舗などのお買物では差が出ます。

イオン対象店舗での還元率

支払い方法 ポイント 還元率
現金など(会員登録) WAON POINT 0.5%
WAON(会員登録) WAON POINT 0.7%
WAON(会員未登録) 電子マネーWAONポイント 0.5%
イオンカード ときめきポイント 1.0%

使いやすさでは

イオンならWAON POINT
それ以外は電子マネーに交換

イオンでの使いやすさなら、ポイントのまま使えるWAON POINTが、一番と言えます。

実は、ときめきポイントも対象のネットショップでそのまま使うことができます。ただ、お店が少ないので、使い勝手はイマイチ。

オススメなのは電子マネーWAONに交換すること。手続きが必要ですが、3つのポイントをまとめられて、いろんな店で使うことができますよ♪

ポイントのまま利用

ポイント 利用範囲
WAON POINT WAON POINTの加盟店
WAONポイント 不可
ときめきポイント イオンスクエア内の対象店

確認しやすいのは

WAONPOINT・WAONポイントはレシートで確認できる
ときめきポイントはイオンスクエアのみ

ときめきポイント以外は、レシートにポイント残高が載るので、WAON残高などといっしょに確認できます。お買物ごとに確認できるのは助かりますね。

ときめきポイントの確認は、イオンスクエアにログインが必要です。誕生日の前月には忘れずに、手続きするようにしましょう。でないと、せっかく貯めたポイントが失効しちゃいますよ!

ポイントの確認方法

ポイント 確認方法
WAON POINT レシート・smart WAONにログイン
WAONポイント レシート・WAONウェブサイト・モバイルWAON・電子マネーWAON端末
ときめきポイント イオンスクエアにログイン

おすすめの貯め方

お買物でどのポイントが貯まる、貯まらないのかは、支払い方法によって変わります。そこで、支払い方法も含めてパターン別に、貯め方をご紹介。

イオン系列のお店

イオンカード→ときめきポイント

イオングループ対象店舗でのお買物では、イオンカードでのクレジットカード支払いがオススメです。

サインレスで使える上に、ときめきポイントの還元率もアップします。便利でおトクにイオンを使うなら、ぜひこの方法で!

イオングループ以外のお店

WAON→WAONポイント

イオン以外のお買物では、電子マネーWAON支払いがオススメ。小銭いらずで便利、付くのも電子マネーWAONポイントに統一されるので、手間がかかりません。

オートチャージを使うと、チャージの手間もなくなるでさらに便利に利用できます。ちなみに、イオンカードセレクトならポイント二重取りができて、おトク度もアップしますよ♪

ネットショッピング

イオンカード→ときめきポイント

ネットショッピングのオススメは、やはりクレジット支払いです。代引きなどの手数料がないので安く、支払いの手間もかかりません。

また、イオンカードの場合、ときめきポイントTownを使えば、還元率を上げることもできます。積極的に利用して、ポイントをガンガン貯めちゃいましょう!

見逃せないサービス

ポイントでおトクになるには、サービスやキャンペーンをうまく使うことが肝心です。そこで、活用するべきサービス・キャンペーンを

月間WAON POINT

対象の店舗で、電子マネーWAON払いをすると、利用時とは別に、月の利用額500円につき1ポイントがもらえます

対象カードは、イオンカードと電子マネーWAONカードです。利用時の付与と合わせると、還元率は0.7%。0.2%はけっこう大きいですよ♪

お客様感謝デー

イオングループの店舗では、毎月20日・30日は「お客様感謝デー」。イオンカード会員、WAON POINT会員、電子マネーWAONの利用者が対象で、お買物金額が5%の割引となります

割引は、イオンカード提示やWAON POINTカード提示で、クレジット払い、現金払い関係なく受けられます。感謝デーで、必需品をまとめ買いしておけば、生活費を節約できて大助かりです。



ほかにもある「お得デー」

「お客様感謝デー」以外にも、イオンではおトクな日があります。

WAON利用者限定で毎月5が付く日の「お客さまわくわくデー」はWAONポイントが2倍になります。

55歳以上のイオンカード会員限定で毎月15日の「G.G感謝デー」は、お客様感謝デーと同じサービスが受けられます。

逃さず使って、やりくり上手を目指しましょう。

ボーナスポイント

イオンには、「ボーナスポイント対象商品」というものがあります。これを電子マネーWAONで買うと、ボーナスのポイントが付いてきます(WAON POINT・電子マネーWAONポイント)。

対象商品は、調味料やお菓子なども多いので、無理なく活用できます。毎月対象は変わるので、公式サイトや店頭でチェックしましょう。

ときめきポイントTown

ショッピングサイト「ときめきTown」を経由してからネットショッピングをすると、ときめきポイントの還元率が最大20倍以上に上がります

主なネットショップ

ポイント合算

3つのポイントとも、それぞれ合算ができます。ただし、違うポイントどうしは合算ができないので気をつけましょう。

うまく使って、お祝い事などに奮発しちゃうのもいいですね~。

合算方法

ポイント 手続き 対象
WAON POINT smart WAONサイト 家族登録するカードどうし
smart WAONアプリ 制限なし
WAONポイント WAONステーション 制限なし(合算先は会員登録済みのみ)
ときめき
ポイント
イオンスクエアサイト・郵送 同一名義
自動 家族カード

イオンカードがおすすめ

電子マネーWAONカードやWAON POINTカードでもWAONPOINTは貯めることができます。

ただし、イチオシの方法はイオンカードを利用すること。オススメなのは、クレジット機能と電子マネーWAON機能が1枚にできる、「イオンカードセレクト」と「イオンカード(WAON一体型)」です。

カードをうまく使うことが、おトクになる近道となります。理由は次の通り!

維持費がかからない

まず、無条件で年会費無料。しかも、家族カードやETCカードまで無料。仮に使わなくても損することがありません。もちろん、使うほどに得をします。

イオン系列の還元率が高い

イオン系列のお買物で還元率が一番高いのがときめきポイントです。いつでも、還元率が2倍の1.0%です。

ときめきポイントが貯まるのは、イオンカードだけ。イオンの節約術の中で、これはマスト!

もしもの時に安心

クレジットカードの良いところの1つにショッピング保険があります。お買物したものを、うっかり壊してしまっても保険が効くので安心です。

イオンカードのショッピング保険

補償対象 クレジットを利用した購入品(貴金属などは対象外)
補償金額 5000円~50万円(ゴールドは300万円まで)
補償期間 購入日から180日以内
補償条件 破損・火災・盗難などの事故

イオン銀行Myステージの適用ステージによって金利が変動

イオンカードセレクトだけの特典ですが、イオン銀行Myステージの適用ステージによって金利が変動します

イオン銀行の預金金利


口座 年利
普通預金(通常) 0.001%
普通預金(セレクト) 最大年0.15%
定期預金(5年) 0.10%

オートチャージでボーナス

これもセレクトだけですが、WAONのオートチャージ機能でボーナスポイントがもらえます。つまり、ポイント二重取りです

もらえるのは、200円につき1ポイントのWAONポイント(電子マネー)。利用時と合わせると還元率が倍になります。便利でおトクになるなら、言うことなしでは?

セレクトについてはこちらでも紹介しています。

イオンカードセレクト



実は会員登録は必要ない!?

WAON POINTの利用には会員登録が必要なのは、説明してきた通り。ですが、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの場合には、その必要ありません。持ってる方は知らずにポイントが貯まり始めているかも。

まだ持っていなくて、本気で節約したい方は、どちらかを申込むのもアリですよ。

映画などが割引料金に

イオンシネマなどでは、イオンカードで優待サービスを受けられます。いつものカラオケでも、休日のレジャーも、節約できますよ。

おすすめの優待割引

施設・店舗 優待
イオンシネマ 一般料金から300円引き
(感謝デーは700円引き)
ビッグエコー 一般室金が30%引き
オリックスレンタカー 基本料金が15~50%引き
お台場 大江戸温泉物語 入場料が契約団体料金

※異なる店舗もあり

イオンカードについてはこちらで詳しく紹介しています。

イオンカードセレクト

まとめ

最後に、ここまでのまとめをどうぞ。マジメに全部読んでくれた方も、もくじから飛んできた方も読んで損はさせませんよ。

1分で読める、ポイント活用テクニック

イオンではイオンカードがおトク
イオン以外はWAONが便利
貯まったポイントはWAONに交換
お客様感謝デーでまとめ買い

イオンではイオンカードを利用

イオン系列で通常、還元率がもっとも高いのはときめきポイントです。いつものイオンのお買物は、イオンカードで支払うとおトクになります。

イオン以外ではWAONが便利

イオン以外だと還元率にほぼ差がないので、電子マネーWAONが便利です。広く使えて、貯まったWAONポイントでキャッシュバックもできます。

貯まったポイントはWAONに交換

イオンでは3つポイントがありますが、すべて電子マネーWAONに交換できます。交換手続きが要りますが、WAONにしておくと、ポイントをまとめられて、どこでも使えます。

お客様感謝デーでまとめ買い

お客様感謝デーは、ポイントではなくお買物代金から直接5%割引になる、超おトクな日。しかも、毎月2回あるので、生活必需品などをまとめ買いする大チャンスです。うまく使って節約しちゃいましょう。

イオンカードは「セレクト」がおすすめ


イオンカードセレクト
年会費 無料 ETC年会費 無料
国際ブランド 還元率 0.5~1.0%
  • イオンお客様感謝デーは5%もお得!
  • 利用額に応じてゴールドカードに無料でランクアップ
  • ◎家族カード有り

↓2019年5月31日まで!最大6,000円分のポイントもらえる!↓

イオンカードは、イオンで最大限に得するには欠かせません。もし、新しくつくる場合には、イオンカードセレクトがオススメです。

カードの優待特典を余すことなく受けられます。イオンをよく使う方は、考えてみてはいかがでしょうか。持っていて絶対、損はありませんよ。

ちなみに、イオンカードは複数枚作れるので、すでにカードを持ってる方も考えてみては?

番外編おすすめ情報

USJがポイントでお得に

関西の人気テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のチケットが、ときめきポイントで交換すると定価よりもおトクになります

チケット料金

通常 7600円
ときめきポイント 6200ポイント

※2018年1月現在

イオンでのお買物で考えると、2年間で62万円分のポイントです。簡単とは言えませんが、目指してみてはいかがでしょうか?

月曜日は映画が割引

大型の店舗に併設されているイオンシネマですが、イオンカードのクレジット払いでいつでも300円引きで観ることができます。

でも実は、毎週月曜日は誰でも1100円となります。これは休日でも有効です。時間が空いた時には、映画を観るのもいいのでは?

店内では無料Wi-Fiが使える

イオンの店内では無料のWi-Fiスポットが設置されています。場所はインフォメーションやフードコート周辺など。

利用方法はWi-Fiの「AEONMALL(AEONの場合もあり)」を選び、最初にメールアドレスを登録するだけです。長時間の買い物なんかではけっこう助かりますよ。

イオンには会員限定のラウンジが存在する

全店舗ではありませんが、一部の店舗と羽田空港には、「イオンラウンジ」という会員限定のラウンジが存在します。利用できるのは、株主とイオンゴールドカードの持ち主だけ。だから、静かに休むことができます。
(イオンゴールドカード所有者は2019年4月1日より、成田空港・新千歳空港・伊丹空港(大阪国際空港)・福岡空港・那覇空港の空港ラウンジもご利用いただけます)

縁が無さそうに見えても大丈夫。イオンカードのゴールドカードは年会費無料の招待制で、カードを良く使っていれば誰でもランクアップがあります。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。