他ブランド&JALとの比較から見るANAアメリカン・エキスプレス・カードの利点と欠点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他ブランド&JALとの比較から見るANAアメリカン・エキスプレス・カードの利点と欠点

「他の国際ブランドよりもサービスが良さそうな、アメックスのカードが欲しい。
中でもANA提携カードは還元率も良さそうだけれど…?」

その名の通り、ANAとアメリカン・エキスプレス社が提携して発行されるクレジットカード「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」
同グレードのVISAカード等に比べると年会費が高くなりやすい一方で、空港関連をはじめとする優待が充実しているのが特徴です。
とは言え、

  • 普通カードに千円少々の年会費を足せば、他ブランドのゴールドカードを作れる
  • マイルの価値の高さを重視するならそもそも「JALカード」の方が優先されやすい

といった、ライバルカードとの兼ね合いは気になるところ。

今回はそんなANAアメックス・カードについて、基本機能・特典情報や他カードと比べたメリット・デメリットを簡潔にまとめました。
読み終えていただければ、今のあなたが作るべき航空会社提携カードが分かります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
アメックスETCカード券面
年会費7,000円+税
(本会員)
ETC
年会費
無料
国際
ブランド
還元率100円につき
1マイル相当※
※利用額に応じてもらえるアメックスの共通ポイント「メンバーシップ・リワードポイント」をANAマイルへ交換した場合
  • ご入会でもれなく1,000マイル、毎年のカードご継続毎に1,000マイルをプレゼント
  • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント1.5倍
  • ポイント移行コースへの登録(6,600円)で
    1,000ポイント→1,000マイルに交換可能
  • ◎家族カード有り

事前にチェック!ライバルカードと比べたANAアメックス・カードの特徴

申込み先に「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」(以後ANAアメックス)を選ぶ上で一番気になるのは、

  • 年会費が近い他ブランドのANAゴールドカード(またはより安価な普通カード)
  • コストパフォーマンスに優れるJALアメックス

…といったライバルカードの存在です。

そこで今回は定石から少し外れ、ANAアメックスの詳細情報を見ていく前に「ライバルカードと比べたメリット・デメリット」を確認していきましょう。

①他ブランドのANAカードとの比較

まずは多くの方にとって有力な申し込み先候補となる、

  • 普通カード
  • ゴールドカード

の各ANAカード基本情報をご覧ください。

★同グレード間におけるANA関連サービス(ボーナスマイル、系列ホテル優待等)は共通です。

各ANAカードの簡易比較
JCB
【一般】
  • 年7,700円※1
  • スターウォーズデザインあり
  • JCB社発行
VISA
Mastercard

【一般】
  • 年8,800円※1
  • 海外加盟店(使えるお店)が多い
  • iD付帯
  • 三井住友カード社発行
►American
Express

【一般】
  • 年14,300円※1
  • マイル移行登録時、マイルの有効期限実質なし
  • 帰国時の手荷物配送1個無料
  • 国内空港ラウンジサービス
    同伴者1名も無料
  • アメックス社発行
JCB
【ゴールド】
年15,400円
VISA
Mastercard

【ゴールド】
年15,400円
  • 海外加盟店が多い
  • iD付帯
  • 国内空港ラウンジサービス
Diners Club
【ゴールド】
年29,700円
  • マイルの有効期限なし
  • 帰国時の手荷物配送1個無料
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 海外空港ラウンジ無料
  • グルメ、トラベル関係優待
►American
Express

【ゴールド】
年34,100円
  • マイルの有効期限
  • 帰実質なし国時の手荷物配送1個無料
  • 国内空港ラウンジは同伴者1名も無料
  • やむを得ない各種キャンセルの補償
※1 マイル還元率1%を実現させた場合の実質合計年会費を記載

太字で示した箇所は、他のブランドに対する差別化点。基本的には各太字の箇所を見比べた上で、最も魅力的に感じられたカードが第一の申込み先候補になるかと思います。

そしてANAアメックスにおける他ブランドとの差別化点は、

  • 同伴者1名含め国内空港ラウンジが無料
  • 帰国時の手荷物配送が1個無料
  • やむを得ないイベント、旅行等のキャンセルが発生した際の、先払い費用補償(ゴールド以上)

の3つ。

このうちいずれかに魅力を感じたなら、多くの「ANA」カードの中でもアメックス・ブランドが申込み先の最有力候補となります。

…が、その一方で、

  • コストパフォーマンスの良さ(JCB、VISA、Mastercard)
  • 海外での加盟店の多さ(VISA、Mastercard)
  • 付帯保険の充実(JCBゴールド)
  • 海外空港ラウンジサービス(ダイナース、JCBゴールド)

といった点を重視するのなら、希望に合った他ブランドを選んだ方が良いでしょう。

あわせて読みたい
ANA一般カードの徹底解説!
ANAゴールドカードの徹底解説!

★JCBやVISA、Mastercardのゴールドカードと「ANAアメックス」の年会費差はたった1,100円。
ただし入会/継続時のボーナスマイルはじめとする、「一般カードとゴールドカードの差」を考えると、実際には他ブランドのゴールドの方がおトクとなりやすいことでしょう。

コスパ重視であれば、正直なところアメックス・カードは視野に入りづらいかと思います。

ANA JCBゴールドとの比較(クリック/タップで開閉)
AMEX普通JCBゴールド
年会費
(本人)
14,300円15,400円
年会費
(家族)
2,750円4,400円
基本マイル還元率1.0%
入会、継続ボーナス1000マイル2000マイル
航空券取得時のボーナスマイル+10%+25%
国内空港ラウンジ無料
(同伴者1名含む)
無料
(同伴者は有料)
海外空港ラウンジ利用不可32US$/回
その他の差別化点帰国時の手荷物配送1個無料各付帯保険
クラブオフ
海外旅行保険傷害死亡
後遺障害
3000万円1億円
治療費100万円300万円
賠償責任3000万円1億円
携行品損害30万円50万円
救援者費用200万円400万円
航空機遅延・欠航2万円
手荷物遅延、紛失4万円
国内旅行保険傷害死亡
後遺障害
5000万円
入院1万円/日
手術10~40万円
傷害通院2千円/日
航空機遅延・欠航2万円
手荷物遅延、紛失4万円
その他ショッピング保険200万円/年500万円/年
※保険金は上限金額のみ記載

★上に挙げた以外にも、以下の4つの派生カードが存在します。各オートチャージ機能等を利用したいのなら、こちらも併せてチェックしてみてください。

②JALアメックス・カードとの比較

あなたの目的が「ANAマイルを貯める」ことではなく「マイルを貯めて飛行機に乗る」ことなら、具体的に言うと「使うのはANAでもJALでも良い」のなら、実は優先されやすいのは「JALカード」の方。

理由は簡単で、

  • 年会費がANAカードより安い
  • 同じ区間の航空券と交換するための必要マイルが、ANAより低額なことが多い(6月などのローシーズン除く)

からですね。要はJALの方がコストパフォーマンスが良いということです。

コスパに関して言えば、JALのVISAやJCBカードが最優先となるのですが……。
ここではあえて、同じアメックス・ブランドのJALカードと、「ANAアメックス」を比較させて頂きましょう。

JALアメックスカードとの比較
ANAJAL
券面ANAアメックス券面ANAアメックス・ゴールド券面JALアメックス券面JALアメックス CLUB-Aゴールド券面
年会費14,300円※1
(普通)
34,100円
(ゴールド)
9,900円※1
(普通)
20,900円
(ゴールド)
国内空港ラウンジ同伴者1名含め無料
一方にない利点
  • 普通カードでも帰国時の手荷物配送無料
    ┗JALではゴールド~
  • やむを得ないイベント等のキャンセル補償
    (ゴールド~)
  • マイル有効期限なし※1
  • 年会費が安い
  • 同じ区間の必要マイルが少額で済みやす
  • キャッシング枠対応
発行元アメックス社三菱UFJニコス
羽田⇔
大阪
名古屋
10,000マイル
※ローシーズン(閑散期)
12,000マイル
※レギュラーシーズン
15,000マイル
※ハイシーズン(繁忙期)
※以下同様
12,000マイル
羽田⇔
札幌
福岡
沖縄
12,000マイル
15,000マイル
18,000マイル
15,000マイル
日本⇔
北京
台北
グアム
17,000マイル
20,000マイル
23,000マイル
20,000マイル
日本⇔
ホノルル
35,000マイル
40,000マイル
43,000マイル
40,000マイル
日本⇔
ロンドン
45,000マイル
55,000マイル
60,000マイル
45,000/52,000マイル
(使用機により変動)
日本⇔
パリ
52,000マイル
※1 マイル還元率1%を前提とする場合
※提携航空会社を利用する場合、必要マイルが異なる場合があります。

同じグレードのカードの場合、航空会社系の特典の内容はほぼ相互互換となります。
(例:ANA、JALの一般カードではどちらも航空券購入時のマイル還元率+10%、かつ提携ホテルや機内販売などでほぼ同様の優待あり)

年会費や必要マイルの安さを考えると、貯めるマイルの種類にこだわりが無いのなら、JALカードの方が優先されるように思えます。

あわせて読みたい
やや高額な「JALアメックス」他ブランドとの差別化ポイント&ANAカード比較も

★今年度のANAにおけるシーズン設定については、こちらのANA公式HPをご覧ください。

ちなみに6月などのローシーズンを選んで飛行機を利用できるのであれば、年会費の差を加味してもANAカードへの申し込みが優先されます。

★ANAアメックスは本家アメックスの発行であるのに対し、JALアメックスを取り扱うのは「アメックス社と提携を結んだ三菱UFJニコス」社。この関係上、おそらくはANAカードの方が取得難易度が高く設定されていることでしょう。

そのためもちろん、取り扱い元の違いを理由にANAを選ぶ、ということも考えられなくはないですが……。
ANAカードの方にアメックス・カードの象徴である百人隊長の意匠が見られないこともあり、「ほとんどの人にとっては区別がつかない」のが実際のところかと思います。
(=一般的に言う「ステータス性」について大きな差はない)

参考ANA公式HP「シーズン・必要マイルチャート(国内線)」

参考ANA公式HP「シーズン・必要マイルチャート(国際線)」

参考JAL公式HP「JALグループ国内線 特典航空券 必要マイル早見表」

参考JAL公式HP「JAL国際線特典航空券PLUS 各路線の必要マイル数」

ANAアメックス・カードの基本情報とメリット・デメリット

ここからは「各ライバルカードと比較してみても、やはり自分はANAアメックスを作りたい」というあなたのため、このカードの基本情報やより詳しいメリット・デメリットについてお話しさせて頂きます。

①やはり最大の利点は「普段の決済でANAマイルを貯められること

ANAアメックス・カードの基本情報は以下の通りです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)
年会費(税込)実質還元率
14,300円
※マイル移行を前提とする場合
2円前後~
※マイル移行を前提とする場合
還元ポイント付与方法
メンバーシップ・リワードカード利用額100円につき1ポイント付与
ポイントの使い道国際ブランド
1,000ポイント
→1,000マイルとして交換可
American Express
付帯保険ETCカード
海外旅行保険
国内線の航空事故補償
ショッピング保険
発行手数料935円
(年会費は無料)
電子マネー支払日
毎月10日が一般的(例外あり)
特典(ANAカード共通)
アメックス提供特典
  • ポイント移行コース(後述)登録時、「メンバーシップ・リワード」ポイントの有効期限なし、マイル有効期限も実質なし
    ┗ただしマイル交換後の有効期限は3年
  • 帰国時の手荷物配送1個無料
  • 国内空港ラウンジサービス
    同伴者1名も無料
その他
キャッシング枠利用不可(全アメックス社発行カード共通)

第一の利点はやはり、「普段の決済でANAマイルを貯められる」点にあることでしょう。
ANAマイルの価値は、航空券との交換を前提とする場合、1マイル当たり2円前後~(国際線の場合はそれ以上)となります。

ハイシーズンに東京・福岡間の航空券を購入する例(クリック/タップで開閉)

2020年8月10日、羽田→福岡
12:35発、大人1人
  • 「スーパーバリュー75(早割)」利用時、普通席の価格は23,500円
  • 「スーパーバリュー21」利用時、普通席の価格は27,300円
  • 2020年8月15日、福岡→羽田
    10:05発、大人1人
  • 「ウルトラ先得(75日前までの予約)」利用時、普通席の価格は23,500円
  • 「特便割引21(21日前までの予約)」利用時、普通席の価格は27,300円
  • ANAマイルなら…
    上の往復搭乗券は18,000マイルで交換可(ハイシーズンレート適用)

    よって、
    「スーパーバリュー75」×2の場合、現金購入時に必要なのは「47,000円」
    →47,000円相当を19,000マイルで交換可
    →1マイルあたりの価値は約2.473円

    同様に「スーパーバリュー21」の場合を計算
    →1マイルあたりの価値は約2.873円

    やはりこのカードを作る主目的は、「マイルを貯めて、ANAやスターアライアンス系の航空会社の航空券を購入する」ことにあるでしょう。

    注意!普通カードの年会費は実質14,300円

    「ANAアメックス」の公式HPにおいて、普通カードの年会費は「7,700円(税込)」と記載されています。

    にもかかわらず、上の記載表で年会費を「14,300円」と表記したのは、貯めたポイントをANAマイルに交換するためには、別途6,600円の年会費が発生する「ポイント移行コース」への加入が求められるから。

    「普段の決済でANAマイルを貯める」ことを第一の目的とするこのカードにおいて、ポイントをマイルに交換できないようであればお話しになりません。

    よって「ポイント移行コース」への入会は必須、このカードの実質年会費は14,300円と言って差し支えないでしょう。

    ★この年会費の支払いに抵抗があるようなら、

    への申込みをご検討ください。

    ★ちなみにマイル移行を前提としない場合の「メンバーシップ・リワード」ポイントは、1ポイントあたり0.3円程度の価値しか持ちません。

    ★ゴールドカードの場合、「ポイント移行コース」の年会費は無料です。

    ②他ブランド(ダイナース除く)と異なる「マイル有効期限実質なし」が嬉しい

    「ANAアメックス」の年会費は、他ブランドの普通カードよりゴールドカードに近いもの。VISA/JCBゴールドと比べた年会費の差額はわずか1,100円です。

    ANA関連のサービスはどうしてもゴールドカードの方が上ですが……。
    それ以外の部分、具体的に言うとアメックス社が提供するサービスに関しては、VISA等の他ブランドより優れたものが多いです。
    これについて、まず挙げられるのが「マイル有効期限が実質なしである」点でしょう。

    先述の通り、ANAアメックスにおいて「ポイント移行コース」の加入は必須。
    そしてこの「ポイント移行コース」に入会した場合、「メンバーシップ・リワード」ポイントの有効期限は無くなります
    (=放っておいても失効しなくなる)

    この「メンバーシップ・リワード」ポイントは、任意のタイミングで「1,000ポイント→1,000ANAマイル」へ交換可。
    十分なポイントが貯まった時に移行ができるということで、マイル有効期限も実質「なし」と言ってしまって良いでしょう。

    このサービスは、「時間が掛かってでも、家族全員の分の航空券を購入するために必要なマイルを貯めたい」といった場合に嬉しい要素となってくれるだろうと思います。

    ★「メンバーシップ・リワード」をANAマイルに交換した後の有効期限は3年間です。

    ★ANAダイナースの利用に応じ獲得できるマイルには有効期限がありませんから、これをアメックス独自のメリットとまで言い切ってしまうことはできません。

    とは言えANAアメックス(一般)の年会費はダイナースの半額以下ですから、差別化の要素としては十分でしょう。

    ③普通カードながら空港ラウンジ、手荷物配送(帰国時)などのサービスも

    アメックス社が提供する特典・サービスとして、次に挙げられるのが、

    ►同伴者1名を含む国内空港ラウンジサービス
    帰国時の無料手荷物配送サービス
    ┗羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港のみ対象
    ►やむを得ないキャンセルにより発生した損失の補償(ゴールド以上のみ)

    …といった利点です。

    「マイル有効期限実質なし」と同様、こちらも他ブランドに対する明確な差別化点。
    可能な限り、積極的に活用していきたいところですね。

    ★ダイナースと異なり、アメックスの提携カードはプロパーカード(非提携カード)に比べ、一部機能が制限されています。
    アメックスのプロパーカードで利用できる、

    • 往路の手荷物配送無料サービス
    • 海外空港ラウンジサービス(別途利用料発生)

    といった特典はANAアメックスに適用されませんのでご注意ください(一般/ゴールドカードの場合)。

    ④最低限の旅行保険も自動付帯

    「ANAアメックス」は、他ブランドの普通カードに対し付帯保険が充実しています。

    正直なところ、14,300円の年会費に見合う内容とは言い難いところですが……。
    少なくとも他ブランドのカードのように、「保険のためだけの無料サブカード」を作る必要はないでしょう。

    ちなみにゴールドカード(年34,100円)においてはJCBのような航空機遅延補償こそ付かないものの、

    • やむを得ないキャンセルに対する損害補償
    • 返品を受けられない商品に対する補償

    といったユニークな保険が付帯します。

    ANAアメックスの付帯保険(クリック/タップで開閉)
    AMEX普通AMEXゴールド
    海外旅行保険傷害死亡
    後遺障害
    3000万円1億円
    治療費100万円300万円
    賠償責任3000万円4000万円
    携行品損害30万円50万円
    救援者費用200万円400万円
    航空機遅延・欠航
    手荷物遅延、紛失
    国内旅行保険傷害死亡
    後遺障害
    5000万円
    入院
    手術
    傷害通院
    航空機遅延・欠航
    手荷物遅延、紛失
    その他ショッピング保険200万円/年500万円/年
    キャンセル補償10万円/年
    返品補償15万円/年
    ※1つあたり3万円まで

    ★付帯保険の適用条件、その他家族特約などについて詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。

    American Express公式HP「会員規約集/規定集」(PDF/一般カード)

    American Express公式HP「会員規約集/規定集」(PDF/ゴールドカード)

    ★航空機の遅延や欠航による損害補償を付けたい場合には、ANA JCBカード(ゴールド以上)等の取得をご検討ください。

    ただしアメックス1枚で海外に行くのはやや不安

    普通カードであっても最低限の海外旅行保険が付帯するANAアメックス・カード。

    ですがあなたが海外でのカード決済を希望するのであれば、ANAアメックスとは別に、VISAまたはMastercardブランドのサブカードを取得しておくことをお勧めします。
    理由は簡単で、American Expressブランドのカードを使えるお店は、VISAやMastercardを使えるお店より少ないからですね。

    これにはもちろん地域差があるため、運よくAmerican Expressブランドのカードのみで決裁を済ませられる可能性もありますが……。
    無料で作れるVISAカードやMastercardは少なくありませんので、海外に行く際にはこれらを用意しておけると、簡単に安心をプラスできることでしょう。

    ★ちなみに日本国内においても「American Express」のロゴを掲げるお店はVISA等に比べ少ないですが……。
    現在アメックスはJCBと提携を結んでいるため、JCBを使えるお店であればAmerican Expressブランドのカードを利用可能です。


    ⑤3グレードの「ANAアメックス・カード」の相違点

    ANAアメックスの特性を把握したところで、3つの「ANAアメックス」の中からあなたに合ったグレードを選んでみましょう。
    3つのカードは純粋に、「年会費が高いほど高サービス」と考えて差し支えありません。

    一般カード
    ANAアメックス券面
    • 年14,300円
      (ポイント移行コース両含む)
    • 家族会員2,750円
    ワイドゴールドカード
    ANAアメックス・ゴールド券面
    • 年34,100円
      (ポイント移行無料)
    • 家族会員17,050円
    • 入会、継続の際に2,000マイル付与
    • フライトマイルボーナス+25%
    プレミアムカード
    ANAアメックス・プレミアム券面
    • 165,000円
    • 家族会員無料(4枚まで)
    • 入会、継続の際に10,000マイル付与
    • フライトマイルボーナス+50%
    • コンシェルジュサービス
    • 国内空港ラウンジに加え、海外空港ラウンジ、ANA国際線ラウンジを利用可能
    • 航空機遅延補償等
    • 出国/帰国時の手荷物配送、それぞれ2個ずつ無料
    • 国内外のホテルや旅館の優待(手荷物無料配送含む)など

    基本的には予算と各グレードのメリットを見比べた上で、申込み先を決めることとなるでしょう。

    とは言えゴールドカードに関しては、

    • VISA等のANAゴールドの2倍以上の年会費にもかかわらず、マイルの貯まりやすさは据え置き
    • 年会費3万円を超えるのに海外空港ラウンジサービスが付かない
    • JALのプラチナアメックス(コンシェルジュ付)と同じ年会費だが、サービスやマイルの貯まりやすさは一段落ちる

    といった理由から、選択肢に入りづらいかも。

    プラチナカードの機能面は言うことなしですが、年会費が非常に高額であることを考えると、ほとんどの方におすすめなのは「普通カード」と言えそうです。

    ★ANAアメックスに「ワイドカード」は存在しません。

    まとめ


    • ANAアメックス・カードは正直なところコスパがあまり良くない。
      出来る限り低い年会費で同等のマイルを貯められるANA VISAカードJALアメックスの存在はどうしても気になるところ
    • 他ブランドとの差別化点となるのは、
      • マイル有効期限実質なし
      • 普通カードでも同伴者1名含め国内空港ラウンジサービスを無料で利用可
      • 帰国時の手荷物無料配送サービス

      の3つ。基本的には「JALではなくANAマイルが必要」かつこれらの要素に魅力を感じた場合に、「ANAアメックス」への申込みを検討することとなるか

    コストパフォーマンスに優れたカードが他に多く存在することから、「誰にでもおすすめ」…とは言い難いANAアメックスカード。

    とは言えアメックスらしい独自の特典に年会費相当の価値を見出せたなら、申込みの理由としては十分かと思います。

    ANAアメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

    カード名ANAアメリカン・エキスプレス・カード
    申込み資格明記なし(一般に、定職に就いている20歳~)
    審査時間最短即日
    到着までの目安1週間~
    入会金無料
    年会費14,300円
    (普通カード、ポイント移行コース料含む)
    支払日毎月10日が一般的(例外あり)
    支払い方式1回払い他
    担保なし
    保証人不要
    必要書類本人確認書類
    金融機関名アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
    住所・所在地東京都杉並区荻窪4丁目30番16号
    電話番号公式HP参照
    貸金業登録番号なし(キャッシング取り扱いなし)
    ANAアメリカン・エキスプレス・カード
    アメックスETCカード券面
    年会費7,000円+税
    (本会員)
    ETC
    年会費
    無料
    国際
    ブランド
    還元率100円につき
    1マイル相当※
    ※利用額に応じてもらえるアメックスの共通ポイント「メンバーシップ・リワードポイント」をANAマイルへ交換した場合
    • ご入会でもれなく1,000マイル、毎年のカードご継続毎に1,000マイルをプレゼント
    • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント1.5倍
    • ポイント移行コースへの登録(6,600円)で
      1,000ポイント→1,000マイルに交換可能
    • ◎家族カード有り

    

    コメントを残す

    この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

    • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
    • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。