【サービス制限に注意!】ANAアメックス・ゴールドのデメリットとANAダイナース等との比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「普段からANAをよく利用することだし、ANA系のカードを作りたい。
アメックスのゴールドカードは、他のブランドに比べて年会費が大分高いみたいだけれど……?」

高額な年会費と、それに匹敵するステータス性でおなじみの「アメリカン・エキスプレス・カード」
ANA提携の「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」ともなれば、年会費は税抜31,000円にも上ります。

……それなら年会費相応の充実した特典があるのかと言うと、「別にそうでもない」というのが本当のところ。
と言うのもどうやらアメックス、申込み者をプロパーカード(非提携カード)に集めたいのか、意図的に提携カードの特典を減らしているきらいがあるんですね。
その最たる例は、航空系カード利用者に需要が高いと思われる「海外空港ラウンジに関するサービス(プライオリティ・パス)の除外」にあるでしょう。
プロパーカードに無いANA系の特典が設けられているのは確かですが、こちらに関しては年会費半額以下のJCBやVISA、Mastercardブランドと共通になるのが痛いところ。

今回は「ANAアメックス・ゴールド」が気になるあなたのために、その特性・特典や、気になるアメックス・プロパーゴールドカード、他ブランドのANAゴールドカード(ダイナース含む)との比較結果をまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今申し込むべきカードが分かります。

人気ゴールドカードランキング
三井住友VISAゴールドカード
初年度無料還元率0.5%
信頼・安心の銀行系プロパーゴールドカードが年会費4,000円!
JCBゴールド
初年度年会費無料還元率1~7%
最大1億円も補償される海外旅行保険はゴールドカードの中でトップクラス!
MUFGカードゴールド
還元率0.5%
年会費がなんと2,057円。相場の5分の1という、格安ゴールドカード。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本情報と取得メリット

まずはANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとはどういったカードなのか知るため、その基本情報や特典内容を見ていきましょう。

①追加料金なしでマイル還元率1%を達成できるのが嬉しい!ただしコスパは微妙

「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(以後ANAアメックス・ゴールド)の基本情報は以下の通り。

★ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 31,000円+税
(本人)
15,500円+税
(家族会員)
国際ブランド American Express
マイル還元率 1.0%
(ANAマイルへの交換時)
利用可能枠 非公開
海外旅行傷害保険 最高1億円 国内旅行傷害保険 最高5000万円
ショッピング補償 年間最高500万円 追加発行可 ETCカード
家族カード
プラスEXカード(追加料金を支払っての新幹線運賃優待)
付帯電子マネー 楽天Edy 支払日 引き落とし口座による
申し込み条件 20歳以上、定職のある方
その他
  • ANA航空券購入時のマイル還元率+25%、その他ANA系サービス
  • 海外ラウンジ関連サービス無し
  • 航空機遅延保証無し
  • ※インビテーションが行われることもありますが、アメックスを利用したことが無くとも新規申し込みが可能です。

    31,000円という年会費は、アメックスのプロパーゴールドカード(非提携ゴールドカード)に比べても2,000円高い金額となっています。

    ANAアメックス・カード(一般カード)のように、貯めたポイントをマイルに交換するため有料サービスに加入する必要こそありませんが……。
    そもそもJCBやVISA、Mastercardといったブランドを選べば、このカードと同程度のANA関連サービス(マイル還元率1%、搭乗マイル+25%など)を半額以下の年会費(税別14,000円)で利用可能。
    アメックス社が発行するカードすべてに言えることではありますが、コストパフォーマンスが良いとはとても言えない点については、あらかじめご承知おきください。

    そんな中でアメックス・カードを選ぶ理由は主に「ステータス性」になってくるかと思いますが……。
    このカードにはアメックスらしいセンチュリオン(百人隊長)の意匠が見られず、プロパーのゴールドカードに比べると「パッと見のインパクト」に欠けます。

    もちろんステータス性が全くないわけではありませんし、見る人が見れば分かるカードではあるものの……。
    ステータス性と実用性を両立させたいのならアメックスのプロパーゴールド、もしくは「ANAダイナースカード」あたりを選んだ方が希望にかないそうです。

    そういうわけで、多くのライバルカードの中からANAアメックス・ゴールドを選ぶ理由となれば「アメックスならではの特典」と「ANA系の優待」の両立に限られてくることでしょう。
    (もちろんアメックスを持つという満足のために取得するのもアリですが)

    ★ただしプロパーゴールドカードはポイントをANAマイルに移行するため、別途5,000円+税の年会費が発生します(「メンバーシップ・リワード ANAコース」)。
    さらに還元率を1%にまで上げようとすれば、加えて3,000円の出費が必要です。
    コストパフォーマンスの面で比べれば、ANAアメックス・ゴールドの方が優れているのは間違いないでしょう。とは言え、コストパフォーマンスを最重視するのであればJCBやVISA、MastercardのANAワイドゴールドカードあたりを選ぶべきなのは確かです。

    CHECKANAアメックス・ゴールドとアメックスのプロパーゴールドの比較
    CHECKANAアメックス・ゴールドとJCB、VISA/Mastercardワイドゴールドカードの比較
    CHECKANAアメックス・ゴールドとANAダイナースカードの比較

    ②ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特典内容

    単にANAの優待を受けたいならもっと手ごろなカードがありますし、ステータス性重視ならアメックスのプロパーやダイナースANAの方が適任。
    となると、ANAアメックス・ゴールドの勝負どころはその特典内容となってきます。
    ここからは「アメックス系の特典」と「ANA系の特典」に分けて、その内容を簡単に見ていきましょう。

    (1)プロパーカード(ゴールド)と共通する特典内容

    まずはアメックスのプロパーゴールドと共通する、アメックス独自の特典内容をご覧ください。

    ★太字は「JCB」「VISA/Mastercard」のANAゴールドカードに無いアメックス独自の会員特典となります。(類似サービスは除外)

    ★ANAアメックスの特典内容(アメックス提供)

    空港関連 手荷物無料宅配サービス 海外旅行の際、自宅空港間をスーツケース無料配送
    ※1個まで/往路・帰路ともに対応
    国内空港ラウンジ

    国内28空港・海外2空港の空港ラウンジ無料利用
    同伴者も1名無料(2名以降ラウンジ指定の料金発生)
    空港クロークサービス 乗継便の待ち時間、その他空き時間に2つまで無料で荷物預かり
    ※中部国際空港、関西国際空港のみ
    空港パーキング

    旅行期間中のパーキング優待
    エアポート送迎サービス H.I.S.アメックスデスクで指定商品(国際線航空券または海外パッケージツアー)を購入の際提携タクシー会社の運賃優待
    ※対象空港:羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港
    旅行・手配関連

    アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン 国内外のホテルや海外航空券、レンタカーなどの専用予約サイトの利用
    ポイント還元率は通常ショッピングの2倍、他会員限定優待あり
    H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク H.I.S.の専用ダイヤルにて旅のコンサルティングを受けられる
    海外での緊急時サポートにも対応
    エアポート・ミール(国内線) H.I.S.のアメックスデスクで対象国内線航空券の購入時に限り、羽田・伊丹空港内の飲食店で使えるクーポン(1,000円分)プレゼント
    ※対象は羽田または伊丹発の国内線航空券のみ
    Expedia優待 旅行関連予約サイト「Expedia」について

  • 宿泊料金8%オフ(国内・海外)
  • 海外ツアー料金3,750円オフ(税抜15万円以上利用のとき)
  • アップルワールド優待

    会員専用サイト「アップルワールド」経由の国内外旅行の予約で代金5%割引
    「日本旅行」優待

    厳選施設の宿泊プラン「特選の宿」5%オフ
    一休.com優待 厳選宿泊施設の予約専用サイト「一休.com」にて
    指定プランに会員限定特典付与
    京都特別観光ラウンジ 高台寺塔頭 圓徳院の会員専用ラウンジ利用可
    グローバル・ホットライン 24時間無料でほぼ全世界から電話での日本語サポートを受けられる
    (航空券取得、レストラン予約、他緊急時の対処など)
    海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話のレンタル料半額
    通話料も10%オフ
    その他

    ゴールド・ワインクラブ

    季節のおすすめワインや希少ワイン等の紹介・購入
    「COTTON CLUB」優待 丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTON CLUB」優待
    (指定日にウェルカムドリンクサービス等)
    新国立劇場優待 チケット郵送料無料、先行購入、ドリンク券進呈などの優待
    アメリカン・エキスプレス・コネクト アメックスブランド提携店の優待
    ※不定期に変動あり
    レンタカー優待 指定レンタカー会社の国内利用分5%オフ
    (トヨタレンタカー、ニッポンレンタカー他)
    タイムズカープラス優待 カーシェアリングサービスの利用料金優待
    ※その他eプラスでの優待などあり

    一般カード(ANAアメックス)に共通する特典

    ゴールドカード以上にのみ付与される特典

    有用性が高いのは「国際線利用時の手荷物無料宅配サービス」はじめとする空港関連サービスでしょう。(ただしダイナースにも似たサービスがある点には注意)
    太字かつ黄色で色づけられた特典に魅力を感じたのなら、アメックス系のゴールドカードに申し込む意味が十分にあると言えます。

    ただ、気になるのはアメックスのプロパーゴールドにはさらに多くの特典が付いているということ。つまり「ANAアメックス・ゴールド」では意図的に、特典の一部が除外されているわけです。

    そこで「ANAアメックス・ゴールドになく、プロパーゴールドカードにのみ設けられた特典」を簡単に挙げてみました。(☆マークは特に重要性が高いと思われるもの)

    プライオリティパスのスタンダード会員資格(年会費無料)+年2回まで利用料無料

    冒頭でも触れましたが、航空系カードで需要の高いと思われる「プライオリティ・パス」会員資格(海外空港ラウンジサービス)が除外されているのは、ANAアメックス・ゴールドの致命的なデメリットです。

    ANA系の特典よりもプライオリティ・パス、その他プロパー限定のサービスを重視したいのなら、プロパーゴールドカードへの申し込みを検討したほうが良いでしょう。
    各特典について詳しくは、以下のページをご覧ください。
    あわせて読みたい アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(プロパーゴールド)について
    ★ちなみにプライオリティ・パス付きカード自体は年会費1万円(楽天プレミアムカード)から作れます。
    ただしある程度のステータス性を考慮するのなら、ダイナースクラブ系のカードを選ぶのが良いでしょう。
    (ダイナースの場合はプラオリティ・パスではなく独自提携のラウンジが利用できる)

    あわせて読みたい プライオリティ・パス付きクレジットカード総まとめ:同伴者無料/年会費1万円他

    ★ついでにANAアメックス系列でも、ANAアメックス・プレミアムカード(年会費15万円+税)までグレードを上げればプライオリティ・パスを利用できます。(おすすめできるかは置いておいて)

    (2)ANA系ゴールドカード共通の特典内容

    一方、こちらはANAゴールドカード(ダイナースANA含む)に共通する、ANA提供の特典内容。
    内容は他社の「ANAワイドゴールドカード」(JCBだと基本年会費14,000円)共通のものとなる点にはあらかじめご承知おきください。

    ★ANAアメックスの特典内容(ANA関連)

    搭乗時ボーナスマイル 通常マイルに加え+25%のマイル付与
    (一般カードは+10%)
    継続時ボーナスマイル 毎年のカード継続で2,000マイル付与
    (一般カードは1,000マイル)
    ANAポイント優待 ANA公式サイトからの商品(航空券、ツアー他)購入でポイント還元率2倍
    (一般カードは1.5倍)
    SKiPサービス 事前の「スキップ予約」で搭乗手続き不要
    カウンター等に寄らずに保安検査場へ行ける
    優先チェックイン ANA国際線エコノミークラス利用時であってもビジネスクラスの専用カウンターを使える
    ANA FESTA割引 ANA FESTAで代金10%オフ
    ANA DUTY FREE SHOP割引 ANA DUTY FREE SHOPで代金10%オフ
    機内販売優待 機内販売10%オフに加え還元率2倍
    A-style優待 ANAオンラインショップ「A-style」で5%オフ
    還元率2倍
    ANA系ホテル優待 IHG・ANA共同ブランドホテル、ANAホテルで宿泊料5%オフ
    かつ朝食・ウェルカムドリンクの無料サービス
    ANAマイレージモール 「ANAマイレージモール」ウェブサイト経由のお買い物でマイルが貰える(還元率はお店による)
    ■一般カード(ANAアメックス)に共通する特典

    ■ゴールドカード以上にのみ付与される特典、あるいは一般カードの同サービスよりも優れた特典

    他ブランドのカードと共通する特典ですので、特にあれこれ言うことはありません。
    当たり前ではありますがANAの利用機会が多いほど、搭乗時ボーナスマイルの恩恵が大きくなる、というくらいでしょうか。

    「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」独自のメリットは、「アメックス独自の特典」(ただしプロパーから一部除外)と「ゴールドカード相応のANA優待」を両立できることに尽きます。

    両方の特典に強い魅力を感じなかったのなら、よりコスパあるいはサービスの優れた、別カードへの申し込みを検討したほうが良いでしょう。

    ライバルとなる各種カードとANAアメックス・ゴールドの比較

    何かとライバルの多い「ANAアメックス・ゴールド」。
    あなたの申込先候補を絞るためにも、ここからはライバルカードとANAアメックス・ゴールドの比較結果を見ていきましょう。

    CHECKプロパーゴールドとの比較
    CHECKANAアメックス内でのグレード間比較
    CHECKJCB/VISA/Mastercardの上位ANAカードとの比較
    CHECKANAダイナースカードとの比較

    ①プロパーゴールドとの比較

    同じ会社が発行するカードでありながら、最大のライバルとなり得るのが「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」。言わずと知れたアメックスのプロパー(非提携)ゴールドカードですね。

    ★ANAアメックスカードとアメックス・ゴールド(プロパーゴールド)の比較

    ANAアメックス・ゴールド アメックス・ゴールド
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス・ゴールド アメックス・ゴールド
    年会費(本人) 31,000円+税 29,000円+税
    年会費(家族カード) 15,500円+税 1枚目無料
    (2枚目以降12,000円+税)
    マイル還元率 1.0% 0.5%
    ANAマイル移行のためには別途税別5,000円の年会費が必要(このときマイル還元率0.5%)
    年会費+税別3,000円でマイル還元率1.0%へ
    国際ブランド American Express
    継続ボーナスマイル 2,000マイル
    搭乗ボーナスマイル +25%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)

    年会費無料
    利用料は年2回まで無料

    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    同伴者1名まで無料
    年間マイル移行上限 上限なし 年間80,000マイルまで
    2019年より4万マイルまで
    その他のサービス等
  • ANA系列店の割引など、ANA系サービス(ゴールド相当)
  • 指定飲食店での優待
  • 指定宿泊施設での優待 他
  • 海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高5000万円
    最高5000万円※1
    (最高1000万円)※2
    治療費用 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    疾病治療費用 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    賠償責任 最高4000万円
    (同上)
    携行品損害 最高50万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    救援者費用 最高300万円
    最高100万円
    (最高300万円)
    航空機 乗継遅延 最高2万円
    出発遅延 最高2万円
    手荷物遅延 最高2万円
    手荷物紛失 最高4万円
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害

    最高5000万円
    (最高1000万円)

    手術費用
    入院日額
    通院日額
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    その他の補償
  • キャンセル・プロテクション
  • リターン・プロテクション(返品補償)
  • キャンセル・プロテクション
  • ※1 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す

    ※2 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)

    ANAアメックス側の強みは「ANA系のサービス」、プロパー側の強みは「ステータス性」「海外ラウンジ年2回無料」、その他ANAアメックスに無い独自サービス…と言ったところ。
    これに関してどちらを重視すべきかは「その人による」としか言えません

    もしもどちらもピンと来ないのであれば、その他のカードとの比較結果も読み進めてみてください。

    ★保険内容に関する詳細(家族カードの適用保険含む)については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKアメリカン・エキスプレス公式HP「ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード会員規約集」(PDF)
    CHECKアメリカン・エキスプレス公式HP「規定集(ゴールド)」(PDF)

    ②ANAアメックス内でのグレード間比較

    「アメックスとANAの特典を両立させたいけれど、ゴールドカードじゃなくても良いような……」といった場面のために、ANAアメックス系列でのグレード間比較を行いました。

    ★ANAアメックスカード系列の比較

    ANAアメックス ANAアメックス・ゴールド ANAアメックス・プレミアム
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス ANAアメックス・ゴールド ANAアメックス・プレミアム
    年会費(本人) 13,000円+税
    (うち6千円「ポイント移行コース」代)
    31,000円+税 150,000円+税
    年会費(家族カード) 2,500円+税 15,500円+税 無料(4枚まで)
    マイル還元率 1.0%
    ※「ポイント移行コース」加入前提
    1.0% 1,0%
    国際ブランド American Express American Express American Express
    継続ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
    搭乗ボーナスマイル +10% +25% +50%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    プレステージ会員
    (年会費・利用料無料)
    +同伴者も2名まで無料
    (3人目から32$/人)
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    同伴者1名まで無料

    同伴者1名まで無料
    ANAラウンジも利用可
    その他のサービス等 国際線利用時の空港宅配サービス
    指定宿泊施設優待など
    一般カード特典に加え
    京都観光ラウンジ利用
    ゴールド・ワインクラブ他
    ゴールドカード特典に加え
    指定飲食店優待
    年1度ホテルの無料宿泊券贈呈 他
    海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高3000万円※1
    (最高1000万円)※2
    最高5000万円
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円
    最高5000万円
    ※詳細非公開
    治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    疾病治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    賠償責任 最高3000万円
    (同上)
    最高4000万円
    (同上)
    携行品損害 最高30万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    救援者費用

    最高200万円
    (同上)

    最高300万円
    最高100万円
    (最高300万円)
    航空機 乗継遅延 あり
    (詳細非公開)
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害

    最高2000万円
    (最高1000万円)

    最高5000万円
    (最高1000万円)

    最高1億円
    ※詳細非公開
    手術費用
    入院日額
    通院日額
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高200万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    その他の補償 キャンセル・プロテクション キャンセル・プロテクション
    リターン・プロテクション(詳細PDF)
    ※1 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す

    ※2 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)

    アメックス・プロパーの上位カードは「プラチナ」「センチュリオン」ですが、ANAアメックスの最上位カードは「プレミアム」となります。
    年会費のわりに見た目は地味ですが、プライオリティ・パスはじめサービス内容はゴールドカードを大幅に上回りますね。(年会費に5倍近く差があるので当たり前と言えば当たり前ですが……)
    ちなみにインビテーションは不要で、一応誰でも申し込みは可能です。

    とは言えクレジットカードに年15万円以上掛ける人は多くないでしょう。
    迷うとすれば一般カードとゴールドカードになるかと思いますが……。

    この一般カード、公式HPを一見すると年会費7,000円と安いものの、ポイントをマイルに交換するためには別途6,000円の年会費が必要。(=まともにANAカードとして使おうとすれば結局年13,000円掛かる

    とは言えゴールドカードに比べ安価なのは確かですので、「一般カード共通のアメックス特典と、ANAカードの一般特典を両立させたい」という場合には、こちらのカードの方が希望にかなうでしょう。
    ……が、今度は近い値段でJCB、VISA、Mastercardの「ANAワイドゴールドカード」(後述)を手に入れられる点が気になってきそうではあります。

    あわせて読みたい ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)の独自メリットとライバルカードとの比較

    ③JCB/VISA/Mastercardの上位ANAカードとの比較

    こちらは「ANAカード」としては同グレードとなる、別国際ブランド(ダイナース除く)の「ワイドゴールドカード」
    これらのカードの年会費はANAアメックス・ゴールドの半分以下であるにもかかわらず、ANA関連のサービスは完全に共通となります。

    ★アメックス系カードとJCB ANAワイドゴールドの比較

    ANAアメックス・ゴールド ANAワイドゴールドカード(JCB) ANAワイドゴールドカード(三井住友)
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス・ゴールド ANAワイドゴールドカード(JCB) ANAワイドゴールドカード(三井住友)
    年会費(本人) 31,000円+税 14,000円+税 14,000円+税
    年会費(家族カード) 15,500円+税 4,000円+税 4,000円+税
    マイル還元率 1.0% 1.0% 1.0%
    国際ブランド American Express JCB VISA、Mastercard
    継続ボーナスマイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
    搭乗ボーナスマイル +25% +25% +25%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    ※同伴者有料:料金はラウンジによる
    ※同伴者有料:料金はラウンジによる
    独自の利点 国際線利用時の手荷物配送
    ゴールド・ワインクラブ他
    航空機遅延含む保険の充実 他 VISA、Masterブランドのため海外でも使いやすい
    銀聯カードの追加発行可 他
    海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高5000万円
    最高5000万円※1
    (最高1000万円)※2
    最高1億円
    (最高1000万円)
    最高1000万円
    最高4000万円
    (最高1000万円)
    治療費用 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    (最高200万円)
    疾病治療費用 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    (最高200万円)
    賠償責任 最高4000万円
    (同上)
    最高1億円
    (最高2000万円)
    最高5000万円
    (最高2000万円)
    携行品損害 最高50万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円/1旅行中
    3ヶ月で最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円/1旅行中
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    救援者費用 最高300万円
    最高100万円
    (最高300万円)
    最高400万円
    (最高200万円)
    最高500万円
    (最高200万円)
    航空機 乗継遅延 最高2万円
    出発遅延 最高2万円
    手荷物遅延 最高2万円
    手荷物紛失 最高4万円
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円 最高1000万円
    最高4000万円
    (最高1000万円)
    手術費用 5万円~20万円 最高20万円
    入院日額 5,000円/日 5,000円/日
    通院日額 2,000円/日 2,000円/日
    航空機 乗継遅延 最高2万円
    出発遅延 最高2万円
    手荷物遅延 最高2万円
    手荷物紛失 最高4万円
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額3千円)
    年間最高300万円
    (自己負担額3千円)
    その他の補償 キャンセル・プロテクション
    ※1 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す

    ※2 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)

    大きいのはJCBカードの航空機関連補償でしょうか。特にお仕事などでANAを使う機会が多いのなら、この保険は魅力的な内容となるでしょう。
    ただ、JCBは海外加盟店が少ないので、国外での利用を前提にするのならVISAやMaster、アメックスの方が使いやすいかもしれません。

    「国際線利用時の手荷物無料配送」はじめとするアメックスの特典にさほどの魅力を感じないのであれば、年会費の安い他ブランドを選んだ方がよほどコストパフォーマンスが良いのは確かなところでしょう。

    ★「ワイドゴールドカード」の上位には「プレミアムカード」も存在しますが、こちらは7万円ほどの年会費が発生します。
    こちらが気になる場合には、「ANAカードの徹底比較!」ページをご覧ください。

    ★各カードの保険規定については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKJCB公式HP「付帯保険:ANA JCBワイド ゴールドカード」
    CHECK三井住友カード公式HP「保険サービス」

    ④ANAダイナースカードとの比較

    さて、アメックス最大のライバルとして扱われやすいのが「ダイナースクラブカード」。
    ダイナースが発行するANA提携カードと、ANAアメックス・ゴールドを比較してみましょう。

    取得難易度は、基本的にダイナースカードの方が高いとされます。ご留意ください。
    アメックス・ゴールドは年収400万円前後から通過可能性があるのに対し、ダイナースは年収500万円が最低ライン)

    ★ANAアメックスカードとANAダイナースカードの比較

    ANAアメックス・ゴールド ANAダイナース
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス・ゴールド ANAダイナース
    年会費(本人) 31,000円+税 27,000円+税
    年会費(家族カード) 15,500円+税 6,000円+税
    マイル還元率 1.0%
    ※「ポイント移行コース」加入不要
    1.0%
    国際ブランド American Express Diners Club
    継続ボーナスマイル 2,000マイル 2,000マイル
    搭乗ボーナスマイル +25% +25%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    類似サービスあり
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    ※同伴者有料:料金はラウンジによる
    国際線利用時のスーツケース宅配サービス 1個まで/往路・帰路対応 1個まで/帰路のみ
    類似の特典
    (注:適用条件など詳細に相違点あり)
  • 空港パーキングサービス
  • 指定宿泊施設の優待
  • 自宅・空港間のタクシー運賃優待(諸条件あり)
  • 一方と比べた独自特典
  • 京都観光ラウンジ利用
  • ゴールド・ワインクラブ
  • 空港クロークサービス
  • エアポート・ミール 他
  • 提携飲食店の優待
  • 空港前泊ホテルサービス(諸条件あり)
  • 空港特急列車サービス
  • JALエービーシー優待 他
  • 海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高5000万円
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円
    最高5000万円
    治療費用 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    疾病治療費用 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    賠償責任 最高4000万円
    (同上)
    最高1億円
    携行品損害 最高50万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円
    救援者費用 最高300万円
    最高100万円
    (最高300万円)
    最高400万円
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円
    最高5000万円
    手術費用 10万円~40万円
    入院日額 10,000円/日
    通院日額 3,000円/日
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    その他の補償 キャンセル・プロテクション
    ※1 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す

    ※2 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)

    年会費はアメックスの方が高いわりに、海外空港ラウンジの無料利用をはじめとする基本的なサービス内容はダイナースの方が優れていると言って良いかと思います。というのもANAダイナースでは、ダイナースのプロパーカードに「加えて」ANA関連の優待を受けられる形となっているんですね。
    (=アメックスのように明確にプロパーカードを優遇していない)

    また、ANAダイナースのカードデザインはダイナースのプロパーカードと大きく変わらず、パッと見てダイナースのカードだと判断できます。
    アメックスのプロパーに比べると地味なデザインではありますがその分堅実なパブリック・イメージもあり、ステータスカードとして使っていくにも申し分ないでしょう。

      ただ、アメックス側にも

    • 保険に家族特約が付く
    • 手荷物宅配サービスを往路も利用できる
    • 国内ラウンジにて同伴者1名無料

    …といった独自のメリットは確かにあります。
    2つのカードで申し込みを迷ったなら、各特典をもう少し詳しく見比べてみると良いでしょう。(表中項目参照)

    保険に関する規約については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKダイナースクラブ公式HP「保険サービスご利用の手引き」(PDF)

    まとめ

    ANAアメックス・ゴールドは年会費がプロパーカードより高いにもかかわらず、アメックス独自の特典の一部が制限されている。
    もちろん「国際線利用時、往路・帰路ともに手荷物配送無料」など有用なサービスもあるが、プライオリティ・パス(海外空港ラウンジ)関連の優待がごっそり削られているのは痛いところ
    ANA関連のサービスは年会費半額以下の他ブランドと共通の内容。そのためこのカードを選ぶべきは「アメックス独自の特典」(ただし一部制限あり)と「ANA関連サービス」を両立させたい場合に限られる
    ★最大のライバルは、アメックスに近い独自特典を備え海外空港ラウンジ利用可、さらにステータス性も高い「ANAダイナースカード」か。基本的にはダイナースとアメックスの特典内容を見比べた上、有用に使えそうな方を選びたいところ

    ANAアメックス系列のカードは、「アメックス発行」かつ「ANA提携」という独自の立ち位置を守りながらもライバルカードの存在が気になるところ。
    特にゴールドカードの場合、ANAダイナースの存在は大きいです。あなたがクレジットカード選びに何を重視するのかよく考えた上で、できる限り希望に近いものを選べると良いですね。

    ★ANAアメックス・ゴールドの取得難易度や入手の流れはアメックスのプロパーゴールド(アメックス・ゴールド)と変わりないとされます。
    これについて詳しくは、「アメックス・ゴールドの審査と取得の流れについて」のページをご覧ください。

    ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本情報

    カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
    申込み資格 20歳以上、定職のある方
    利用可能額 非公開
    審査時間 最短1分以内
    到着までの目安 数日程度~
    入会金 不要
    年会費 31,000円+税
    (本会員)
    15,500円+税
    (家族会員)
    支払日 口座振替先の金融機関による
    支払い方式 口座振替先の金融機関による
    分割払い(年率) 14.9%
    (事前登録制)
    リボ払い(年率) 契約時の書類参照
    キャッシング(年率) キャッシング機能無し
    遅延損害金(年率) 14.6%
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 本人確認書類
    (本人限定受取郵便)
    金融機関名

    アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
    (American Express International, Inc.)

    住所・所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
    電話番号 0120-020222
    (新規カードお申し込み専用窓口)
    貸金業登録番号 関東財務局(8)第00405号
    新規お申込はこちら ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイト
    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。