ETC利用による割引制度の目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETC利用者だけが割引を受けれる理由は、ETC利用者を増加させる目的のため。

ETCを利用していない人の中には、ETCだけ割引があるということに不満を持つ人がいるかもしれません。
実のところ、ETC利用者だけに割引適用される理由はきちんと存在します。ETC割引実施は、ETC利用者を増加させるための施策です。

ETCを導入するだけで最大で50%も通行料金が割引になるため、当然ドライバーの多くはETCを導入しようと考えますよね。実際に、2002年にはわずか2%程度だったETC利用率ですが、2014年には約90%にまで上昇しています。

では、なぜ利用者の増加を図っているのかというと… ETC利用者が増加すると、利用者はもちろんのこと、国全体や環境にとってもメリットがあるためです。
具体的には、以下の4つが主に挙げられます。

ETC利用者増加で得られる4つのメリット

メリット1 料金所の渋滞緩和
料金所一般レーンでの渋滞は、誰しも一度は見たことのある光景だと思います。
一般レーンでは料金所でいちいち停車して金銭の収受をしなければなりませんが、ETCレーンを利用すれば、ただ減速するだけで精算・通過が可能です。
1台1台の料金支払いにかける時間が短くなるため、渋滞緩和策としてとても有効な手段です。

メリット2 交通量分散による渋滞緩和
割引の時間帯や区間を限定することで、「交通量を分散する」といった狙いもあります。
例えば、深夜割引や平日朝夕割引(ETCマイレージサービス登録者限定)は時間帯での割引に、休日割引は地方部限定で割引されるため、区間での割引となり、それぞれ交通量の分散に一役買っています。
さらに割引により高速道路利用者が増えることで、一般道の渋滞緩和も見込めます。

メリット3 環境改善に貢献
一般的に車が排気ガスを多く排出するのは低速度で走行している時とアイドリングをしている時です。
高速道路利用時ではどんな時に低速走行、アイドリング状態になるかと言うと、渋滞の時と料金所での支払い時です。
メリット1、2で前述したように、ETCを利用することで渋滞が減り、排気ガス減少に繋がります。
首都高、阪神高速では環境ロードプライシングという割引制度がありますが、これも環境対策の一環として行われています。

メリット4 通行料金の収受ミスがなくなる
従来は料金所スタッフが手動で料金の収受を行ってきましたため、気を付けていてもお釣りの渡し間違いのなど、どうしても収受ミスが発生することがありました。
しかし、ETCを導入することで支払いがシステム化され、料金を誤って収受することがなくなります。
また、ETCレーンが増えることで、料金所スタッフの人員を減らすことができ、人件費の削減にもつながっていきます。

以上のような理由から、ETCの利用は推奨されているのです。
割引制度の詳しい条件については、「ETCのメリット(5)割引制度」を参考にして下さい。

また、各道路事業者の割引サービスは、以下のページからご確認いただけます。

東/中/西日本高速道路株式会社の割引制度
首都高速道路株式会社の割引制度
阪神高速道路株式会社の割引制度
本州四国連絡高速道路株式会社の割引制度
名古屋高速道路公社の割引制度
福岡北九州高速道路公社の割引制度



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。