出口のみがETC未対応だった場合の対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出口がETC未対応の場合や混雑時は、一般レーンを利用してもETC割引が適用される

有料道路において、「入り口の料金所はETCに対応していたのに、出口はETC未対応だった」
もしくは、「出口のETCレーンのみが閉鎖されていて通行できない」というケースに遭遇することがあります。そんなときでもあせる必要はありません。
入り口をETC走行した場合でも、一般レーンから出ることが可能です。ただし、その場合は必ず有人ブースで停止し、入り口を通過した時に使ったETCカードを手渡しして精算します。
せっかくETCが使える車であるのにもかかわらず一旦停止しなければならず、少々面倒ではありますがきちんとETC料金が適用されるので損はありません。
たまに、車載器に挿入したETCカードをそのままにして、サイフから別のクレジットカードを出して支払おうとする人がいるようですが、どの入り口を何時に通過したなどの情報をETCカードが記録しているためトラブルとなります。必ず、車載器からETCカードを取り出して係員に渡してください。
ETCカード挿入に関するトラブル

また、料金所の出入口でのみ、ETCの通信が行われていると思っている人がいるようですが、実は有料道路では、料金所以外の地点にもETC通信用のアンテナを設置し、通行料金の算出に必要とされる情報をETCカードに記録する仕組みをとっています。
このため、走行中に車載器に挿入されているETCカードを入れ替えてしまうと誤った料金を請求されたり開閉バーが開かないといったトラブルが発生します。運転中にETCカードを入れ替えるのは危険な行為でもあるため、絶対にやめてください。サービスエリアやパーキングエリアで、カードを抜いても問題ありませんが、また同じカードをセットして走行を続けてください。
1台の車両(車載器)で複数のETCカードを使用する例

稀に、入り口のゲートを通過するときは問題なかったのに、途中で通信エラーが発生することがあります。車載器からエラー音が聞こえた場合は、出口で一般レーンを利用し係員にエラー音が鳴ったことを伝えましょう。
私の経験では、ETCカードを渡して車を退避させられますが、問題ないことが確認できればETCカードが返却され、料金もETC料金が適用されます。ただし、走行中にエラー音が鳴った場合でも車を停めたりせずに、出口まで交通ルールに従って安全に運転しましょう。
入り口がETC未対応だった場合の対処

出口のETCレーンが混雑していたら?

近年、ETC利用者が増えているため、場合によっては一般レーンよりもETCレーンの方が混雑しています。このようなケースに遭遇したら、その旨を係員に伝えて一般レーンから出れば、渋滞が避けられる上に割引料金も適用されます。ただし、入り口で無線通行をしないと割引料金を受けられない可能性があるので、入り口はETCレーンを利用した方がいいでしょう。

※首都高では出入口ともに無線走行しないと割引料金が適用されないので、割引きを受けたい場合はこの方法は使えません。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。