卓上プリンタとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卓上プリンタは購入可能ですが、SA/PAに設置されているものを自由に利用できます

ETC利用明細を発行する方法の一つに、卓上プリンタを利用する方法があります。
卓上プリンタは、ETCカードの情報を読み取るカードリーダーと読み取った情報を出力するプリンターで構成されています。
ETCカードを挿入するだけで簡単に利用明細が発行されます。
利用明細に印字される情報は入口料金所、出口料金所、利用日時、利用料金、車種です。これに関して、車載プリンタとの違いはありません。

また、これも車載プリンタと共通ですが、料金が確定していない通行については明細を発行できませんので注意しましょう。

卓上プリンタが利用できる場所と購入する場合の価格は?

卓上プリンタは高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、カー用品店などで利用することができます。下記のページで設置場所を確認することができます。
店舗はオートバックス系列で、設置数自体も決して多くはありません。全国的に設置されているようではないようです。
※設置されているサービスエリア・パーキングエリアの検索
※設置されている店舗の一覧

また、インターネットや車両販売店などで購入することも可能です。
運送事業者など、業務の都合上、車両管理が必要となる事業所などで利用されることが多いですが、もちろん個人で購入して利用することも可能です。

卓上プリンタ本体の販売価格は60,000円~70,000円くらいが相場となっています。
別途、印刷に必要なペーパーロールの購入も必要となり、10巻6,000円前後で販売されています。

卓上プリンタの使い方

ETCカードの番号や車両番号などを入力する必要はありませんので、面倒な作業は何もありません。
以下に卓上プリンタの操作手順になります。

利用手順
[1] ETCカードをカードリーダーに挿入します。
[2] カード情報が読み込まれるのを待ちましょう。この状態の時は絶対にカードを抜き取ってはいけません。
[3] 読み込みが完了すると、ディスプレイ部分にカード内の利用情報が表示されます。表示される情報は履歴番号、利用日、利用料金です。
[4] 最新のものから表示されるので、進むボタンと戻るボタンで印刷したい履歴を選びます。発行可能な履歴は100件程度です。
[5] 印刷ボタンを押します。
[6] ETCの利用明細が発行されます。

利用明細を受け取ったらETCカードを取り忘れないよう、気を付けましょう。

料金所マスタの更新

卓上プリンタには料金所マスタと呼ばれる高速道路の料金所データが内蔵されています。
料金所名称は料金所マスタを利用して印字されます。
料金所マスタは不定期で更新されますので、必要に応じて自分で更新をする必要があります。

なお、料金所マスタに未登録の料金所を利用した場合、料金所名ではなく料金所番号が印字されます。
料金所番号から料金所名を検索することが可能なため、『どこの料金所を利用したか分からない!』ということにはなりませんのでご安心下さい。

ETCを利用した料金所を確認するには?をご参照下さい。–>

卓上プリンタの製造メーカー

卓上プリンタは、デンソー製のものが多く見られます。
株式会社デンソーは愛知県刈谷市に本社を構えており、トヨタグループに属しています。
自動車部品メーカーとしては世界第1位のシェア率を誇ります。

▼デンソー製卓上プリンタ
http://www.denso.co.jp/ja/products/aftermarket/info/etc/lineup2012/option.html



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。