通行レーンの見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCレーンは、料金所手前の緑の看板で確認して早めにレーンを移っておけば安全

料金所エリアの手前には、必ずETC対応レーンの位置を示すための、緑色の案内看板が設置してあります。
ETCを利用して料金支払いを行う場合には、この看板を早めに探してETC対応レーンがどこにあるのか確かめておくようにしてください。間違ってETC非対応のレーンに新入すると、ETCが利用できないばかりか、先行車との追突事故を起こす原因ともなりかねません。
もしも誤って進入した場合でも、出口で係員にその旨を伝えてETCカードを使って清算すれば
ETC割引きが適用される可能性があります。

この時、車載器が搭載されていることを確認されます。車載器が搭載されていない場合はETC割引きは適用されません。当然、何も申告せずに走行してしまう割引料金は適用されません。

また、ゲート上部にもレーンの案内表示がありますが、急な車線変更は大変危険なので、手前の看板でレーン確認しておき無理なくETCレーンに入れるように準備しておけば安心です。とくに停車中の車を追い抜くことは危険ですので絶対にやめてください。

NEXCO西日本の阪和自動車道・有田ICなど一部の道路では、ETC対応レーンの手前で利用者の車載器の状態を検知し、ETCの利用が可能な状態であれば「直進↑」が表示され、ETCの利用が不可能な状態であれば「左へ←」と表示される案内板が導入されています。
ETCカードの有効期間が切れていたり、カードが正しく挿入されていない場合は一般レーンへ誘導されるのでトラブルが発生しにくく安全なため好評を得ています。

二輪車でETCを利用する場合も四輪車と同じレーンを通行しますが、一部の料金所では、『二輪車ETCは左へ』という看板が表示されている場合があります。これは、進入速度が速すぎる車が多い料金所などで事故を避けるために、二輪車に対して比較的走行速度の遅い一番左のレーン利用を推奨しているという意味です。
このような案内表示を見たら、二輪車を運転している方は早めに左のレーンに移っておくようにしましょう。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。