ムダづかいをムダにしない!お金のプロ・八ツ井 慶子のクレジットカードつれづれ日記。八ツ井慶子のクレカ日記をはじめ、執筆・メディア実績、書籍紹介をしています。

第5回 ポイント二重取り の巻

第5回 ポイント二重取り の巻

今回は、私が日ごろよく行っている「ポイント二重取り」の方法についてお話したいと思います。

▌一度で二度おいしい、ポイント二重取り

ポイント二重取りとは、一回のお買い物で、2種類のカードを提示することにより、2種類のポイントをゲットすることをいいます。
一度で二度おいしい、一石二鳥、とでもいいましょうか。お買い物する側にとっては、ご褒美を多くいただける感じです。

私がよく行うのは、コンビニのローソンや東急ハンズです。やり方は簡単。
お会計の際、クレジットカードとお店のショッピングカードの2枚を提示するだけ。

支払いはクレジットカードを利用し、お買い物に対するお店独自のポイントは、もう1枚の各ショッピングカードに付与されることになります。
ローソンにはPontaカード、東急ハンズにはハンズクラブカードがあって、それぞれお買い物した金額に応じて独自のポイントが貯まります。さらに私の場合、支払いは楽天カードですから、楽天ポイントも同時に貯まることになります。はい、これで1回のお買い物で2種類のポイントを同時にゲット(二重取り)というワケです。

思えば、楽天市場で楽天カードを使ってお買い物をすると、2%分のポイントが付きますね。これは通常のクレジットカード利用で付与される1%にプラスして、楽天市場独自のポイント(1%)が付くものなので、いってみればまったく同じ構造です。

▌二重取りさせてくれるお店にも感謝!

クレジットカードで支払いができるお店で、かつ、お店独自のショッピングカードを設けている場合、ポイント二重取りができる可能性があります。日ごろよく利用するお店であれば、積極的に調べるといいでしょう。もちろん、その場合に利用するクレジットカードは、通常の利用で常にポイントが貯まるタイプでないといけませんよ。

ただ、お店側に思いをはせると、この二重取りはお店の負担 が大きくなるのも確か…。
クレジットカードで支払いをするということは、お店としてはカード会社に相応の手数料を支払わなければなりません。同じ100円の商品が売れたとしても、現金で領収できれば、そのまま100円が売上額になりますが、クレジットカードの場合、100円のうち数%が手数料として差し引かれてしまいます。

さらに、お店独自のポイントも付与すれば、それは換金性がありますから、将来の売り上げを下げることにつながります。

私たちのポイント二重取りは、お店にとっては“二重負担”の上に成り立っています。ですから、二重取りで「賢いお買い物」と思うばかりではなく、負担を承知で二重取りをさせてくれるお店にも感謝しましょう。
あぁ、ありがとう、ローソン!東急ハンズ!的な。

▌二重取りのために、新しいカードを作るか悩んだことも…

以前、二重取りができなくなって、悲しい経験をしたことがあります。

いつも食料品を買いに行く近所のスーパーでは、お店独自のカードと、クレジットカードを提示してポイントの二重取りができました。ところが、あるときを境にできなくなってしまいました。やはり、お店にとって負担だったのでしょう。

指定のクレジット機能付きのカードを利用するか、完全に現金支払いでお店のポイントを貯めるかのいずれかしかできなくなってしまいました。ポイントの付与率はクレジット機能付きカードの方が断然いいので、そちらをあらたに持つか、このまま楽天カードを利用するか、悩みました。

普通に買い物をするだけのポイントなら楽天カードで十分なのですが、会員になると、たまに5%引きなどの特典があったことが、ちょっと引っかかったのです。その恩恵を受けられなくなってしまいます。

とはいえ、答えは意外とあっさり出ました。
新しいカードはやっぱり作らない、です。

▌自分の場合はどうか、落ち着いて計算をしてみる

だいたい私のそのお店での利用は月2万円くらい。たまに5%引きがあったとして、そのときのお買い物が2,000円だとすると、得られる効果は100円ほど。残り18,000円にポイントが付いたとして180円分のポイント。合計で280円のメリット。

楽天カードだとすると、20,000円の1%で200円分のポイントゲット。んー、微妙に負けます。何だか作った方がよさそうですが、問題は年会費でした。初年度は無料でも、次年度以降1,000円+税がかかります。

ということは、1年で考えると、

新カード :280円×12ヵ月-1,050円=2,310円
楽天カード:200円×12ヵ月=2,400円

ざっくりとした計算ですが、こんな感じでしょう。どうやら効果はほとんど変わりません。であれば、新しくクレジットカードを作るのも手間ですし、お財布もごちゃごちゃしてしまうし、あまりポイントが散漫してしまうのもよくないですし、残念ですが二重取りはきっぱり諦めることとしました。

やはり、二重取りをさせてくれるお店には、感謝しないと、ですね。

▌侮れない!ローソンポイント

さて、最後にローソンで貯めたポイントについて一言。
ローソンで貯めたポイントは1ポイント=1円換算ですが、普通に利用するよりも「お試し引換券」で商品と交換するととてもお得です。HPにはお試し引換券の一覧表が掲載されているので、チェックしてもいいでしょう。

例えば、普通に買うと865円するビールが280ポイントで交換できたりといった具合。お店に設置されているLoppiでポイントを引換券に変えることができます。

ただし、“お試し”なので、数量に限りがあるのと、立ち寄ったローソンに当該商品が置いていなければ交換できないのが難点。

交換できるかどうかも、運“試し”してみると楽しいかもしれませんね。

プロフィール

やっちん
八ツ井 慶子(やつい・けいこ)
CFP®/1級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引主任者
「生活マネー相談室」代表

1973年、埼玉県生まれ。
法政大学経済学部を卒業後、大手信用金庫に入庫。2001年4月より「家計の見直し相談センター」所属のFPとして活動。個人相談を中心に執筆・講演活動を行い、報道番組へ資料提供するなど実績多数。2013年より「生活マネー相談室」を開設し、独立。著書多数。
「98円の買い物でもクレジットカード決済する」クレジットカードのヘビーユーザーにして事情通として有名。


お金の専門家として
ガイドしてます!
↓↓↓↓ All About
八ツ井慶子のFP事務所
公式ホームページです
↓↓↓↓ 生活マネー相談室
オフィシャルブログはこちら

執筆実績

WOMAN OFF ダイヤモンド・ZAi