【ミライノカードゴールド】利用者が語る利点・欠点と住信SBIのランク制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ミライノカードゴールド】利用者が語る利点・欠点と住信SBIのランク制度

「住信SBIネット銀行口座を、より便利に、おトクに使いたい……」

そんなあなたは、「ミライノカードゴールド」を有効活用できるはず。
住信SBIネット銀行が発行するこのクレジットカードは、同銀行のサービスと密接なかかわりを持っています。
あなたが住信SBIネット銀行を使い、特に「他行への銀行振込」を頻繁に行っているのなら、3,000円+税の年会費を簡単に取り戻すことができるでしょう。

今回はそんな住信SBIネット銀行「ミライノカードゴールド」について、実際の口コミに基づくメリット・デメリットをまとめました。
読み終えていただければ、あなたが今このカードへ申し込むべきかどうか分かりますよ。

ミライノカードゴールド最大のメリットは、住信SBIネット銀行での「ランクアップ」

まずは、他社商品にない「ミライノカードゴールド」独自のメリットについて紹介していきます。

①ゴールドカードで2ランクアップ!住信SBIネット銀行、ランクごとの優待条件&内容

「ミライノカードゴールド」ユーザーが、口を揃えて挙げるメリットは「住信SBIネット銀行の、スマートプログラム・ランクが上がる」というもの。
スマートプログラムとは住信SBIネット銀行関連サービスの利用状況に応じた、優遇制度のことを言います。具体的な仕様を見てみましょう。

▲▼住信SBIネット銀行公式HPより1
▲▼住信SBIネット銀行公式HPより
▲▼住信SBIネット銀行公式HPより2

「ミライノカードゴールド」を手に入れられれば、それだけで2つのランクを上げることができます。つまり、ランク1であればランク3へ、ランク2または3であれば最高の「ランク4」へ進めるわけですね。

ランク4にまでなれば、

  • ATM引き出し手数料月15回無料
  • 他行への振込月15回無料
  • 無条件で毎月50ポイントをもらえる詳細

といった充実した優待を受けられます。

「30万円以上の入金」「給与の受け取り」といった条件はクリアしやすいため、知らないうちに「ランク2」まで上がっていた、という住信SBIネット銀行ユーザーは少なくないハズ。
これに加え、新しくクレジットカードを発行するだけで同銀行内最高の「ランク4」の恩恵を受けられる、というのが「ミライノカードゴールド」最大のメリットと言って良いでしょう。

逆に言うと、ランクアップに大きな利点を感じられないのであれば、このカードを選ぶ意味はほとんどありません

★ミライノカードゴールド利用者の声

他行宛ての振り込みが月3回無料→月15回無料になるのが最大のメリットだと思います。これが目的で申し込みました。
このカードの本当のメリットはステージアップとそれに伴う優遇でしょう。自分は個人事業主で振込の機会が多いので、月15回無料というのは大きい。
何気に補償が充実しているのも良いです。惜しむらくはポイント還元率が凡なこと。

ちなみに、住信SBIネット銀行における利用手数料は原則「ATMを使った引き出し時108円」「他行への振込時154円」となります。(時間、ATM種別など不問)

月10回の銀行振込を行うとすれば、「ランク4」時に節約できる手数料は1,540円。「ランク2」は月2回まで無料なので、節約できる金額は216円、ランク間の差額は1,324円となります。
このペースで利用していけば、3ヶ月目にはゴールドカードの年会費を取り戻せる計算になりますね。

②年100万円の利用で翌年の年会費無料=デメリットなく高ランクをキープできる

さらに「ミライノカードゴールド」は、年100万円の利用で翌年の年会費が無料になります。
一見するとハードルが高いようですが、12で割ると約8.3万円。メインカードとして使うなら、達成はさほど難しくないでしょう。

「ミライノカードゴールド」を年100万円の利用することができるなら、ランクアップに伴うさまざまな優遇を翌年から年会費無料、つまり実質デメリットなしで享受できます。

以上の点から、このカードをフル活用できるのは

  • 現在ランク2または3
  • 住信SBIネット銀行で振り込みや引き出しを頻繁に利用する
  • クレジットカードを年100万円使える

といった条件に当てはまる方だと言えるでしょう。

「ランク4」になれるなら、還元率は1%を超える

クレジットカードを選ぶ上で、やっぱり気になるのがポイント還元率。
ミライノカードでは、「1,000円ごとにミライノポイント<5>」が貯まります。

このミライノポイントは、1ポイントあたり「2円相当のスマプロポイント」に交換可能。
つまりミライノポイントをすべてスマプロポイントに交換した場合、還元率は1%(1,000円につき10ポイント)となるわけです。
この還元率は、ノーマル・ゴールド・プラチナの間で共通となる点にご留意ください。

▲住信SBIネット銀行公式HPより
▲住信SBIネット銀行公式HPより

この1%という還元率、確かに高い方ではありますが、「楽天カード」「オリコカード」といった年会費無料のクレジットカードと共通するもの。
さらに還元率1.2%のリクルートカード等のライバルを思うと、他社に比べおトクとまでは言えません

ただし、ここで出てくるのが先述のランク制度。
もしもあなたがミライノカードゴールドにより「ランク4」となれたなら、毎月50スマプロポイントを手に入れることができます。
月のカード利用額が20万円であれば、貯まるミライノポイントは「100」、スマプロポイントに換算すると200で、ここにボーナスポイント「50」が追加されます。
この場合、還元率は1.25%と、リクルートカードに比べても高くなります
(ただし、月のカード利用額が高くなるほど相対的に見た還元率は低下します)

つまり、他社よりおトクに「ミライノカード」を利用するためには、何とかしてランク4の地位を獲得する必要があるわけですね。

★「ミライノポイント」はスマプロポイントに交換せず、1ポイント=1円としてミライノカードの引き落としに利用できます。
ただしこの場合、還元率は0.5%となるためおすすめはできません。

充実の補償・保険制度も嬉しいところ

その他、独自のメリットとまでは言えないものの「ミライノカードゴールド」の嬉しい点として、充実の補償・保険制度が挙げられます。
実際に、ミライノカード(ノーマル)とその内容を比べてみましょう。

★海外旅行傷害保険(画像は公式HPより)
★海外旅行傷害保険(画像は公式HPより)

★国内旅行傷害保険(画像は公式HPより)
★国内旅行傷害保険(画像は公式HPより)

以上の補償はゴールドカードなら自動で付帯されるため、特に手続きを行ったり、追加で年会費を払う必要もありません。(ただし旅行の利用代金をミライノカードゴールドで支払うことが補償条件)

ちなみに、年会費が同額(3,000円+税)の「三井住友カードエグゼクティブ」と比べると以下の通り。

★2社カードの補償内容・簡易比較(本人のみ)

ミライノカードゴールド 三井住友カードエグゼクティブ
海外旅行 傷害死亡
後遺障害
最高5,000万円 最高3,000万円
傷害治療 最高500万円 最高100万円
携行品損害
(1年間)
最高50万円 最高25万円
国内旅行 傷害死亡
後遺障害
最高5,000万円 最高3,000万円
入院 4,000円/1日 なし

三井住友カードに比べると、補償制度は全面的に優れていることが分かりますね。
旅行に行かれることが多いのなら、こういったサービスも上手に活用していきたいところです。

★ただし補償自体は上位カード「ミライノカードPLATINUM」(年会費2.5万円+税)の方が優れています。
あくまで「年会費の割には補償が充実している」程度にお考え下さい。

申し込み前にチェック!ミライノカードゴールドのデメリット

年100万円の利用が可能なら、年会費を気にせずさまざまな優待を受けられる「ミライノカードゴールド」。
ただし、このカードにデメリットが一切ないわけではありません。ここからは、「ミライノカードゴールド」の申し込み前にチェックしておくべきデメリットを解説していきます。

①ゴールドに申し込んだのに、一般カードが届くことがある

申込者からの不満として、最も多いのが「ゴールドカードへ申し込んだのに、ノーマルカードが届いた」というもの。
しかもカード発行を知らせるメールにはこの旨が記載されないため、現物が手元に届くまでゴールカードを手に入れられるか分からないんですね。

それだけならまだ良いものの、「謎審査」と呼ばれることも多いこのカード、これまでゴールドカードやプラチナカードの審査に落ちたことが無いという方であっても「降格発行」、さらには「否決」という結果が届いた例も……。

このように審査基準には謎が多いですが、降格発行が行われた場合であれば案外すぐにグレードアップ申請が通ることも多い様子。
ノーマルカードが届いたとしても悲観せず、コツコツ利用してゴールドへの切り替えを狙いましょう。

②空港ラウンジサービス無しなど、外部特典は渋め

住信SBIネット銀行関連のサービスや、補償制度は十二分に備わっている「ミライノカードゴールド」。
その反面外部との提携は充実しているとは言えず、ゴールドカードによくある空港ラウンジ・利用サービスもありません。(年会費2.5万円のプラチナカードには有り)
加えて、飲食店や宿泊施設の優待サービスなども存在しないようですね。

外部の会社との提携サービスは「海外レンタカー料金割引」「空港免税店割引」など、ごく一部に限定されます。
カード会社の外に広がる優待サービスを希望する場合には、サブカードを財布に入れておく必要があるでしょう。

住信SBIネット銀行公式HP「付帯サービス(GOLD)」

まとめ

ミライノカードゴールドは、住信SBIネット銀行をより便利に・おトクに活用するために有効なカード。特に「ランク4」を手に入れられれば毎月の振込手数料15回まで無料&還元率アップ!
年100万円の利用で翌年年会費無料。ゴールドカードの利点を、デメリットなしで享受できることに
特に連絡なくノーマルカードが送られてきたという報告多数。了承の上で申し込みを!
★年会費の割には補償制度も充実しているものの、空港ラウンジなど周辺サービスは不十分なので注意

銀行が発行するクレジットカードとだけあって、「ミライノカードゴールド」は普段から住信SBIネット銀行の各サービスを利用されているほどに便利・おトクとなります。
外部提携サービスの乏しさが気にならないわけではないものの、これは年会費無料のサブカードでも補えるはず。
「年100万円使えば翌年度年会費無料」という点を見ても、基本的にはメインカード向けの商品だと言えるでしょう。

★ミライノカードゴールド、基本情報

カード名 ミライノカードゴールド
申込み資格 20歳以上であり、学生ではないこと
提携カード JCB
利用可能額 70万円~300万円
審査時間 最短1週間
発行時間 最短1週間
入会金 無料
年会費 3000円+税
支払い方式 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
分割払い(年率) 15.00%
リボ払い(年率) 15.00%
キャッシング(年率) 15.00%
遅延損害金(年率) 19.92%
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか
金融機関名 住信SBIネット銀行 株式会社
住所・所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
電話番号 0120-974-646
貸金業登録番号 東京都知事(1)第31441号
新規お申込はこちら  >>> ミライノカードゴールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。