クレジットカードをApple Payで使うときの注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードをApple Payで使うときの注意点とは?

なびお
Apple Payを使ってみたいけれど、自分のクレジットカードでもできるかな…

なびお
興味はあるけどセキュリティ対策が気になる…

Apple Payを利用してiPhoneを機械にかざすだけでお会計が完了する点が便利だと言われています。
実はApple Payは日本で発行されているほとんどのカードに対応しています!

クレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカードにも対応しているので、クレジットカードを持っていないという方でも挑戦しやすいです。
また、気になるセキュリティ面についても、様々な面から対策がとられています。

ここでは、Apple Payでクレジットカードを使うときの疑問点を中心に、クレジットカードがなくてもApple Payを使えるケースなどを紹介します!

読み終えていただければ、きっとあなたもApple Payの便利さに気づくはず。

【管理人】なびこ
この記事を参考にぜひApple Payを導入してみてくださいね。

Apple Payにクレジットカードを登録するときに知っておきたいこととは?

「Apple Payでのお会計ってパパっと終わるからかっこいい!」「自分もやってみたいけど、何から始めればいいんだろう?」

お手持ちのiPhoneを機械にかざすだけでお会計できるApple Payは、その手軽さから多くの人が利用し始めています。
「そういえば近くのドラッグストアでも使えるようになっていた!」と思い出す方もいらっしゃるかもしれません。

Apple Payを使う前には、ご自身で事前にセットアップしておく必要があります。
ここでは、Apple Payにお手持ちのクレジットカードを登録する際に知っておきたいことを紹介していきます!
これからApple Payをはじめようとしている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①自分のクレジットカードがApple Payに対応しているのか要確認

まずは、自分のクレジットカードが、Apple Payへの登録に対応しているのかを確認しましょう。
Apple社の公式サイトに、使える登録できるカードが一覧になっていますから、一度目を通してみてくださいね。

ここで気を付けていただきたいのは、同じ発行元のカードであっても、国際ブランドによってApple Payに登録できない場合がある点です。
これは、特に銀行が発行しているクレジットカードを利用している方は気を付けてください。
たとえば、Appleの公式HPによれば、中銀カードはJCBのみApple Payに登録可能とされています。
中銀カードは、中国銀行と提携していて、JCBとVISAから国際ブランドが選べるようになっています。
この2つのブランドのうち、JCBのみが登録可能となっているため、VISAを選んでいる方は注意しましょう。

Apple PayでVISAを使うときはコツがいる

Apple PayでVISAカードを使う際には、少しコツが要ります。
なぜなら、Apple PayでVISAを利用する場合、実店舗での利用は可能ですが、オンライン決済やモバイルSuicaのチャージには対応していないためです。

特に、Apple PayでモバイルSuicaを使う予定がある方は気をつけましょう。
モバイルSuicaの最大のメリットともいえるのが、いつでもどこでもチャージが可能になる点です。
しかし、Apple PayにモバイルSuicaを導入しても、Apple Payでの利用カードにVISAを登録していたら、登録カードからのチャージをすることができなくなってしまいます。
そのため、Apple Payをフル活用したいという方にはJCBやMaster Cardの登録をおすすめします。

もし、VISAしか持っていないけれど、モバイルSuicaにチャージをしたい場合は、アプリ「モバイルSuica」を導入しましょう。
モバイルSuicaのアプリにチャージのために使うカードとしてお手持ちのVISAカードを登録すれば、いつでもチャージすることができます
したがって、VISAカードユーザーの方は、walletアプリとアプリ「モバイルSuica」の両方を使っていくこととなります。

②クレジットカードの登録手順はカードの撮影と入力のみ

Apple Payにクレジットカードを登録する手順は、登録したいカードを撮影し、不足情報があれば入力するだけです!

Wallet画面

Apple公式HPより
walletアプリを開くと上記のような画面が出ます。
右上の青い丸印をタップすると、カードの登録指示が始まりますので、手順に従ってください。

登録後には、登録したカードの券面にQUICPayとiDどちらに登録されているのかが記載されます。
Qを模したようなマークがあればQUICPay、iDと書かれていればiDです。
QUICPayとiDの使い方に差異はありませんが、お店での支払いの際にどちらを使うのかを伝える必要があるためチェックしておきましょう。

③プリペイドカードやキャッシュカードでもApple Payは利用可能!

「Apple Payを使ってみたいけれど、クレジットカードを持っていないんだよな…」
クレジットカードを作れない方や、クレジットカードの作成に抵抗があるけれども、Apple Payには興味があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、Apple Payはクレジットカードだけでなく、プリペイドカードやデビットカードも登録できるんです!

プリペイドカードとして登録できるものの代表格はモバイルSuicaですが、スマートフォン上でチャージするためには別のクレジットカードあるいはデビットカードを登録する必要があります。

その他、プリペイドカードも登録可能です。
しかし、プリペイドカードにあらかじめチャージすることを考えると、クレジットカードまたはデビットカードを登録する方が効率が良いと言えるでしょう。

クレジットカードを持っていないなどの理由でデビットカードを登録する方もいらっしゃいますよね。
デビットカードを登録することで、紐づいた銀行口座の残高からお買い物が可能です。
クレジットカードのような後払いではなく、利用金額がすぐに銀行残高から引き落とされるため、現金に近い感覚で利用できます。
あわせて読みたい
デビットカードについて詳しくはこちら

デビットカードの登録手順等は、クレジットカードの場合と変わりありません。
クレジットカードを持っていないからという理由であきらめかけていた方は、ぜひ挑戦してみてくださいね!

利用状況別おすすめ登録クレジットカード

「Apple Payに登録するカードってどれがいいんだろう?」
クレジットカードを何枚も持っている場合は、どのカードをApple Payに登録するべきなのか悩みますよね。
実は、利用者がどのような状況でのApple Pay利用を想定しているのかによっておすすめできる登録クレジットカードは違うんです。
そこで、ここでは利用状況別におすすめしたいApple Payへの登録クレジットカードを紹介していきます!
お得にApple Payを利用したいと考えている方は必見です。

①コンビニで使う機会が多いなら、コンビニ優待のある三井住友カードなど

コンビニで使うApple Payを利用する機会が多い方には、コンビニ優待のあるクレジットカードの登録がおすすめです。

例えば三井住友カードでは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの大手コンビニ3社とマクドナルドでの利用時に、ポイント還元率が5倍となります。
三井住友カードは通常時200円で1ポイント獲得できますが、このキャンペーンを利用すると、通常ポイントに加えて、さらに200円につき4ポイント加算されます。

セブン‐イレブンで700円、マクドナルドで600円利用したときは、通常の1,300円利用での6ポイント付与+セブン‐イレブンでの700円÷200円×4での12ポイント付与+マクドナルドでの600円÷200円×4での12ポイント付与=合計30ポイントを獲得できます。

②楽天やAmazonを利用する方は、それぞれのサイトに対応したカードを!

楽天やAmazonを利用する機会が多い方は、各ショッピングサイトに対応したクレジットカードを登録するとお得に利用できます。

楽天を利用する機会が多い方は、楽天カード、Amazonを利用する機会が多い方には、Amazon Master Card クラシックがおすすめです。

楽天カードで楽天市場を利用すると、いつでもポイント還元率が3倍となります。
Amazon Master CardクラシックをAmazonで利用すると、1.5%~2%のポイントが還元されます。

③まんべんなく使う予定であれば、ポイント還元率が高いカードがおすすめ

特定の利用シチュエーションは想定していないけれど、お得に利用したいという場合は、ポイント還元率が高いクレジットカードの登録がおすすめです。

基本ポイント還元率が1%以上のクレジットカードの一例

  • 楽天カード
  • Orico Card THE POINT
  • JCB CARD W
  • au WALLET クレジットカード

ポイント還元率が1%の場合、100円の利用で1ポイント付与されます。
基本ポイント還元率が1%の場合、特定のお店の利用ではそれ以上のポイント還元率が設定されていることが多いため、ポイントをザクザク貯めたいという方には特におすすめです。

Apple Payでのクレジットカードの使い方とは? 

「クレジットカードがApple Payに対応しました!と通知が来たけど、正直使い方がわからない…」
「便利らしい」ということはうすうす感じながらも、実はApple Payのことは名前を聞いたことがあるくらいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、Apple Payでのクレジットカードの利用方法について解説していきます。
ここを読んだらきっとあなたもApple Payを使ってみたくなるはずですよ!

①FaceIDまたはTouch IDで認証し、機械にかざすだけでお会計完了

Apple Payを使う際には、walletアプリから利用カード画面を表示し、Face ID またはTouch IDで認証し、専用の読み取り機械にかざすだけ
ピピッという音が聞こえたら、支払いは完了です。

walletアプリを立ち上げると、登録したカードが表示されます。
複数枚のカードを登録している方は、使いたいカードの全体が見えるように画面を切り替え、カードをタップしてください。
次に、認証画面になりますので、Face ID またはTouch IDで認証しましょう。
認証できたら、読み取り機械にiPhoneをかざします。
かざすのは、iPhone背面のりんごマークのあたりです。

wallet画面

Apple公式HPより

②メインカードを設定すれば、デフォルトで選択される

Apple Payに複数枚のカードを登録している場合は、メインカードを設定するとデフォルトで対象カードが利用できるため便利です。

メインカードに設定することによって、実店舗で決済する際に毎回walletアプリを立ち上げる必要がなくなります
決済前にサイドボタンを2回押すだけで、メインカードを認証した際と同様の手順を踏んだことになるので、よりスムーズに決済できるようになります。
メインカードを設定している状態でも、改札にタッチした際には自動的にモバイルSuicaが反応しますので、毎朝通勤でモバイルSuicaを利用するという方でも利便性は確保されます。

また、webサイト上の決済でApple Payを利用する際には、メインカードが自動選択されます。
そのため、利用カードの承認だけで決済が完了します。
また、iCloudに接続しているMacのパソコンでも設定が共有されるため、Macからも簡単に決済できますよ。

Apple Payメインカード設定の流れ

iPhoneまたはiPadの「設定」を開く
「walletとApple Pay」をタップ
「支払い設定」を表示
「メインカード」をタップ
メインカードにしたいカードをタップ

iPhoneで設定を行う場合は、上記の方法のほかに、walletアプリを開き、メインカードにしたいカードを最前面にドラッグさせるという方法もあります。

Apple Payでクレジットカードを使うときの疑問はここで解消!

「Apple Payの使い方は分かったけれど、そういえば○○ってどうなんだろう?」
使い方を把握すると、自分が使うときのことを想像しますよね。
その時にふと沸いてくる疑問もあるはず。
ここでは、Apple Payでクレジットカードを使うときの疑問に対する答えを紹介していきます!
Apple Payを利用する際には、ぜひ把握しておきたい点ですので、読んだ後はぜひ頭のどこかにとどめておいてくださいね。

①クレジットカードの更新が近づいたら、自動更新かどうかを確認

Apple Payに登録したクレジットカードの更新時期が近づいたら、カードが自動更新かどうかを確認しましょう。

クレジットカードには有効期限があり、期限を過ぎたカードは、決済できなくなってしまいます。
Apple Payを利用しようとしたタイミングで使えないとなると慌ててしまいます。
そのようなことを避けるためにも、クレジットカードの有効期限には気を付けておきましょう。

登録したクレジットカードが自動更新に対応しているかどうかは、カードによって異なりますが、ほとんどの場合自動更新に対応しています。

自動更新に対応しているカードは、新しいカードが届いた際に自動的にApple Pay内の登録情報も更新されます。
Apple Payに登録したカードは、有効期限にかかわらず5年間設定されます。
設定から5年の間にクレジットカードの有効期限を迎えるようでしたら、特に更新に関する手続きは不要です。

自動更新に対応していないクレジットカードの場合は、ご自身での再設定が必要です。
その場合、有効期限のみを変更することはできないため、登録済みカードを削除し、新しいカードを再度登録することになります。

クレジットカードの更新時期が近づくと、カードによっては登録したメールアドレスにその旨を伝えるメールが届くことがあります。
そのタイミングで更新作業を行えば、忘れることはありませんね。

②Apple Payでは使わないと感じたカードの削除も簡単

Apple Pay上ではカードの追加、削除は随時行うことができます
そのため、Apple Payでは使わないと感じたカードの削除も簡単にできますよ。

Apple Payカード削除の流れ

iPhoneまたはiPadの「設定」を開く
「walletとApple Pay」をタップ
削除したいカードをタップ
「情報」をタップ
一番下の「このカードを削除」をタップ

上記の方法のほか、walletアプリで削除したいカードをタップし、カードメニュー画面から「このカードを削除」をタップする方法でも、カード削除は可能です。

Apple Payは操作が簡単ですが、指一本だけでできるため間違ってタップしてしまい、使うつもりのなかったカードを反応させてしまった、なんてこともありがちです。
意図しない請求を避けるためにも、Apple Payでは利用しないと感じたカードは削除した方が安心です。

③iPhone上にカード番号は残らないので、セキュリティ対策は万全

iPhone上にカード番号が残ることはないので、Apple Payのセキュリティ対策は万全です。

クレジットカードを登録する際に気になることといえば、セキュリティ対策ですよね。
カード情報を抜き取られて、不正利用されたり、購入履歴などが漏洩してしまうのではという不安がよぎる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Apple Payに登録したカードの情報は、appleのサーバに保存されたり、iCloudにバックアップされることもありません。
また、登録したカード情報は高度に暗号化されていて、情報をapple社側が読み取ることもできなくなっています。

それだけでなく、Apple Payを利用する際には、Face IDやTouch IDなどで認証する必要がありますから、iPhoneの利用者本人が認証しない限り利用するのは非常に難しくなっています

このようにハードウェア面でも、ソフトウェア面でも、強固なセキュリティ対策がとられています。

万が一iPhoneを紛失してしまった際には、他のデバイスからiPhoneを遠隔操作してApple Payを利用停止することも可能。
こうした様々な対策がとられているので、Apple Payは安心して使うことができますよ。

まとめ

ポイント
  • 自分のクレジットカードがApple Payに対応しているかをよく確認する
  • Apple Payへのクレジットカード登録は簡単
  • クレジットカードだけでなく、プリペイドカードやデビットカードもApple Payに登録可能
  • 利用状況別おすすめ登録クレジットカード
    • コンビニ利用が多い…三井住友カード、dカード
    • 楽天市場をよく使う…楽天カード
    • Amazonをよく使う…Amazon Master Card クラシック
    • まんべんなく使いたい…基本ポイント還元率が高いカード
  • Apple Payにクレジットカードを登録したときの留意点
    • クレジットカードの有効期限
    • Apple Payの有効期限は、カード有効期限にかかわらず5年
    • Apple Pay上で使わないカードは削除
    • セキュリティ対策は万全だけど、iPhone紛失には要注意

Apple Payにクレジットカードを登録することによって、よりスムーズにお買い物をすることができます。
Apple Payはクレジットカード以外にも、プリペイドカードやデビットカードを登録できるので、クレジットカードを持っていない人でも利用することができますよ。

お得にApple Payを利用したいのであれば、ご自身の利用状況を想定し、その状況ごとのポイント還元率が高いものを選ぶと良いでしょう。

Apple Payの有効期限は、クレジットカードの有効期限にかかわらず5年であることは気を付けておきましょう。
また、セキュリティ対策は万全とはいえ、iPhone自体の紛失には要注意です。

【管理人】なびこ
あなたのクレジットカードがApple Payに対応しているなら、導入すればきっともっと生活が便利になりますよ!
この記事を参考に、ぜひApple Payに挑戦してみてくださいね。



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。