ETC車載器の種類(2) 3ピースタイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目立たないところに設置可能でセキュリティ上も安心の3ピースタイプ

ETC車載器には2ピースタイプ、3ピースタイプ、ビルトインタイプの3種類があります。

このうち、車載器の本体部分からアンテナのみを分離させたものが「3ピースタイプ」の車載器です。ダッシュボードの上で電波状況が良い場所を選んで小型アンテナを取り付けておけば、カードの挿入や各種操作を行う本体部分は車内のどこに置いてもOKです。一般的には、アンテナをバックミラーの裏側やフロントガラスの上部など視界を遮らない場所に、本体は使い勝手と運転の安全性確保の点からカードの出し入れや音声案内の設定がしやすい場所に配置します。

3ピースタイプは、車載器本体とアンテナ部分、そしてETCカードの3つの要素からシステムが成り立っている事から「3ピースタイプ」と呼ばれています。また、アンテナが分離していることからアンテナ分離型とも呼ばれます。

車載器を取り付けて設置する場所がダッシュボードなどに限られる2ピースタイプ(アンテナ一体型)と違い、3ピースタイプ(アンテナ分離型)はアンテナが分離していることで取り付け位置を車内の比較的目立たない場所に設定できるため、視界をスッキリさせておくことができる他、外から見えないのでセキュリティ的にも安心なのが大きなメリットと言えるでしょう。現在では価格面でも2ピースタイプとほとんど差がないので、3ピースタイプが主流となっています。

外から見てカードの有無がわからない車載器の位置は?

3ピースタイプの車載器の場合、コードが届く範囲であれば車載器本体をどこに設置してもかまいません。一般的には、コンソール脇の足元に設置されるケースが多いようですが、この位置だと窓から覗かれた場合にカードの有無が見えてしまいます。できればグローブボックスや蓋が付いているセンターボックスの中に設置することをおすすめします。ただし、車種やメーカーによって設置可能な場所が違ってくるので、カー用品店の店員など専門家に相談するのが賢明です。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。