料金を決定するために必要な車両情報を通信するのに欠かせないETC車載器!決済に必要なETCカードの入手も忘れずに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCを使って高速道路の通行料金を支払うためには、自動車やバイクにETC車載器を装着し、ETCカードをセットして料金所ゲートを通行する必要があります。
通過するとき、車載器とゲートのアンテナとで無線通信が行われ、料金が決まります。

「ETC車載器」とは?

ETC車載器には、通行料金を決定するために必要な車両情報(車種など)が登録されています
これらの情報をETCシステム(料金所のアンテナ)と通信するのが、車載器の主な役目というわけです。
ただし、ETC車載器に料金を精算する機能はありません。
そのため、車載器本体にETCカードをセットすることで精算に必要なカードナンバーなどの情報を交信できるようにする必要があります。
ETC車載器の種類は、設置する場所によって大きく3つのタイプに分けることができます。

ETC車載器の種類

  1. 2ピースタイプ(アンテナ・本体一体型) ⇒特徴
  2. 3ピースタイプ(アンテナ分離型) ⇒特徴
  3. ビルトインタイプ(自動車・車載器一体型) ⇒特徴

近年ではカーナビ連動型などの高性能タイプの人気があります。

JUMPカーナビ連動型について

さらに、電機メーカーや自動車部品メーカーからバラエティにとんだ商品が発売されているため、カー用品店やディーラーで好みに合う商品を選ぶことができます。

ETC車載器の代表的メーカー一覧

①ETC車載器を使えるようにするには

次に、車載器の購入からETCの利用開始までの流れをまとめました。
ETCカードの用意がない場合はあらかじめ申込んでおきましょう。 

車載器の購入~ETC利用開始までの流れ

ETC車載器を購入
(カー用品店・ネット通販など)
セットアップ 
※オフラインセットアップ店に依頼した場合
1週間程度必要
車両への取り付け
ETCカードをセットして出発!!

ETCカードの入手方法

カード会社でETCカードを申し込む
ETCカード発行
ETCカード郵送・受け取り

カー用品店などで車載器を購入の場合、ETCカードがあれば、最短で当日中に利用可能になります。
そのため、すぐに利用したいのであれば事前にカードを用意しておきましょう。
即日発行が可能なカードもありますが、大抵は発行までに2~3週間程度かかってしまうことを頭にいれておいてください。
とくに旅行など高速道路を利用する予定があるなら、逆算してスケジュール設定を行うことで、確実にETC割引を受けられるようにしましょう。

通行料金を支払うのは車載器の名義人?

ETCシステムは、ETCカードから決済に必要な情報を読み取って高速代を精算します。
そのため、通行料金はETC車載器の所有者ではなくETCカードの所有者が支払うことになります。
グループ旅行に出かける場合などは、自分のETCカードを利用して割り勘で現金を受け取れば、ポイント分得をすることができます。
が、ETCカードはクレジットカードと同等のものと考えて、自分の目の届かないところで、安易に人に貸すのはやめましょう

どれを選べばいい?迷ったら3ピースタイプ!カーナビ一体型は使い勝手も◎

ETCを使うためにはETC車載器の設置が必要です。
現在、ETC車載器は 10社以上のメーカーから発売中。
5000円程度の格安のものから20000円以上の高価なものまで、価格にもかなりの幅があり、機能もさまざまです。

こんなにたくさんの種類があると、どれが自分に合っているのか、迷ってしまいますよね。

「ETC車載器についての知識があまりない」、「特にこだわりはない」というあなたなら、おすすめするのは3ピースタイプ。
さらに使い勝手の良さをプラスするならカーナビ一体型を選ぶと良いでしょう。
JUMPカーナビ連動型について

ETC車載器の特徴の違い
タイプ特徴、メリット・デメリット
2ピースタイプ
(アンテナ・本体一体型)
  • 安価
  • 簡単に設置ができる
  • ETCカードの出し入れがしやすい
  • 目立つ所に設置しなくてはならず、盗難の危険あり
3ピースタイプ
(アンテナ・本体分離型)
  • 現在主流のタイプ
  • 比較的安価
  • 本体を車内の好きな所に設置することができる
  • 本体を目立たない所に設置できるためセキュリティ的に安心
ビルトインタイプ
(自動車・車載器一体型)
  • 主にディーラーオプションとなるメーカー純正品
  • 車のインテリアと一体化できるため車内をスッキリして見せられる
  • 長期間のメーカー保証がついている

それぞれの車載器の詳しい特徴については後の章で説明していきます。

JUMP2の特徴ピースタイプ(アンテナ・本体一体型)の特徴
JUMP3ピースタイプ(アンテナ・本体分離型)の特徴
JUMPビルトインタイプ(自動車・車載器一体型)の特徴

①省スペース・低価格だが目立つ所に設置しなくてはならない2ピースタイプ

車載器の中で最もシンプルなものが2ピースタイプ
ETCの導入・利用に必要な以下の2つの要素である「通行料金の決算に利用するETCカード」「車載器本体」から構成されていることからこのように呼ばれています。

2ピースタイプ
2ピースタイプ車載器は、料金所と無線交信をするアンテナ部分とETCカードの挿入口部分が一体化した構造であるため、「アンテナ一体型」とも呼ばれます。
しかし、アンテナが障害物などで遮られると無線交信に失敗し、ETCを利用できないことがあります。
そのため、車載器の設置位置はダッシュボード上とするのが一般的です。

2ピースタイプ車載器のメリットは「簡単に取り付けできる」「省スペースでコンパクト」「ETCカードの出し入れがしやすい」ところにあります。
しかし、ETCレーンと交信しやすい場所となると、設置位置はどうしても目立つ位置、車外からも見えやすい位置となってしまいます。
そのため、ETCカードを差したまま車を離れると、カードが盗難にあう危険性があります。

以前は3ピースタイプに比べて激安・格安という印象があった2ピースタイプですが、最近は3ピースタイプとの価格差もほとんどありません
そのため、現在ETC車載器の主流は3ピースタイプとなっています。

②目立たないところに設置可能でセキュリティ上も安心!主流の3ピースタイプ

現在ETC車載器の流通の主流となっているのが3ピースタイプ
パナソニック(松下電器株式会社)とデンソーの2社がシェアの6割以上を占めます。
「車載器本体」「アンテナ」「ETCカード」の3つの要素から構成されていることからこのように呼ばれています。
また、車載器本体部分からアンテナのみを分離させた構造から、「アンテナ分離型」と呼ばれることもあります。

3ピースタイプ

車載器の設置位置がダッシュボードなどに限られる2ピースタイプと違い、アンテナが分離した3ピースタイプは電波状況が良い位置に小型アンテナを取り付ければ、カード挿入・各種操作を行う本体部分は車内のどこに置いてもOK。
そのため、視界がスッキリするだけでなく、車外から本体が見えないのでセキュリティ的にも安心なのが大きなメリットです。

一般的なアンテナの設置場所は視界を遮らない位置(バックミラーの裏側・フロントガラスの上部など)。 
本体は使い勝手と運転の安全性確保を考慮して、カードの出し入れ・音声案内設定がしやすい位置に設置します。

車外からカードの有無が見えない本体設置位置は?

車載器本体の設置位置はコードが届く範囲ならどこでもOK。
操作のしやすさからコンソール脇の足元に設置するケースが多いようですが、この位置だと窓から覗かれた場合にカードの有無が見えてしまいます。
そのため、車外から見えないグローブボックスや蓋のついたセンターボックス内の設置がおすすめです。
ただし、車種やメーカーによって設置可能な位置が異なるため、カー用品店など専門家に相談するのが賢明です。

③クルマの内装にこだわりがあるならスッキリ収納のビルトインタイプ

最後にご紹介するのはビルトインタイプ
自動車本体と一体化したもので、主に新車購入時に有料オプションとしてメーカーに依頼して設置するETC車載器です。

車体への設置を見越して作られた車載器のため、本体がセンターパネルに収納されたり、アンテナがルームミラーの一部として組込まれるなどすっきりした見た目になるようにデザインされています。
そのため、車の内装やインテリアにこだわる方に根強い人気があります。

また、メーカー純正品のため、3年間の長期保証がついていることもメリットの1つです。
ビルトインタイプの主流は自動車メーカーの純正品ですが、アルパイン社などビルトイン対応型の車載器を販売するメーカーもあります。
こういったビルトイン対応モデルを購入すれば、純正品を購入するより費用を安くおさえることができます。
ビルトイン対応でない商品でも設置可能な場合がありますが、部品が必要だったりキレイにはまらなかったり、かえって費用がかかる場合もあります。
購入を検討の際はカー用品店やディーラーで相談すると良いでしょう。
有料で取付けを行ってくれる場合もあります。

また、車載器の形状は角が四角いタイプのものがきれいにはまりやすいようです。車載器選びの参考にしてみてください。

ビルトイン車載器の形状にはアンテナ・本体が一体化した2ピースタイプ(一体型)とアンテナ・本体が分離した3ピースタイプ(分離型)の2種類があります。
メーカー純正品以外のものをビルトイン設置する場合は、分離型を選ぶと良いでしょう。

ビルトインタイプの車載器は後付け可能?

ビルトイン車載器には、新車納入時以外は装着不可なものがあります。
また、元々ビルトイン車載器のオプションがない車種もあるので、取り付けを希望する場合は新車購入時にディーラーなどに確認しましょう。

既に設置してあるビルトインタイプ車載器を交換したい場合はメーカーに問い合わせるのが一番ですが、ビルトイン対応の車載器を検討してみるのも一つの手です。

ただし、年式の古い車だと新しい車載器が合わず、専用の部品を追加することで設置可能となることもあります。

購入前に要確認!ETC車載器の機能から好みのタイプをチェックしよう

現在流通しているETC車載器の中には、車に搭載されているカーナビと連動できるものがあります。
では車載器とカーナビを連動させると、連動機能がないものと比べてどんなことができるようになるのでしょうか?

①シンプルで高コストパフォーマンス!スタンドアローンタイプ

シンプルで高コストパフォーマンス!スタンドアローンタイプ

カーナビなど他の装置と連動をせずに単独で動作するのがスタンドアローンタイプです。
カーナビの種類や有無にかかわらず使用できるので手軽で便利。必要な警告などはブザーまたは音声案内でお知らせするなど基本的な機能をしっかり備えています。高機能は必要ない、とりあえずETC車載器があれば良いという方におすすめです。

うっかり忘れも安心!車載器の警告・お知らせ機能

  1. ブザー型
    「ETCカードがセットされていない」「カード抜き忘れ」「アンテナが接続されていない」時にブザーで知らせてくれます。
    「機能はシンプルでいい」「低価格の車載器が欲しい」という方におすすめです。
  2.  

  3. 音声案内型
    上記機能に加えてETCカードの期限切れや通行料金の音声案内があったり、音声の言語や性別の切り替え機能など、ブザー型にない機能を備えています。
    価格もブザータイプに比べて割高です。

②スムーズにETC専用レーンへ誘導!使い勝手の良いカーナビ連動タイプ

スムーズにETC専用レーンへ誘導!使い勝手の良いカーナビ連動タイプ

カーナビ連動タイプは、基本的機能だけでなく、カーナビと連携することにより便利な機能を追加した車載器です。
カーナビの画面上でETCレーンの案内やETCの履歴、ETCカード未挿入の警告などが表示されるもの、過去に利用したIC(インターチェンジ)の区間表示が可能なものもあります。
お知らせが画面表示されることで分かりやすく、音量調整も容易。
さらに音声案内がETC本体ではなく車のスピーカーから聞こえるため聞きとりやすいのもメリットです。

カーナビ連動型車載器を製造しているメーカー

  • アルパイン株式会社
  • パイオニア株式会社
  • 富士通テン株式会社
  • パナソニック株式会社
  • 三菱電機株式会社

注意すべき点は連携できる機器の組み合わせが限られている場合があること。
既に車に搭載されているカーナビとの連携を考えているなら、そのカーナビに対応するETC車載器を選ぶ必要があります。

カーナビと連動

③ETC2.0(ITSスポット)対応の車載器は、決済機能や多彩な情報収集機能を搭載

ETC2.0対応車載器は、対応機器と連携することにより、ETC車載機の機能に加えてETC2.0サービスが利用できるようになる車載器です。

ETC2.0サービスとは、全国の高速道路での通信により、カーナビなどの対応機器から情報を得られるサービスのことです。
例えばカーナビ連動型なら、道路上に設置されたETC2.0(ITSスポット)と車内のETC2.0対応カーナビが通信を行い、交通情報や地域の観光情報がカーナビの画面上に表示される仕組みです。

ETC2.0対応車載器の種類

  • カーナビ連動型
  • 発話型ETC2.0対応車載器:音声で情報をお知らせ
  • スマートフォン連動型ETC2.0対応車載器:スマートフォンと連携し、画像+音声で情報をお知らせ

ETC2.0対応車載器はオールインワンであることから、複数の機器を取り付ける必要がない、情報を整理してわかりやすく伝えてくれるなどのメリットがあります。

オールインワンで情報をわかりやすく!

現在国土交通省ではこのシステムを利用することで渋滞緩和をはじめとした多様なサービスの実現を目指しており、将来的にはドライブスルーやガソリンスタンドなどでの決済にも対応していく予定です。
ですが、このETC2.0サービスは現時点ではまだ開発途上。
未来の道路交通を担うサービスと言えますが、今はまだETC2.0対応にこだわる必要はないでしょう。

ETC2.0(DSRC)とは?割引・車載器・再セットアップと助成金は?
2020.05.17

まとめ

ポイント
  • ETCの利用には、ETCカードセットアップされたETC車載器が必須
  • ETC車載器は形で分けると3タイプ
    • アンテナと本体が一体の2ピースタイプ
    • アンテナと分離した本体を好きな所に設置できる3ピースタイプ
    • ディーラーオプションとして新車購入時につけられるビルトインタイプ

    最もスタンダードなのは3ピースタイプ。

  • 機能面では
    • 車載器のみで案内をするスタンドアローンタイプ
    • 画面表示もしてくれるカーナビ連動タイプ

    に分かれる。

  • 購入がこれからなら、ETC2.0対応車載器を検討しても良い。

楽しく安全なドライブのために、あなたが使いやすいタイプを選べると良いですね。

【管理人】なびこ
車載器が決まったら、購入・セットアップの前にETCカードを準備しておくと、使用までがスムーズです。
ETC車載器のセットアップとは?
2020.09.11


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。