ANAアメックスゴールドは劣化ダイナース?特典一覧とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANAアメックスゴールドは劣化ダイナース?特典一覧とメリット・デメリット
「普段使いの航空会社系カードなら、やはりVISAやJCBよりもアメックスに惹かれる。
とは言え本当に、このまま申込みを進めてしまっていいのかな?」

結論から言うと、ANAのアメックスカードはコスパ的に微妙
VISAやMastercard、JCBに対しては「アメックスである」という一点だけでも対抗できるかもしれませんが、優秀な「ANAダイナース」の存在はどうしても気になります。
…とは言え、2020年9月に始まった新特典により、差別化が簡単になったのは確かでしょう。

今回はそんなANAアメックス・カードについて、その基本情報やライバルカードとの比較結果をまとめました。
読み進めて頂ければ、今のあなたが選ぶべきカードが分かります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスETCカード券面
年会費31,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率100円につき
1マイル相当

※ANAマイルへの交換時
  • ご入会でもれなく2,000マイル、毎年のカードご継続毎に2,000マイルをプレゼント
  • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント2倍
  • ポイントの有効期間は無期限。1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行可能
人気ゴールドカードランキング
MUFGカード ゴールド
初年度年会費無料還元率0.5%
年会費がなんと2,095円(税込)。相場の5分の1という、格安ゴールドカード。
三井住友カードゴールド2020年新デザイン三井住友カード ゴールド
初年度年会費無料(オンライン入会)還元率0.5%~2.5%
信頼・安心の銀行系プロパーゴールドカードが条件を満たせば年会費4,400円!
JCBゴールド
初年度年会費無料還元率1~7%
最大1億円も補償される海外旅行保険はゴールドカードの中でトップクラス!

1分で分かる!ANAアメックスゴールドのライバルカードと比べたメリット・デメリット

1分で分かる!ANAアメックスゴールドのライバルカードと比べたメリット・デメリット
ANAアメックスゴールドに付いての概要を、はじめにまとめてしまうと以下のようになります。

ANAアメックスゴールドの概要

  • 年会費は34,100円と、同グレードのJCB、VISAゴールドの2倍以上でダイナースよりも約5,000円高い
    ┗ANA関連の特典を重視するならJCB等の方が◎
  • 以下のような独自のメリットに、年会費相当の魅力を見出せるかが鍵となるか

  • スマートフォン補償、キャンセル補償のような独自の補償制度
  • 年間利用額300万円で1万円相当のSKYコインプレゼント
  • 航空機遅延補償(JCBゴールドにも同様の特典あり)
  • ダイナースとは異なり、海外空港ラウンジサービスは付かないので注意

基本的にANAアメックスは、スタンダードなANAゴールドカードに独自の特典とそれ相応の年会費がプラスされたもの、と考えて良いでしょう。

つまりこのANAアメックスゴールド、独自の特典を使いこなせれば唯一無二のメインカードとなってくれる一方、そうでなければ単にコスパが悪いだけのカードとなってしまうわけですね。

高額な上位カード全般に言えることではありますが、若干人を選ぶ存在であることは確かです。

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの基本スペックと特典一覧

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの基本スペックと特典一覧

ここからはANAアメックスゴールドの性質について、もう少し詳しく見ていきましょう。

こちらは同カードの基本スペックと、特典内容の一覧となります。

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
年会費
(税込)
34,100円
(本会員)
17,050円
(家族会員)
国際ブランドAmerican Express
マイル還元率1.0%
(100円につき1マイル)
ETCカード年会費無料
発行手数料935円
(詳細:公式HP
付帯保険
  • 海外旅行保険
    ┗最高1億円
    ┗家族特約あり
  • 国内旅行保険
    ┗最高5000万円
    ┗家族特約あり
  • 航空便遅延費用保障
    ┗最高4万円
    ┗海外旅行のみ対象
  • ショッピング保険
    ┗年間最高500万円
  • スマートフォン保険
    ┗最高3万円
  • 返品補償
    ┗1商品3万円まで
  • キャンセル補償
    ┗年間最高10万円

※2021年3月改定
※その他不正利用補償など
※詳細:公式PDF

ANAゴールド+ダイナース共通特典
  • 入会特典2000マイル
  • 継続特典2000マイル
  • マイル還元率1.0%
  • ANAの航空券購入時、付与マイル+25%
  • ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターを利用可
  • ANA FESTAで1,000円以上の決済時、5%オフ
  • ANA機内販売10%オフ
  • ANAオンラインショップA-style5%オフ
    ※ANAマイルと航空券の交換レート等については公式HP参照(国内線国際線

※ANAラウンジ利用特典は付きません。

ANAアメックス独自特典

※アメックスの独自特典はプロパーカード(非提携カード)に対し一部制限されるので注意
(プライオリティ・パス特典等)

オレンジ色で示したのは、他のANAカードと比べた際の重要な差別化点。これらの点に魅力を感じたなら、そのままアメックスゴールドに申し込んでしまっても良いだろうと思います。

…とは言えこの基本情報・特典情報をご覧になっただけでは申込みを決められない、という方の方が多いことでしょう。
ということでここからは、ライバルカードとANAアメックスゴールドを比較していきます。

「ANAダイナース」「ANAワイドゴールドカード」とANAアメックスゴールドの比較

「ANAダイナース」「ANAワイドゴールドカード」とANAアメックスゴールドの比較

ここからは以下のANA関連特典をまったく同じくする、ANAゴールドカード(またはゴールド相当のダイナースクラブカード)と「ANAアメックス」を比較していきます。

    参考:ANAゴールド共通特典(再掲)

  • 入会特典2000マイル
  • 継続特典2000マイル
  • マイル還元率1.0%
  • ANAの航空券購入時、付与マイル+25%
  • ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターを利用可
  • ANA FESTAで1,000円以上の決済時、5%オフ
  • ANA機内販売10%オフ
  • ANAオンラインショップA-style5%オフ

※別途入会キャンペーンが実施される場合あり
※ANAマイルと航空券の交換レート等については公式HP参照(国内線/国際線)
※「ANAラウンジ」利用特典は付きません。

①ANAダイナースカードとの比較

さて、「少し特別なカード」という意味でやはり気になるのはダイナースクラブカードの存在でしょう。

ANAアメックスとANAダイナースカードを簡単に比較すると、以下のようになります。

ANAアメックスとANAダイナースの比較
アメックスダイナース
券面ANAアメックス・ゴールド券面ANAダイナースカード券面
年会費
(本人)
34,100円29,700円
年会費
(家族)
17,050円6,600円
国際ブランドAmerican ExpressDiners Club
国内空港ラウンジ利用可
同伴者1名
無料
利用可
同伴者有料
海外空港ラウンジ×利用可
(年10回まで無料)
海外旅行時の手荷物配送帰路のみ1個無料帰路のみ1個無料
(年2回)
海外旅行保険最高1億円
家族特約※あり
最高0.5億円
国内旅行保険最高0.5億円
家族特約※あり
最高0.5億円
ショッピング保険最高年500万円最高年500万円
その他補償航空機遅延補償(海外)
スマートフォン補償
キャンセル補償
返品補償

※詳細:公式PDF

特になし
その他特典(抜粋)
  • 年間利用額300万円で1万円相当のANAコイン付与
※家族特約…生計を共にする家族、両親などに適用される保険。詳細は公式情報参照

有り体な言い方ではありますが、2つのカードは一長一短。
2つのカードの違いをもう少し簡潔にまとめると、以下のようになるでしょうか。

アメックスの利点
  • ユニークな補償制度
  • 国内空港ラウンジは同伴者1名も無料
  • 旅行保険の家族特約
  • 海外旅行時の航空機遅延補償
  • 年間利用額300万円以上の場合、1万円相当のスカイコイン付与
ダイナースの利点
  • 年会費が安い
  • 海外空港ラウンジサービス
  • 充実のグルメ特典
  • 限度額なし

正直なところ、ついこの頃までダイナースを押してアメックスを選ぶ理由は薄かったのですが…。

2020年9月に、ANAアメックスゴールドに

といった独自の特典が組み込まれてからは、一概に「劣化ダイナース」とは言えない状況に。
アメックス独自のメリットに年5,000円以上の価値を感じるのであれば、アメックスを選ぶ意味も十分と言えるでしょう。
特に情勢が不安定な今、アメックスのキャンセル補償(キャンセル・プロテクション)は重宝しそうですね。

一方、海外空港ラウンジサービスやグルメ特典に魅力を感じるのであれば、間違いなく「ANAダイナース」の方を選ぶべきと言えます。

★各カードの付帯保険の内容・適用条件に付いて詳しくは、以下の公式情報をご確認ください。

CHECKアメリカン・エキスプレス・カード公式HP「ANA アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード会員規約集」
CHECKダイナースクラブ公式PDF「保険サービスご利用の手引き」

★ちなみに審査難易度が高いのはダイナースクラブの方。今のアメックス・ゴールドでは年収300万円台、場合によってはそれ未満の方の通過例も多いですが、ダイナースホルダーの年収は今でも500万円~が基本です。

ANAダイナースの券面はプロパーカードとほとんど変わらないこともあり、年会費に反し「ステータス性」という意味ではダイナースに軍配が上がるように思えます。

②ANAワイドゴールドカード(JCB/VISA・Mastercard)との比較

アメックスの取得を検討している方にとって、コストパフォーマンスはあまり重要ではないかもしれませんが…。

ここでは一応、JCBとVISA/Mastercardの「ANAワイドゴールドカード」と、ANAアメックスについても比較させて頂きましょう。

ANAアメックスとANAダイナースの比較
アメックスワイドゴールド
券面ANAアメックス・ゴールド券面ANA VISAワイドゴールドカード券面
年会費
(本人)
34,100円15,400円
年会費
(家族)
17,050円4,400円
国際ブランドAmerican ExpressJCB
(JCB社発行)
VISA
Mastercard
(三井住友社発行)
国内空港ラウンジ利用可
同伴者1名
無料
利用可
同伴者有料
海外空港ラウンジ×JCBのみLounge Key特典あり、ただし利用料は有料
海外旅行時の手荷物配送帰路のみ1個無料×
海外旅行保険最高1億円
家族特約※
最高1億円
家族特約※
(JCB)
最高0.5億円
家族特約※
(三井住友)
国内旅行保険最高0.5億円
家族特約※あり
最高0.5億円
(JCB、三井住友)
ショッピング保険最高年500万円最高年500万円
(JCB)
最高年300万円
(三井住友)
その他補償航空機遅延補償(海外)
スマートフォン補償
キャンセル補償
返品補償

※詳細:公式PDF

航空機遅延補償
(国内、海外/JCBのみ)
その他特典(抜粋)
  • 年間利用額300万円で1万円相当のANAコイン付与
※家族特約…生計を共にする家族、両親などに適用される保険。詳細は公式情報参照

スペックを一見すると優秀なのはアメックスの方ですが、よく見れば年会費に2倍以上の差があると考えると話は変わってくるかもしれません。

ANA側が提供する特典(フライトマイル+25%など)は完全に共通ですから、こちらを重視するのであればコストパフォーマンスで圧倒的に優れる、JCBやVISA・Mastercardの選択が有力と言えるでしょう。

ちなみに保険内容や特典で優れるのはVISA・Mastercardより「JCB」の方ですが…。

日本発祥の国際ブランドであるJCBは海外加盟店が少ないため、海外決済を前提とするのなら汎用性の高い「VISA」「Mastercard」の選択が優先されそうです。

ANAアメックスのグレード間比較(ノーマル/ゴールド/プレミアム)

ANAアメックスのグレード間比較(ノーマル/ゴールド/プレミアム)

ここでは参考情報として、3つのANAアメックスカードを比較させて頂きます。

ANAアメックスの比較
一般ゴールドプレミアム
券面ANAアメックス券面ANAアメックス・ゴールド券面ANAアメックス・プレミアム券面
年会費
(本人)
14,300円
(実質値※1)
34,100円165,000円
年会費
(家族)
2,750円17,050円無料
(4枚まで)
入会・継続特典1,000マイル2,000マイル10,000マイル
搭乗ボーナスマイル+10%+25%+50%
国内空港ラウンジ利用可
同伴者1名無料
カードラウンジに加えANAラウンジも利用可
海外空港ラウンジ×利用可
海外旅行時の手荷物配送帰路のみ1個無料帰路のみ2個無料
海外旅行保険最高0.3億円最高1億円
家族特約
国内旅行保険最高0.2億円最高0.5億円
家族特約
ショッピング保険最高年200万円最高年500万円
その他補償×航空機遅延補償(海外)
スマートフォン補償
キャンセル補償
返品補償
左記に加え
電化製品補償
個人賠償責任保険
など
その他特典(抜粋)空港パーキング優待など年間利用額300万円で1万円相当のANAコイン付与コンシェルジュ
毎年無料宿泊券プレゼント
年間利用額500万円で3万円相当のANAコイン付与など
※1 ポイントをマイルへ移行するため別途発生する年会費6,600円を含む

プレミアムカードまで進めば特典内容は跳ね上がりますが、年会費が5倍近くにもなりますので当たり前と言えば当たり前ですね。正直なところ、あまり比較になりません。

また、一般のANAアメックスはJCBやVISAのワイドゴールドとほとんど年会費に違いが無いにもかかわらず、明らかにサービスが劣るため、ほとんど選択肢に入らないだろうと思います。

ということで、クレジットカードに年16万円をつぎ込むつもりが無く、アメックスブランドのANAカードが欲しいとお考えなら、やはり有力なのは「ゴールドカード」となりそうですね。

★ちなみにダイナースのANAプレミアムカードとは異なり、アメックスのANAプレミアムカードへの申込みにカード会社からのインビテーション(招待)は不要です。

TIPS:ハイシーズンに飛行機を利用することが多いなら、JALへの乗り換えも一考

TIPS:ハイシーズンに飛行機を利用することが多いなら、JALへの乗り換えも一考

ここまで解説を進めてきて、今更のことではありますが…。

あなたがお盆や年末年始といったハイシーズンに飛行機を利用する機会が多いのなら、この機会にJALへの乗り換えも検討した方が良いかもしれません。
理由については、以下の比較表をご覧頂ければお分かりいただけるでしょう。

航空券交換に必要なマイル
ANAJAL
羽田⇔
大阪
名古屋
10,000マイル
※ローシーズン(閑散期/6月中など)
12,000マイル
※レギュラーシーズン
15,000マイル
※ハイシーズン(繁忙期)
※以下同様
12,000マイル
羽田⇔
札幌
福岡
沖縄
12,000マイル
15,000マイル
18,000マイル
15,000マイル
日本⇔
北京
台北
グアム
17,000マイル
20,000マイル
23,000マイル
20,000マイル
日本⇔
ホノルル
35,000マイル
40,000マイル
43,000マイル
40,000マイル
日本⇔
ロンドン
45,000マイル
55,000マイル
60,000マイル
45,000/52,000マイル
(使用機により変動)
日本⇔
パリ
52,000マイル
    特に長距離の移動だと、JALの方が必要マイルが安く済む傾向にありますね。

    もちろん、

  • ローシーズンを狙って搭乗できる
  • ANA、もしくはANA系列の飛行機しか利用できない理由がある

といった場合には、ANAマイルの獲得が優先されますが…。

マイルの貯めやすさ自体はANAカードもJALカードも大差ありませんので、場合によっては「JALカード」への入会も検討した方がよいでしょう。

JAL・CLUB-Aゴールドカード徹底解説!下位カードとの違い&各ブランド間比較
2021.02.18

★ただしJALカードに、アメリカン・エキスプレス社発行カードは存在しません。
JALカードのアメックス・ブランドカードは、三菱UFJニコス社発行のカードとなります。
ちなみにJAL提携のダイナースクラブカードは存在します(ANAより少し年会費が高いですが)。

★各社の航空券交換に必要なマイル数については、以下の公式HPをご確認ください。

CHECKANA公式HP「シーズン・必要マイルチャート(国内線)」
CHECKANA公式HP「シーズン・必要マイルチャート(国際線)」

CHECKJAL公式HP「JALグループ国内線特典航空券 マイル早見表」
CHECKJAL公式HP「JAL国際線特典航空券」

結局ANAアメックスを作るべきはどんな人?ANAアメックスゴールドのまとめ

結局ANAアメックスを作るべきはどんな人?ANAアメックスゴールドのまとめ

ANAアメックスゴールドのメリット
  • 年間利用額300万円で1万円相当のANAスカイコインプレゼント
  • 旅行保険に家族特約が付く
    ただしJCBも同様(海外のみ)
  • 航空機遅延補償
    ただしJCBも同様、かつ国内便も対象
  • スマートフォン保険
  • キャンセル保険
  • 返品保険
  • 国内空港ラウンジは同伴者1名も無料
  • 帰国時の手荷物配送1個無料
    ただしダイナースも同様
他のANAゴールドと比べた際の注意点
  • 年会費が高い(34,100円)
  • 海外空港ラウンジサービスは付かない
    ┗ダイナースは無料で利用可

独自の特典の追加により、ややピーキーな部分はありつつも、ぐっと選択の意義を増したANAアメックスゴールド。

年会費は高いですが、それ相応のメリットを感じられたなら、申込みの理由は十分と言って良いでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの基本情報

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
年会費
(税込)
34,100円
(本会員)
17,050円
(家族会員)
国際ブランドAmerican Express
マイル還元率1.0%
(100円につき1マイル)
ETCカード年会費無料
発行手数料935円
(詳細:公式HP
付帯保険
  • 海外旅行保険
    ┗最高1億円
  • ┗家族特約あり

  • 国内旅行保険
    ┗最高5000万円
  • ┗家族特約あり

  • 航空便遅延費用保障
    ┗最高4万円
  • ┗海外旅行のみ対象

  • ショッピング保険
    ┗年間最高500万円
  • スマートフォン保険
    ┗最高3万円
  • 返品補償
    ┗1商品3万円まで
  • キャンセル補償
    ┗年間最高10万円

※2021年3月改定
※その他不正利用補償など
※詳細:公式PDF

ANAゴールド+ダイナース共通特典
  • 入会特典2000マイル
  • 継続特典2000マイル
  • マイル還元率1.0%
  • ANAの航空券購入時、付与マイル+25%
  • ANA国際線エコノミークラス利用時、ビジネスクラスカウンターを利用可
  • ANA FESTAで1,000円以上の決済時、5%オフ
  • ANA機内販売10%オフ
  • ANAオンラインショップA-style5%オフ

※ANAマイルと航空券の交換レート等については公式HP参照(国内線国際線
※ANAラウンジ利用特典は付きません。

ANAアメックス独自特典

※アメックスの独自特典はプロパーカード(非提携カード)に対し一部制限されるので注意(プライオリティ・パス特典等)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスETCカード券面
年会費31,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率100円につき
1マイル相当

※ANAマイルへの交換時
  • ご入会でもれなく2,000マイル、毎年のカードご継続毎に2,000マイルをプレゼント
  • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント2倍
  • ポイントの有効期間は無期限。1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行可能


コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

SNSでもご購読できます。