賛否両論?「ラグジュアリーカード」独自のメリットと懸念点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賛否両論?「ラグジュアリーカード」独自のメリットと懸念点
「他人と違うステータスカードを持ちたい!」

そんな層から注目を集めているのが「ラグジュアリーカード」
一番手に入れやすい「チタンカード」においても年会費5万円~、さらにカードは金属製と、「贅沢な」という名称にふさわしいカードとなっています。
その一方で、「発行元の会社が気になる」「盤面に<BLACK CARD>と書いてあるのは頂けない」といった懸念の声も……。

今回はそんなラグジュアリーカードについて、その基本スペックや他社ステータスカードとの比較、賛否両方の立場からの批評などを詳しくまとめました。
読み終えていただければそのメリット・デメリットを知った上で、「ラグジュアリーカード」への申し込みを検討できますよ。


3種のラグジュアリーカード、基本スペック・特典内容と年会費


まずは3種のラグジュアリーカードについて、その基本情報を見ていきましょう。

①ラグジュアリーカードの基本スペック

「ラグジュアリーカード」基本スペックは以下のようになります。

★アプラス「ラグジュアリーカード」
Titanium Card
(チタンカード)
Black Card
(ブラックカード)
Gold Card
(ゴールドカード)
盤面
(画像は公式HPより)
チタンカード盤面 ブラックカード盤面 ゴールドカード盤面
年会費 5万円+税 10万円+税 20万円+税
国際ブランド Master
申込み方法 インターネット等 原則インビテーションのみ
実質ポイント還元率
(国内)
0.5%
(年間100万円の利用で×1.5倍)
0.5%
(年間150万円の利用で×2倍)
0.5%
(年間200万円の利用で×3倍)
実質ポイント還元率
(海外)
1.0%
コンシェルジュサービス あり
ETCカード 無料で追加発行可
ショッピング補償 最高年間300万円
個人賠償責任保険 なし 最高1億円
指定レストランでのリムジン送迎 なし あり
テイスティングイベント招待 なし あり
空港ラウンジサービス あり
付帯旅行損害保険
(国内)
最高1億円
付帯旅行損害保険
(海外)
最高1.2億円
TOHOシネマズ優待 月1回無料 月2回無料 月3回無料
プライベートジム優待 なし あり
その他特典
  • 全カード金属製
  • 国内外提携ホテルのアップグレード
  • 航空機遅延保険
  • 海外手荷物配送サービス
  • 提携レストラン、カフェ・ワインバー優待
  • ワインお買い物券への高レート交換
  • ハワイアン航空のPualani Goldステータス付与
  • 国立美術館優待(ゴールドのみ) 他

ご覧の通り、「ラグジュアリーカード」は、アメリカン・エキスプレス社らとは違いゴールドカードが最高位となります。

コンシェルジュサービスはチタンカードから利用できますが、「指定レストランでのリムジン送迎」「テイスティングイベント招待」といった特徴的なサービスはブラックカードからしか利用できないのでお気をつけください。

賛否両方の立場から見る、「ラグジュアリーカード」の評判

その他チタンカードから利用できる特典を見ると、「ワインが好きな方」「ハワイへよく旅行に行かれる方」にとっては特にメリットが大きいと思われます。

★その他にも、一度に紹介しきれないくらい多くの特典が用意されています。
詳しくはラグジュアリーカード公式HPをご覧ください。

<事前にチェック!利用枠は最大でも500万円?>

高ステータスカードの特徴の一つとして、よく挙げられるのが「利用限度額が無い/無制限」という点。
(実際はその限りでなく、高額な支払いの前にはデスクへ確認を取る必要がありますが)

これに対し、ラグジュアリーカードの利用者には個別に利用限度額が決まっています
そしてその利用限度額が500万円を超えたという報告は、今のところ確認されていません。(ブラック、ゴールドについても同様)

ダイナースクラブカードアメリカン・エキスプレスカード(プラチナ以上)では「高級車をカードで購入」といった話が聞かれますが……。
言うまでもなく、そういった使い方はラグジュアリーカードにおいて困難。月の支払いが500万円を超え得るのなら、このカードは選択肢にならないと言って良いでしょう。

②他社ステータスカードとの簡易比較

気になる他社カードとの相違点を、年会費が近いものごとにまとめてみました。

【年会費5万円】チタンカードとの比較
【年会費10万円~14万円】ブラックカードとの比較
(ゴールドカードはインビテーション制のため除外)

(1)チタンカードと【JCBザ・クラス】【三井住友VISAプラチナ】の比較

★年会費5万円+税のクレジットカード比較

チタンカード JCBザ・クラス 三井住友プラチナ
盤面
(画像は公式HPより)
チタンカード盤面 JCBザ・クラス盤面 三井住友プラチナ盤面
発行元 株式会社アプラス 株式会社ジェーシービー 三井住友カード株式会社
年会費 5万円+税 5万円+税 5万円+税
国際ブランド Master JCB VISA、Master
申込み方法 インターネット等 インビテーションのみ インターネット等
基本ポイント還元率 0.5% 0.5%
(nanaco交換)
0.5%
(楽天ポイント交換)
コンシェルジュサービス あり あり あり
ショッピング補償 最高300万円 最高500万円 最高500万円
空港ラウンジサービス あり あり あり
付帯旅行損害保険
(国内)
最高1億円 最高1億円 最高1億円
付帯旅行損害保険
(海外)
最高1.2億円 最高1億円 最高1億円
特徴的な特典
  • カフェ、ワインバー優待
  • TOHOシネマズ優待
  • ワインお買い物券への高レート交換
  • ハワイアン航空のPualani Goldステータス付与
  • 年1度カタログギフト式のプレゼント
  • クラブ33※予約の抽選権
  • 年1度カタログギフト式のプレゼント
  • 名医セカンドオピニオンサービス
※東京ディズニーランド内の完全会員制レストラン

年会費の変わらない3つのカード。最大の違いは「ラグジュアリーカード」のみインビテーション無く申し込めることでしょうか。
「利用実績を積むなんて面倒なことなしに、高グレードカードを使いたい!」という場合には、チタンカードが第一の選択肢となりそうです。

一方で、特典の面に関しては「ザ・クラス」「三井住友プラチナ」に比べると範囲が狭いかもしれません。

(2)ブラックカードと【アメックス・プラチナ】【ダイナースクラブ・プレミアム】の比較

★年会費10万円~13万円+税のクレジットカード比較
ラグジュアリーブラック アメックス・プラチナ ダイナース・プレミアム
盤面
(画像は公式HPより)
ラグジュアリーブラック盤面 アメックス・プラチナ盤面 ダイナース・プレミアム盤面
発行元 株式会社アプラス アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ
年会費 10万円+税 13万円+税 13万円+税
国際ブランド Master AmericanExpress DinersClub
申込み方法 インターネット等 インビテーションのみ インビテーションのみ
基本ポイント還元率 0.5% 0.5% 2.0%
コンシェルジュサービス あり あり あり
ショッピング補償 最高300万円 最高500万円 最高500万円
空港ラウンジサービス あり あり あり
付帯旅行損害保険
(国内)
最高1億円 最高5000万円 最高1億円
付帯旅行損害保険
(海外)
最高1.2億円 最高1億円 最高1億円
特徴的な特典
  • 指定レストランでのリムジン送迎
  • テイスティングイベント招待
  • ワインお買い物券への高レート交換
  • ハワイアン航空のPualani Goldステータス付与
  • 指定ホテルへの無料宿泊(年1回)
  • ゴルフ優待
  • プライベートクルーズ
  • 医師への無料相談、診察優待
  • 利用限度額に明確な規定なし
  • その他非公開
  • ※アメックス・プラチナ、ダイナース・プレミアムの画像は海外公式HPより。
    ダイナース・プレミアムは盤面の似た「Elite」を掲載していますが、国内版プレミアムにはMasterのロゴは無く、中央に「Premium」の文字が入ります。

    年会費が全く同じカードは見当たらなかったため、やや高ランクな「アメックス・プラチナ」「ダイナース・プレミアム」と比較させていただきました。こちらにおいても、インビテーションを待たずに申し込みができるのは「ラグジュアリーカード・ブラック」のみとなります。

    チタンカードにおいても同じことが言えますが、ここまで来ると会員サービスはどこも超充実。複数のカードから申し込み先を選ぶとするなら、やはり「独自の特典」が重要になるでしょう。
    このあたりの裁量は人によるため、一概にどこが良いとは言えません。

    賛否両方の立場から見る、「ラグジュアリーカード」の評判


    さて、ここからは気になるラグジュアリーカードへの評判を見て行きましょう。

    ①送迎やワイン関連のサービスなど、他社にない特典を評価する声は高い

    どうしても金属製のカードが欲しかったので申し込みました。その甲斐あって満足していますし、思ったより非対応となっている店もありません。(何だこのカード、というリアクションを取られることはありますが決済に問題は無し)
    コンシェルジュサービスも充実していますが、できればコンシェルジュ以外の問い合わせ窓口も24時間対応になってくれると良いですね。
    特筆すべきは食事後の送迎サービス。もちろん使える場所は限定的ですが、お酒も気にせず飲めるし何より女の子ウケが良い(笑)
    貯まっていくポイントを、フィラディスの買い物券に換えられるのは良いですね。
    バーへの優待などもあり、ワインの愛好家にはメリットが大きいのでは無いでしょうか。

    ラグジュアリーカードを選択した理由として、最も多いのは「金属製のカードを手に入れたかったから」というもの。

    まだ会員数が少ないこともあって、ラグジュアリーカードは「他人が持ってないカードが欲しい!」という個性派に人気があるようですね。
    その他、送迎サービスなどの独自メリットや、コンシェルジュの対応を評価する声はとても多く聞くことができました。

    ②一方「アプラス」のイメージや派手な盤面が敬遠されることも

    高額な年会費の分、メリットが大きいラグジュアリーカード。
    その反面で、以下のようなマイナス意見も挙げられていました。

    付き合いで作りましたが、ブラックカードと書いてあるカードを使うには抵抗があって腐らせてしまっています……(笑)
    自宅に案内が届いていた。(クロネコ地域ポスト?というもので宛名なし)
    今使っているカードと比べて優れているなら乗り換えも検討するが、アプラス発行と聞くとどうも抵抗があり結局申し込まず。サラ金発行※のステータスカードって……

    ※これは誤りで、実際には消費者金融会社ではなく信販会社です。(キャッシング利用時、法律の上では同じ貸金業者としても扱われますがこれはアメックスも同じ)

    ラグジュアリーカードを批判する声には、「盤面にGOLDやBLACKと書いてあるのが逆に安っぽい」「アプラス発行というのが気になる」といった内容が多いですね。

    アプラスは新生銀行の子会社で、上に書いてあるようサラ金(消費者金融会社)でこそないものの、富裕層向けとはいえない無担保ローン事業に注力しているのも確か。
    「富裕層向けブランド」として長期間運営を続け、信頼も知名度もあるアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブと比べると、やはり「発行元」のブランドが劣るのは致し方ありません。
    アプラス自身もそれを自覚しているのか、ラグジュアリーカードのPRにまず発行元の名前やロゴを見ることはできませんね……。

    とは言えラグジュアリーカード自体は米国が発祥で、アプラスは提携……というより「カードを代理で発行している」程度の位置付けにすぎません。また、盤面は米国版と共通です。

    総括すると、ラグジュアリーカードは良くも悪くも「派手」なカード。
    後発のステータスカードと言うこともあってか、「普通じゃない」演出を行うためには打ってつけと言えます。

    一方で、あんまりひけらかすように使ってしまうと「成金趣味」と思われる可能性も……。
    特にブラックカード以上を選ぶ場合には、使いどころにセンスが必要となりそうです。

    ラグジュアリーカードに関するよくある質問と回答


    ここからは、ラグジュアリーカードに関するよくある質問にお答えしていきます。

    ①カードが金属製であることにデメリットはありますか?

    一般的なカードはプラスチック製なので、機械に取り込む形で決済する場合などにうまく使えないことがあるようです。(駐車場代など)
    ほとんどの場合では問題なく利用できるものの、例外に備えサブカードを持ち歩くのは必須となりそうですね。

    ②ショッピング利用枠はどれくらいに設定されることが多いですか?

    最小で100万円、確認されている限りでの最大枠は500万円です。ボリューム層はその中間の300万円くらいなようですね。
    どうしてもダイナースクラブカードなどに比べると、高額決済は難しいと言えます。

    ③審査にはどれくらいの時間が掛かりますか?

    平均審査日数は10日程度なようですが、カード到着までに1ヶ月ほど掛かったという例も珍しくない模様。すぐに結果が返ってくるとは考えない方が良いでしょう。

    詳しくは「ラグジュアリーカードの審査とその流れ」ページをご覧ください。

    ④コンシェルジュサービスの評判は良いですか?

    コンシェルジュサービスの評判(接客態度、貢献度など)は、全利用者絶賛とまではいかないもののかねがね良好な模様。メールで問い合わせができるという他社に無い特徴も高評価を得ているようですね。

    ★ラグジュアリーカードに限ったことではありませんが、コンシェルジュに依頼できる用件は原則クレジットカード払いが可能なものに限られます。

    ⑤プラスチック製のカードを別途発行してもらうことはできますか?

    アメックス・センチュリオンとは異なり、現在ラグジュアリーカードは金属製カードのみを発行。プラスチックカードを受け取ることはできません
    広く使えるプラスチックのサブカードを作るためには、他社を頼る必要があります。

    まとめ

    「ラグジュアリーカード」は後発の高年会費ステータスカード。プラスチックカードより重く冷たい、金属製のカードが人気を集めている
    ★最大のデメリットは「明確な利用限度額が定められている」ことか。あまり高額な買い物には対応できないため注意
    ★チタンカードから共通する特典はワイン関連、ハワイ旅行関連で特に充実。ブラックカードからはリムジン送迎をはじめとする独自のメリットも増える
    ★アメックスやダイナースのカードに比べると、良くも悪くも派手(ブラック以上)。上手に使うならさりげなさを意識したい

    日本で発行され始めたのは2016年とかなり新しく、他社カードに比べるといまだ知名度の低い「ラグジュアリーカード」。ただしこれは悪いことではなく、「普通じゃない」演出のためには打ってつけと言えます。
    使い所にセンスは求められるものの、「みんなが使っているカードじゃつまらない!」とお考えの個性派さんには是非おすすめしたいカードですね。


    
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。