ETC車載器をほかの車両に移したとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買い替えた車に車載器を移すことは可能!ただし、車両情報の再セットアップを忘れずに!

ETCシステムが導入されて10年以上が経過した現在、ETC車載器が装備された自動車から新車に乗り換えるという人も増えてきました。
車載器が特に壊れていなかったり、今の機能で満足しているという場合は、古い車から取り外して新しい車に付け替えることが可能です。

ただし、古い車から外しただけの状態で車載器を利用することは禁止されています。
車載器には車両を特定するための情報がセットアップされているため、これをやり直す必要があるためです。この作業を怠ると不正通行で罰せられる可能性があります。
車載器のセットアップに利用される情報

この作業は「再セットアップ」と呼ばれており、新規セットアップと同様に許可を受けたセットアップ店だけが実施可能な作業です。
費用は3000円程度かかってしまいますが、一般的には車を買い換えるときに販売店やディーラーに付替えとセットアップまでやってもらうことが多いので、交渉次第では付け替えの工賃やセットアップ費用をサービスしてもらうことが可能なようです。

※セットアップが可能なお店は、以下のサイトから検索できます。
http://www.go-etc.jp/shop_search/

また、自分は新しい車載器に付け替えて、古い車載器を人に譲るといった場合は、新しい車載器に新規セットアップが必要となり、古い車載器を譲り受けた人は再セットアップを実施する必要があります。詳しくは、ETC車載器を交換した場合のページで紹介しています。

ちなみに引っ越しなどでナンバープレートのみが変わった場合もETC車載器の再セットアップが必要ですよ!

ナンバープレートなどを変更した場合

この際、最新式の車載器を検討してみるのもよし!!

最近のETC車載器の進歩には目をみはるものがあります。
アナウンス機能が進歩していることはもちろん、カーナビと連動させてスムーズにETCレーンへ誘導したり、観光情報や交通情報を表示する次世代型の車載器も登場しています。なんと、災害のときに避難案内をすることも可能だとか…!
もし新車を購入したなら、最新式の車載器を検討してみるのもいいかもしれません。
カーナビ連動など高性能な車載器の詳細はこちら
次世代型車載器DSRCについてはこちら

車載器を移したらETCカードも作り変える必要があるの?

いいえ。
新しい車に車載器を移し替えても、以前利用していたETCカードはそのまま使うことが出来ます。
これは、車載器とETCカードがとくに紐付いていないためです。1枚のETCカードを複数の車両で利用することが可能なのも同様の理由です。
1枚のカードを複数の車載器で使用する例

ただし、ETCカードも様々なタイプが発行されていますから、現在お持ちのクレジットカードについて
「特に良い思いをした覚えはない」「勧誘されてなんとなく作った」
…というあなたは、作り変えも検討してみてくださいね。日々の出費が節約できる可能性大です!
年会費無料のETCカード
ガソリン代が安くなるETCカード



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。