Apple Payの使い方はシンプル!初心者でも使いこなそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple Payの使い方はシンプル!初心者でも使いこなそう!
「荷物をもっとコンパクトにしたい!」「いろいろな機能を一つにまとめられたらいいのに…」

ミニバッグが流行っている今、ミニ財布にしたはいいけれどお財布がパンパンでちょっとかっこ悪い…なんてことありませんか?
実はそんな方にこそおすすめしたいのが、Apple Payです。
Apple Payはお手持ちのiPhoneがお財布代わりとなって決済できる機能です。

最近では、コンビニや駅ナカなどでスマホ決済に対応しているところも増えてきたため、普段のお買い物ならスマホさえあればお会計ができてしまうところも増えています。
また、Apple PayはSuicaにも対応しています。
つまり、iPhoneさえあれば電話やSNSだけでなくお財布や定期にだってなってしまうんです!
忘れ物が多いという方には、見逃せないところです。

ここでは、Apple Payの使い方や、実際使ってみて感じたApple Payのメリット・デメリットを紹介していきます!

読み終えていただければ、あなたもすぐにApple Pay生活を体感してみたくなるはずですよ!
この記事を参考に、Apple Payを導入してスマートで便利な生活に踏み出しましょう。

Apple Payってどんなもの?使い方や準備について知りたいならここを読んで!

「Apple Payって便利そうだけど、正直よくわからなくて不安…」
誰しも新しいものを目にすると、少し戸惑ってしまいますよね。
Apple Payは、怖いものではありません。
むしろ、生活を便利に変えてくれる現代社会における大きな味方といっても過言ではありません。
少し準備をするだけで、Apple Payはすぐに使えますよ!

ここでは、Apple Payの初心者さん向けにApple Payがどういうものなのか、どうすれば使えるのかという点を簡単に紹介していきます。
ここを読めばきっとApple Payがどんなものなのかは大体把握できるはずです!
「Apple Payって何?自分が何を疑問に思っているのかもよくわからない…」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①Apple Payならかざすだけでお買い物ができる!

Apple Payなら、お手持ちのiPhoneを専用の機械にかざすだけでお会計が完了します。

Apple Pay決済の流れ

商品の合計金額が出る
店員に「Apple Pay(Suica、QUICPay、id)で」と伝える
or
画面上の決済方法でSuica、QUICPay、idを選択する
専用の決済機械にピピッと音がするまでiPhoneをかざす
お会計完了

詳しくは後述しますが、Apple Payには3種類の決済方法があります。
店員さんにSuica、QUICPay、idのうちどの決済方法を用いるのかきちんと伝えましょう

最近では各社さまざまな○○ペイを展開しているので、無言で機械にタッチしても、店員さんに決済画面を見せても、どのスマホ決済アプリを利用しているのか伝わりにくくなっています。
スマートにお会計を済ますためにも、自分が何を用いて決済しようとしているのかは必ず申し出してくださいね。

また、専用の決済機械にかざすのはiPhoneの背面です。
ちょうどりんごマークの部分をピピッと音がするまでかざしましょう。
スマホカバーをつけていても、ほとんどの場合問題なく反応しますが、まれに反応しない場合があります。
その際はカバーを外したり、再度Apple Payでの支払いをやり直すなどしてくださいね。
うまく認識できず時間がかかってしまった場合、機械からブブっというエラー音が鳴り、お会計の確認画面に戻ります。
店員さんがレジを操作しているところであれば、もう一度iPhoneを機械にかざす旨を伝えられます。
セルフレジであれば、決済方法選択画面に戻りますのでもう一度トライしてみてくださいね。

Apple Payが利用できる店舗は、コンビニやドラッグストアなどです。
Suica限定であれば、駅ナカや駅近くの商業施設でも利用できます。

そのお店がどの決済方法に対応しているのかは、レジ近くや店舗入り口付近に掲示されていることが多いので、お買い物前に確認しておくことをおすすめします。

②Apple Payならオンライン決済時のカード情報入力を省略できる

Apple Payは、実店舗だけでなくオンライン決済にも利用できます。
その際、Apple Payに登録しているクレジットカード情報を利用して支払いを完了させることができます。

オンラインショッピングは便利ですが、「正直サイトごとに会員登録やカード情報の登録をするのは面倒くさいな…」と感じたことはありませんか?
カード情報を登録してあっても、毎回セキュリティコードを入力しなくてはいけなかったりして、電車内など周りに人がいる状況ではちょっと不便だなと感じることもあるかと思います。

そんなときも、Apple Payに対応しているサイトであれば、Apple Payに登録済みのカード情報を利用して決済が完了できるので、非常スムーズにお買い物ができます!
Apple Payの利便性は実店舗でのお買い物だけでなく、オンラインショッピングでも十分に感じることができます。
Apple Payを導入した際には、ぜひ使ってみてくださいね。

③Apple Payを使う前に必要な登録手順

Apple Payを利用する前には、お手持ちのiPhoneに事前に所持しているクレジットカードやSuicaを登録しておく必要があります。

Apple Pay登録の流れ

iPhoneからアプリ「wallet」を開く
登録したいSuica、クレジットカード、プリペイドカードを用意する
用意したカードをwalletアプリで撮影
不足情報の入力
カード発行元によるカード確認
登録完了

登録できるカードは、クレジットカードやプリペイドカードのほか、交通系ICカードとしてSuicaがあります。
同じく交通系ICカードとしてPASMOなどがあげられますが、Apple PayにはSuicaのみが登録可能であるため気をつけましょう。

クレジットカードはもちろん、VISAデビットなどのデビットカードやオンライン決済に対応している銀行キャッシュカードも登録が可能です。

お手持ちのカードをwalletアプリ上で撮影すると、画像情報から記述内容を読み取りほぼ自動的に登録内容が入力されます。
不足情報や読み取れない場合は、手で入力するように求められますのでアプリの指示に従ってください。
もしもお手持ちのカードがApple Payに対応していない場合は、この時点で「読み取りできません」などのエラーメッセージが表示されます。
カードによっては、Apple Payに登録するためにそのカードのアプリをダウンロードするなどの手順が必要になるため、apple公式サイトまたは各カードの公式HPなどで確認してくださいね。

入力が終わると、カード発行元によるカード確認が行われます。
こちらが終われば、walletアプリへのカードの登録作業は完了です。

ここまで終われば、お店やオンライン上でApple Payが使えるようになります。
改札でいちいち定期を探して出す必要もありませんし、小銭を出そうと財布を探す必要もありません!

Apple Payの中身は3種類の決済方法がある

Apple Payという名前ですが、実はこれ、appleが新たに電子マネーをはじめたわけではないんです。
Apple Payの中には、3種類の電子マネーが扱われています。
登録するカードによって、決済される電子マネーは異なります。

★Apple Payに登録可能な電子マネー

  • Suica
  • QUICPay
  • iD

このうち、QUICPayとidはどちらもクレジットカードやプリペイドカードが登録されます。

簡単に言うと、Apple Payはお財布としてお金を持ち運ぶケースのようなもので、まとめているだけなんですね。
お財布の中にあるSuicaやカードがお金として機能しています。

ここでは、Apple Payに登録できる決済方法のそれぞれの特徴を紹介していきます。
「すべてのカードを登録するのは不安なので、手持ちのカードのうちどれを登録しようか迷っている…」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①交通系ICカードはSuicaの登録が可能!いつでもチャージできる!

交通系ICカードカードではSuicaをApple Payに登録することができます。
SuicaをApple Payに登録する最大のメリットは、24時間いつでもオンライン上でチャージができるようになることです。
ご自宅にいる間や電車に乗っている間でもチャージができる点は、非常に便利です。

モバイルSuicaを利用すると、アプリ上でチャージができるため、いちいち駅の券売機等でチャージする必要がありません。
また、Suicaの残高もアプリ上で把握することができます。
チャージのために券売機に並ばずに改札が通れて、スムーズにお出かけできますよ!
「今日はチャージしなきゃいけないから、少し早めに家を出なきゃ。」と思っていたにもかかわらず、出かける時間がギリギリになってしまうことが多かった私にとっては、お出かけするときのストレスを解消してくれた救世主のような存在です。

Apple Payでは交通系ICカードはSuicaのみ登録可能です
すでにSuicaを持っている場合は、walletアプリに直接Suicaを登録します。
この時、一度登録したSuicaカードは使えなくなるため、カードはハサミで切って破棄しましょう。
また、Suicaカードを発行する際にデポジット料として支払っていた500円は、モバイルSuicaにチャージされる形で返金されます。

現在PASMOなどSuica以外を利用しているけれど、Apple Payに交通系ICカードを登録したいという場合は、SuicaアプリケーションをダウンロードしモバイルSuicaの利用をしましょう。
モバイルSuicaを発行すると、バーチャルカードのようにオンライン上でSuicaが発行されます。

モバイルSuicaの発行の流れ

Suicaアプリケーションをインストール
画面の表示内容を確認し、「発行手続き」をタップ
会員登録画面で必要事項を入力
チャージ
登録完了

また、Apple Payに登録したSuicaへ、駅の券売機を使って現金でチャージすることもできます。
その際は、切符を購入するタイプの券売機ではなく、チャージ専用のピンク色の機械を選んでください。
チャージ方法は、通常のSuicaと同様です。
Suicaを置くところに、モバイルSuicaのSuica表示画面を開いてiPhoneを置くと、カードタイプのSuica同様に読み取りが行われます。
硬貨によるチャージはできませんが、お財布を持っていないときに立て替えていたお金を返してもらった時などに使えて便利です。

SuicaをApple Payに登録しておくことで、朝忙しいときに定期を忘れるなんてことはなくなりますし、改札でいちいちアプリを立ち上げる必要がないところも非常に便利です。

②クレジットカードはQUICPayとiDに分かれるけれど、使い方に差はない

Apple Payにクレジットカードやプリペイドカードを登録すると、QUICPayidとに分かれます。
両者に使い方についての差異はありません。

QUICPayとidどちらに登録されているのかは、登録したカードによって変わり、自動的に振り分けられています。
確認方法は、walletアプリの登録画面で確認することができます。
確認したいカードの券面にidと表示されていればidに登録されています。
QUICPayのマークであるQのような形をしたマークが表示されていれば、QUICPayに登録されています。

apple公式HPより

apple公式HPより
画像の左側がiD、右側がQUICPayのロゴです。

どちらを使うのかはカードによって変わりますので、必ず把握しておきましょう。

Apple Payの使い方についての疑問はここで解消!

「Apple Payは便利そうだけど、○○はできるのかな?」
お金の支払い方などはその時々によって「そういえばあれってどうなの?」という疑問が出てきがちですよね。
ここでは、Apple Payを使う前にふと疑問に思うことをまとめました!
Apple Payをこれから使おうと思っている方や、導入したばかりの人は必見です。

①商品券やQUOカードと併用できる

Apple Payは、商品券やQUOカードと併用できます。

たとえば商品券を使いたい場合は、先に商品券を使う旨を店員さんに伝えてください。
その後残金を伝えられますので、その金額はSuicaやQUICPayで払うことを伝えましょう。

また、あまりないケースではありますが、Apple Payと現金払いの併用も可能です。
特にSuicaでは、あらかじめ設定した金額よりも残高が少なくなった時に自動チャージする「オートチャージ」もできますが、事前設定金額よりも大きな金額をお会計することもありますよね。
その場で追加でチャージすることもできますが、チャージには10秒ほど時間がかかってしまいます。
レジが混んでいるときはその10秒がひどく長く感じられることもありますよね。
そんな時は、店員さんに「○○円はSuicaで、残りを現金で支払います。」というように伝えれば、Apple Payと現金払いの併用もできますよ。

②Apple PayにSuicaを登録するならJREアプリも入れておこう

Apple PayにSuicaを登録するのであれば、JREアプリもインストールしておくことをおすすめします。
なぜなら、Suicaを利用して決済するとJREポイントが貯まるためです。

2019年10月1日に行われた消費税増税に伴って、キャッシュレス決済によるポイント還元が行われるようになりました。
Suicaもこれに対応していて、税込100円利用で2ポイント付与=2%のポイント還元が行われています。

また、「キャッシュレス・消費者還元事業」対象店舗での利用であれば、Suica利用2%+キャッシュレス決済によるポイント還元5%+JREポイントカード提示1%=8%のポイント還元がされます。
さらに、いつもの鉄道利用でもJREポイントを貯めることができます。

このポイントを受け取るためには、モバイルSuicaとJREポイントアプリの連携が必須になります。
つまり、Apple PayにSuicaを登録する場合は、JREアプリも入れておかないと損になってしまうんです。
貯まったポイントは、Suicaにチャージして使うことができます。

③顔認証や指紋認証でセキュリティ対策もばっちり

Apple Payを利用するには、顔認証指紋認証が必要になるため、セキュリティ対策もばっちりです。

スマホにカード情報を登録するときに、セキュリティ対策って気になりますよね。
特に○○ペイというサービスでは、不正利用が大きな問題になったこともありましたから気にしているという方も多いのではないでしょうか。
それに対してiPhoneのセキュリティ対策は、内側からも外側からも対策が取られているため、安全だといえます。

内側からの対策としては、iPhoneに登録されたセキュリティ情報は、アップルでも読み解くことができなくなっているという対応がとられています。
そのため、登録したカードの情報が第3者に漏れてしまったとしても、読み取ることが非常に難しいです。
また、決済した情報は登録したカードの発行元とユーザーとの間でやり取りされるもので、アップルが読み取ることはありません。

外側からの対策としては、iPhoneを紛失しない限り高い機密性が保持されている点です。
Apple Payを用いてクレジットカードなどを利用する際は、指紋認証または顔認証が必要になります。
これは、持ち主本人が操作しなければ簡単に破られることはないですよね。
また、万が一iPhoneを紛失してしまったとしても、webサイト上からiCloudにアクセスすることでカードの利用などを停止することもできます。

ただし、Suicaについては利用時にパスコードの入力等の本人確認がとられていない点には注意しましょう。
そのため、iPhoneを紛失した際にどこかで機械にかざされてしまえば利用されてしまいます。
特にSuicaを登録する場合、iPhoneの紛失には要注意です。

「iPhone一つにまとめてしまうと、iPhoneを失くしてしまったときにすべて失うのが怖い…」という方もいらっしゃるかもしれません。
個人的には、iPhone一つにまとめることによって、iPhoneにだけ集中していれば大丈夫と思えるようになったため不安は減ったと感じています。
物が多いと忘れ物をしてしまうけれど、iPhoneはほとんど肌身離さず持っているという方には、Apple Payの利用は特におすすめです。

Apple Payユーザーが語る導入メリットとデメリット

「Apple Payに興味はあるけれど、導入しても自分が使いこなせるか不安…」
新しいものを生活に取り入れるときには、有効活用できるか不安に思いますよね。
そこでここからは、日々のお買い物はほとんどApple Payに頼り切っているApple Payユーザーが語る、導入して感じたメリット・デメリットを紹介します。
きっとあなたの生活でも「あるある!」とうなずくようなシーンがあるはずです。
「これからApple Payを入れたいけれど迷っている」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①荷物をコンパクトにできる

Apple Payを導入して、一番のメリットだと感じていることは、荷物をコンパクトにできる点です。

最近ミニバッグが流行っていますよね。
バッグが小さくなったことで、長財布から3つ折り財布などの小さな財布に変えたという方もいるのではないでしょうか。
ですが、ミニ財布にすると、特に小銭が多いときは財布が丸々と太ってしまうことはありませんか?
私も財布がバッグの中身の大部分を占めてしまっていて、他にも持ち歩きたいものがあるのにバッグに収まらない…ということがよくありました。
また、財布がギリギリ閉まらなかったりして、お会計の時にバッグから出すのが少し恥ずかしいということもありました。

そんな不便を解消してくれたのが、Apple Payです。
Apple Payを導入し、iPhoneを財布代わりにすることで、現金をやり取りする機会が減ったため、小銭が財布の中で大量にたまってしまうこともなくなりました。
ミニバッグがパンパンになってしまうこともなくなり、お会計もスムーズにできるので、Apple Payを導入して日々の生活が便利になったなと感じています。

②モバイルSuicaの利用で定期忘れ対策がとれる!

Apple PayにモバイルSuicaを導入したことで、定期を忘れてしまうことがなくなりました!

通勤や通学で電車を使う方は、定期券を持っていますよね。
遅刻ギリギリな時に限って、改札の目の前で鞄をガサゴソと探して定期券を家に忘れてしまったことに気づく…なんてことはありませんか?
私は前日帰宅したときにパスケースを適当なところに放り投げてしまい、次の日の朝に見つからないということがよくありました。

Apple PayにモバイルSuicaを入れることで、そんな朝からテンションが下がるハプニングにも対応できます!

モバイルSuicaで定期券を購入していれば、iPhoneが定期の役割を担ってくれるので、朝はiPhoneさえ持っていれば大丈夫です。
朝はiPhoneのアラームで起き、日中はiPhoneを時計代わりにしているのであれば、失くしてしまうことはほとんどありません。

また、iPhoneはいつでも手に持っているので、改札前で電車に乗り遅れそうなのに定期が見つからなくて探すこともなくなりました。
モバイルSuicaの利用で、朝の通勤や通学が非常にスムーズになった点は大きなメリットです。

さらに、通常の定期券は期限が切れてしまう前に継続購入する必要があり、年度末などは駅の窓口で長蛇の列に並ばなければならないですよね。
しかし、モバイルSuicaであれば、webサイト上から定期の更新手続きもできてしまいます!
早く帰りたいのに、今日は定期を買わなきゃいけないからいつものバスに乗れないなんてこともなくなり快適です。

③Apple Payに対応しているお店かどうかを確認するので、衝動買いが減った!

お店に行く前に、そのお店がApple Payに対応しているお店かどうかをHP等で確認するようになり、衝動買いが減ったので、Apple Payを導入したことで節約につながりました。

現金を持っていると、たとえばとっても好みなワンピースを見つけたときに「持ち合わせがあるし買っちゃおう!」と衝動買いしてしまうことはありませんか?
さっきまでお財布に1万円札が入っていたはずなのに、ちょっとお金を崩したらあれよあれよという間になくなってしまいますよね。

私は、Apple Payを導入したことで、突発的な買い物を控えるようになりました。
折り畳みタイプの財布は、特にお札が出しづらいためお会計の際に手間取ってしまいます。
個人的にこれは大きな負担であるため、数10円の差額であればApple Payを使える店舗でのお買い物を選びたくなります。
Apple Payに対応している店舗を調べるタイミングで、本当に欲しいのか、必要なものなのかを考えることもできます。
このように、買う前にいったん冷静になることができるのはApple Payを導入したおかげだと思っています。

また、現金で購入する必要があるときは、必要な現金しか持たないため無駄に使ってしまうこともありません。
さらに、あまり気が進まない突発的な飲み会の誘いも「現金の持ち合わせがないので割り勘できない」という理由で断れるようになりました。

「現金を扱わないからお金を使っている感覚がなくなり、無駄遣いしがちになる」ともいわれるキャッシュレス決済ですが、むしろお金を使うことを考えるタイミングが増えて節約につながったと私は感じています。
家計簿アプリと連動させておけば、自動的に出費を記録してくれるので、お金の流れもわかりやすくなりますよ!

④デメリットは通信障害やバッテリー切れへの不安

Apple Payを導入して感じたデメリットは、通信障害やバッテリー切れへの不安をこれまで以上に感じるようになった点です。

スマートフォンが持つシステムを利用している決済であるため、通信障害が発生した場合は復旧を待つ他ありません。
メンテナンスのように使えなくなる期間があらかじめアナウンスされていれば準備もできますが、急な通信障害だとそうはいかないですよね。
このため、通信障害に強い不安を覚える方は、帰りの交通費程度の現金を常に持っておくと良いかもしれません。

また、iPhoneひとつでなんでもできてしまう分、利用機会が増えバッテリーの消費が激しくなります。
もし、帰りの電車内でバッテリーが切れてしまったら、駅から出ることもできなくなってしまいます。
そのため、出かける際は十分に充電していくことや、モバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策をとって対応していきましょう。

まとめ

  • Apple PayはiPhoneをかざすだけでお買い物ができる機能
  • walletアプリにSuicaやクレジットカードなどを登録して使う
  • Suicaを入れるといつでもチャージできる
  • クレジットカードはQUICPayとidに分かれるが使い方は変わらない
  • 商品券と併用可能
  • SuicaユーザーはJREアプリの併用がおすすめ
  • 顔認証指紋認証でセキュリティ対策もばっちり
  • Apple Pay導入のメリット
    • 荷物をコンパクトにできる
    • モバイルSuicaなら定期忘れもなくなる
    • 出費を考えるタイミングが増え節約になる
  • Apple Pay導入のデメリット
    • 通信障害やバッテリー切れへの不安

Apple Payは、お手持ちのiPhoneをお財布代わりにできる便利な機能です。
また、モバイルSuicaを導入することで、定期券代わりにもなり、生活の質を大いに向上させてくれるものです。
セキュリティ対策も万全ですから安心です。
しかし、iPhone一つで何でもできる分、充電には気を付ける必要があります。
あなたの生活でもきっと役に立ちそうと感じる部分があったはず。
これからApple Payを使おうと考えている方は、ぜひ挑戦してみてくださいね!



コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。