ETC障害者割引を利用する手続き方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETC障害者割引とは

ETC障がい者割引制度は、障がい者の方のための支援活動のひとつです。
条件を満たす方であれば時間や曜日を問わず、有料道路の通行料が半額に値引きされます。
なお、割引を利用するには前もっての登録が必要となります。
その他のETC割引はこちら

割引対象となるケース

1.身体障害者手帳を所持する障がい者自身が運転する時
2.障がい者本人が同乗し、本人以外が運転する時
身体障害者手帳、療育手帳のどちらかを交付されいる方で重度の障がいを持っている方。
 重度の障害の定義については障害者手帳より『旅客鉄道株式会社旅客運賃減額』を参照して下さい。
●重度の障がいがある15歳未満の方で、本人の代わりに保護者が身体障害者手帳を交付している場合

利用登録

障がい者割引を利用するためには前もって登録をしておく必要があります。
また、登録にあたって、障がい者の方1名に対して、車も1台となります。
車載器もETCカードも本人名義のもので決まった組み合わせに限り、割引の適用となります。
障がい者の方が同乗するからと言って、どの車に乗っても割引の適用になるわけでありません
レンタカーやタクシー、代車などはもちろん対象外となります。

申し込み時に必要となるもの

●障がい者手帳
●自動車検査証
●運転免許証(障がい者本人が運転をする場合)
●ETCカード
●ETC車載器セットアップ申込書/証明書
(自動車に取り付けられているETC車載器の車載器管理番号が確認できる書類)
●委任状(代理人が申請する場合

ETCカードは障がい者本人の名義に限りますので、注意してください。
もしも、ご本人名義のETCカードがない場合は、こちらから年会費無料のETCカードを作れます。

ずっと年会費無料で使えるETCカードはこちら

申し込み方法

ステップ1:窓口に書類を必要書類を提出する
手帳の管理を行っている市区町村の福祉担当窓口に行き、備え付けの申請書を記入の上、提出します。
窓口で登録審査を受けます。ETCを利用する場合は、ETCカードの名義、車載器管理番号等の審査もあります。

ステップ2:手帳に必要情報を記載してもらう
障がい者割引適用の条件を満たしていれば、手帳に必要情報の記載がされます。
具体的には、障害者割引の対象となる自動車のナンバー、割引有効期限 等が書かれることになります。

ステップ3:ETC利用対象者登録
窓口で、ETCの利用もしたい旨を伝えてETC利用対象者証明書を発行してもらいます。
その「ETC利用対象証明書」を窓口から渡される封筒に入れ、切手を貼って「有料道路ETC割引登録係宛」に郵送します。
この時点ではETCカードの利用はできませんが、一般レーンを通って必要項目が記載された手帳を提示すれば割引が受けられます。

ステップ4:登録結果通知書が届いたら利用開始!
有料道路ETC割引登録係で登録後、自宅に登録結果通知書が届くので、通知書に記載されている登録内容、割引開始日を確認します。
割引開始日からは、登録した車載器とETCカードの組み合わせでETCレーンを無線通行すると、自動的に障がい者割引が適用されるようになります。

有効期限と更新方法

障がい者割引には有効期限があり、手続きが終了した日から2回目の誕生日までとなっています。
更新は有効期限の2か月前からになります。
手続きに必要な書類は最初の申請と同じですので、割引を継続したい場合は期限内に福祉担当窓口まで行くようにしましょう。

参考:ドラぷら
http://www.driveplaza.com/traffic/tolls_etc/etc_dis_handicapped/



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。