車載器のセットアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETC車載器を購入したら自動車情報の登録作業が必須

高速道路などの有料道路ではETCレーンを通過する際、車載器に登録された自動車固有の情報を読み取ることで料金が決定されています。そのため、車載器を購入後は、まず「ETC車載器のセットアップ」と呼ばれるナンバープレートなどの自動車情報登録が必要です。通常この作業は、車載器を購入したカー用品店などで3000円程度で作業してもらうことができます。車両情報が必要になるので、車検証を準備しておきます。セットアップ店の設備や混雑状況によっても異なりますが、車載器の取り付け作業も含めて30分~1時間程度で完了します。ETCカードを事前に入手しておけば、作業終了後すぐにETCシステムを利用できます。

通行料金の決済に利用されるETCカードがどの自動車でも使えるのに対して、車載器は1台の車載器を別の車両でも利用するといったいわゆる「使い回し」はできません。

こうしたシステムを厳格に運用するため、ETC車載器のセットアップ作業は必ずセットアップ店と呼ばれる許可を受けた専門店が行います。セットアップ店では、一般的に自動車(4輪車)またはバイク(2輪車)のいずれかのみに対応していることが多く、まれに両方とも取り扱っているという店もあります。ネットショップで車載器を購入する場合でも「セットアップ込」といった表示がある場合には、セットアップ作業まで対応してもらうことができます。その場合は、必要書類を専用フォームまたはFAXで送信して作業してもらいます。

ETC車載器のセットアップ作業は、公正かつ確実な作業が求められるため登録制のシステムをとっています。そのため以前は対応している店が少なく、車載器を販売している店でもセットアップだけは他の店に依頼するということが多く無駄に時間がかかっていましたが、現在では登録店を増やすための研修会や情報提供が頻繁に実施されているため大抵のカー用品店で、車載器の購入と同時にセットアップと取付け作業といった一連のサービスを受けることが可能です。

セットアップが正しく行われていないと開閉バーが開かないことも

車載器に記録されている情報は、正しい通行料金を請求するために欠かせない情報なので誤った情報が登録されていると、普通車なのに大型車の料金を請求されてしまったり、バーが開かないなどのトラブルにつながります。新車を購入して初めて車載器を設置する場合はもちろん、車を買い替えて車載器を別の車両に移したり、他人から車を譲り受けた場合などは再度セットアップ店に頼んでセットアップをやりなおしてもらいます。

もしもETCの開閉バーが開かなかったら?

・絶対に車を降りたりバックさせたりしないでください。
・ハザードを点滅させて、後続車に通知してください。
・できるだけ車を動かさずに係員の指示通りに行動して下さい。

もしも開閉バーが開かないまま通ってしまったら?

・料金所があれば係員に相談してください。
・目的地到着後、道路会社に連絡して指示に従い料金を支払ってください。

※料金を支払わずに放置してしまうと処罰対象となるので必ず連絡をとること。



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。