ETCの国内共通インフラ化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内のETCは共通の仕組みで構成されているため、どの車載器・ETCカードでも利用可能

ETCは現在、全国の主要な有料道路の多くで利用することが可能です。とくに、都市高速道路と高速自動車国道ではすべての道路においてETCが装備済みです。
しかし、その他の道路ではいまだに、ETCが利用できない道路や料金所が少なからず存在しています。そういった所では起点や料金所の手前に設置してある予告標識に「ETCは利用できません。」等の案内が表示されている場合もありますが、中には料金所で初めて「ETC利用不可」の案内が書かれている場合もありますので、走行時には注意が必要です。

さて、道路や料金所によって利用できるETC車載器やETCカードが異なっているのかどうかですが、日本国内のすべてのETCは共通インフラとして構築されています。そのため、国内で売られている車載器であれば日本全国どこのETCでも利用することが可能ですし、国内で発行されたETCカードも問題なく利用することができます。

つまり、車載器の機種やETCカードの種類で利用可能な道路が限定されたり、受けられる割引きが異なるということはありません。しかし、カード会社が提供するポイントサービスには違いがあるので、自分の利用状況に合った特典が用意されているカードを選ぶことが重要です。
目的別で選ぶETCカード

次に、車載器のメーカーとETCカードの関連性ですが、商品は異なっても規格は統一されているのでどのような組み合わせでも利用可能です。
ただし、ETCカードにはETC車載器と接触するために必要なICチップが埋め込まれているため、一般的にショッピングなどで利用するクレジットカードをそのまま車載器にセットしても開閉バーは開かず通行料金の精算もできません。ETCを利用するには、ETCカードの入手が必要です。
ETCカードの入手方法
失敗しないETCカードの作り方

では、国内で購入した車載器やETCカードは海外のETCでも使えるのかというと残念ながらそうではありません。ETCは、日本国内共通仕様となっていますが海外では異なったシステムで構築されているため、日本で売られている車載器やETCカードは外国では使えません。
海外でのETC利用について詳しくはこちらから



カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。