【保存版】電子マネーの種類 (流通系) おすすめはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【保存版】電子マネーの種類 (流通系) おすすめはコレ!
ここでは、数ある電子マネーの中でも「流通系・電子マネー」について紹介します。

電子マネーとQRコード決済は何が違うの?

電子マネーとQRコード決済は何が違うの?
よく耳にするけれど実はよくわからない、といわれるのが
「電子マネーとQRコード決済って、同じもの?」という疑問。
インターネットでも同じカテゴリーで紹介しているサイトもあったりして、混乱してしまいますよね。

どちらも「支払いに現金を使わない電子決済」という点は同じ。
ですが、電子マネーはICチップがついたカードを使って決済するのが基本です。
クレジットカードを紐付けて後払いしたり、現金をチャージして、お店のレジに設置された専用読み取り機にかざして利用します。

一方、QRコード決済にはカードがありません。
スマホなどのアプリに現金をチャージするなどし、お店でアプリのバーコードを読み取ってもらうか、店側のコードを読み取って決済をします。

違いは決済方法。
QRコード決済は電子マネーには含まれません。

電子マネーの「流通系」「交通系」「通信系」ってどう違うの?

現在、日本に流通する電子マネーは大きく以下の3種類に分けられます。

  • 流通系電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • 通信系電子マネー

違いは以下のようになります。

「流通系」「交通系」「通信系」電子マネーの違い
流通系流通系の会社が発行した電子マネー。
スーパーやコンビニ、通販などの利用を前提としている。
交通系鉄道会社が発行した電子マネー。
バスや電車など、公共交通機関での切符や定期の代わりに利用できる。
コンビニや加盟店などで利用することもできる。
例)Suica、PASMO、ICOCAなど
通信系携帯などの通信会社が発行した電子マネー。
発行元の会社が提供するサービス(携帯・インターネット料金など)で利用したり、コンビニや加盟店などで利用することもできる。
例)au PAY/ソフトバンクカードなど

流通系電子マネーは、発行会社が経営する店舗や系列店で優待やポイントアップなど、独自のおトクな特典を提供することが多くあります。
また、ショッピング利用を主な目的としているので、利用できるお店が多いのがメリットです。
そのため、ショッピング利用が多く、特定のお店やサービスをよく利用する人に向いています。

今回は、流通系の電子マネーにフォーカスを当ててご紹介していきます。
なお、上記の分類では通信系に入るau PAYは、使えるお店が多く流通系と同じような使い方ができることから、今回はラインナップに含めてご紹介します。

本ページの目的

本ページでは流通系電子マネーの特徴や、おすすめポイントを取り上げて行きます。

流通系・電子マネーについて

ここからは、コンビニやスーパー、デパートなど街中で使える「流通系の電子マネー」の特徴を1つずつ見て行くことにしましょう。

楽天Edy(エディ)

楽天スーパーポイントが貯まる唯一の電子マネー!使いやすさ+人気No.1のカード!

楽天Edyは既に「発行枚数1億3,500万枚」を突破し、圧倒的シェアを誇る巨大ブランドです。大手コンビニ全社で使えるほか、貯まったポイントは楽天市場や楽天トラベルなど「楽天グループ」の系列でも使える便利な一枚です!

楽天Edyのカードスペック
支払い方法プリペイド(前払い)
発行枚数・会員数1億3,500万枚
加盟店の数(実店舗)78万カ所以上
ネット加盟店の有無
主な加盟店主要コンビニエンスストア・スーパー・百貨店・ネットショップ(Amazon・Amebaほか)飲食店・全国のEdy加盟店・楽天市場・楽天トラベルなどの楽天グループ
利用限度額残高上限額:50,000円
チャージ限度額:25,000円/回
※一日あたりの利用可能な回数等についての制限はなし
チャージの方法現金(加盟店設置のEdyチャージャー・一部加盟店レジ・コンビニATM)、クレジットカード、銀行口座、楽天楽Edyアプリ
対応機種Android OS 4.4.0以上、楽天Edyアプリ対応のスマートフォン
※フィーチャーフォン(ガラケー)向け楽天Edyアプリのサービスは2020年3月18日をもって終了
※iPhoneの場合はEdyアプリではなくEdyカード用楽天Edyアプリを利用する(Edyカードが必要)
専用アプリ楽天Edyアプリ
ポイント付与の仕組み(還元率)還元率:0.5%~
付与:支払い200円ごとに1ポイント
利用:1ポイント=1円
オートチャージ
チャージでマイルやポイントが貯められる代表的なクレカ
※メモ1を参照のこと
● 楽天カード 
● JMBローソン Pontaカード VISA
● エポスカード
● ライフカード
● リクルートカード VISA
● ANA JCBワイドゴールドカードカード

楽天Edyを使いこなすコツ!

楽天Edyを賢く使いこなすには、以下のポイントが重要になってきます。

  • チャージポイントの貯まるクレジットカードを紐づける(現金チャージではポイントが貯まらない)
  • ポイントサービスに登録し、楽天ポイントを貯める設定をする(楽天カードの場合、設定は不要)
  • 楽天ポイントがアップするキャンペーンに参加をする

  • 加盟店での買い物にEdyを利用する(200円=2P+加盟店ポイント)

楽天Edyは楽天会員となり、楽天市場や加盟店でショッピングするのが最もポイント還元が高く賢い使い方と言えるでしょう。
楽天Edyでは毎月キャンペーンを実施中。
エントリー+条件達成でポイント還元率が大幅アップしたり、ポイント山分けができるなど、見逃せないお得なチャンスがいっぱいですよ。

楽天Edyへのチャージでポイントはもらえるの?

楽天Edyへのチャージ方法は、現金のほか、クレジットカードや銀行口座、楽天ポイントなどから選べます。
ですが、実はチャージでポイントが貯まるのは限られたクレジットカードからのチャージだけ。現金をはじめとする他の方法ではチャージポイントが貯まりません。

その点、クレジットカードからのチャージでは、ポイントが貯まればEdy利用時の付与ポイントに加えてポイント二重取りができちゃいます。
チャージができるのは楽天カード以外にも、楽天IDに紐づいているクレジットカードであれば可能。

ですが、楽天カード以外のクレジットカードを使うにはいくつかの注意点があります。

楽天カード以外のクレジットカードを楽天Edyのチャージに使う際の注意点

  • 「クレジット機能なしのEdyカード」または「Edyアプリ/Edyカード用楽天Edyアプリ」を申し込む必要がある
  • カードによってチャージポイントが貯まるもの・貯まらないものがある

チャージポイントは各クレジットカード会社の還元率に従って還元されるので、選ぶクレジットカードは還元率の高いものがお得です。
ですが、「実はチャージポイントが還元されないカードだった!」という場合、もらえるポイントはゼロ!
チャージに使いたいカードがあるなら、事前にカード会社へ確認をしておきましょう。

では、「楽天Edyへチャージするのに一番相性の良いカードは何?」というと、その答えはやっぱり楽天カードです。
楽天カードのチャージポイントは200円ごとに1ポイント。
Edy利用時の付与ポイント(1ポイント/200円ごと)との二重取りでの還元率は1.0%になります。

そこで出てくるのが「二重取りで還元率1.0%なら、還元率の高いクレジットカードからのチャージで二重取りしたほうが還元率が高いんじゃないの?」という疑問。
ですが、実は他のカードでは良く調べないと分からないこんなデメリットが伴うことがあるんです。例えば高還元カードの代名詞、リクルートカードを使った場合のデメリットは以下のようになります。

リクルートカードを楽天Edyチャージに使う場合のデメリット

  • チャージポイント付与の対象は利用額の合算で月間30,000円まで(それ以上はいくらチャージしても付与対象外)
  • チャージはリクルートポイント、Edy利用分は楽天ポイントとポイントシステムが異なるので、貯めづらく使いづらい

その点、楽天カードであればチャージ・Edy利用ともに楽天ポイントとポイントが集約できるので、ポイントを貯めやすく使いやすくなります。
さらに、楽天Payで楽天Edyを利用して支払いをする場合など、楽天カードでないとチャージが出来ない場合があるため、Edyへ紐付けるクレジットカードは楽天カードが最適といえます。

例えば1ヶ月2万円のチャージで 現金からチャージ0ポイント 楽天カードからチャージ100ポイント

楽天Edy公式HPより
しかも、スマートフォンのおサイフケータイ対応機種に初期設定すると、各種ポイント・マイルが貯まる「Edyでポイント」を利用すると、支払いポイントがさらにアップします。

加盟店でedyで支払いをした場合 2重で貯まる 3重で貯まる

楽天Edy公式HPより
ぜひ活用してみましょう。

【楽天Edyとは】基本の仕組み・メリットと私がEdyを「使わない」理由
2021.07.06

nanaco(ナナコ)

対象店舗でポイントが貯まりやすいカード!会員限定のお得な特典も目白押し♪

nanacoは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど加盟店でのお買い物をするとポイントが貯まる(ポイント数は商品ごとに異なります)お得なカードです。また、対象店舗で対象商品を買うとボーナスポイントがもらえたり、チャージでポイントがもらえる期間限定キャンペーンもあります!

nanacoのカードスペック
支払い方法プリペイド(前払い)
発行枚数・会員数7,250万枚超
加盟店の数(実店舗)約772,500カ所以上
ネット加盟店の有無
主な加盟店セブンイレブン、イトーヨーカドー、西武・そごう、LOFT、デニーズなど
利用限度額チャージ限度額:50,000万円(25,000円/回)
チャージの方法現金(セブン&アイグループ各店の店頭、セブン銀行ATM・nanacoチャージ機・空港、駅等に設置のポケットチェンジ端末(外貨両替サービス端末))、クレジットカード(オートチャージ・都度チャージ)、nanacoギフトやnanacoポイントからチャージ
おサイフケータイAndroid OS 5.0以上のスマートフォン
※iPhoneは非対応
専用アプリnanacoモバイルアプリ
ポイント付与の仕組み(還元率)還元率:0.3~1.0%
付与:支払い100~300円ごとに1ポイント
利用:1ポイント=1円
オートチャージ
チャージでマイルやポイントが貯められる代表的なクレカ● セブンカードプラス
● JMBローソンPontaカード VISA
● リクルートカード VISA・JCB
● オリコカードJCB
● ライフJCBカード

nanacoを使いこなすコツ!

典型的な流通系電子マネーのnanacoは系列店に特化した特典が特徴。
系列店を上手に利用できればどんどんお得になります。

nanacoの特典

  • イトーヨーカドーで毎月8のつくハッピーデー(8、18、28日)にnanaco支払いをすると5%割引
  • アリオ・イトーヨーカドー専門店街でハッピーデーにnanaco支払いをするとお買い物ポイント4倍
  • おつりで投資トラノコでnanacoで投資を始めると3,000 nanacoポイントが必ずもらえる
  • セブンイレブンやイトーヨーカドーの対象商品を買うとボーナスポイントがもらえる!
  • セブンイレブンボーナスポイント
    イトーヨーカドーボーナスポイント

上記の特典のほか、nanacoは期間限定のキャンペーンが多いのも魅力です。

ホームページをこまめにチェックして、お得なチャンスを逃さないようにしましょう。

nanaco 開催中のキャンペーン

また、チャージ方法にクレジットカードを選ぶなら、あわせて検討したいのが「セブンカードプラス」の申し込み。

nanacoへのチャージに使えるクレジットカードは「セブンカードプラス」、「セゾンカード」、「UCカード」と限られているのですが、中でもチャージポイントが貯まるのはセブンカード・プラスだけ。

累計獲得ポイント数に応じてボーナスポイントがもらえたり、会員限定のキャンペーンを随時実施しているなど、いいことづくめです。

今なら新規入会+条件達成で最大7,700ポイントが付与されるキャンペーンを実施中。
気になる方はホームページをチェックしてみましょう。

セブンカードプラス新規入会キャンペーン
セブンカードプラス キャンペーンと特典

nanacoは、モバイル利用に優れた電子マネー!

nanacoは、カード型以外にもスマートフォンアプリで利用できる「nanacoモバイル」が選べます。
お財布がなくても決済ができて便利なnanacoモバイルですが、対応機種はAndroid5.0以上のスマートフォンのみ。
iPhoneには対応していないため、注意が必要です。

2020年度・nanacoの特徴を徹底解説!優待とポイント二重取りで節約しよう
2020.09.01

WAON(ワオン)

イオン、ミニストップなどのイオン系列をはじめ、提携先の多さで人気の高いカード!

WAONと言えば、イオン系列のイメージが強いのですが、ファミリーマートやビックカメラ、マクドナルドやコスモ石油など、イオン以外の店舗でもWAONを使う事が可能です。またJMB WAONカード(WAONカード+JALマイレージバンクカード)を使えば、WAONとマイルを一度に効率良く貯められます

WAONのカードスペック
支払い方法プリペイド(前払い)
発行枚数・会員数約8,185万枚
加盟店の数(実店舗)約83万6千カ所
ネット加盟店の有無
主な加盟店イオン、ダイエー、マックスバリュ、イオンモール、イオンネットスーパー、DCMオンラインなど
利用限度額残高上限額:50,000円
チャージ限度額:49,000円/回
チャージの方法現金:店頭レジ・イオン銀行ATM・WAONチャージャーmini
クレジットカード(オートチャージ・都度チャージ):WAONステーション・イオン銀行ATM・モバイルWAON、WAONステーションアプリ、WAONネットステーション
イオン銀行:イオン銀行ATM、WAONネットステーション
その他:ポイントチャージ、外貨チャージ
対応機種Android OS 4.1以上、モバイルWAONアプリ対応のおサイフケータイ(スマートフォン)
※フィーチャーフォンは非対応
※iPhoneの場合はモバイルWAONアプリではなくiPhone向け WAONステーションアプリを利用する(対応機種:iOS13以上)
専用アプリモバイルWAON/モバイルJMB WAON/Google
Pay
ポイント付与の仕組み(還元率)還元率:0.5%
付与:支払い200円ごとに1ポイント
利用:1ポイント=1円
オートチャージ
チャージでマイルやポイントが貯められる代表的なクレカ● WAONカードプラス
● イオンカード(WAON一体型)
● JMB WAONカード
● イオンJMBカード
● 三井住友カードWAON
● VJAグループ加盟各社発行のWAONカード
● JP BANK カード WAON
● 吉野家WAON
● スポーツオーソリティ WAONカードプラス

WAONを使いこなすコツ!

WAONをお得に使いこなすための重要ポイントは、以下の通りです。

  • ショッピングポイントが2倍になるイオングループ対象店を積極的に利用する
  • クレジットチャージでポイントを二重取りする!
  • WAON一体型イオンカードを使い、特典をフルに使う
  • 毎月20日・30日にお買い物代金が5%OFFになる「お客さま感謝デー」に系列店を利用する
    ※全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなど(※一部対象外店舗・対象外商品あり)
  • 定期・不定期開催のキャンペーンをこまめにチェックする

イオンカードの会員は、さまざまな割引・優待が受けられることで有名です。WAONを単体で使うよりも、WAON一体型のイオンカードを利用するなどすることで効率良くポイントを貯められたり、利用できる優待がぐっと多くなりお得です。
他にも、マイルを貯めたいならWAONとマイルが同時進行で貯められるJMB WAONカードがおすすめです。

JMB WAON券面

WAONPOINTと電子マネーWAONポイントは別物!その違いとは?【完全ガイド】
2021.09.14

au PAY(エーユーペイ)

auユーザーなら持って損なし!世界のMasterCard加盟店で使えるグローバルな一枚

あなたがauユーザーなら、有力候補に加えたいのは「au PAY」
携帯やインターネット回線などauを利用していれば、発行手数料は無料。
au加盟店だけでなく世界中のMasterCard加盟店で利用できるから、使えるお店がとにかく多い!

au WALLETプリペイドカード券面

au PAYのカードスペック
支払い方法プリペイド(前払い)
発行枚数・会員数2,500万枚超
加盟店の数(実店舗)au PAY加盟店:355万カ所以上
MasterCard加盟店:世界 約3,810万カ所
ネット加盟店の有無
主な加盟店主要コンビニエンスストア、イトーヨーカドー、西武そごう、ケンタッキーフライドチキン、東急ハンズ、ビックカメラなど
利用限度額残高上限額:100万円
チャージ限度額:50万円/日
チャージの方法現金(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、ローソン店頭、auショップ内 au SaKuTTO)、クレジットカード、かんたん決済、銀行口座
対応機種iOS8.0以上/AndroidTM4.2以上、au PAYアプリ対応のスマートフォンまたはタブレット
専用アプリau PAYアプリ
ポイント付与の仕組み(還元率)還元率:0.5%~
付与:支払い200円ごとに1ポイント
利用:1ポイント=1円
オートチャージ
チャージでマイルやポイントが貯められる代表的なクレカ● au PAY カード
● セゾンカード
● MUFGカード
● ライフカード MasterCard
● Amazon MasterCardほか

au PAY・詳しい仕組みについて

Mastercardの加盟店でも利用できるau PAYは使えるお店の多さや定期的にキャンペーンを開催しているのが魅力です。
auユーザーであれば、au料金の支払いで新規入会&利用特典の加算ポイントが4倍になったり、チャージ方法の選択肢が増えたりとメリットも多いau PAY。
auユーザーでなくても作ることは可能ではあるのですが、じぶん銀行の口座を解説しなければならないなどユーザーにはない制約があったりするので、注意が必要です。

au PAYを使いこなすコツ!

au PAYを賢く使いこなすには、以下のポイントが重要になってきます。

  • 携帯やインターネットなどauとの契約がある
  • チャージ用クレジットカードとしてau PAYカードを紐付ける
  • 貯まったポイントをチャージに使う

au PAYは、支払いなどで獲得したポイントをそのままチャージできます。
提携ポイントやマイルに交換することもできますが、そのままチャージすれば手間なく、ムダなく使い切ることができます。
また、auユーザーなら毎月の通信費の支払いにポイントを使うなど、分かりやすく節約することができます。
ショッピングだけでなく、au利用料金の支払いにもau PAYを利用するなど、効率良くポイントを獲得したいですね。

iD(アイディ)

後払い方式で圧倒的な加盟店数を誇るiD!紛失・盗難の際も補償が受けられるので安心!

NTTドコモが発行するiDは、これまでご紹介してきていたプリペイド型とは違って、後払いができるポストペイ型の電子マネー。クレジットカードのような感覚で利用できます。
支払い方法は他にもチャージして使うプリペイド方式、銀行口座に紐づけるデビット方式から選べます。

実は、今流通しているクレジットカードにはiDを搭載しているものが多くあり、お手持ちのクレジットカードの裏面にiDマークがあれば、簡単な登録で始めることができます。

iDのカードスペック
支払い方法ポストペイ(後払い)
※プリペイド(前払い)、デビット(銀行口座紐付け)も選択可能
発行枚数・会員数非公開
加盟店の数(実店舗)約150万カ所以上
ネット加盟店の有無
主な加盟店主要コンビニエンスストア・イトーヨーカドー、イオンモール、マクドナルド、ウェルシア、ヨドバシカメラ、エネオスなど
利用限度額紐づけたクレジットカードによる
チャージの方法チャージ不要(後払い)
おサイフケータイAndroid OS 5.0以上、iDアプリ対応のおサイフケータイ(スマートフォン)
Apple Pay対応機種
専用アプリiDアプリ
ポイント付与の仕組み(還元率)クレジットカードに紐づけた場合、カードのポイント還元率を適用
オートチャージチャージ不要(後払い)
iD対応カードの一例● dカード
● 三井住友カード(NL)
● Orico the POINT
● オリコiB(iD×QUICPay)
● 三井住友カード ゴールド(NL)

iDを使いこなすコツ!

iDを賢く使いこなすには、以下のポイントが重要になってきます。

  • 紐づけるカードにはiDと相性の良いdカードを選ぶ
  • iDとQUICPayを両方搭載したカードなら利便性抜群!
  • 高還元率クレカとあわせて使えばポイントが貯めやすい!

iDは、それ自体にポイントがたまりません。そのため、紐づけるクレジットカードは還元率の高いものを選びましょう。
中でも相性が良いのはdカード。iD特約店でのiD利用の場合は決済ポイントに加えて最大3.0%の還元、合計4.0%の驚異の還元率となります。
また、クレジットカードの中にはiDとQUICPayを二種類搭載した便利なカードもあるのでそちらも要チェックです。

【電子マネーiDとは】概要・利用メリットと3つの導入方法
2021.04.02

QUICPay(クイックペイ)

簡単便利なQuicPayの後払いサービス!指定するカードで利用ポイントやマイルも貯まる!

QUICPayは、iDと同様にポストペイ、プリペイド、デビットと3種類の支払い方法から選べる、とても便利な電子マネーです。
持ち方は、QUICPayカードのほか、QUICPayモバイル、クレジットカード+QUICPayの一体型カードから選べます。

QUICPayのカードスペック
支払い方法ポストペイ(後払い)
※プリペイド(前払い)、デビット(銀行口座紐付け)も選択可能
発行枚数・会員数1,500万枚以上
加盟店の数(実店舗)133万カ所以上
ネット加盟店の有無
主な加盟店主要コンビニエンスストア・スーパー・百貨店・ネットショップ・飲食店などQUICPay加盟店
利用限度額20,000円/回
チャージの方法チャージ不要(後払い)
おサイフケータイ
  • Google Pay™対応機種:Android5.0以降+FeliCa搭載端末おサイフケータイ
  • Apple Pay対応デバイス:iPhone 8以降、国内で販売されたiPhone 7/iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 3以降、国内で販売されたApple Watch Series 2
  • 専用アプリQUICPayアプリ
    ポイント付与の仕組み(還元率)クレジットカードに紐づけた場合、カードのポイント還元率を適用
    オートチャージチャージ不要(後払い)
    チャージでマイルやポイントが貯められる代表的なクレカ● セブンカード・プラス
    ● JCB EIT
    ● リクルートカード
    ● オリコカードiD×QUICPay
    ● セゾンパール Amercan Express

    QUICPayを使いこなすコツ!

    QUICPayを賢く使いこなすには、以下のポイントが重要になってきます。

    • QUICPayだけでなく、iDやEdyなどを搭載したクレジットカードの利用が便利!
    • 還元率の高いカードと紐づけることで、毎日の利用がより一層便利に♪
    • マイルが貯まるカードを使えば、利用範囲が広がる!
    メモ セキュリティ面でも安心の後払い方式
    QUICPay、iDのように後払い方式の電子マネーには、盗難・紛失時の保険が適用されるので安心です。前払い方式で高額なチャージをするのが心配……という方は、後払い方式の電子マネーを利用しましょう。

    番外編・ポストペイ型電子マネー一覧

    ここでは詳しく取り上げなかったものも含めて、ポストペイ型(後払い式)の電子マネーについて、簡単にご紹介しましょう。

    ポストペイ型の電子マネー

    • iD
    • QUICPay
    • PiTaPaカード
      (三井住友カード)
    • OricoCard PayPass

    今後、クレジットカードを利用される(申し込みも含めて)場合、どのような電子マネーが付帯しているのか、細かくチェックしてみることをおすすめします。

    流通系 電子マネーは、どれがおすすめ?

    チャージの度にポイントやマイルが獲得できるカードを選ぼう!

    現金をつかってチャージするのは、ポイント付与などのメリットがなく「もったいなさすぎる使い方」と言えます。せっかく使うのであれば、チャージへのポイント付与やマイルが獲得出来るクレジットカードでチャージを行いましょう。

    安全を選ぶなら、ポストペイ型の電子マネーがおすすめ!

    流通系の利用に「高額なチャージをするのは不安……」という方も多いです。この場合は、セキュリティ対策に強いポストペイ(後払い方式)の電子マネー利用がおすすめです。
    後払い方式であれば、万が一のカード紛失・盗難にも補償が受けられ安全です!

    チャージを設定するカードは、還元率の高いカードを選ぼう!

    チャージ設定に還元率の高いカードを使えば、年単位で大きな「ポイントの違い」が生まれてきます。キャッシュバックやマイルの大量獲得を狙うのであれば、なるべく還元率の高いカードを使うようにしましょう。
    また、マイルをメインに狙うのであれば「エアライン系列」のクレジットカードを利用するといいでしょう。ボーナスポイントの加算などで、効率よくマイルが貯められます。

    交通系電子マネーとの好相性のクレジットカード

    ● ANA VISA Suica
    ● JMBローソンPontaカード VISA
    ●  JALカードSuica
    ● ビックカメラSuicaカード など


    まとめ・流通系 電子マネー

    いかがでしたか?
    流通系の電子マネーは、毎日のショッピングや生活に欠くことができない存在と言えます。
    せっかく利用するのですから、現金でチャージせずに、還元率が高くお得なクレジットカードと併用して使ってみてはいかがでしょうか。
    カードの二枚持ちが嫌だ……という方は、電子マネー一体型のタイプの利用がおすすめです。

    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。