ライフカードゴールドに年1万円支払うべきはどんな人?決め手はやはり審査不安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「普段使っているライフカードから、ゴールドカードの案内が来た。
収入の高くない自分でも作れるとすれば、少し気になるけれど…」

結論から言うと「ライフカードゴールド」は、クレジットカードに機能性やおトクさ、ステータス性を求める方には向きません
同じ年会費帯に強力なライバルが多すぎることを考えても、このカードを選ぶべきは主に「審査面に不安がある人」となるでしょう。

今回はそんなライフカードゴールドについて、他社カードと比べたメリット・デメリットや申込上の注意点をまとめました。

【管理人】なびこ
読み進めて頂ければ、今のあなたがこのカードへ申し込むべきかそうでないかが分かります。
ライフカードゴールド
ライフカードETC券面
年会費11,000円(税込)ETC
年会費
永年無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 万一の際にも安心な補償サービス
  • 業界最高水準のポイントプログラム
  • ◎家族カード有り

人気ゴールドカードランキング
MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス®・カード券面三菱UFJカード ゴールドプレステージ
初年度年会費無料還元率0.495%~
誕生!オンも、オフも、いつまでも変わらない輝きを。
三井住友カードゴールド2020年新デザイン三井住友カード ゴールド
初年度年会費無料(オンライン入会)還元率0.5%~2.5%
信頼・安心の銀行系プロパーゴールドカードが条件を満たせば年会費4,400円!
JCBゴールド
初年度年会費無料還元率1~7%
最大1億円も補償される海外旅行保険はゴールドカードの中でトップクラス!

1分でチェック!ライフカードゴールドを作るべきはどんな人?

1分でチェック!ライフカードゴールドを作るべきはどんな人?

「ライフカードゴールド」への申込みを検討すべき方について、結論からまとめると以下のようになります。

ライフカードゴールドが向いている人
  • 収入などの属性に自信はないが、ゴールドカードが欲しい
  • ブラック状態などの理由があって、普通のクレジットカードを作れない
    ┗この場合は「デポジット型」を選ぶこと

正直なところ、このカードを選ぶ上で「審査に通りやすい」以外の理由は見出しにくいところ。
これと言って審査不安がないのであれば、同じ年会費帯のもっと優秀なカード(後述)を使った方が良いでしょう。

一方で何らかの審査不安を抱えているのであれば、「ライフカードゴールド」はとても重要な申し込み先候補になってくれるだろうと思います。

単なる「年会費1万円のクレジットカード」として考えるとサービスや特典は正直微妙…。

単なる「年会費1万円のクレジットカード」として考えるとサービスや特典は正直微妙…。

それではまずは「ライフカードゴールド」における、クレジットカードとしての基本スペックについて見ていきましょう。

①広くおすすめできる点は少なく、誕生月のポイント5倍特典も終了済み

現行の「ライフカードゴールド」基本情報は以下の通りです。

ライフカードゴールド
年会費11,000円(税込)
※家族会員は無料
国際ブランドVISA、Mastercard
基本還元率0.5%
(1,000円ごとに5円相当の「LIFEサンクスプレゼント」付与)
付帯保険
  • 海外旅行保険
    ┗最高1億円
  • 国内旅行保険
    ┗最高1億円
  • ショッピング保険
    ┗年間最高200万円
  • シートベルト傷害保険
    ┗最高200万円

詳細は公式HP参照

申込み条件(公式HPより)
23歳以上で、安定した継続収入のある方がお申込みいただけます。
その他の主な特典など
  • 誕生月はポイント3倍(1.5%)
  • 年間利用額に応じた還元率アップ
    ┗ただし最大でも2倍(1.0%)止まり
  • 「L-Mall」経由のネットショッピングで還元率アップ
    ┗ただし他社にも同様のサービスは多い
  • ロードサービス付帯
  • 弁護士無料相談サービス(初回1回1時間のみ)
  • 国内空港ラウンジサービス

正直なところ、カードスペックとしては「これ」といった利点に欠けます

還元率の面では、各特典を加味してさえ、元から高還元な他社カードを使った方がよほどおトク。
ユニークなロードサービスや「シートベルト保険」についても自動車保険に入っていればあまり用は無いでしょう。
また「国内空港ラウンジサービス」は、大体どのゴールドカードにも付帯しています。

強いて言えば付帯保険の内容は充実している方ですが…。
それだけの理由であえてこのカードを選ぶ人が、どれだけいるのかは疑問です。

★ちなみに「誕生月のポイント5倍」特典はすでに終了済みです。

②年会費1万円+税のクレジットカードは有名ブランドを含めライバルが多すぎる

実のところ、ライフカードゴールドについて辛口の評価をせざるを得ない理由の多くはその年会費帯にあります。

というのも「年会費1万円+税」のゴールドカードは、JCBゴールドをはじめ、有名カードがひしめく激戦地。
そのためほとんどの方にとってはライフカードよりも、他社の有力カードを選んだ方が良いという結果になりがちなんですね。

ライフカードゴールドの年会費が5,000円くらいだったなら、それを理由におすすめもできたかと思いますが…。
正直、スペック面においては魅力が薄いと言わざるを得ないでしょう。ステータス性にも大きな差がありますしね。

CHECK目的別おすすめゴールドカード:高信用、高還元、低年会費他
CHECK28のゴールドカード比較と特に優秀なおすすめゴールド5選

主要ゴールドカードの比較
JCBゴールド
JCBゴールド券面年11,000円
還元率0.5%

公式サイトはこちら

三井住友カードゴールド
三井住友カードゴールド(NL)券面年11,000円
還元率0.5%
  • コンビニで還元率2.5%
  • 国内空港ラウンジサービス

公式サイトはこちら

楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面年11,000円
還元率1.0%
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス

公式サイトはこちら

JAL CLUB-Aゴールドカード
JAL JCB CLUB-Aゴールドカード券面年17,400円
還元率実質2%~
(JAL航空券への交換を想定する時)
  • JALボーナスマイル付与
  • 航空機遅延補償

公式サイトはこちら

差別化点はやはり「審査難易度」、特にデポジット型ならブラックでも取得OK

差別化点はやはり「審査難易度」、特にデポジット型ならブラックでも取得OK

年会費1万円のクレジットカードとしては、ちょっと微妙なスペックと言わざるを得ない「ライフカードゴールド」。
それならあえてこのカードを作るべきは、どんな方なのでしょうか。

①アイフル子会社のライフカードは、業界トップクラスの「審査の通りやすさ」に定評あり

コストパフォーマンスの微妙さを承知の上で「ライフカードゴールド」を作るべきは、冒頭でも触れた通り審査面で不安がある方となります。

実はこのライフカード、大手消費者金融会社として知られる「アイフル」の子会社。
そのためもあってか、他のクレジットカードに比べるとかなり柔軟な審査傾向が見て取れるんですね。

収入要件などもなく、「収入のある23歳以上」の方であれば一応誰でも申し込めますから、「審査に不安があるけれどゴールドカードを作りたい」という場合には重要な申し込み先候補となってくれることでしょう。

…ただしこの方面で言うと、低価格ゴールドカード(MUFGゴールド等)の存在が気になってくるところではあります。

参考:比較的作りやすいゴールドカードの比較
オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド
オリコ・ザ・ポイントプレミアムゴールド券面年1,986円
還元率1.0%
楽天ゴールドカード
楽天ゴールド券面年2,200円
還元率1.0%
  • 空港ラウンジ年2回のみ無料
  • 楽天市場優待

公式サイトはこちら

MUFGカードゴールド
MUFGカード券面年2,095円
(初年度無料)
還元率0.4%

公式サイトはこちら

ジャックスカードゴールド
券面年5,500円
(初年度無料)
還元率0.5%
ライフカードゴールド
ライフカードゴールド券面年11,000円
還元率0.5%

公式サイトはこちら

★ライフカードゴールドは「消費者金融子会社」「審査難易度が低め」という性質上、ステータス性には一切期待できませんので、この点についてはあらかじめご承知おきください。

②「信用の代わりにお金を預ける」デポジット型カードなら重度ブラックでも可決を狙える

さて、普通のライフカードゴールドを一言でまとめると、「年会費の割には審査に通りやすいクレジットカード」程度なのですが…。

実はライフカードには「デポジット型」と呼ばれるシリーズ(ライフカードdp)が存在します。

こちらのカードのシステムを一言でいうと、「信用の代わりに事前にお金を預け入れる」というもの。
要は申込者に信用がないことが前提ということで、重度ブラック状態でも預入金さえ用意できれば問題なく取得できるのが最大の特徴となっています。

ライフカードdp(デポジット型)
年会費5,000円
(一般)
10,000円
(ゴールド、限度額90万円以下)
20,000円
(ゴールド、限度額100万円以上)
国際ブランドMastercard
還元率0.5%
初期負担金について
  • カード受取時、代金引換で「利用可能枠(=デポジット/預入金)+年会費」を支払い
  • 利用可能枠(デポジット)は以下から選択
    • 5万円(一般)
    • 10万円(一般)
    • 20万円~190万円(ゴールド)
備考
  • ETCカードを付けられるのは利用可能枠10万円~
  • ゴールドカードのサービス面は普通のライフカードとほぼ共通
    ┗ただしキャッシング枠なし

利用可能枠(=デポジット)+年会費分の初期費用が発生するということで、ゴールドカードを作るのであれば最低でも21万円の現金を用意する必要はありますが…。

こちらが日本一審査難易度の低いカードであることはほぼ間違いないだろうと思います。どうしてもクレジットカードが必要な事情があるなら、検討の余地はあるでしょう。

CHECKデポジット型ライフカード:「最も審査が甘い?」噂のクレジットカードの注意点

★ちなみにデポジット型カードの場合、一般カードとゴールドカードの間に審査難易度の違いは無いとのことでした(ライフカードへの当合わせによる)。

★その他、通常のライフカードとデポジット型ライフカード(ライフカードdp)の中間に当たるカードとして「ライフカードch」(いわゆる有料ライフカード)と呼ばれるシリーズがあります。
こちらは通常カードの審査落ち後に個別に案内されることのある、少し特殊なカードとなっています。

CHECKブラックでも通る可能性あり!有料ライフカードの基本情報:喪明け後に繋がるメリットも

ライフカードの審査では在籍確認(勤務先確認の電話)が実施される場合アリ

ライフカードの審査では在籍確認(勤務先確認の電話)が実施される場合アリ

今どき珍しいことではあるのですが、ライフカードへの申込経験者からはしばしば「在籍確認が実施された」という報告が聞かれます。

ここで言う在籍確認とは申込みの際の勤務先確認、つまりカード会社があなたの勤務先に電話を掛ける審査過程のことですね。
カードローンの審査ではかなり一般的に行われることですが、最近のクレジットカードの審査で行われることは珍しいです。

ライフカードにこういった報告が多いのは、ひとえに「属性が低めの方にもカードを発行しているから」でしょう。他社では門前払いを食らうような属性であっても、ライフカードであれば在籍の確認を条件に審査に通過できる可能性がある、と考えれば納得しやすいでしょうか。

もちろん在籍確認なしでライフカードを作れる方も多いのですが…。
申込みの際には、「カード会社から勤務先に電話が掛かってくるかもしれない」と思っておくのが無難でしょう。

★ちなみにライフカードの在籍確認は、ライフカード社名を名乗らず担当者個人名で実施されます。
また、申込者本人が電話を受ける必要はありません。

例:○○と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?

★在籍確認とは別に、携帯電話に申込確認の連絡が入る場合があります。

ライフカードゴールドのメリット・デメリットについてのまとめ

ライフカードゴールドのメリット・デメリットについてのまとめ

ポイント
  • ライフカードゴールドは、年会費1万円のクレジットカードの中では微妙なスペックと言わざるを得ない。
    その上ステータス性もないので、多くの方にとっては選択肢に入りづらいのが実際のところ
  • ただし年会費帯の割にはかなり審査難易度が低い
    特にデポジット型カードであれば破産者などの重度ブラック状態であっても作れる可能性あり
    →ライフカードゴールド(特にデポジット型)は、カードスペックより審査難易度の低さを重視したい方向け

「カードスペックは微妙だが、審査に通りやすい」という分かりやすい特性を持つライフカード。
広くおすすめできるカードとは言い難いものの、重度ブラック状態などの事情がある場合には、非常に大事な選択肢となってくれることでしょう。

CHECKデポジット型ライフカード:「最も審査が甘い?」噂のクレジットカードの注意点

CHECK目的別おすすめゴールドカード:高信用、高還元、低年会費他

ライフカードゴールド
ライフカードETC券面
年会費11,000円(税込)ETC
年会費
永年無料
国際
ブランド
還元率0.5%
  • 万一の際にも安心な補償サービス
  • 業界最高水準のポイントプログラム
  • ◎家族カード有り

ライフカードゴールドの基本情報

ライフカードゴールド
年会費11,000円(税込)
※家族会員は無料
国際ブランドVISA、Mastercard
基本還元率0.5%
(1,000円ごとに5円相当の「LIFEサンクスプレゼント」付与)
付帯保険
  • 海外旅行保険
    ┗最高1億円
  • 国内旅行保険
    ┗最高1億円
  • ショッピング保険
    ┗年間最高200万円
  • シートベルト傷害保険
    ┗最高200万円

詳細は公式HP参照

申込み条件(公式HPより)
23歳以上で、安定した継続収入のある方がお申込みいただけます。
その他の主な特典など
  • 誕生月はポイント3倍(1.5%)
  • 年間利用額に応じた還元率アップ
    ┗ただし最大でも2倍(1.0%)止まり
  • 「L-Mall」経由のネットショッピングで還元率アップ
    ┗ただし他社にも同様のサービスは多い
  • ロードサービス付帯
  • 弁護士無料相談サービス(初回1回1時間のみ)
  • 国内空港ラウンジサービス


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。