【完全無料&3千円以下のゴールドカード8選】選】1%超の高還元カードも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底比較!無料&無料相当&安価なゴールドカード9選

「ゴールドのクレジットカードが欲しいけれど、カードのために年会費1万円以上を支払うのはちょっと…」

そんなときにチェックしたいのが年会費無料、または格安のゴールドカード。

とは言え「完全無料」のゴールドカードはカード会社からの招待制のため、今すぐカードが欲しいなら3千円台以下で作れる、安価な申込み先を選ぶと良いでしょう。それでも「国内空港ラウンジサービス」等のゴールドらしいカードは利用可能です(一部例外除く)。

今回はゴールドカードの中でも、特に年会費負担を抑えて利用しやすい8つのカードについてまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたに合った申込み先が分かります。

人気ゴールドカードランキング
MUFGカード
初年度年会費無料還元率0.5%
年会費がなんと2,095円(税込)。相場の5分の1という、格安ゴールドカード。
三井住友カードゴールド2020年新デザイン三井住友カード ゴールド
初年度年会費無料(オンライン入会)還元率0.5%~2.5%
信頼・安心の銀行系プロパーゴールドカードが条件を満たせば年会費4,000円!
JCBゴールド
初年度年会費無料還元率1~7%
最大1億円も補償される海外旅行保険はゴールドカードの中でトップクラス!

「完全無料」で作れる3つのゴールドカード

「完全無料」で作れる3つのゴールドカード

まずは各ゴールドカードの中でも、「年会費を支払わずに」作れる無料カードについてお話しさせて頂きます。

★ただしいずれのカードも、年会費負担なしで入会するには「一般カードを使い続け、カード会社からの招待を受ける」必要があります。

今すぐゴールドカードが欲しいのであれば、後述の格安カードへの申込みをご検討ください。

①エポスゴールドカード(※招待なしだと少なくとも初年度は年会費発生)

始めに紹介するのは「エポスゴールドカード」

下位カードにあたる無料の「エポスカード」は年4回の「マルイ」の10%オフ優待(マルコとマルオの7日間)で有名ですが…。

「エポスゴールドカード」は、マルイ以外の場所でもおトクに利用しやすいのが嬉しいポイントとなっています。


エポスゴールドカード
年会費基本還元率
5,500円
※エポスカードまたは家族からの招待があれば無料
※年50万円の決済で翌年以降無料
0.5%
~実質1%超
(エポスポイント)
国際ブランドETCカード
VISA手数料、年会費ともに無料
付帯保険電子マネー
海外旅行保険Apple Pay
その他
  • 利用額に応じたボーナスポイント付与
    ┗年50万円~100万円未満:2,500ポイント
    ┗年100万円以上:10,000ポイント
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 選択した3箇所(お店や公共料金など)でポイント3倍(1.5%)
  • マルイの通販でポイント2倍(1%)
  • マルイの通販で不定期にポイント10%還元(ポイントプレゼント5DAYS)
  • 家族もゴールドカードに無料招待可
  • 家族カードの利用額に応じ最大3,000ポイントプレゼント
  • 「マルコとマルオの7日間」にてマルイでの買い物10%オフ
  • レストランやレジャー施設などでの優待
  • 国内旅行保険、ショッピング保険は付かないので注意
☆一般カード(無料)に無いサービス

基本還元率自体は一般カードと同じ0.5%ですが…。
年間利用額に応じたボーナスポイントを加味して考えれば、実質還元率は1%を超えることも(最高1.5%/年間利用額が100万円ちょうどの場合)。

年会費無料で作るためには無料の「エポスカード」で実績を積む必要がありますが、中には入会から2~3ヶ月でインビテーション(招待)が届いたという方もおり、入会ハードルは決して高くありません。

還元率に優れた、無料のゴールドカードをお探しなら(あるいは国内空港ラウンジを利用できるカードをお探しなら)、狙ってみて損はないでしょう。

エポスゴールドカードを作るべきはどんな人?一般カードと比べた利点&HPにないデメリット
2020.09.25

②イオンカードゴールド(※招待制)

次いで紹介するのは「イオンカードゴールド」
こちらはエポスカードと異なり完全招待制ですが、「イオンカードを使ったショッピング額が、年間100万円以上の方」という条件をあらかじめ提示しています。条件さえ達成できれば、確実に手に入れられるカードと言って良いでしょう。


イオンカードゴールド
年会費基本還元率
完全無料0.5%
(ときめきポイント)
国際ブランドETCカード
VISA
Mastercard
JCB
手数料、年会費ともに無料
付帯保険電子マネー
WAON
Apple Pay
その他
  • イオンモール等に設置の「イオンラウンジ」を利用可能に
    ┗ただし2020年10月現在、感染症防止のため休止中
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 毎月20日、30日はイオン、マックスバリュ等で5%オフ(お客様感謝デー)
  • イオン系列店ではポイント2倍(1%)
  • 毎月10日はポイント2倍
  • WAON(オート)チャージ機能
  • 一般カード(無料)に無い、または一般カードより優れたサービス
  • ……ただし「基本還元率0.5%」はお世辞にも高いとは言えない数字。
    (参考:後述の「P-oneカードの実質還元率は1.495%)

    そもそもイオンカード自体、基本は「お客様感謝デーでのみ使う」ことが推奨されるカードですので、積極的にゴールドカード取得を狙うべきは、

    • 無料で国内空港ラウンジサービスを使いたい
    • イオンラウンジを使いたい

    といった方に限られそうです。

    ★ディズニーデザインのイオンカード(JCBブランドのみ)を利用されているのであれば、以下のディズニーデザインのゴールドカードが発行されます。

    イオンカードセレクトゴールド(ミッキーマウスデザイン)券面

    イオンカードセレクトゴールド(トイストーリーデザイン)券面

    ③セブンカード・プラス・ゴールド(※招待制)

    続いて紹介する「セブンカード・プラス・ゴールド」も招待制ですね。
    イオンカードと異なり、特に招待条件は公開されていません。

    券面

    セブンカード・プラス(ゴールド)
    年会費基本還元率
    完全無料0.5%
    (nanacoポイント)
    国際ブランドETCカード
    VISA
    JCB
    手数料、年会費ともに無料
    付帯保険電子マネー
    nanaco
    Apple Pay
    その他
    • 8が付く日はイトーヨーカドーで5%オフ
    • セブン&アイグループでポイント2倍(1%)
    • nanaco(オート)チャージ機能
    ☆一般カード(無料)に無い、または一般カードより優れたサービス

    …ただしご覧の通りこのカード、一般カードと比べた利点が「国内旅行保険の付帯」くらいしかありません空港ラウンジサービスも無しです。

    国内旅行保険は「横浜インビテーションカード」等の取得により、無料でも利用可能。
    基本還元率の低さを考えても、積極的に狙うようなカードではないでしょう。

    ★ちなみに還元率の高さを重視するなら、「セブンカード・プラス」(無料)自体、

    • 8の付く日のイトーヨーカドー
    • nanacoに関するキャンペーンが行われている間の、nanacoチャージ

    専用のカードとなります。
    上記以外の場面では、基本還元率1%以上の他社カードを使った方が良いでしょう。

    例:普段の決済ではJALカード(実質還元率2%~)を使い、8の付く日のイトーヨーカドーではセブンカード・プラスを使う

    ゴールドカード取得を急ぎたいなら:3千円以下で作れる安価ゴールドカード

    ゴールドカード取得を急ぎたいなら:3千円以下で作れる安価ゴールドカード
    ここからは、

    • 無料のゴールドカードがイマイチピンと来ない
    • 今すぐゴールドカードが欲しい

    というあなたのため、無料とは行かないものの比較的安価(税抜3千円以下)で作れるゴールドカードを紹介させて頂きます。

    ①P-oneカード

    まず紹介するのは、際立って基本還元率に優れる「P-oneカード

    P-one G券面

    P-oneカード
    年会費基本還元率
    3,300円1.495%
    (自動1%オフ+残額に0.5%相当還元/ポケット・ポイント)
    国際ブランドETCカード
    VISA
    Mastercard
    JCB
    発行手数料1,100円
    付帯保険電子マネー
    Apple Pay
    その他
    ☆一般カード(P-one Standard/無料)に無い、または一般カードより優れたサービス

    空港ラウンジはじめとする「ゴールドらしい」特典はありませんが、「高還元+保険付き」を重視するならコストパフォーマンスの良いカードと言えるでしょう。

    ★ちなみに同じくポケットカード社が発行するカードには、「P-one Wiz」という、同じく1.495%の実質還元率を実現する無料カードが存在します。

    「P-one Wiz」はリボ払い専用ですが、支払い額の設定を行うことで「実質一括払い」は可能。
    旅行保険が付かないこと、リボ払いの設定が必要なことさえ容認できるなら、こちらをチェックしてみても良いでしょう。

    ②ORICO CARD THE POINT PREMIUM GOLD



    それなりの高還元と優待サービス、そして安価な年会費を並立させているのが「ORICO CARD THE POINT PREMIUM GOLD」
    いわゆる高還元の「オリコカード(ORICO CARD THE POINT)」の上位カードですね。

    ORICO CARD THE POINT PREMIUM GOLD
    年会費基本還元率
    1,986円1.0%
    (オリコポイント)
    国際ブランドETCカード
    Mastercard
    JCB
    手数料、年会費ともに無料
    付帯保険電子マネー
    iD
    QUICPay
    Apple Pay
    その他
    • iDQUICPay(かざすだけ決済)機能付帯
    • ┗さらにiDまたはQUICPayの利用で還元率+0.5%

    • 全国20万以上のお店やサービスで優待を受けられるクラブオフ特典
    ☆一般カード(無料)に無い、または一般カードより優れたサービス

    iD、QUICPayはコンビニエンスストア等で使える「かざすだけ」のカード決済。
    基本的には決済をよりスムーズにするための機能ですが、このカードであればさらに還元率を+0.5%することが可能です。

    様々なお店やサービスの優待を受けられるクラブオフ特典の存在も相まって、普段使いに都合の良いカードと言えるでしょう。
    ただし空港ラウンジサービスは付きません

    ★クラブオフ特典に関して言えば、「ベネッセ・イオンカード」等の無料カードでも獲得可能です。

    ③MUFGカードゴールド

    安価なゴールドカードの先駆けであり、代表的な存在とも言えるのが「MUFGカードゴールド」

    MUFGカードゴールド
    イニシャルカードETCカード券面
    年会費初年度無料
    12,095円
    ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率0.4%相当~
    • MUFG発行のゴールドカード
    • 最短翌営業日発行
    • 手頃な年会費で、十分な付帯保険
    MUFGカードゴールド
    付帯保険電子マネー
    Apple Pay
    その他
    • 年間利用額が100万円以上なら、翌年還元率が1.5倍に
    • ┗とは言え1.5倍になったところで0.6%程度
      ┗年間利用額50万円~100万円未満なら1.2倍(実質0.48%程度)

    • 入会時に指定した月のショッピング還元率1.5倍
    • 国内空港ラウンジサービス
    • 対象空港は7つのみなので注意

    • 三菱UFJ銀行のATM/コンビニATM利用手数料優待他、三菱UFJ銀行ユーザー向けサービス
    ☆一般カード(MUFGカードスマート)に無い、または一般カードより優れたサービス

    還元率はかなり低い(基本0.4%)ため「決済のおトクさ」のための取得には向きませんが…。

    年会費の安さから、利用機会さえあれば

    のためのサブカードとして割り切って持つのも良いだろうと思います。

    ★同じ年会費の類似カードに「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード」があります。こちらは上記カードの優待に加え、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」というAmerican Expressブランド限定の特典が加わったもの。

    VISA等に比べると使えるお店が少ない(とは言え国内ではJCB加盟店で利用可/一部除く)ものの、独自の特典を利用できそうならこちらを選ぶのも良いでしょう。

    ④楽天ゴールドカード

    安価で取得しやすいゴールドカードの、代表的存在とも言えるのが「楽天ゴールドカード」

    楽天カードゴールド
    楽天ピンク券面
    年会費2,200円ETC
    年会費
    年会費、発行手数料ともに無料
    国際
    ブランド
    還元率1.0%
    • 国内空港ラウンジが年間2回無料
    • ETCカードの年会費無料
    • 海外トラベルデスクのご利用が無料
    • ◎家族カード有り

    楽天ゴールドカード
    付帯保険電子マネー
    楽天Edy
    Apple Pay
    Google Pay
    その他
    ☆一般カード(無料)に無い、または一般カードより優れたサービス

    空港ラウンジサービス(ただし年2回まで)や楽天市場を利用する機会があるなら、こちらのカードを選んでも良いでしょう。

    ……が、基本還元率や付帯保険は無料カードと同じですので、上記の「ゴールドのみの利点」に魅力を感じなければ、無料の楽天カードで十分かもしれません。

    ⑤JCBカードゴールドEXTAGE(※20代専用)

    安価なゴールドカードは得てして「ステータス性に優れる」とは言い難いところですが…。その例外とも言えるのが「JCBカードゴールドEXTAGE」です。

    JCBゴールドEXTAGE
    ETCカード券面
    年会費初年度無料
    次年度より3,240円(税込)
    ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率0.5%
    • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯!
    • スタバやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい
    • Amazonを利用すれば、ポイント3倍! Amazon Studentを併用すれば還元率は最大16.5%にアップ!
    付帯保険電子マネー
    • 海外旅行保険
    • 国内旅行保険
    • ショッピング保険
      詳細:公式HP参照
    Apple Pay
    Google Pay
    その他
    ☆一般カードに無い、または一般カードより優れたサービス

    こちらは20代限定のカードですが…。
    国産ステータスカードの代表格とも言える、同社の「JCBゴールド」とよく似たデザインを採用。
    それでいて年会費は三分の一以下となっています。(JCBゴールドの年会費は1.1万円)

    JCBゴールドEXTAGE券面
    ▲JCBゴールドEXTAGE
    JCBゴールド券面
    ▲JCBゴールド

    さすがにJCBゴールドと全く同じサービスが提供されているわけではありませんが…。

    元々カスタマーサービスに定評のあるJCBの、ゴールドデスクを利用できるという点は共通ですので、入会後のアフターサービスやトラブル対応の確実性を求めるのであれば、これまでに紹介した流通系のカードより間違いなく優先度は高いと言えます。

    基本的には高還元よりも、「安心して使えること」あるいは「ステータス性」を重視したい、20代向けのカードと言って良いでしょう。

    参考:場合によっては年会費1万円超のゴールドカードの方がおトクになることも

    参考:場合によっては年会費1万円超のゴールドカードの方がおトクになることも

    このページの趣旨とは少し外れますが…。
    実はあなたの使っている携帯キャリアや、航空会社の利用機会によっては、下手に安価なカードを使うより年会費1万円超のカードを使った方がおトクとなることも。

    ここでは参考情報として、「年会費は高いが、それ以上のリターンを得られる」ゴールドカードを、簡単に紹介させて頂きましょう。

    dカードGOLD
    dカードゴールド券面年会費:
    11,000円
    還元率:1.0%
    au PAYゴールドカード
    au PAY ゴールドカード券面年11,000円
    還元率:1.0%
    • au利用料の10%~還元
    • auPAYマーケットで使えるクーポン毎月千円分付与
      ┗当月中のみ有効
    • 空港ラウンジ
    JAL CLUB-Aゴールドカード
    JALカード CLUB-Aゴールド券面年17,400円
    還元率実質2%~
    (JAL航空券への交換を想定する時、国際線ならその2倍~)
    • JALボーナスマイル付与
    • 空港などで優待
    • 航空機遅延補償

    各カードの利点があなたに合うようであれば、年会費負担を承知の上で、こういったカードを選ぶのも良いだろうと思います。

    目的別おすすめゴールドカード:高信用、高還元、低年会費他
    2020.10.15

    ★2020年10月現在、ソフトバンクユーザーが特別おトクに使えるクレジットカードはありません。

    まとめ

    まとめ

    エポスゴールドカード
    エポスカードゴールド券面年会費:無料
    (招待があれば)
    還元率:
    0.5%~1%超
    • ボーナスポイントを加味すれば高還元
    • マルイ優待
    • 国内空港ラウンジ
    イオンカードゴールド
    イオンゴールドカード券面年会費:無料
    還元率:0.5%
    • イオンラウンジ
    • 国内空港ラウンジ
    セブンカード・プラス(ゴールド)
    券面年会費:無料
    還元率:0.5%
    • 通常カードの違いは国内旅行保険だけ。
      積極的に狙うようなカードではない
    P-oneカード
    P-one G券面年会費:
    3,300円
    還元率:
    実質1.495%
    • 請求額から自動1%オフ+残額に0.5%相当還元(→実質1.495%還元)
    ORICO CARD THE POINT PREMIUM GOLD
    オリコ・ザ・ポイントプレミアムゴールド券面年会費:
    1,986円
    還元率:
    1.0%
    MUFGカードゴールド
    MUFGカード券面年会費:
    2,095円
    (初年度無料)
    還元率:
    0.4%相当
    楽天ゴールドカード
    楽天ゴールド券面年会費:
    2,200円
    還元率:1.0%
    JCBゴールドEXTAGE
    JCBゴールドEXTAGE券面年会費:
    3,300円
    還元率:0.5%

    限られたコストの中で、各社が工夫を凝らして提供する安価なゴールドカードは、ご覧の通りかなり個性豊か。

    まずはあなたがゴールドカードに何を期待したいか(年会費の安さ、還元率の高さ、ラウンジサービス等)を決めた上で、希望に近いカードを選択できると良いですね。

    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。