オリコカード・ザ・ポイントを選ぶべきはどんな人?類似カードと比べた長所・短所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリコカード・ザ・ポイントを選ぶべきはどんな人?類似カードと比べた長所・短所​​

なびお
オリコカードはポイントが貯まってとてもおトクらしい!
けれど実際どのぐらいおトクなんだろう?

数あるオリコカードの中で、最もポイントの貯まる「Orico Card THE POINT」(オリコカード・ザ・ポイント)。
還元率は1%です。
その上、年会費は無料
とてもおトクなカードです。

しかし、場合によってはこのカードよりもおトクなカードも存在します。

例えば楽天カードは、楽天市場での還元率が最大3%。
特定の条件で使い勝手が良くなるカードは少なくありません

ここでは、オリコカード・ザ・ポイントとそんなライバルとなる高還元カードを比較・解説していきます。

【管理人】なびこ
読み終えていただければ、あなたに合ったカードがきっと見つかりますよ。
Orico Card THE POINT
オリコETCカード券面
年会費永年無料ETC
年会費
永年無料
国際
ブランド
還元率1.0%
  • ポイントは100円単位!端数切り捨てなし
  • トラベルサービスが充実
  • ネットショップ約600店舗が加盟しているオリコモールでのネットショッピングでポイント0.5%上乗せ
  • iD・QUICPay搭載
    ◎家族カード有り
Orico Card THE POINTの基本情報
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
なしなし
ショッピング補償追加発行可
なしETCカード
家族カード
付帯電子マネー支払日
iD
QUICPay
翌月27日
申し込み条件
高校生を除く、原則として18歳以上の方

目次

【基本情報】オリコカード・ザ・ポイントはどこで使っても還元率1%以上!

他のカードと比較する前に、まずはオリコカード・ザ・ポイントの基本情報を確認していきましょう。

このカードの特徴はなんといっても高い還元率
利用100円ごとにオリコポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=1円の価値でAmazonギフト券などに交換できます。

さらに「オリコモール」を経由したネットショッピングなら、利用額の1.5%以上ポイントが貯まります
上手く使えばざくざくポイントが貯まるのが魅力のカードです。

そんなオリコカード・ザ・ポイントの基本情報をひとつずつ見ていきます。

①【年会費】発行手数料・年会費はETCカード含めて無料

オリコカード・ザ・ポイントは発行手数料・年会費ともに無料のカードです。

さらに追加発行できるETCカードも発行手数料・年会費ともに無料
ETCの利用分にもポイントがつくので必要な場合には作っておくと良いでしょう。

②【還元率】利用100円ごとに1ポイント貯まる。入会後6カ月間はポイント2倍!

オリコカード・ザ・ポイントを利用すると100円ごとにオリコポイントが1ポイント貯まります。
オリコポイントは1ポイント=1円の価値があるので、還元率は1%ですね。

さらに入会後6カ月間は獲得ポイントが2倍になり、利用100円ごとに2ポイント貰えます。

ボーナスポイントの上限は5000ポイント。
利用金額にして50万円までは、入会後6カ月以内ならポイントが2倍です。

例えば、入会後6カ月間で100万円分カードを利用した場合、獲得できるポイントは15000ポイントです。
内訳は、10000ポイントが通常の獲得ポイント、5000ポイントが入会後特典のポイントになります。

大きな買い物を控えたタイミングでカードを作れば効率良くポイントが貯まっていきます。

③【オリコモール】オリコモール経由の買い物でポイントアップ Amazonは還元率2%!

「オリコモール」経由でネットショッピングをすると、ボーナスポイントが0.5%以上加算されます。

通常のポイント1%と合わせ、オリコモールでの買い物の還元率は1.5%以上になりますね。
特に、Amazonではオリコモールを経由した場合の還元率が2%とおトクです。

「オリコモール」はオリコ会員限定のネットショッピングモールです。
Amazonやビックカメラ、Appleなどが出店しており、オリコモールを経由していつもと同じようにネットショッピングを楽しめます。

オリコモール利用の流れ|オリコモール

オリコモール利用の流れ|オリコモール
オリコモール経由で獲得できるボーナスポイントは2種類。

オリコモール利用ボーナスポイント

各ショッピングサイトごとにポイントの加算率が決まっています。

オリコモール利用ボーナスポイントの一例
ショッピングサイト名ボーナスポイント
Amazon+0.5%
楽天市場+0.5%
ビックカメラ+1%
Apple+0.5%

特別加算ポイント

こちらはどのサイトでも一律に+0.5%のポイントを貰えます。
オリコカード・ザ・ポイントなど一部のカードにのみ付与された特典です。

ただし、楽天市場など一部のショッピングサイトは特別加算ポイント対象外です。

Amazonは特別加算ポイントの対象なので、オリコカード・ザ・ポイントを使う場合はAmazonを利用する方が良いでしょう。

④【ポイント】貯まったポイントはAmazonギフト券やマイルに交換できる

オリコカード・ザ・ポイントを利用して貯めたオリコポイントはAmazonギフト券や各種ポイントに交換できます。

 

オリコポイント交換例
使用ポイント交換先
500ポイントAmazonギフト券500円分
App Store & iTunes ギフト券500円分
1000ポイントGoogle Playギフトコード1000円分
nanacoギフト1000円分
Pontaポイント1000ポイント
電子マネーWAONポイント1000ポイント
Tポイント1000ポイント
ANAマイレージクラブ600マイル
JALマイレージバンク500マイル

この内、特に使いやすい交換先はAmazonギフト券とANAマイル。

Amazonギフト券は500ポイントから交換でき、Amazonで自由に使えるので便利です。

ANAマイルに交換した場合、1000オリコポイント使って600マイル貰えます。
一見、他の交換先の方がおトクに見えますが、実はこれが一番おトクな交換先です。

ANAのマイルは、特典航空券に交換することで1マイル=2円以上の価値になることも少なくないためです。

計算例

オリコカード・ザ・ポイントを
10万円分利用

オリコポイント
1000ポイント獲得
1000円分→還元率1%

600マイルに交換
1マイル=2円の価値とすると
1200円分→還元率1.2%

ただし、ANAマイルをしっかり貯めるならば「ANAカード」など他にふさわしいカードがあります。

【JCBのANAカード】VISA等と比べた年会費以外の長所・短所&JALカードとの違いって?
2020.06.23

「あともう少しマイルがあれば航空券に交換できる……」といった場合に交換すると良いでしょう。

オリコポイントの有効期限は約1年間

オリコポイントの有効期限はポイント獲得月を含めて12か月後の月末までです。
例えば、4月に獲得したポイントは翌年の3月末日に失効してしまいます。

有効期限が約1年と短めなので、こまめにポイントを交換するのがおすすめです。

交換自体は500ポイント(=利用5万円相当)からできるので、1年経っても交換できないということは起こりにくいです。

不安な場合は、オリコカード・ザ・ポイントを公共料金の支払いに登録しておきましょう。
毎月ポイントを貯めることができます。

⑤【電子マネー】iD,QUICPay対応 チャージ不要でスピーディーな支払いができる

オリコカード・ザ・ポイントはiD、QUICPay対応のクレジットカードです。

iD、QUICPayはいずれもクレジットカードで使える電子マネー。
チャージ不要で利用でき、支払いはクレジットカードの請求に合算される点が特徴です。

「クレジットカードの1回払いをワンタッチで行えるサービス」とも言えるでしょう。

iD、QUICPayの支払いでもポイントが貯まります。
会計がスムーズになって便利なので、コンビニなどの対応店ではぜひ利用しましょう。

【他カード比較】「使いやすさ」がオリコカード・ザ・ポイントの強み

オリコカード・ザ・ポイントの特徴を確認したところで、次はこのカードならではの強みを見ていきましょう。

というのも、実はオリコカード・ザ・ポイントのような「還元率1%以上+年会費無料」のカードは少なくないのです。

ここでは、そのようなカードと比較した場合のオリコカード・ザ・ポイントのメリットを解説していきます。

①還元率1%以上+特定の条件で特典多数というカードは多い

ポイントを強みにしているカードの中には「還元率1%以上+年会費無料」というカードは珍しくありません。

中には、特定の店舗での獲得ポイントアップや割引といった特典を持っているカードも。

例えば、年会費無料で還元率1%の「楽天カード」には楽天市場などでポイントが最大3倍になる特典がついています。

こうしたカードは特定店舗での特典をフル活用することでオリコカード・ザ・ポイント以上におトクになる可能性があります。

では、これらのカードと比較したときのオリコカード・ザ・ポイントの強みとはなんなのでしょうか。
次の項目で解説していきます。

②オリコカード・ザ・ポイントの強みは貯まったポイントを使いやすいところ

他の高還元カードと比較したときのオリコカード・ザ・ポイントの強みは貯まったポイントを使いやすいところです。

代表的な高還元カードの主なポイントの使い道について見てみましょう。

代表的な高還元カードのポイントの主な使い道
カード名使い道
オリコカード・ザ・ポイント
  • Amazonギフト券に交換
  • ANAマイルに交換
楽天カード
  • カードの支払いに充てる
  • 加盟店での支払いに使う
dカード
  • ドコモの支払いに使う
  • 加盟店での支払いに使う
リクルートカード
  • ポンタポイントに交換する
P-One WizTポイントに交換する

ポイントは、加盟店などでの支払いに使ったり、別のポイントに交換したりするのがメジャー。
特定の店舗・サービスを利用していないと活用しづらいため、人を選ぶ部分があります。

一方、「Amazonギフト券に交換」できるオリコカード・ザ・ポイントは、ポイントを活用しやすいので使う人を選ばないカードと言えるでしょう。

ポイントの使いやすさでは、「カードの支払いにポイントを充てる」ことができる「楽天カード」が、オリコカード・ザ・ポイントのライバルになります。

しかし、楽天カードは楽天のサービスを利用しない場合、適用される特典が少なく、使うメリットがあまりないカードです。

楽天のサービスを利用しない場合、オリコモール経由で幅広いネットショッピングでおトクになるオリコカード・ザ・ポイントの方が使いやすいでしょう。

オリコカード・ザ・ポイントは基本的にAmazonのクレジットカード「Amazon MasterCard」よりおトク

「Amazonギフト券に交換できることがオリコカード・ザ・ポイントのメリットなら、Amazonのクレジットカードを使った方が良いんじゃないの?」

Amazonは「Amazon MasterCard」というクレジットカードを出しているため、そう思う方もいるかもしれません。

しかし、基本的にはAmazon MasterCardよりもオリコカード・ザ・ポイントの方がおトクです。

Amazonクラシックカード券面

Amazon MasterCardクラシック
Amazon MasterCardは、年1回以上のカード利用で翌年年会費無料。
実質年会費無料のカードです。

利用金額の1%が「Amazonポイント」になり、1ポイント=1円でAmazonの支払いに使うことができます。

また、Amazonでは還元率が1.5~2%にアップ。
一般会員は1.5%に、Amazonプライム会員なら2%になります。

このように、Amazon MasterCardはAmazonでの特典に特化しているカードです。
その一方で、このカードには他のサービスでの特典はついていません

そのため、Amazonで還元率2%、その他のネットショッピングでも還元率1.5%以上のオリコカード・ザ・ポイントの方がおトクだと言えます。

カードの見た目など、こだわりがなければオリコカード・ザ・ポイントの方がおすすめです。

【他カード簡易紹介】特定の条件で使いやすくおトクになるカード4選

オリコカード・ザ・ポイントはポイントを使いやすく、使う人を選ばないカードでした。

それは裏を返せば、フル活用できるのならば他の「使う人を選ぶカード」を選んだ方が良いということになります。

ここでは、そんな特定の場面で活きる高還元カードを4枚紹介します。
あなたにぴったり合うカードがあれば、ぜひ利用を検討してみてください。

①【楽天カード】楽天グループでより高還元 貯まったポイントもカードの支払いに使えて便利

楽天カード

JALカード navi ディズニーデザイン券面

年会費永年無料ETC
年会費
500円(税抜き)
国際
ブランド
還元率1.0~3.0%
  • ETCポイントが100円刻みで貯まる!
  • 楽天市場でのお買い物はいつでもポイント3倍
  • キャンペーンで還元率5~10%以上にUP!
  • 最高額2,000万円の海外旅行保険
  • ◎家族カード有り

楽天カードの基本情報
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最大2000万円
(※利用付帯)
なし
ショッピング補償追加発行可
なしETCカード
家族カード
付帯電子マネー支払日
楽天Edy翌月27日
申し込み条件
高校生を除く18歳以上の方
特典
  • 楽天市場、楽天ブックスでポイント最大3倍
  • 楽天トラベルでポイント最大2倍
  • 楽天グループ利用でポイントプレゼント
  • 楽天ポイントを使えるお店でポイント2倍
  • 優待店舗でポイントゲット
ポイントの使い道
  • 楽天ポイント加盟店で支払いに使う
  • 楽天ペイ加盟店で支払いに使う
  • 楽天Edyに交換する
  • 楽天のサービスで利用する
  • カードの支払いに使える

楽天カードは楽天グループをよく利用する方におすすめのカード。

年会費無料・還元率1%でありつつ、楽天市場でポイントが最大3倍貯まる点が魅力です。

さらに、楽天グループ以外に、楽天サービス加盟店で受けられる特典も。

例えば、「マクドナルド」や「出光」などの楽天ポイント加盟店では、獲得できるポイントが2倍になります。

他にも、「ENEOS」などの優待店舗でエントリーしてからカードを使えば、ポイントをゲットできる特典もあります。

貯まった楽天ポイントは、カードの支払いに使うのがおすすめ
毎月12日~最長24日までの間に、楽天e-NAVIから手続きすることができます。

詳しくは以下の記事をご確認ください。

楽天カードのポイントの貯め方【完全ガイド】 ~入会して必ずやるべき7つのこと~
2020.08.20

②【dカード】ローソンでおトクに!ポイントはドコモの支払いに使うと便利

dカード

ポインコデザインデザイン券面

dカードETCカード券面

年会費永年無料ETC
年会費
年550円
※初年度無料
※年1回のETC利用で無料
国際
ブランド
還元率1.0%
(dポイント)
  • 年会費は永年無料
  • ローソンではdカード決済で1%ポイント還元!
  • ポイントの使い道が多い。「iDキャッシュバック」がおすすめ
  • ◎家族カード有り

dカードの基本情報
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
なしなし
ショッピング補償追加発行可
年間100万円までETCカード
家族カード
付帯電子マネー支払日
iD翌月10日
申し込み条件
以下の4点を満たす方

  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
  • その他カード会社規定の条件を満たすこと
特典
  • dカード特約店で追加ポイントや割引などの特典
  • dカード ポイントアップモールで獲得ポイント1.5~10.5倍
  • dポイント加盟店で利用すると追加ポイント特典
ポイントの使い道
  • dポイント加盟店での支払いに使う
  • ドコモの携帯料金などの支払いに使う
  • 景品と交換する

dカードは、ドコモのポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

このカード最大のメリットは、ローソンでのdカード決済で1%ポイント還元されること。

この特典によって、ローソンはdカードが特にお得になるお店となっています。

貯まったdポイントは、ドコモの支払いに使うのがおすすめです。

dカードについて詳しい情報は以下の記事をご確認ください。

【ローソン優待終了】dカードの最新メリット・デメリット【高還元狙いならNG?】
2020.10.19

③【リクルートカード】じゃらんで還元率3.2~11.2%などリクルートのサービスでさらに高還元

リクルートカード
年会費無料ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率1.2%
  • 無料、高還元、ポイントも腐りにくい優良カード
  • 「nanaco」等へのチャージでもポイントが貯まる
  • 海外旅行保険に加え国内旅行、ショッピング保険付き
  • JCBブランドに限り、ETCカード関連費用無料
  • ◎家族カード有り

リクルートカードの基本情報
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
最高2000万円
(※利用付帯)
最高1000万円
(※利用付帯)
ショッピング補償追加発行可
年間200万円ETCカード
家族カード
付帯電子マネー支払日
なし翌月10日
申し込み条件
18歳以上で安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方
特典
リクルートのサービスで3.2%以上のポイントが付く
ポイントの使い道
Pontaポイントに交換する

リクルートカードは「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」など、リクルートのサービスでおトクなカードです。

最大の特徴は高い還元率。
なんと、このカードはどこで使っても利用金額の1.2%がポイントとして還元されます

リクルートのサービスを利用する場合、このカードはさらにおトク。
「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」をよく利用している場合、どんどんポイントを貯められるでしょう。

リクルートカードの特典一覧
じゃらん追加で2~10%の還元
ポンパレモール追加で3~20%の還元
ホットペッパービューティー追加で2%の還元
ホットペッパーグルメ追加で2%の還元

貯まったポイントは、Pontaポイントに交換して使います。
Pontaポイントはローソンなどで使えるほか、リクルートの各種サービスの支払いにも使えるので、そちらに活用しても良いでしょう。

リクルートカードについての詳しい解説は以下の記事をご確認ください。

リクルートカードとETCカードを作る5つのメリット:ETCカードつきクレジットカード100選
2020.05.17

④【P-one Wiz】還元率はどこでも1.5%!ただし支払いの初期設定がリボ払いなので注意

P-one Wizの基本情報
海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険
なしなし
ショッピング補償追加発行可
年間50万円ETCカード
家族カード
付帯電子マネー支払日
なし毎月1日
申し込み条件
高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能かつ安定した収入のある方、またはその配偶者
特典
  • 「ポケットモール」でポイント優待
  • レンタカー5%割引
  • ポケットカードトラベルセンターで3~8%割引
  • ポイントの使い道
  • 景品に交換
  • Tポイントなどのポイントに交換する
  • P-one Wizはポケットカードの高還元カードです。

    このカード最大の特徴は、利用金額の1%が引き落とし時に割引されること。
    さらにその上で、利用1000円ごとに1ポケットポイントが貯まります。

    ポケットポイントは、1ポイント=3円の価値でPontaポイントなどに交換可能。
    また、Tポイントに交換する場合に限り、1ポイント=5円の価値で交換できます。

    このふたつの還元を合わせて、P-one Wizの還元率は1.3~1.5%と、とても高いものになります。

    一方で、このカードのデメリットはリボ払い専用カードであること
    初期設定では店頭で「1回払いで」と伝えても強制的にリボ払いになってしまいます。

    このカードのリボ払いには年率18%の手数料がかかるので、これでは1.3~1.5%の還元があっても最終的には損です。

    リボ払いを回避するには、カードを発行してから支払い方法を「ずっと全額コース」に変更する必要があります。

    「ずっと全額コース」にすれば通常の1回払いが行われるようになり、手数料は発生しなくなるので安心です。

    ただし、元々はリボ払い専用カードだった弊害で、分割払いは実質使えなくなってしまいます。
    特に、手数料が発生せず使い勝手の良い2回払いが使えないのは不便です。

    上手く使えれば、どこでも高還元でおトクなカードだと言えるでしょう。
    このカードの詳しい情報については以下の記事をご確認ください。

    P-one wizカードは年会費無料で高還元率1.5%。nanacoでも…
    2020.05.17

    まとめ

    ポイント
    • オリコカードで一番還元率の高いOrico Card THE POINTは還元率1%!年会費はETCカードも含め全て無料。
    • オリコモール経由で買い物をするとポイントがより多く貰える。特にAmazonでは還元率2%ととてもおトク。
    • 貯まったポイントはAmazonギフト券やANAマイルなど、使いやすいものに交換できる。
    • iD、QUICPayに対応しているため、コンビニなどでスピーディーに支払いができる。
    • 実は年会費無料+還元率1%以上のカードは珍しくない。オリコカード・ザ・ポイントの強みは使う人を選ばず使いやすいポイントが貯まりやすいこと
    年会費無料+還元率1%以上の他カード
    • 楽天カードは楽天グループでおトクなカード。貯まったポイントをカードの支払いに使える点が便利。
    • dカードローソンでの決済で1%ポイント還元されるカード。貯まったポイントはドコモの支払いに使えるので、ドコモの携帯を使っている場合活用しやすい。
    • リクルートカードは「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」など、リクルートグループで特典豊富なカード。どこでも還元率1.2%と貯まりやすいが、ポイントはPontaポイントに一度交換しなければ使えず少し不便。
    • P-one Wizはポケットカードのリボ払い専用カード。還元率が1.3~1.5%ととても高いが、初期設定のままだと1回払いも強制的にリボ払いにされてしまうので注意が必要。「ずっと全額モード」にすれば、リボ払いの手数料を回避できる。

    オリコカード・ザ・ポイントは使う人を選ばず、どこでも使える高還元カードを作る場合にもおすすめのカードです。
    自分に合ったカードを選んで、上手にカードを活用していきましょう。

    オリコカード・ザ・ポイントの基本情報

    カード名Orico Card THE POINT
    申込み資格高校生を除く、原則として18歳以上の方
    提携カードJCB
    MasterCard
    利用可能額10万~300万円
    申込みから届くまでの時間最短8営業日
    入会金無料
    年会費無料
    支払い方式1回払い
    分割払い
    ボーナス一括払い
    ボーナス併用払い
    リボルビング払い
    分割払い(年率)12.2~15%
    リボ払い(年率)15%
    キャッシング(年率)15~18%
    遅延損害金(年率)ショッピング:6~14.6%
    キャッシング:18%
    担保不要
    保証人不要
    必要書類運転免許証などの本人確認書類
    金融機関名株式会社オリエントコーポレーション
    住所・所在地東京都千代田区麹町5丁目2番地1
    電話番号03-5877-1111
    貸金業登録番号関東財務局長(13)第00139号
    新規お申込はこちら>>Orico Card THE POINT
    Orico Card THE POINT
    オリコETCカード券面
    年会費永年無料ETC
    年会費
    永年無料
    国際
    ブランド
    還元率1.0%
    • ポイントは100円単位!端数切り捨てなし
    • トラベルサービスが充実
    • ネットショップ約600店舗が加盟しているオリコモールでのネットショッピングでポイント0.5%上乗せ
    • iD・QUICPay搭載
      ◎家族カード有り
    

    コメント

    1. 章三郎 より:

      私は2年ほど前からOrico Card THE Pointを使っています。

      オリコモールは支払い方法がオリコカードによるクレジット決済に限定されていません。つまり1%のオリコポイントが付くオリコカード決済より多くのポイントが付く支払い方法を選ぶことができます。

      たとえばでアマゾンではamazon mastercardクラシックでクレジット決済を行なえばオリコポイントとアマゾンポイントの二重取りができます。私はリクルートカードでクレジットチャージした楽天Edyで決済することで、オリコポイントと楽天スーパーポイントとリクルートポイントの三重取りをしています。

      またノジマオンラインではd払いでリクルートカードを使い、オリコポイントとdポイントとリクルートポイントの三重取りをしています。

      他のクレジットカード会社のポイントモールでは対象のカードで決済することが条件となっているところもあるので、この点はオリコモールの特徴といえます。

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。