ANAダイナースの審査通過目安と「ダメ元」申込みガイド:審査落ち後の代替カード情報も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「憧れのダイナースクラブカードの中でも、マイルが貯まるANAダイナースが気になる。
自分の属性でも審査に通るようなら申し込んでみたいけれど…」

高ステータス・高難易度で知られるダイナースクラブカード。
そのうちANAと提携を結んだ「ANAダイナースカード」は、ステータス性と高還元・高サービスを並立したカードとして人気が高いです。

今回はそんなANAダイナースカードについて、

  • 実際の入会基準の目安
  • 他のANAカードと比べた特性

を中心に、分かりやすくまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたがANAダイナースへ申し込むべきかそうでないかが分かります。

ダイナース入会の目安は「27歳以上、年収500万円以上」とは言え…。

ダイナース入会の目安は「27歳以上、年収500万円以上」とは言え…。
まずは気になる、ANAダイナースカードの審査通過条件について見ていきましょう。

①ダイナースホルダーの目安年収はやはり500万円~

結論から言うと、ダイナースクラブカードへの入会目安は「27歳以上、年収500万円以上」

公式HPで見られるのは「27歳以上」の表記のみですが、実際の審査結果報告を見てみると、可決層の年収はほとんど500万円以上となっています(後掲するような例外もありますが)。

同じくステータスカードとして知られるアメックス・カードは、最近だと年収200万円台でも可決されたという例も聞かれますが…。
ダイナースクラブの場合は未だ、入会のためそれなりの属性が求められると考えて差し支えありません。

…とは言え簡単に手に入るダイナースカードでは意味が無いという方も多いでしょうから、入会基準が高いことは一概にデメリットとも言い難いでしょう。

②が、審査落ち自体に大きなデメリットは無いため「ダメ元」の申込は十分視野に入る

ということで原則として500万円以上の年収が要求されるダイナースクラブカード。

実際には年収500万円以上での審査落ち例も、年収500万円未満での審査通過例も確認されているため、年収だけが審査に影響するわけではないようですが…。

いずれにせよ1つのカードの審査に落ちてしまうことに、デメリットはありません

短期間のうちにあまり多くのカードへ申し込むと、一時的に審査に通りにくくなる「申込みブラック」と呼ばれる状況に陥ることはありますが…。
1枚のカードの審査落ちくらいであれば、まず問題にはならないでしょう。

ということで、明らかに望み薄という状況でもないのなら、半ばダメ元で「ANAダイナース」へ申し込んでみるのも一考だろうと思います。

参考ダイナースクラブカードの入会審査結果
可決年収450万円
会社員
可決年収500万円
会社員
否決年収500万円
会社員
30万円程度のリボ債務あり
可決年収600万円
会社員
否決年収700万円
会社員
20代、審査落ち理由不明(年齢?)

あわせて読みたい
5.FAQ:一度審査に落ちてしまった後、再審査を受けるにはどれくらいの間を空けるべきですか?

もう一度チェック!ANAダイナースカードの基本情報とメリット・デメリット

ANAダイナースカードの基本情報は以下の通りです。

▲▼ANAダイナースカード
年会費29,700円
(家族6,600円)
国際ブランドDiners Club
還元仕様100円につき1ANAマイル還元
(マイル還元率1%)
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
※詳細は各リンク先参照
ダイナースクラブ共通特典
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 指定レストランでコース料理を2名以上で予約時、1名無料
  • 限度額の指定なし
ANAゴールドカード共通特典
  • 入会、継続の際に2000マイル付与
  • 航空券購入時のフライトマイル+25%
  • ANA国内線の機内販売10%オフ

ANAダイナースの入会により得られるメリットは、「ダイナースクラブ共通特典+ANAゴールド共通特典」

アメックスのように提携カードだからといって特典が削られることはありませんので、「海外空港ラウンジサービス」はじめとするダイナースならではの恩恵は余すことなく享受できます。

一般に、ステータス性に優れるカードは「コスパ度外視」で語られることが多いのですが…。
ダイナースクラブ独自の提携のおかげでANAダイナースは、海外空港ラウンジを利用できるANAカードの中で最安値

ANAゴールドカード相当ならではの「マイル還元率1%」も相まって、ステータス性と機能性を両立した非常に優秀なカードと言って差し支えないでしょう。

とは言え、

  • VISAやMastercardと比較した際の、ダイナースブランドゆえの加盟店の少なさ
  • 特に国内線のハイシーズン利用時、ANAでは同じ区間でJALを利用する場合より必要マイルが高く付きがち

…といったデメリットについてはあらかじめ知っておく必要があります。

ANAダイナースの審査に通れなかった場合の代替申込先候補について

ANAダイナースの審査に通れなかった場合の代替申込先候補について
ここからは、仮にANAダイナースの審査に通れなかった場合の代替申込先候補について、簡単に触れさせて頂きます。

①他社発行のANAゴールドカード

先にも触れた通り、ANAダイナースはANAカードの「ゴールド」ランクに相当します。

ということで、ANAダイナースの代替申込先候補として真っ先に挙げられるのは、ANAダイナースとまったく同じようにマイルを貯められる「他社のANAゴールドカード」となることでしょう。

★ANAのゴールドカード
ANAワイドゴールドカード(JCB)
  • 年会費15,400円
    (家族4,400円)
  • 海外旅行保険 他
    (上限1億円)
    ┗航空機遅延補償付き
  • 海外空港ラウンジサービスが付帯するが、利用料は都度発生
ANAワイドゴールドカード(VISA、Mastercard)
ANA VISAワイドゴールドカード券面
  • 年会費15,400円
    (家族4,400円)
  • 海外旅行保険 他
    (上限5000万円)
ANAアメックスゴールドカード
  • 年会費34,100円
    (家族17,050円)
  • 海外旅行保険 他
    (上限1億円)
    航空機遅延補償付き
  • キャンセル補償等の独自特典
    ┗ただし海外空港ラウンジは利用不可
※いずれもマイル還元率1%、ANAで航空券購入時のボーナスマイル+25%、その他ANA特典共通

懸念となるのは、いずれのカードもANAダイナースにある「無料での海外空港ラウンジサービス」が付かないことですが…。

この問題については「楽天プレミアムカード」(後掲)あたりをサブカードとして取得することで解決可能。

付帯保険に優れる「ANAワイドゴールドJCB」+「海外ラウンジ&JCBが使えないお店のための楽天プレミアムカード(VISAまたはMastercard)」という組み合わせでカードを作った場合、2枚のカードを合計してもわずかながら年会費は「ANAダイナース」より安くなります(計26,500円)。

ANAダイナースほどではないかもしれませんが、ANAのゴールドカードにも相応のステータス性はありますので、「ANAダイナースを作るまでの繋ぎ」としてはかなり現実的な手段だろうと思います。

また付帯保険などはJCBに劣るものの、VISAまたはMastercardのANAゴールドを作れば、海外でも問題なくメインカードとして利用できることでしょう。

★マイル還元率1%を実現させるだけであれば、ANAの一般カード+「10マイルコース」への加入(JCBの場合年7,700円、VISA/Mastercardの場合年8,800円)という形を取っても問題ありません。
この場合、「楽天プレミアムカード」と組み合わせた場合の合計年会費は2万円未満で済みます。
ステータス性やフライトマイル優遇をさほど重視しないなら、こちらの一般カードで十分かもしれません。

一般カードについて詳しくは以下のページをご覧ください。

8種の「ANA一般カード」徹底解説!ただしJALカードを選ぶべき場面も
2021.07.08

★ちなみにアメックスのゴールドカードはダイナースより年会費が高いにもかかわらず、海外ラウンジ特典が付かないため申込候補には挙がりづらいかと思います。

ANAアメックスゴールドは劣化ダイナース?特典一覧とメリット・デメリット
2021.07.05

②海外空港ラウンジサービス付きのクレジットカード

比較的安価に作れる、海外空港ラウンジサービス付きのクレジットカードは以下の通りです。

★主な無料海外空港ラウンジ特典付きカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアム券面
  • 年会費11,000円
  • 還元率1.0%
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国際線利用時の手荷物無料配送(年2回)
  • 海外でも使いやすいVISA、Mastercard選択可
セゾンプラチナ・アメックス
  • 年会費22,000円
  • 実質還元率2%~
    ┗SAISON MILE CLUB(無料)加入時
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国際線利用時の手荷物無料配送(往路帰路1個ずつ)
  • コンシェルジュサービス他
  • 航空機遅延補償、家族特約
ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナ券面
  • 年会費22,000円
  • 還元率1.5%~
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
    ┗無料となるのは年6回まで
  • 国際線利用時の手荷物無料配送(往路帰路2個ずつ)
  • コンシェルジュサービス他
  • 海外でも使いやすいMastercard
  • 航空機遅延補償、家族特約

単に海外空港ラウンジを無料で利用したい、というだけであれば、申込先は最も安価な「楽天プレミアムカード」に決めてしまって良いでしょう。
こちらはメインカードと言うより、前掲のANAゴールド等のサブカードとして使うのが良さそうですね。

楽天プレミアムカードで年会費以上に得する方法(優待特典のすべて)
2021.09.09

また貯まるマイルが「JAL」のものでもよいのなら、航空会社提携でないにもかかわらずマイル還元率1%を実現している「セゾンプラチナ・アメックス」も有力な申し込み先候補になってくれるだろうと思います。
こちらはメインカードとしての利用が主になりますね。

完全招待制「ANAダイナースプレミアムカード」に入会できるのはどんな人?

完全招待制「ANAダイナースプレミアムカード」に入会できるのはどんな人?
実はANAダイナースには、完全招待制の上位カード「ANAダイナースプレミアムカード」が存在します。
ただでさえ高ステータスなダイナースの、さらに完全招待制カードということで、非常に高いステータス性を持つことは言うまでもありません。そしてその年会費は何と170,500円にも上ります。

…が、都市伝説のように語られるアメックス・センチュリオン(アメックスのいわゆるブラックカード)に比べればいくらか入会自体は現実的なようで、普段からANAダイナースで決済を行っていれば年収700万円~くらいからインビテーションを受けられる模様。
(報告が確認されているのが年収700万円~というだけで、もしかするとより低い年収でも案内を受けられるかもしれませんが)

年会費の高さ、そしてその入会条件ゆえ誰にでもおすすめ…とは決して言えませんが、ここではANAダイナースカードの参考情報として触れさせて頂きました。

券面

▲▼ANAダイナースプレミアムカード
年会費170,500円
(家族無料)
国際ブランドDiners Club
還元仕様100円につき1.5ANAマイル還元
(マイル還元率1.5%)
主な特典
  • 入会、継続のたびに1万マイル付与
  • 航空券購入時のフライトマイル+50%
  • ANAラウンジを利用可能
  • コンシェルジュサービス
  • 海外空港ラウンジサービス
    ┗通常のダイナース提携ラウンジに加え、プライオリティ・パス提携ラウンジも利用可
  • 国内空港ラウンジサービス
  • グルメ優待等 その他非公開

FAQ:一度審査に落ちてしまった後、再審査を受けるにはどれくらいの間を空けるべきですか?

FAQ:一度審査に落ちてしまった後、再審査を受けるにはどれくらいの間を空けるべきですか?
一般には「6ヶ月」と言われています。
これは個人信用情報機関(各カード会社が審査の際に閲覧する、各後払いサービスの利用履歴の保存場所)に申し込み履歴が残るのが6ヶ月間だからですね。

…とは言えダイナースの場合は入会基準自体が高いため、6ヶ月という期間にかかわらず、「ある程度属性が向上してから」(年収が上がってから等)申し込む方が無難かもしれません。

FAQ:審査結果通知までにはどれくらいの日数が掛かりますか?

数営業日~1週間程度で審査完了のメールが届くのが一般的です。
通常のクレジットカードに比べると遅めかもしれません。あらかじめご承知おきください。

ちなみに電話確認などが入ることは滅多にないようです。
(申込者が自営業者の場合などにはその限りではありません)

ANAダイナースの審査と特性についてのまとめ

ANAダイナースの審査と特性についてのまとめ

ポイント
  • ANAダイナースの目安入会基準は「27歳以上、年収500万円以上」。とは言え年収500万以上で審査に落ちる人、500万円未満で審査に通過できる人もいる
  • 1つのカードの審査落ち自体にデメリットはないため、ANAダイナースが欲しいなら「ダメ元」で申し込んでみるのは十分アリ
  • ANAダイナースに入会できなかったなら、代替候補となるのは「他社のANAゴールド+楽天プレミアムカード」
    この場合、ANAダイナースより安価にANAダイナースと同じマイル還元+空港ラウンジサービスを利用できる

クレジットカードの審査結果は、年収以外にも勤続年数や家族構成、そして信用情報といった複数の要素を元に決定します。
そのため「年収いくら以上ならANAダイナースの審査に通れる」と言い切ってしまうことはできないのですが…。

「1枚のカードの審査に落ちることに大したデメリットは無い」ことは確かですので、審査を不安に思うくらいなら「ダメ元」でも申し込んでみるのが手っ取り早いことでしょう。
仮に審査に落ちてしまった場合のことは、審査結果が出てから考えても遅くはないはずです。

▲▼ANAダイナースカード
年会費29,700円
(家族6,600円)
国際ブランドDiners Club
還元仕様100円につき1ANAマイル還元
(マイル還元率1%)
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
※詳細は各リンク先参照
ダイナースクラブ共通特典
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 指定レストランでコース料理を2名以上で予約時、1名無料
  • 限度額の指定なし
ANAゴールドカード共通特典
  • 入会、継続の際に2000マイル付与
  • 航空券購入時のフライトマイル+25%
  • ANA国内線の機内販売10%オフ


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

SNSでもご購読できます。