ANAアメックス・カード徹底解説!JALアメックス&グリーンカードとの比較も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「航空会社をおトクに利用したい。
他の国際ブランドよりネームバリューのある、ANAアメックスが気になるけれど……?」

アメリカン・エキスプレス社がANA(全日空)と提携して発行する「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」

このカードが定める7,000円という年会費は、アメックス社が発行するカードの中で比べれば最安値
それにもかかわらず、総合的に見たサービス内容はアメリカン・エキスプレス・カード、通称グリーンカードを上回っていると言って良いでしょう。

……と言うとコストパフォーマンスに優れた優秀なカードに聞こえますが、マトモにANAマイルを貯めようと思えば6,000円の追加年会費の発生はほぼ避けられませんつまり実質年会費は「13,000円+税」相当となるわけです。
こうなると年会費の大きく変わらないグリーンカード、そして他社ANAゴールドカードの存在が気になってくるところ。

今回はそんな「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」(一般)について、その基本情報や取得メリット、アメックスのプロパーカード(グリーンカード)やJALアメックス等との比較結果をまとめました。
読み終えていただければ、あなたがこのカードを取得すべきか分かります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)の基本情報と利用メリット

早速、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)の特性を見ていきましょう。

★ここで紹介するのはANAアメックス・カードのうち、一般カード(一番年会費の安いもの)のみとなります。

①7,000円の年会費はアメックス最安!ただし……。

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」(以後ANAアメックス・カード)の基本情報は以下の通り。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)
年会費 7,000円+税
(本人)
2,500円+税
(家族会員)
国際ブランド American Express
基本還元率 200円につき1マイル相当※ 利用可能枠 非公開
海外旅行傷害保険 最高3000万円 国内旅行傷害保険 最高2000万円
ショッピング補償 年間最高200万円 追加発行可 ETCカード
家族カード
プラスEXカード(追加料金を支払っての新幹線運賃優待)
付帯電子マネー 楽天Edy 支払日 引き落とし口座による
申し込み条件 20歳以上、定職のある方
その他
  • 年会費別途6,000円+税の支払いで「ポイント移行コース」に加入しなければ、ポイントをANAマイルに交換できない(=実質年会費は13,000円+税)
  • ANA搭乗時、通常付与マイルに加え+10%のボーナスマイル付与
  • 空港内のショップやANA系列のお店で優待あり
  • その他、アメックスの空港系サービス等
  • ※利用額に応じてもらえるアメックスの共通ポイント「メンバーシップ・リワードポイント」をANAマイルへ交換した場合

    このカードはアメリカン・エキスプレス社は発行するカードの中で、最も年会費が安い商品となります。が、マトモにマイルを貯めて行こうと思えば、結局計13,000円+税の年会費が掛かることは避けられません。あらかじめご承知おきください。(詳細後述)

    できる限り安価にアメックス社のカードを手に入れたい、という需要に応えられないわけではありませんが……。
    そのカードフェイスからは「アメックス社発行カード」とは判断されにくい(=通常のアメリカン・エキスプレス・カードのような、パッと見で分かるステータス性は無い)点については知っておく必要がありそうです。

    ANAアメックス・カード
    ▲ANAアメックス・カード

    アメックスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
    (グリーンカード)

    ②マイルを貯めるためには年6,000円+税のオプションサービス加入がほぼ必須

    「ANA」の名前を冠してはいるものの、ANAアメックスではカードの利用分に応じて直接「ANAマイル」が貯まるわけではありません。
    カードの利用に応じてもらえるのはアメックス共通の「メンバーシップ・リワードポイント」で、これを各自でANAマイルはじめとするお好きな交換先へ交換することになります。

    これに関してはVISAやMastercard、JCBのANAカードも共通なのですが……。
    実はANAアメックスカード、この「メンバーシップ・リワードポイント」をANAマイルへ交換するためには、別途6,000円+税の年会費が発生する「ポイント移行コース」への加入が必須となります。
    つまりカードを使った分だけマイルを貯めようとすれば、結局「13,000円+税」の年会費の発生が避けられないわけですね。他社ANAカードではこんなことは起きませんので、ちょっと意地悪と言って差し支えないでしょう。

    「ポイント移行コース」への加入なく、年7,000円+税でカードを使っていくことも不可能ではありませんが……。
    ANAマイルに交換しない場合の「メンバーシップ・リワードポイント」は1ポイントにつき0.3円くらいの価値しか持ちません。
    それならグリーンカード等と違いパッと見のステータス性にもさほど恵まれないこのカードを、利用していく意味も無いというものです。

    「ANAアメックス・カード」を使ってマトモにANAマイルを貯めていきたいと考えるのなら、実質の年会費は13,000円+税になるとお考え下さい。

    ★ポイント移行コースに加入すれば、メンバーシップ・リワードポイント1,000PをANAマイル1,000P(航空券への交換を前提とすれば2,000円~相当)へ交換できるようになります。
    また、この際メンバーシップ・リワードポイントの有効期限は無制限となります。(通常は有効期限3年)

    ANAアメックス・カードに年間移行マイルの上限はありません

    ★家族カードの利用に応じたポイントは本カードに集約されるので、家族会員が「ポイント移行コース」に加入する必要はありません。

    ③ANAアメックスカードの主な特典内容

    年会費を基準にしたカードスペックの上で比べると、どうしても後に紹介するライバルカードの存在が気にかかるANAアメックス・カード。
    とは言え「アメックス独自の特典」と「ANA関連の優待」を両立できるのはこのカードだけ。そこで申込先選びの指針となる、各種特典内容をまとめました。

    (1)プロパーカードと共通する各種特典

    まず紹介するのが、アメックス・プロパーカード(主にグリーンカード)と共通するアメックスならではの特典内容です。

    太字は「JCB」「VISA/Mastercard」のANAゴールドカードに無いアメックス独自の会員特典となります。(類似サービスは除外)

    ANAアメックスの特典内容(アメックス提供)
    空港関連 手荷物無料宅配サービス 国際線利用時、自宅と空港間のスーツケース無料配送
    ※往復路、1個まで対応
    ※対象空港:成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港
    国内空港ラウンジ 国内28空港・海外2空港の空港ラウンジの無料利用
    同伴者も1名まで無料
    (2名以降は千円前後のラウンジ指定料金発生)
    空港クロークサービス 搭乗までの空き時間に手荷物預かり
    ※2つまで無料
    ※対象空港:中部国際空港
    空港パーキング 旅行中のパーキング料金優待
    旅行・手配関連 アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン 国内外のホテルや海外航空券、レンタカーなどの会員専用予約サイト
    ポイント還元率他、会員限定の優待あり
    Expedia優待 旅行関連ネット予約サイト「Expedia」において

  • 宿泊料金8%オフ(国内外共通)
  • 海外ツアー料金3,750円オフ(税抜き15万円以上利用の場合)
  • アップルワールド優待 アメックス会員専用ウェブサイト「アップルワールド」経由の国内外旅行の予約で代金5%オフ
    「日本旅行」優待 厳選施設の宿泊プラン「特選の宿」5%オフ
    一休.com優待 厳選宿泊施設の予約専用サイト「一休.com」にて
    指定プランに会員限定特典付与
    毎月100名に3,000円クーポン付与
    グローバル・ホットライン 24時間無料、ほぼ全世界から日本語サポートがつながる
    ※緊急時対応、航空券の取得、レストラン予約の代行他
    海外用レンタル携帯電話 海外用レンタル携帯電話のレンタル料半額、通話料10%オフ
    その他 アメリカン・エキスプレス・コネクト 提携店の優待サービス
    (飲食店、ガソリンスタンド他、変動あり)
    レンタカー優待 以下レンタカー会社の国内利用分5%オフ

  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズカーレンタル
  • タイムズカープラス優待 カーシェアリングサービスの利用料金優待

    ご覧の通り、アメックス独自のメリットはかなり多いですね。
    使いどころの限られる特典は少ないものの、それなりに利用機会がありそうならアメックス・ブランドを選ぶ意味もあるでしょう。
    (逆に言うと、上記特典にさほどの魅力を感じなかったなら、他ブランドのワイドゴールドカードなどを選んだ方が良いです)

    <アメックス特典はプロパーカードに比べ一部制限あり>

    「国際線利用時の手荷物宅配」はじめ、アメックス独自のサービスが魅力の一つとなる「ANAアメックス・カード」。
    ただし、実のところその会員特典はプロパーカード(非提携カード)に比べ一部制限されています。おそらくアメックスとしては、新規申し込みをプロパーカードに集めたいという気持ちがあるのでしょう。

    そういうわけで、「ANAアメックスになく、アメックスのプロパーカード(正式名称「アメリカン・エキスプレス・カード、通称グリーンカード等)にのみ設けられた特典」は以下の通り。
    気になるものがあれば詳細を確認の上、場合によってはグリーンカードへの申し込みをご検討ください。

  • エアポート送迎サービス
  • 無料ポーターサービス
  • プライオリティ・パス(海外空港ラウンジ)※年会費のみ優待、利用料は別途発生
  • H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
  • エアポート・ミール(国内線)
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン優待
  • 「COTTON CLUB」優待
  • 新国立劇場優待
  • (2)ANA関連の優待

    こちらはグリーンカード等に無い、ANA提携だからこそ提供できる優待内容です。

    内容は他社の「ANA一般カード」(JCBだと基本年会費2,000円)共通のものとなります。

    ANAアメックスの特典内容(ANA関連)
    搭乗時ボーナスマイル 通常マイルに加え+10%のマイル付与
    継続時ボーナスマイル 毎年のカード継続で1,000マイル付与
    ANAポイント優待 ANA公式サイトからの商品(航空券、ツアー他)購入でポイント還元率1.5倍
    SKiPサービス 事前の「スキップ予約」で搭乗手続き不要
    カウンター等に寄らずに保安検査場へ行ける
    ANA FESTA割引 ANA FESTAで代金10%オフ
    機内販売優待 機内販売10%オフに加え還元率1.5倍
    A-style優待 ANAオンラインショップ「A-style」で5%オフ
    還元率1.5倍
    ANAマイルプラス 「ANAマイルプラス提携店」利用で通常ポイントとは別に1%のマイルがもらえる
    ANA系ホテル優待 IHG・ANA共同ブランドホテル、ANAホテルで宿泊料5%オフ
    ANAマイレージモール 「ANAマイレージモール」ウェブサイト経由のお買い物でマイルが貰える(還元率はお店による)

    本来は年会費2,000円相当のサービスとあって、目を見張る内容のものはありませんが……。
    「年に数回、帰省の際にANAを使う」くらいの利用頻度であれば、あって嬉しいサービスとなることは間違いないでしょう。

    ★より高頻度でANAを使うのなら、もっとサービス内容の優れた上位ANAカードの利用が推奨されます。
    一般ANAカードには無く、「ANAワイドゴールドカード」に設けられたANA関連の特典は以下の通り。

  • 搭乗時ボーナスマイル+25%
  • 継続時ボーナスマイル2,000マイル
  • 国際線にてビジネスクラス専用カウンターからのチェックイン
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンク(国内)サービス
  • 航空機遅延保証(JCBのみ)
  • 特に搭乗時ボーナスマイルの差は、ANAの利用頻度が高いほど重要となるでしょう。

    あわせて読みたい
    ANAカードの徹底比較!

    ANAアメックスとライバルカードの比較

    その特性から、どうしてもライバルとなるカードの存在が気になりやすい「ANAアメックス・カード」。
    申し込みを決めかねているあなたのために、ここではさまざまなライバルカードとANAアメックスを比較しました。

    CHECKアメックス・カード(グリーン)との比較
    CHECKANAワイドゴールドカード(JCB/VISA/Mastercard)との比較
    CHECKJALアメックス(普通/ゴールド)との比較
    CHECKANAダイナースクラブカードとの比較

    ①アメックス・カード(グリーン)との比較

    ANAアメックスカードは「実質年会費13,000円+税」と言ってほぼ差し支えありません。
    そうなると気になってくるのが年会費12,000円+税のアメックスのプロパーカード(非提携カード)、「アメリカン・エキスプレス・カード」の存在。ここでは仮に「グリーンカード」と称しておきましょう。

    非常に紛らわしいのですが……。
    グリーンカードは有料サービスに加入しなくとも、貯めたポイントをANAマイルに交換できます。
    この際のマイル還元率は0.5%なのですが、このグリーンカードの場合、別途年会費+税別3,000円で移行レートの引き上げが可能。つまりANAアメックス・カードよりも安い追加費用で、還元率を上げられるわけです。

    そういうわけでANAをそこまで頻繁に利用するわけでない(=ANA優待を活用できる機会が少ない)のなら、グリーンカードも十分に申し込みの選択肢となるでしょう。

    ANAアメックスカードとアメリカン・エキスプレス・カードの比較
    ANAアメックス・カード アメリカン・エキスプレス・カード
    (グリーン)
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス・カード アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
    年会費(本人) 7,000円+税 12,000円+税
    年会費(家族カード) 2,500円+税 6,000円+税
    オプションサービス 別途年会費+税別6,000円でANAマイル還元率1.0%へ
  • 別途年会費+税別5,000円でANAマイルへの交換が可能に
    (メンバーシップ・リワード ANAコース)
  • 別途年会費+税別3,000円でANAマイル還元率1.0%へ
  • マイル還元率を1%に挙げた際の必要年会費 13,000円+税 20,000円+税
    (税抜17,000円でANAマイル還元率0.5%)
    国際ブランド American Express
    継続ボーナスマイル 1,000マイル
    (年会費支払い月)
    搭乗ボーナスマイル 通常マイルの10%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    年会費無料
    ただしラウンジ利用ごとに27$の利用料発生
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    同伴者1名まで無料
    年間マイル移行上限 なし 年8万マイルまで
    (2019年から年4万マイルまで)
    その他のサービス等
  • 国際線利用時の手荷物宅配サービス他、空港関連の特典
  • ANA機内販売商品10%オフ
  • 空港内店舗などでの割引
  • その他ANA系サービス優待
  • 国際線利用時の手荷物宅配サービス他、空港関連の特典
  • 宿泊関連の優待
  • USJ優待等
  • 海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高3000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高100万円
    (同上)
    疾病治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高100万円
    (同上)
    賠償責任 最高3000万円
    (同上)
    最高3000万円
    (同上)
    携行品損害 最高30万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高30万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    救援者費用 最高200万円
    (同上)
    最高200万円
    (同上)
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高2000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    手術費用
    入院日額
    通院日額
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高200万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    その他の補償
  • リターン・プロテクション(返品補償)
  • ※1 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)
    ※2 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す

    特典や年会費の差をご覧の通り、ANAアメックスとグリーンカードはどちらも一長一短。
    ただしコスパの良いJCBやVISA、MastercardのANAカードではなくAmerican Expressのものが気になっている時点で、あなたも「ステータス性」について全く無関心ではないのでしょう。
    必要年会費に差は出てきてしまいますが、「ステータス性と基本還元率を両立させたい」という場合には、プロパーアメックスも視野に入ってくるかと思います。
    ただしこちらもポイントをマイルに交換するためには別途5,000円の年会費が必要。さらに+3,000円でマイル還元率1.0%へ)

    当然「ボーナスマイルプレゼント」などのANAアメックスならではの特典を無視できるわけではありません。ANAの航空機を利用する機会が多いのなら、ボーナスマイルの恩恵も大きくなるでしょう。

    ……が、そうなると今度は同じくらいの年会費で搭乗時ボーナスが25%付く(ANAアメックスは10%)「ANAワイドゴールドカード」(後述)の存在が気になってくるところではあります。

    ★ANAアメックスに無いグリーンカードの特典については、上の項目で紹介しています。

    ★プロパーカードで貯めたポイントをANAマイルに移行する場合、その上限は「年間8万マイル」(2019年からは4万マイル)となります。(ANAアメックス・カードは上限なし)
    2019年以降、年400万円程度カードを使い得る場合にはお気を付けください。

    ★保険の詳細(家族カード付帯の保険含む)については、以下の公式HPをご覧ください。

    アメリカン・エキスプレス公式HP「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード会員特約」(PDF)
    アメリカン・エキスプレス公式HP「規定集(グリーン)」(PDF)

    ②ANAワイドゴールドカード(JCB/VISA/Mastercard)との比較

    JCB、VISA、あるいはMastercardのブランドを選べば、ANAアメックスと大差ない年会費でカードグレードを引き上げることができます。

    アメックス系カードとJCB ANAワイドゴールドの比較
    ANAアメックス ANAワイドゴールドカード(JCB) ANAワイドゴールドカード(三井住友)
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス・カード ANA JCBワイドカードゴールド ANAワイドゴールドカード(三井住友)
    年会費(本人) 13,000円+税
    (うち6千円「ポイント移行コース」代)
    14,000円+税 14,000円+税
    年会費(家族カード) 2,500円+税 4,000円+税 4,000円+税
    マイル還元率 1.0%
    ※「ポイント移行コース」加入前提
    1.0%
    ※別途サービス加入不要
    1.0%
    ※別途サービス加入不要
    国際ブランド American Express JCB VISA、Mastercard
    継続ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
    搭乗ボーナスマイル +10% +25% +25%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    ※同伴者有料:料金はラウンジによる
    ※同伴者有料:料金はラウンジによる
    その他のサービス等 国際線利用時の空港宅配サービス
    指定宿泊施設優待など
    航空機遅延含む保険の充実
    ANA系ホテルでの朝食・ウェルカムドリンク無料 など
    世界的に見て最も加盟店が多い
    ANA系ホテルでの朝食・ウェルカムドリンク無料
    銀聯カードの追加発行可 など
    海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高3000万円※1
    (最高1000万円)※2
    最高1億円
    (最高1000万円)
    最高1000万円
    最高4000万円
    (最高1000万円)
    治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高300万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    (最高200万円)
    疾病治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高300万円
    (最高200万円)
    最高300万円
    (最高200万円)
    賠償責任 最高3000万円
    (同上)
    最高1億円
    (最高2000万円)
    最高5000万円
    (最高2000万円)
    携行品損害 最高30万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円/1旅行中
    3ヶ月で最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円/1旅行中
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    救援者費用 最高200万円
    (同上)
    最高400万円
    (最高200万円)
    最高500万円
    (最高200万円)
    航空機 乗継遅延 最高2万円
    出発遅延 最高2万円
    手荷物遅延 最高2万円
    手荷物紛失 最高4万円
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高2000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円 最高1000万円
    最高4000万円
    (最高1000万円)
    手術費用 5万円~20万円 最高20万円
    入院日額 5,000円/日 5,000円/日
    通院日額 2,000円/日 2,000円/日
    航空機 乗継遅延 最高2万円
    出発遅延 最高2万円
    手荷物遅延 最高2万円
    手荷物紛失 最高4万円
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高200万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額3千円)
    年間最高300万円
    (自己負担額3千円)
    その他の補償
    ※1 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す
    ※2 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)

    カードランクが違うので仕方ないと言えば仕方ないのですが、保険内容はじめとするサービス内容の差は目立ちますね。特に仕事で航空機を利用する機会があるのなら、JCBに付く航空機関連の保証のメリットは見逃せません。

    そういうわけで、ある程度の頻度でANAを利用されるのなら、大して年会費の変わらない「ワイドゴールドカード」を選んだ方がメリットが大きくなりやすいのですが……。
    国際線利用時の手荷物宅配、「国際ラウンジ利用時、同伴者も1名まで無料」といった独自の利点に魅力を感じた場合には、ANAアメックスも当然選択肢に入ります。

    CHECKANAアメックスの主な特典内容(アメックス提供)

    ANAアメックス・カードの独自のメリットは「アメックスの特典とANAの優待を両立できる」点に尽きます。
    反対に言うとこれに魅力を感じないのなら、各種ワイドゴールドカードはじめとする別のカードを選んだ方が良いでしょう。

    ★各種保険の適用条件について詳しくは、以下の公式ページをご覧ください。
    アメリカン・エキスプレス公式HP「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード会員特約」(PDF)
    JCB公式HP「付帯保険:ANA JCBワイド ゴールドカード」
    三井住友カード公式HP「保険サービス」

    ★もちろん他社のANAカードにも他社独自の特典があります。そちらも併せてご確認ください。
    JCB公式HP「JCBのANAカード」
    三井住友カード公式HP「ANA ワイドゴールドカード」※VISA/Mastercard

    ③JALアメックス(普通/ゴールド)との比較

    おトクに飛行機に乗れるなら別にJALでも良い、というあなたのために、JALのアメックスカードとANAアメックスを比較してみました。

    JALアメックスカードは「三菱UFJニコス」がアメックス社のライセンスを得て発行するカードです。アメックス社自身が発行するカードではないため、会員特典や審査基準などに違いがあります。ご承知おきください。

    ANAアメックスとJALアメックスの比較
    ANAアメックス JALアメックス(普通)
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス・カード JALアメックス
    年会費(本人) 7,000円+税 6,480円
    年会費(家族カード) 2,500円+税 2,700円
    オプションサービス 別途年会費+税別6,000円でANAマイル還元率1.0%へ 別途年会費+3,240円でJALマイル還元率1.0%へ
    マイル還元率を1%に挙げた際の必要年会費 13,000円+税 9,720円
    国際ブランド American Express
    継続ボーナスマイル 1,000マイル
    (年会費支払い月)
    1,000マイル
    (年会費支払い後、初回搭乗時)
    搭乗ボーナスマイル 通常マイルの10% 通常マイルの10%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    同伴者1名まで無料
    その他のサービス等 ・国際線利用時の手荷物宅配サービス他、空港関連の特典
    ・ANA機内販売商品10%オフ
    ・空港内店舗などでの割引
    ・その他ANA系サービス優待
    ・JAL機内販売商品10%オフ
    ・空港内店舗などでの割引
    ・その他JAL系サービス優待
    海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高3000万円
    (最高1000万円)
    最高1000万円
    最高2000万円※1
    (最高1000万円※2)
    治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高100万円
    疾病治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高100万円
    賠償責任 最高3000万円
    (同上)
    最高2000万円
    携行品損害 最高30万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    救援者費用 最高200万円
    (同上)
    最高100万円
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高2000万円
    (最高1000万円)
    最高1000万円
    最高2000万円※1
    (最高1000万円※2)
    手術費用 5,000円/日
    入院日額 5万円~20万円
    通院日額 2,000円/日
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高200万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高200万円
    (自己負担額3千円)
    その他の補償
    ※1 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)
    ※2 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す

    アメックス社が発行するカード独自のメリット(手荷物宅配など)や多くの家族特約こそ失われてしまうものの、JALカードはマイル還元率を上げるためのオプションサービスの年会費が安いです。
    アメックス系の特典にさほど魅力を感じておらず、コストパフォーマンスを重視したいのなら、今後はJALをメインに使っていくのもアリでしょう。(もちろん事前に航空路線の確認は必要ですが)

    ……ただ、本当にコストパフォーマンスを優先するのであれば、JCBやVISA、MastercardブランドのJALカードの方が優秀ではあります。
    (有料サービスを加えても5,000円少々でマイル還元率1%を達成可、ただし空港ラウンジ利用不可など制限あり/詳細公式HP

    ★ちなみにJALとANAの1マイルの価値や基本運賃、マイル付与率にほとんど違いはありません。
    参考東急カードの徹底解説<航空系カード間比較>

    ★JALアメックスカードはゴールドカード(CLUB-Aゴールドカード/年会費20,520円)とプラチナカード(年会費33,480円)も取り扱っています。
    詳しくはJAL公式HPをご覧ください。
    (普通カードとゴールドカードの中間にあたる「CLUB-Aカード」はアメックスブランド無し)

    ★保険内容について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    JAL公式HP「海外旅行・国内旅行の付帯保険」

    ④ANAダイナースクラブカードとの比較

    アメックスカードと並んでステータスカードとして名高い「ダイナースクラブカード」。
    比較されやすい2つのブランドの、ANA提携カードを比較しました。

    ★年会費の差が大きいため、参考程度にご覧ください。

    取得難易度はダイナースクラブカードの方が大分高く、審査通過には目安500万円程度の収入が求められます。(ANAアメックスは300万円くらいからOK)

    ANAアメックスカードとANAダイナースクラブカードの比較
    ANAアメックス ANAダイナース ANAアメックス・ゴールド
    盤面(画像は公式HPより) ANAアメックス・カード ANAダイナース ANAアメックス・ゴールド
    年会費(本人) 13,000円+税
    (うち6千円「ポイント移行コース」代)
    27,000円+税 31,000円+税
    年会費(家族カード) 2,500円+税 6,000円+税 15,500円+税
    マイル還元率 1.0%
    ※「ポイント移行コース」加入前提
    1.0% 1.0%
    ※「ポイント移行コース」加入不要
    国際ブランド American Express Diners Club American Express
    継続ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
    搭乗ボーナスマイル +10% +25% +25%
    プライオリティ・パス
    (海外空港ラウンジ)
    類似サービスあり
    国内空港ラウンジ
    同伴者1名まで無料

    ※同伴者有料:料金はラウンジによる

    同伴者1名まで無料
    その他のサービス等 国際線利用時の空港宅配サービス
    指定宿泊施設優待など
    国際線利用時の空港宅配サービス(帰路のみ)
    宿泊優待、その他飲食店優待など
    一般カード特典に加え
    京都観光ラウンジ利用
    ゴールド・ワインクラブ他
    海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高3000万円※1
    (最高1000万円)※2
    最高5000万円
    最高5000万円
    最高5000万円
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高300万円 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    疾病治療費用 最高100万円
    (同上)
    最高300万円 最高200万円
    最高100万円
    (最高200万円)
    賠償責任 最高3000万円
    (同上)
    最高1億円 最高4000万円
    (同上)
    携行品損害 最高30万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    最高50万円 最高50万円/1旅行
    年間最高100万円
    ※自己負担額3千円
    (同上)
    救援者費用 最高200万円
    (同上)
    最高400万円 最高300万円
    最高100万円
    (最高300万円)
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    国内旅行傷害保険 傷害死亡
    後遺障害
    最高2000万円
    (最高1000万円)
    最高5000万円
    最高5000万円
    最高5000万円
    (最高1000万円)
    手術費用 10万円~40万円
    入院日額 10,000円/日
    通院日額 3,000円/日
    航空機 乗継遅延
    出発遅延
    手荷物遅延
    手荷物紛失
    ショッピング補償
    (海外・国内)
    年間最高200万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    年間最高500万円
    (自己負担額1万円)
    その他の補償 キャンセル・プロテクション
    ※1 旅行保険項目中の赤字は利用付帯(旅行代金を当該カードで支払った場合のみ適用される保険)を指す
    ※2 かっこ内は配偶者などが対象となる「家族特約」の上限額(家族カード会員とは異なります)

    年会費が近いのでどうせならとANAアメックス・ゴールドも加えてみました。

    必要費用も審査難易度も大分違うので比べるのも酷ではありますが、一般的なサービス内容はやはりダイナースの方が上です。特に無料で利用できる海外空港ラウンジが多い点についてはANAアメックス・ゴールドに比べても優秀ですね。
    また、アメックスと異なりANA提携カードであっても見た目が通常カードと大きく変わらないため、「パッと見てダイナースと分かる」ステータス性が失われないのもポイントとなります。

    ただ、「国内空港ラウンジにおいて同伴者1名無料」「保険に家族特約が付く」「国際線利用時の手荷物配送サービスを、往路も使える」といったアメックス独自のメリットが無いわけではありません。

    各種保険内容については、以下の公式HPをご覧ください。

    ダイナースクラブ公式HP「保険サービスご利用の手引き」(PDF)
    アメリカン・エキスプレス公式HP「ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード会員規約集」(PDF)

    取得難易度はグリーンカードと大差なし、目安は年収300万円前後~

    「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、JALアメックスカードと異なりアメックス社自身が発行します。
    実際の通過報告を見る限り、このカードの審査難易度・審査基準は「アメリカン・エキスプレス・カード」(グリーンカード)と大差ないと思われます。どちらも「機械審査で1分以内に結果が出ることがある」ことを考えると、まったく同じ基準を敷いている可能性もあるでしょう。

    さて、アメックス・カードと言えばお金持ちが持っているステータスカード、というイメージが強いですが……。
    意外にもそこまで高い支払い能力は求められず、新規入会であっても300万円前後の年収があれば審査通過を狙えるようですね。最近では新卒の方の通過例もしばしば見られます。

    ただしアメックスの規定により「定職の無い方」、つまりパート・アルバイトの方は申し込みができませんのでお気を付けください。(自営業・個人事業主はOK)

    詳細アメリカン・エキスプレス・カード、現在の審査通過目安と審査の過程について

    ★カードは「本人限定受取郵便」で届きます。(現在アメックスの会員でない場合)
    郵便局から届く手紙の指示に従い、書類を提示して郵便物を受け取るという点では簡易書留に比べやや面倒です。詳しくは、「実録!クレジットカード受け取りの流れ」のページをご覧ください。

    まとめ

    ※「ポイント移行コース」加入時

    比べられやすいカードとANAアメックスカードの簡易比較まとめ
    年会費 搭乗ボーナス 保険 その他
    ANAアメックス 13,000円+税※ +10%
  • 国際線利用時の手荷物宅配
    無料
  • 国内空港ラウンジ、同伴者1名含め無料
  • ANA優待(一般カード相応)他
  • 最大の特徴はアメックス特典(ただし一部除外)とANA優待を両立できること

    アメックス・カード(グリーン) 12,000円+税
    (+税別3000円でマイル還元1%)
  • ステータスカードとして認知度が高い
  • 国際線利用時の手荷物宅配
    無料
  • 国内空港ラウンジ、同伴者1名含め無料
  • 国際線利用時のタクシー優待
  • USJ優待 他
  • ANAワイドゴールドカード(JCB) 14,000円+税 +25%
  • 航空機遅延保証付き
  • ANA優待(ゴールドカード相応) 他
  • ANAワイドゴールドカード(VISA、Master) 14,000円+税 +25%
  • 海外加盟店が多い
  • ANA優待(ゴールドカード相応) 他
  • JALアメックス(普通) 6,480円
    (+税別3000円でマイル還元1%)
    +10%
  • ANAアメックスに比べると会員特典を削りコスパを向上させた形
  • 国内空港ラウンジ、同伴者1名含め無料
  • JAL優待(一般カード相応) 他
  • ANAダイナース 27,000円+税 +25%
  • 多くの海外ラウンジの無料利用可
  • ステータスカードとして認知度が高い
  • その他空港、飲食店関連サービスなど
  • 「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」はライバルになる他のカードと比べると、「これ!」と言えるメリットにどうしても欠けていると言わざるを得ません。
    ただ、アメックスが提供するサービスとANAが提供するサービスを両立できるのはANAアメックス系列カードに限られます。
    少し年会費が高くても両方のメリットを手に入れたいという場合には、このカードが申し込みの選択肢となってくることでしょう。

    ANAアメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

    カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
    申込み資格 20歳以上、定職のある方
    利用可能額 非公開
    審査時間 最短1分以内
    到着までの目安 数日程度~
    入会金 不要
    年会費 7,000円+税
    (本会員)
    6,000円+税
    (家族会員)
    貯めたポイントをANAマイルに交換するには別途6,000円プラス税の年会費が発生
    支払日 口座振替先の金融機関による
    支払い方式 口座振替先の金融機関による
    分割払い(年率) 14.9%
    リボ払い(年率) 契約時の書類参照
    キャッシング(年率) キャッシング機能無し
    遅延損害金(年率) 14.6%
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 本人確認書類
    (本人限定受取郵便)
    金融機関名 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
    (American Express International, Inc.)
    住所・所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
    電話番号 0120-020222
    (新規カードお申し込み専用窓口)
    貸金業登録番号 関東財務局(8)第00405号
    新規お申込はこちら
    

    カード診断ツール

    「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。