デビュー間近!「JRE CARD」はJR東日本ユーザーならチェック必須

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年、JR東日本とその子会社のビューカードは、「アトレビューSuicaカード」「ペリエビュー・カード」「weビュー・スイカカード」といった既存のクレジットカードに代わり、「JRE CARD」(ジェイアールイー・カード)という新しいカードを発行予定であると発表しました。

2018年7月にデビューを控えたこのカード、一体これまでのビューカードとは何が違うのでしょうか?
2社の発表内容を、分かりやすくまとめました。

参考JR東日本他「<JRE CARD> が 2018 年 7 ⽉にデビューします!」

最大のメリットは「アトレ等の優待店で還元率3%」

「JREカード」最大のメリットは、「JREカード優待店」での高還元。
具体的に言うと100円(税抜き)につき3ポイント(3円相当)、つまり3%の還元率を実現できることにあります。
貯まるポイントは「JREポイント」と呼ばれるもので、これは各種商品との交換やSuicaのチャージに利用できるようですね。

JREポイント公式HP「ポイント交換商品一覧」

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%~高めなものでも1%くらい。
そう考えると、限定的な条件ながら3%のポイント還元を受けられるのは非常に大きいメリットだと分かりますね。

ちなみに肝心な「JREカード優待店」とは、「アトレ・アトレヴィ、テルミナ、ペリエ、エクセル、エスパル、フェザンの 45 館」とのこと。(公式発表より)
多くはJR東日本と隣接するショッピング施設ですが、「エスパル」「フェザン」の利用機会の多い東北にお住まいの方であっても、JREカードをおトクに使えそうです。


▲公式発表より引用

★3%の還元を受けられるのは「JRE POINT 優待店」に限られ、単なる「JRE POINT 加盟店」での還元率は1%となります。お気を付けください。

アトレビューSuicaカードは、現在でも優待店でJREポイントが3P貯まります
後述のサービス面でも特にJREカードとの違いは見受けられず、実質的には「3つのビューSuicaカードがアトレビューSuicaカードに統合されて、名前が変わる」と言った方が良さそうですね。

Suica付帯&オートチャージ機能ももちろん継続

おそらく多くのビューカードユーザーにとって、申し込みの目当ては「Suicaへのオートチャージ機能」だったのではないでしょうか。
これはSuicaの残高が一定以下(各自設定可)になったとき、クレジットカードから自動的にチャージしてくれる機能を言います。これを使えば、改札に引っかかる可能性が無くなるわけですね。
(もちろん利用枠がいっぱいになった場合は使えませんが)

今後発行される「JREカード」についても、この機能はもちろん継続されます。
その他、定期券を含むSuicaカードの付帯(=Suicaとクレジットカードが一体になっている)、オートでない任意のチャージ機能なども同様で、交通に関して非常に使い勝手が良いのは言うまでもありません。

また、JREカードを使った「Suica(オート)チャージ」「定期券・きっぷ購入」は、還元率が1.5%にアップ。(利用額1,000円につき15ポイント付与)
JREポイント優待店ほどの高還元でこそ無いものの、「機能性」「おトクさ」ともに文句の付けどころが無いと言っても良いでしょう。

ただし普段使いにはおすすめできず、あくまで「サブカード向き」

優待店での利用やSuica関連の交通サービスについては、素晴らしいの一言に尽きるJREカードではありますが……。
結論から言うと、それ以外の場所で使うメリットは特にありません
よって、このカードは「優待店もしくは交通関連の場所でのみ使うサブカード」として利用するのがベストだと言えるでしょう。

というのもJREカード、「優待店・加盟店」「Suica関連」以外の一般の場所で支払いを行った場合の還元率は0.5%。(1000円につき5ポイント)
ごく普通の数字ではありますが、「どこで使っても還元率1%、あるいはそれ以上」のカードが少なくない現在、高還元を得られる場所以外でJREカードを使うことはおすすめできません。

JREカードに限らず得意不得意のハッキリしているクレジットカードは、その長所を活かせる場所だけで活躍させてあげられると良いですね。

まとめ

★2018年7月から発行開始予定の「JRE CARD」は、アトレなどの優待店でポイント還元率3%!該当ショッピング施設をよく使われるのならぜひチェックしておきたい
★よく見ると現行の「アトレビューSuicaカード」と特段変わったところは無く、3つのカードがこのカードに統合されると考えて良さそう
オートチャージをはじめとするSuica関連サービスは他社の追随を許さず、さらに還元率もアップ!
★一方、優待点やSuicaに関連の無い場所で使うのには向かず、完全にサブカード向き

通勤などにSuicaを利用されるのなら、ぜひ手に入れておきたいSuica付帯のクレジットカード。その中でもJREカードは、アトレなど優待店の利用に特化したものとなりそうです。
該当するお店をよく利用されるのなら、現在使っているSuicaカードの代わりに導入を検討されると良いでしょう。

★JREカードが今すぐに欲しい、という場合には「アトレビューSuicaカード」>への申し込みをご検討ください。まだ確かなことは言えませんが、特にサービス内容に違いはなさそうです。
ちなみにJREカードの発行が始まっても旧カードが使えなくなることはありません。次回の更新(有効期限が切れたとき)の際に、JREカードが提供されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。