富士重工株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スバル」で知られる富士重工。現在はETC車載器を提供していません。

富士重工業株式会社とは、自動車製造から航空宇宙産業まで幅広く行っている製造会社であり、自動車のスバル(SUBARU)ブランドで知られる国内大手の自動車メーカーの一つです。現在では、富士重工業という会社そのものをスバルと呼ぶ人も少なくありません。

富士重工業は、軍用機や航空機の開発を行っていた中島飛行機を源流に持っているため、元航空技術者が自動車開発を担当してきたという経緯から、機能性や合理性を優先したユニークなメカニズムを特徴とした自動車多く生産しています。特に走行性能を重視した設計を行っているため、悪路で有名な北米で評価が高く、販売台数を伸ばしています。

2016年2月現在、富士重工業では純正のETC車載器を提供していません。SUBARU のカタログやホームページで確認すると、スバル各車種に取り付け・セットアップできるETC車載器として、デンソー三菱(MITSUBISHI)パナソニッククラリオン(Clarion)の各メーカー製車載器が紹介されています。メーカー(およびディーラー)オプションのSUBARU純正カーナビと組み合わせれば、利用料金などをカーナビの画面に表示させることが可能です。ただし、車載器によっては対応外のカーナビもあるので事前に確認が必要です。また、純正のビルトインカバー(5,400円)を利用すれば、後付け感がなくスマートに車内に納めることができます。ただし、車載器によって形状が違っているので、隙間や出っ張りが生じることもあるので注意が必要です。

富士重工業でも以前は、自動車製造における豊富なノウハウを活かして多様なETC車載器を提供していました。SUBARU純正カーナビとの相性の良さや純正ならではの安心感から、スバリストと呼ばれるスバル愛好家に人気がありました。

以前提供されていたETC車載器は、3ピースタイプ(本体とアンテナが分離しているもの)の車載器が19163円(内工賃4200円)から販売されていました。また、ビルトインタイプ(自動車と一体化しているもの)の車載器は29925円~32025円(ともに内工費9450円)でした。

谷村新司の「昴」ってSUBARUのイメージソングなの?

谷村新司さんのヒット曲として知られている「昴」が、富士重工業のイメージソングだと思ってる人が多いようですが、実は何の関係もありません
実は、他に富士重工業を意識して制作された曲があるのです。それは、「我が人生は昴なり」という曲で作曲家の石坂まさをさんが熱狂的なスバリストであったために「生真面目で人情味あふれるスバルの姿そのものを思い唄い上げたものである」そうです。



コメントを残す

  • この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。