三菱重工業株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCシステムを作った三菱重工のETC車載器ならトラブルの心配無用

三菱重工業株式会社は、船舶や航空機、ロケットエンジンを主力製品とする三菱グループの会社です。戦闘機・護衛艦・戦車などの兵器も多く製造しています。またグループ内の三菱電機と競合してエアコンやETCシステムを製造していることでも有名です。

三菱重工では、ETCシステムだけでなくETC車載器の製造・販売も手がけています。その規模は日本国内にとどまらず、シンガポール・マレーシア・タイなどにも車載器を出荷しており国内外あわせて650万台以上の豊富な販売実績を誇っています。よりETCシステムを安全に利用してもらうため、テストコースを設けて研究・チェックを続けている会社ならではの安心感があります。

三菱重工では、2ピースタイプ(アンテナと本体とが一体化している一体型)から3ピースタイプ(アンテナと本体とが分離している分離型)まで様々な機種が販売されていましたが、現在は3ピースタイプのみ販売しています。熱線反射ガラスにも対応できる「アンテナ車外設置」タイプも販売していましたが、現在は出荷を終了しています。またバイクに対応している車載器は販売していません。

また、一般的に車載器は本体の色がブラックのものがほとんどですが、三菱重工のETCは 艶やかな高級感のある質感を持ち、ダークパープルやネイビーブルーなど上質なカラーリングで展開しているため、車内のインテリアやお好みに合わせてETC車載器を選ぶことができること、デザインが良いにも関わらず、価格が格安でコストパフォーマンスが高いことも口コミで評判となっていました。配線がACC電源とアース・アンテナ線だけなので取り付けが簡単で、ETC本体も小さく軽いため、自分で取り付けてセットアップまでする方には特に人気があります。

しかし残念なことに、三菱重工製ETC車載器のほとんどの機種がすでに生産終了となっていて、2015年1月現在では、MOBE-700のみ出荷可能です。生産終了となってしまった機種でも市場に在庫があれば購入できますが、在庫が終了次第販売終了となってしまいます。

MOBE-700は、ブラックとネイビーの2色で展開されています。カード挿入口を照らすラインイルミネーションが特徴的で、カードの挿入位置と挿入の有無が一目瞭然です。カードが未挿入の場合は赤く光って警告します。また、ETCカードの有効期間を音声案内する機能も装備されているのでカードの挿入忘れの心配はありません。クラリオン製のカーナビ(対象外機種あり)と連動させることができますが、接続には別売りのカーナビ専用ケーブル(QCZ-6009)が必要です。価格面でも市場価格6480円程度とお手頃ですし、インターネットの口コミサイトを見てみると満足度・レビューの点数は高く購入者の8割以上が満足されているようです。

車載器の詳細情報や出荷状況についてはメーカーウェブサイトやカタログを参照してください。

参考:三菱重工業株式会社
ETC製品情報
http://www.mhi.co.jp/etc/product/index.html

※2015年11/1付で、ITS事業(高速道路情報システム)が三菱重工業株式会社から三菱重工エメカトロシステムズに移管されました。これにともない、ETC車載器の販売は今後三菱重工エメカトロシステムズが行っていくことになりました。詳細は公式以下の公式HPから確認してください。

三菱重工エメカトロシステムズ株式会社
http://www.mhims.co.jp/



コメントを残す


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。