SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン:取得メリットとPASMO系カード比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「電車広告で見かけた西武プリンスクラブカード<セゾン>が気になる。
いつもの通勤がおトクになるのなら、ぜひ取得したいけれど……」

年会費無料で西武グループでのさまざまな特典を受けられる「SEIBU PRINCE CLUBカード」
もちろん西武鉄道も例外ではなく、定期券購入が驚くほどおトクに……なるわけではありませんが、一般的なクレジットカードを使うよりは多くのポイントをもらうことができます。

今回はそんな西武プリンスクラブカードについて、その特典内容やその他の「PASMO」系カードとの比較結果をまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合ったカードを使い今の生活をちょっとだけ、おトク&便利にすることができますよ。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの基本情報とメリット・デメリット

まずは、「SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン」とはどういったクレジットカードなのか、簡単に見ていきましょう。

★クレディセゾン「SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン」

年会費 無料※1 国際ブランド VISA
Master
JCB
American Express
基本還元率 0.5%程度
(永久不滅ポイント)
利用可能枠 非公開
海外旅行損害保険 なし 国内旅行損害保険 なし
ショッピング補償 海外での購入分のみ、年50万円まで 追加発行可 家族カード
ETCカード
Pasmoカード
付帯電子マネー なし 支払日 毎月10日締め
翌4日払い
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)の方で、当社の提携する金融機関※2 に決済口座をお持ちの方
※1 アメックスブランド選択時、ゴールドカード選択時を除く
※2 銀行、信用金庫、労働金庫、商工組合中央金庫、農協はすべて対応。その他は要問合せ

①ペペやBIG BOX、グランエミオ等での買い物や定期券購入などで還元率は1.4%以上に

「西武プリンスクラブカードセゾン」は、クレジット会社「クレディセゾン」と西武グループが提携して発行するクレジットカード。
……と言うよりは、年会費無料のポイントカード「西武プリンスクラブカード」にクレジット機能が付いたもの、とお考えいただいた方が分かりやすいでしょう。

西武プリンスクラブカードとは、名前の通り西武グループのお店を利用したときや定期券購入時に「プリンスポイント」を貯められるポイントカードのこと。TカードやPontaカードの西武グループバージョンですね。
「プリンスポイント」は108円(税込み)ごとに1ポイント加算され、1ポイント1円として引換券などと交換することができます。

さて、このプリンスポイントとは別に、「西武プリンスクラブカードセゾン」ではクレジット請求額に応じた「永久不滅ポイント」が貯まります。これはクレジットードの発行元である「クレディセゾン」の共通ポイントですね。
この「永久不滅ポイント」は請求額1,000円につき1ポイントしか与えられませんが、1ポイントに5円ほどの価値がある(Amazonギフト等への交換時)ため、実質還元率は0.5%程と言えます。

★西部プリンスクラブカードセゾンでもらえるポイント

ポイントの付与システム
(かっこ内は還元率)
概要
プリンスポイント 108円につき1ポイント
(約0.925%)
  • 西武グループ内の、対象店や対象サービス利用時にのみポイント付与
  • 永久不滅ポイント 1,000円につき5円相当の1ポイント
    (0.5%程度)
  • 使った場所を問わず※クレジットカードの請求額に応じポイント付与
  • ※電子マネーへのチャージ時などの例外あり

    2つのポイントはそれぞれ独立して貯まるので、「プリンスポイント」の貯まる場所でクレジット払いを行えば、2つのポイントを同時に受け取ることができます。(=二重取り)
    このとき実質還元率は約1.425%となり、一般的なクレジットカードの還元率(0.5%程度)を大きく上回ります。

    ★「プリンスカードセゾン」でプリンスポイントの貯まるお店・サービス

  • 西武鉄道(定期券、特急券など)☆
  • 西武バス(定期券など)☆
  • ペペ
  • 西武ショッピングプラザ
  • BIG BOX
  • 国内のプリンスホテル
  • 他国内のゴルフ場、スキー場、スケート場、プール、宿泊施設など
  • ☆:クレジット機能のない西武プリンスクラブカード(ポイントカード)ではポイントの貯まらないもの

    西武鉄道や西武バスの定期券でも、1.4%以上の還元を受けられるのは嬉しいですね。2万円の定期券を購入したとき、もらえるポイントは285円相当分となります。
    (プリンスポイント185P+永久不滅ポイント20P)

    ちなみに西武百貨店はプリンスポイントの対象外となっているためお気を付けください。

    ★プリンスポイントはTポイント等と違い、そのままの状態で使うことができません。
    各支払いなどに利用するためには、「お引換券」や「ご利用券」などへの交換が必要です。

    詳細西部プリンスクラブ公式HP「ポイントを交換する」

    ★プリンスポイントは「取得した年の、翌年末」に失効します。お気を付けください。

    ②国内外のプリンスホテルやゴルフ場などでの優待も

    プリンスカードセゾンをお持ちであれば、西武グループの一部施設でさまざまな優待を受けることができます。

    ★西武グループでの優待内容(一部)

    • 毎月20日、対象店でのお買い物5%割引
       (西武新宿ぺぺ/Brick St.、西武本川越ペペ、西武飯能ペペ、西武入間ペペ、新横浜プリンスペペ、グランエミオ大泉学園)
    • 上述の対象店での、埼玉西武ライオンズの連勝数に応じたポイントプレゼント
    • 傘の貸し出しサービス
       (西武新宿ぺぺ、西武本川越ペペ、西武飯能ペペ、西武入間ペペ、新横浜プリンスペペ)
    • 西武トラベルでのパッケージツアー3%~5%割引
    • アイススケート、豊島園、西武園などでの料金優待
    • 国内プリンスホテルでの優待
      • 宿泊ベストレート保証
      • ○スマートチェックインサービス
      • ○チェックアウトタイム延長サービス
      • ○レストラン、バーでの料金5%優待 
    • 海外プリンスホテルでの優待
    • 対象ゴルフ場でのベストレート保証
    • 対象スキー場でのリフト券優待
    • 対象プールでの利用料金優待

    西武線ユーザーにとって最も利用しやすいのは、毎月20日の5%割引サービスでしょうか。(割引を受けるためには西武プリンスクラブカードセゾンでクレジット決済を行う必要あり)
    小さいお子様がいらっしゃる場合やよくレジャーへ出かけられる場合には、遊園地やアイススケート、スキー場などでの優待も嬉しいところです。

    ★特典内容の詳細については、西武プリンスクラブ公式HPをご覧ください。

    <セゾンカードの特典内容も要チェック>
    上で紹介した「西武グループの特典」の他に、西武プリンスクラブカードセゾンでは発行元である「クレディセゾン」の特典も一緒に受けることができます。
    その主な内容は以下の通り。

    年会費無料のクレジットカードと言うこともあり、特に目を引く……というわけではありませんが、特典が多いに越したことはありません。
    活用できる機会があれば、こちらも積極的に利用していきたいところです。

    ★永久不滅ポイントの交換先については、クレディセゾン公式HPをご覧ください。
    基本的に、貯まった永久不滅ポイントはレートの良い「Amazonギフト」「dポイント」などへ交換するのがおすすめです。

    ③PASMOへのオートチャージ機能も嬉しい

    西武プリンスクラブカードセゾンのメリットとして見逃せないのが、「PASMOへのオートチャージ機能」
    オートチャージとは名前の通り、残高の減ったPASMOへ自動的にチャージを行う機能を言います。
    (残高がいくら以下になったらチャージを行うかは、利用者自身が設定可)


    ▲西武プリンスクラブカード公式HPより

    プリンスクラブカード自体にPASMOの機能を付けることはできないため、現在お持ちのPASMOカードとプリンスクラブカードを紐づけ、新たにオートチャージの設定を行うことになりますね。(PASMOカードとの同時発行も可)
    ただしこのオートチャージ、「プリンスポイント」の付与対象にはなりませんのでお気を付けください。(=貯まるのは永久不滅ポイントのみ、実質還元率は0.5%前後)

    その他のPASMO系カード(オートチャージ対応)とプリンスクラブカードのオトク度比較

    ★オートチャージの対象となるのは改札への「入場時」または「出場時」のみです。
    街でPASMOを使い残高が減った場合、オートチャージは適用されません。(その状態のまま改札を通ればチャージ可)

    ★インターネットを使い、PASMOへ適宜チャージを行うことはできません。

    ④基本的には西武グループ利用時にのみ使う「サブカード」としての取得がおすすめ

    これまで解説してきた、西武プリンスクラブカードセゾンの特徴をまとめると以下の通り。

  • 年会費無料
  • 対象店、対象サービス(定期券購入含む)での利用なら還元率は実質1.4%以上
  • 通常の還元率は0.5%(Amazonギフト等への交換時)
  • 西武グループをはじめとする場所で各種優待あり
  • PASMOのオートチャージ機能付き
  • 当たり前かもしれませんが、特典を受けられる場所はほぼ西武グループ関連に固まっています。
    一方、還元率における0.5%という数字は一般的なものながら、オリコカード楽天カードREXカードなど、1%またはそれ以上の還元率を実現させているクレジットカードとの差は気になるところ。

    つまり、西武プリンスクラブカードセゾンは「西武グループ関連のサービスに使うなら優秀、ただしその他の場所では他社カードに劣りやすい」わけですね。
    年会費無料、永久不滅ポイントは失効しないという点を見ても、このカードについては「西武グループでの支払のみに使う、サブカード」としての利用をおすすめしたいところです。

    ★メインカード向きのクレジットカードについては、「クレジットカードとその付与ポイントについて」のページをご覧ください。

    <年会費のかかるアメックスブランド・ゴールドカードと一般カードの比較>
    このページで解説している「西武プリンスクラブカードセゾン」は、VISA/Master/JCBいずれかの国際ブランドの付いた一般カード(無料カード)ですが……。
    このクレジットカードには、年会費有料の「American Expressブランド」カードと「ゴールドカード(VISA、Master、JCB)」が存在します。
    それぞれの特色を簡単にまとめると、以下のようになりました。

    American Express(AMEX) ゴールドカード
    年会費 3,000円+税 15,000円+税
    海外旅行傷害保険 最高3,000万円
    (死亡の他、疾病や携行品損害にも対応)
    最高5,000万円
    (同左)
    国内旅行傷害保険 最高3,000万円
    (死亡の他、傷害による手術費・入院費などにも対応)
    最高5,000万円
    (同左)
    ショッピング補償 年100万円まで
    (国内・海外利用可)
    年300万円まで
    (国内・海外利用可)
    その他の特典
  • 海外利用で永久不滅ポイント2倍
  • アメリカン・エキスプレス・コネクト
  • 国内空港ラウンジサービス
  • 国内外プリンスホテルでの優先予約、その他特典
  • ハーツレンタカー優待
  • 指定ゴルフ場でのソフトドリンクサービス、その他優待 
  • ※プリンスポイント還元率、国内での永久不滅ポイント還元率、その他特典は無料カードと同様

    アメックスカードは「一般カードとゴールドカードの中間」といった立ち位置となりますが……。
    もともと西武プリンスクラブカードセゾン自体が「サブカード向き」ということを考えると、わざわざ年会費を支払ってまでアメックスを選ぶ意味は無さそう
    保険が欲しいのなら横浜インビテーションカードREXカードといった年会費無料のジャックスカードを作るか、逆に高額な年会費の代わりに保証の充実したJCBゴールドなどをメインに据えた方が良いでしょう。

    一方、ゴールドカードについては完全に「特典に強い魅力を感じた人向け」となります。
    国内外のプリンスホテルやゴルフ場を頻繁に利用される場合にはメリットが大きいですが、そうでないのならカードを持て余すことは避けられません。ちなみに年会費に対する保険の内容は「ごく普通」です。

    結局のところ、ゴールドカードの特典に魅力を感じた場合を除き、西武プリンスクラブカードセゾンの申し込み先は「年会費無料の一般カード」に決めて良い、ということですね。
    ちなみにAMEXを除き国際ブランド(VISA、Master、JCB)間のサービス内容に差はありません。

    ★有料カードの保険内容について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    クレディセゾン公式HP「セゾンアメリカン 国内旅行傷害保険・海外ショッピング安心保険のご案内」(PDF)
    クレディセゾン公式HP「ゴールドカードセゾン 国内旅行傷害保険・海外ショッピング安心保険のご案内」(PDF)

    その他のPASMO系カードとプリンスクラブカードの比較

    ここからは「西武グループどうこうより、交通関連のサービスが気になる!」というあなたのために、その他のPASMO系カードと「西武プリンスクラブカードセゾン」を比較していきましょう。

    ★主なPASMO系カードとプリンスクラブカードセゾンの比較

    年会費 基本還元率
    (定期券購入時)
    その他
    西武プリンスクラブカードセゾン
    (VISA、JCB、Master)
    無料 0.5%程度
    約1.425%
  • 西武グループでの優待
  • To Me Card prime 2,000円+税
    (初年度、もしくは年50万円以上の利用で無料)
    0.4%程度
    (同上)
  • PASMO付帯カード選択可
  • 東京メトロの乗車でメトロポイントが貯まる
  • ソラチカカード
    (ANA To Me CARD PASMO JCB)
    2,000円+税
    (初年度無料)
    0.4%程度
    (同上)
  • PASMO付帯カード選択可
  • ANAマイレージクラブカード付帯
  • ANAカードの一般会員サービスを受けられる
  • 東京メトロの乗車でメトロポイントが貯まる(primeカード未満)
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 1,000円+税
    (初年度無料)
    1.0%
    ※Web明細利用時
    (同上)
    ※定期券範囲に東急を含まない場合
  • PASMO付帯
  • 東急グループでのポイント優待
  • JALマイレージバンクカード付帯
  • ※すべてオートチャージ対応

    「付帯」とは、クレジットカードとその他のカード(この場合はPASMOまたはSuicaカード等)が一体化となっている様を指します。
    こう見ると、ここで挙げた4つのクレジットカードのうちPASMOを付帯できないのは「西武プリンスクラブカードセゾン」のみとなってしまいますね。
    既にPASMOカードをお持ちならさほど気にしなくても良いですが、カードのかさばりを避けたい場合にはPASMO付帯カードへの申し込みも検討したいところです。

    とは言え4つのカードのうちあなたが西武線の範囲内のみで定期券を利用しているのなら、よほどPASMOとクレジットカードを一体化させたい場合を除き、申し込み先は「西武プリンスクラブカードセゾン」に決めて良いでしょう。
    理由は簡単で、定期券購入時の還元率が明らかに他カードに比べ高いからです。

    その一方、あなたの定期券に西武線以外の路線が含まれている場合や、そもそも定期券を必要としていない場合には、他社クレジットカードも要チェック。特にJR系のSuica付帯カードには優秀なものが多いですね。
    定期券を利用されないのならPASMOもSuicaも使っていく上で大差ありませんので、この場合はSuica系カードの導入をおすすめしたいところです。
    (チャージ時還元率1.5%のビックカメラSuicaカードなど)

    ★サブカードとメインカードをどうしても分けたくない、という場合には基本還元率の高い「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」も候補となります。

    ★定期券の区間が私鉄のみの場合、Suicaを定期券として利用することはできません。

    ★PASMOはインターネットでのチャージに対応していないのに対し、Suica系のクレジットカードがあればインターネット上での残高確認やチャージが可能です。
    「私鉄圏のみの定期券」を利用している場合以外は、Suica系のカードを選んだほうが何かと好都合でしょう。ちなみに使えるお店や区間において、SuicaとPASMOに違いはありません。

    カードの入会は原則インターネットで

    「西武プリンスクラブカードセゾン」(一般カード)への申し込み方法は「Web」または「郵送」の2つ。通常の西武プリンスクラブカード(ポイントカード)とは違い、店頭カウンターで入手することはできません

    わざわざ面倒な郵送申し込みを行うメリットも無いため、ここではWeb申し込みを前提とすると……。
    クレディセゾンの公式サイトによると、申し込みからカード発行手続きの完了までは「最短4営業日」とのこと。
    あくまで「発行手続き完了」ですので、お手元に届くまでにはそこからさらに数日ほど掛かります。申し込みからカード受け取りまでには、1~2週間くらいを見ておくと良いでしょう。

    審査スピード自体は速いようで、「申し込みの当日に審査結果連絡が来た」という例もしばしばみられますね。特にセゾンの既存会員なら、短期間で審査が完了する可能性も高いと見込まれます。
    その一方で「携帯電話に申し込み確認が入った」という例はかなり多いため、申し込み後はセゾンからの着信に気を付けたいところです。

    審査と申込みの確認、カード受け取りの流れについて、詳しくは以下のページをご覧ください。

    クレジットカードの審査と実際の「申し込み確認」電話、カードの受け取りの流れ

    ★ゴールドカードの申し込み方法は「郵送」のみとなります。

    まとめ

    「西武プリンスクラブカードセゾン」なら、西武グループの指定店・指定サービスで1.4%以上の還元を得られる。これが定期券の購入にも適用されるのが嬉しいところ
    ★ペペやプリンスホテルなど、西武グループのお店や宿泊施設などでもさまざまな優待あり
    基本還元率は0.5%と普通なので、他社高還元カードの存在を考えるとメインカードには向かない。基本的には西武グループ関連の支払いにのみ使っていくのがおすすめ
    ★オートチャージには対応しているものの、PASMOの付帯は不可

    さまざまな特典を、年会費無料で受けられるのが嬉しいSEIBU PRINCE CLUBセゾン。
    入手のデメリットが無いため、一般の西武線ユーザーからプリンスホテルやゴルフ場などを頻繁に利用される方に至るまで、幅広い層におすすめできるカードとなっています。

    SEIBU PRINCE CLUBカード(一般)の基本情報

    カード名 SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
    申込み資格 18歳以上(高校生は除く)の方で、当社の提携する金融機関に決済口座をお持ちの方
    提携カード 西武グループ
    利用可能額 非公開
    審査時間 最短即日
    到着までの時間 1~2週間
    入会金 無料
    年会費 無料
    (Amex以外の一般カード)
    支払日 10日締め翌4日払い
    支払い方式 1回払い・2回払い・ボーナス払い(一括・2回)・リボ払い(長期・標準・定額)
    分割払い(年率) 9.0%~11.1%
    リボ払い(年率) 書面で通知
    キャッシング(年率) 12.0%~18.0%
    遅延損害金(年率) 上限20%
    担保 不要
    保証人 不要
    必要書類 本人確認書類
    金融機関名 株式会社 クレディセゾン
    住所・所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
    電話番号 0120-24-8376
    貸金業登録番号 関東財務局長(12)第00085号 日本貸金業協会会員 第002346号
    新規お申込はこちら
    
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。