Amazonカードの入会キャンペーンと上手な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なびお
普段のAmazonでの支払いをもっとおトクにしたい。
Amazonカードを作れば、より多くのポイントを獲得できるようだけれど…?

その名の通り、Amazonと提携を結んで発行されているクレジットカード「Amazonカード(Amazon Mastercard)」

昨年の11月にカードの仕様が大幅にリニューアルされ、Amazon以外のお買い物でもポイントが貯まりやすいカードに。メインカードとしてもサブカードとしても優秀な性能になりました。
他社カードの追随を許さないほどおトク…と言うわけではありませんが、入会特典などを加味して考えれば申し込みの理由は十分でしょう。

今回はそんなAmazonカード(Amazon Mastercard/Amazon Prime Mastercard)について、現在実施中のキャンペーン/入会特典情報や、各カードの特性について簡単にまとめました。

【管理人】なびこ
読み終えていただければ、今のあなたがこれらのカードに申し込みを行うべきか否かが分かります。

AmazonMastercard券面

総合人気ランキング
JCB CARD W
年会費無料還元率1~7%
39歳以下だけが申し込める特別限定のJCBカード!
三井住友カード ナンバーレス券面三井住友カード(NL)
年会費永年無料還元率0.5%~5.0%
ナンバーレス・アプリ管理で安心安全
楽天カード
年会費無料還元率1~3%
ポイントの貯まりやすさピカイチの超人気カード!

特別な入会キャンペーンは行っていないが、入会特典でポイントが貰える

入会特典でポイントが貰えるのは現在「クラシックカード」のみ

2022年4月現在、Amazonカードは特別な入会キャンペーンを実施していません。
ですが、特に期間を定めず提供されている(と思われる)入会特典にポイントのプレゼントがあります。プライム会員かどうかによって貰えるポイント数が異なるので、予め確認しておきましょう。

①通常のAmazon Mastercardなら新規入会で2000ポイントが貰える

現在、Amazon Mastercard(Prime会員向けではない一般カード/原則無料)へ新しく入会すると、2,000円相当のAmazonポイントが付与されます。

Amazon Mastercardなら新規入会で2000ポイントが貰える

▲実際のスクリーンショットの一部
特に「リボ払いを利用すること」等の条件もありませんので、これに関しては素直に嬉しい特典と言ってしまって良いでしょう。

もらったAmazonポイントは、Amazonで1ポイント=1円相当として利用可能です。

★ただしAmazonカードでは以前から、「申込を行う人によって入会特典が異なる」という対応が見られます。

上に挙げた2,000円分の特典に関しては、プライム会員である私がログアウト後に確認しても相違なかったため、全ユーザー共通のものと思われますが……。
申込の際には念のため、公式HP上で「2,000ポイントプレゼント」等の文面をご確認ください。

★また、Amazonカードは不定期にキャンペーンを実施していますが、ポイントアップの条件が「リボ払いの利用」等と限定的なことも多いです。(2019年末に実施された入会キャンペーン等)

あなたが申込みを検討する際、運よくキャンペーンが行われていたとしても、その適用条件には重々お気を付け下さい。

小学生でも分かる!リボ払いの仕組み&上手に最低限だけ使う方法
2021.08.11

Amazon Prime Mastercardなら7000ポイント貰える

Amazonカードは「Amazon Mastercard」「Amazon Prime Mastercard」の2グレード展開。以前の「クラシック」「ゴールド」とは異なり、プライム会員かどうかによってカードのグレードが変わります。

プライム会員のみが申し込める「Amazon Prime Mastercard」は上位カードにあたるので、入会特典も7000ポイントと多くなっています。

Amazon Prime Mastercardなら新規入会で7000ポイントが貰える

▲実際のスクリーンショットの一部
昨年11月の大幅な仕様変更で、一般カードの機能がかなり充実しました。反面、2種類のカードの差は「Amazonで利用した時の還元率」「入会特典ポイント」程度に留まっています。
どちらのカードに申し込むかは「どの位Amazonを利用するか」を基準に決めた方が良いでしょう。

申込ページを開くと、過去12ヶ月間のお買い物でamazonカードを使った場合に貯まったポイント数が表示されます。そちらも確認して、カードの申込を検討してみて下さいね。

★Amazonの一般会員は一般カード、プライム会員はPrime Mastercardの申込ページしか開く事ができません。あなたが一般会員でPrime Mastercardの申込を希望する場合、先にプライム会員の登録手続きを済ませる必要があります。

そもそも申込み先はAmazonカードでいい?基本情報と上手な使い方

そもそも申込み先はAmazonカードでいい?基本情報と上手な使い方

実は2021年11月にサービス内容を一新した「Amazon Mastercard」。

それまでは正直なところライバルカードに比べイマイチなカードだったのですが、リニューアルを経たことでメインカードとしてもサブカードとしてもかなり魅力的な存在となってくれました。

ここからはそんな、新しい「Amazon Mastercard」のサービス内容について触れさせていただきましょう。

Amazon Mastercard-1Amazon Mastercard-2
▲▼Amazon Mastercard
年会費無料
国際ブランドMastercard
還元仕様100円につき1Amazonポイント付与
(還元率1%)
付帯保険海外旅行保険
追加カードETCカード(無料)
家族カード(無料)
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
利用通知方法メール
スマホアプリ
LINE
(選択可)
申込条件
18歳以上(高校生除く)
その他特典など
  • セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで還元率1.5%
  • Amazonでの還元率は以下の通り。
    • プライム会員…2.0%
    • それ以外  …1.5%
  • 申込から3分程度で3万円分の仮カード発行可(即時審査サービス)
    ┗9時~19時、成人に限る

①どこで使ってもAmazonポイント1%還元でメインカードとしての適性◎

Amazon Mastercardの基本還元率は1.0%
高還元率で知られる「楽天カード」と同じ数字ということで、メインカードとして使うにも十分だと言えます。

さらに還元されるのはAmazonで使えるAmazonポイントということで、定期的にAmazonを利用するのならまず無駄にならない、使い勝手の良いカードだと言えるでしょう。

またリニューアル前は1,375円だった年会費も、現在は完全無料となっています。

★Apple PayやGoogle Pay利用時も通常時と同様の1.0%還元を受けられます。

②Amazon(特にプライム会員)ならさらに還元率アップ

通常還元率1.0%のAmazon Mastercardですが…。
このカードをAmazonでのお買い物に使うと、

  • プライム会員  …2.0%
  • プライム会員以外…1.5%

還元率がアップします。

特にあなたがプライム会員、かつAmazonヘビーユーザーなら、このカードを作る利点も大きいでしょう。

申込時にプライム会員かどうかで申込先カードは自動振分け

Amazon Mastercardシリーズは、

  • 申込時にプライム会員なら「Amazon Prime Mastercard」(黒いカード)
  • プライム会員でないなら「Amazon Mastercard」(白いカード)

へ申し込むこととなります。

それぞれの違いは券面の色と入会特典、Amazonにおける還元率のみですが…。

プライム会員であれば入会特典が+5,000円相当されることもあり、入会を迷っているのであればプライム会員としての登録後、このカードへ申し込むことをお勧めします。

③リニューアル後は大手コンビニで還元率1.5%へ

2021年のリニューアルに伴い追加されたのが、

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

にて還元率が0.5%アップ(計1.5%還元)する特典。

発行元を同じくする「三井住友カード(NL)」の5%還元(タッチ決済時)にはかないませんが…。

上記コンビニを利用する際には、こちらも地味ながら嬉しいサービスだと言えるでしょう。

ただしコンビニ利用機会が多いのなら、別途「三井住友カード(NL)」を作った方がよいかもしれません。

④Amazon&コンビニ専用サブカードとして使っても優秀

完全無料&高還元ということでメインカード適性に優れるAmazon Mastercard。

…ではあるものの、

  • 年会費が掛からない
  • Amazonやコンビニで使うとポイントアップ
  • 1P=1円として、Amazonで簡単に使えるポイントの便利さ

といった特性を考えると、このカードをAmazonやコンビニでのみ使うサブカードとして活用するのも有効です。

すでに別のメインカードをお持ち、かつAmazon利用機会が多いのなら、こちらの使い方の方が良いかもしれませんね。

⑤より高還元なメインカード候補がないわけではない

ということでリニューアル後は十分優秀なAmazon Mastercardですが…。
還元率1%を超えるカードが他に無いわけではありません。

日々の決済で「Amazonポイント」を貯めることにこだわりがないのなら、より高還元なクレジットカードをメインで使っていくのも良いでしょう。

Amazonの利用機会が多いのなら、先述の通り

  • メインカードとしてより高還元なカード(JALカード等)を使う
  • AmazonやコンビニではAmazon Mastercardを使う

といった方法が効果的ですね。

常時2%超えの最強カードはどれ?高還元率クレジットカードの比較一覧
2022.06.16
JALカード
ETCカード券面
年会費5,500円※
(初年度無料)
ETC
年会費
発行元により異なる
(JCBや東急カード発行なら完全無料)
国際
ブランド
還元率2.0%~※
※「ショッピングマイル・プレミアム」加入時
  • JAL航空券購入時の付与マイル+10%
  • 毎年初回搭乗時に1000マイル付与
  • JAL関連や空港内ショップ等で優待あり

FAQ:Amazonカードではプライム会員年会費を無料にできると聞いたけれど…?

リニューアル前に存在したAmazonのゴールドカードには、プライム会員の会員資格が付帯していました。
(=プライム会員の年会費が実質無料になった)

ただしリニューアルに伴いゴールドカードは発行終了済み
現在のAmazonカードに、プライム会員年会費そのものを軽減するような特典はありません。

そのため現在あなたがAmazonプライム会員でなく、これから入会したいとお考えなら、カードとは別に(基本的にはカード申込の前に)AmazonのHPよりAmazonプライムへ申し込む必要があります。

まとめ

まとめ

ポイント
  • 2022年4月に貰える入会特典のポイントはAmazon Mastercardが2000ポイント、Amazon Prime Mastercardが7000ポイント。今後期間限定の入会キャンペーン等でポイント数が変わる可能性もあり。
  • リニューアル後のAmazon Mastercardはメインカードとしてもサブカードとしても優秀
    日々の決済でAmazonポイントを貯めたいならメインカードとして、すでにメインカードがあるならサブカードとして使うと◎
  • 一般会員はAmazon Mastercard、プライム会員はAmazon Prime Mastercardへの申込となる。会員のグレードがカードのグレードに直結するので、一般会員なら申込前にプライム会員になるべきか検討すると良い

リニューアルに伴いかなり申し込みやすくなったAmazon Mastercard。
特にAmazon利用機会の多いプライム会員ならば、メインカードとしてもサブカードとしても、お得な支払い方法となってくれるはずです。

Amazon Mastercardの基本情報

Amazon Mastercard-1Amazon Mastercard-2
▲▼Amazon Mastercard
年会費無料
国際ブランドMastercard
還元仕様100円につき1Amazonポイント付与
(還元率1%)
付帯保険海外旅行保険
追加カードETCカード(無料)
家族カード(無料)
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
利用通知方法メール
スマホアプリ
LINE
(選択可)
申込条件
18歳以上(高校生除く)
その他特典など
  • セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで還元率1.5%
  • Amazonでの還元率は以下の通り。
    • プライム会員…2.0%
    • それ以外  …1.5%
  • 申込から3分程度で3万円分の仮カード発行可(即時審査サービス)
    ┗9時~19時、成人に限る


コメント

  1. n より:

    amazon goldは改悪の対象外ではないでしょうか?
    https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo4020279.jsp

    1. ETCなびこ より:

      お送りいただきましたコメントを確認し、Amazon公式サイト、三井住友カード公式サイトに基づいて、ページを更新させていただきました。
      ご指摘ありがとうございました。

  2. K より:

    「「マイ・ペイすリボ」割引条件の改定とは?」の欄、「Amazonカードゴールドの年会費割引制度」が「1年間に1回以上、リボ払い残高を持ち越して「リボ払い手数料」を発生させなければ、年会費優遇を受けられない」となるよう記載されていますが、「Amazon Mastercardゴールドと京王パスポートVISAゴールドカード以外の「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件」の間違いではないでしょうか?

    1. 【管理人】ETCなびこ より:

      頂いたコメントを確認しました。

      ご指摘の通り、Amazon Mastercardゴールドと京王パスポートVISAゴールドカードは
      「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件変更の対象外です。

      公式サイトの情報に基づいて、該当箇所を修正いたしました。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

この記事のご感想や、あなたのカードレビューを聞かせてください。

  • ※コメントの承認にはお時間をいただく場合がございます。
  • ※カード利用時に発生したトラブルや疑問は、各カード会社のカスタマーセンターへご連絡ください。
  • ※氏名、カード番号等の個人情報は書き込まないようご注意ください。


カード診断ツール

「もしもカードを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカード診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中、せめて3日以内に手に入れたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。