自動車税はクレジットカード払いできる!ポイントも貯まって便利でお得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車税はクレジットカード払いできる!ポイントも貯まって便利でお得!

「クレジットカードを使った自動車税の支払いってどうやって行うの?」

クレジットカードを使った自動車税の納付は、インターネットを通じてWEB上から行います
インターネットならばうっかり支払いを忘れてしまった時でも、さっとアクセスして行えるので便利ですね。

それにクレジットカードを使ったお支払いなら、ポイント・マイルも貯まってお得です。

でも、すべての自治体で自動車税をクレジットカード払いできるわけではありません

また、自分が持っているクレジットカードが使えるかも、お住まいの地域によって変わってきます。(そのあたりは本文で詳しく説明しますね)

今回はクレジットカードを使った自動車税支払いのメリット・デメリット、詳しい支払い方法をお教えします。

ちょっと負担の大きい自動車税を、たくさんのポイントに変えることが出来ますよ!

はじめにココをチェック!

クレジットカードを利用した自動車税の納付を行うにあたって、まずは
①今、住んでいる地域がクレジットカードでの自動車税納付に対応しているのかどうか?
②自分が使っているクレジットカードは支払い可能かどうか?

この2つのポイントを確認しましょう。

① 住んでいる市町村は自動車税のクレカ納付対応?

自動車税のクレジットカードでの納付は、現在ほとんどの都道府県で可能です。しかし、一部の都道府県のみいまだ対応しておりません。

以下クレジットカード納付に対応していない都道府県一覧です。

★クレジットカード納付に対応していない都道府県一覧

  • 秋田県・石川県・山梨県・滋賀県
  • 京都府・徳島県・高知県
  • Yahoo!公金支払い 各県自動車税案内ページより(2018年5月現在)

    これらの都道府県にお住いの場合は、残念ながら今のところ、自動車税を直接クレジットカードで納付することはできません

    ただし、電子マネーnanacoやWAONにクレジットカードチャージすれば、間接的にクレジットカード支払いできますよ。詳しくは下記ページで詳しく紹介しています。
    「nanaco」「WAON」を使えば手数料なしでポイント・マイルを貯められる!

    ② 手持ちのクレジットカードは使える?

    結論から言うと、一般的に使われているクレジットカードなら自動車税を納めることができます
    というのも、インターネット上の自動車税支払いサイトはカード会社が多く発行している主要国際ブランドに対応しているからです。

    ★自動車税納付に使える国際ブランド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners Club
  • Yahoo!公金支払いHP ご利用に必要なもの

    各都道府県の独自サイトでも上記国際ブランドは利用可能です

    VISAはもちろんのこと、他の主要国際ブランドもしっかりと対応。

    ほとんどの場合、支払いができなくて困るというようなことはありません

    ただし、ポイント還元率1.0%以下のクレジットカードだと、決算手数料の兼ね合いで逆に損をしてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

    詳細「クレカ納付するなら還元率1.0%以上のカードを選ぶべし」

    「自分の住んでいる都道府県が自動車税のクレジットカード納付に対応しているか」「クレジットカードが使えるかどうか」を確認したら、早速自動車税の支払いを行いましょう。

    【体験談】実際に自動車税のクレジットカード納付を行ってみた

    さて、ここからは私が実際にクレジットカードで自動車税納付を行った時の過程を説明します。
    結果としては、とても簡単に納付することができました。
    流れを掴む参考にしてください。

    クレジットカードを利用した自動車税の支払手続きは都道府県の納付サイト、または「Yahoo!公金支払い」のページから行います。

    お支払いは都道府県の納付サイト、もしくは「Yahoo!公金支払い」から」

    今回は、「Yahoo!公金支払い」を通じて支払い手続きを行いました。

    Yahoo!公金支払いからの自動車税の納付は、このような流れで進んでいきます。

    クレジットカードを使い、
    「Yahoo!公金支払い」で自動車税を
    納付する流れ

    「Yahoo!公金支払い」にアクセス

    「自動車税・軽自動車税」をクリック

    該当する自治体をクリック

    申し込み前注意事項などを確認
    全ての注意事項を確認し、同意するにチェックを入れて、「お支払い画面へ」をクリック

    納税通知書に記載されている納付番号と確認番号を記入する
    「次へ」をクリック

    Yahoo!Japanにログインする
     ID・パスワードを記入して「ログイン」をクリック

    もう一度納付番号と確認番号を記入する
    「次へ」をクリック

    納付内容を確認して、クレジットカード番号などの支払い情報を記入する
    「次へ」をクリック

    最終内容確認をする
    「支払う」をクリック

    手続き完了

    では、詳細を確認していきましょう!

    ①「Yahoo!公金支払い」にアクセス

    まずは、「Yahoo! 公金支払い」で検索して、一番上に出てくるページにアクセスします。

    ②自動車税・軽自動車税をクリック

    ページを開いたら、「自動車税・軽自動車税」から次の画面へ進みましょう。

    ③該当する自治体をクリック

    次は、現在住んでいる地域を選択します。

    ④申し込み前注意事項などを確認

    注意事項などを確認して、「同意する」にチェックを入れた後、「お支払い画面へ」から次に進みます。

    ⑤納税通知書に記載されている納付番号と確認番号を入力する

    次は納付番号と確認番号を記入しましょう。納付番号と確認番号は納税通知書から確認できます。
    記入を終えたら、「次へ」をクリックして次の段階に進みましょう。

    ⑥Yahoo!Japanにログインする

    次は、Yahoo!のIDとパスワードを入力します。

    Yahoo!のアカウントを持っていない場合は
    以下のページから先にアカウントを作る必要があります。

    <Yahoo!JapanID 新規取得ページ>

    Yahoo!Japan ID新規取得

    こちらのページからID新規取得できます。

    入力できたら、「ログイン」をクリックしましょう。

    ⑦もう一度納付番号と確認番号を入力する

    ここでなぜか、さっき入力した納付番号と確認番号をもう一度入力しなければいけません。

    これは仕様だと思ってもう一度入力し、「次へ」をクリックしてサクッと先に進みましょう。

    ⑧納付内容を確認して、クレジットカード番号などの支払い情報を入力する

    次は、納付内容を確認して、クレジットカード番号などの支払い情報を入力していきます。

    自動車税の支払いには「Tポイント」利用することができるので、ポイントが貯まっている場合はここで利用するのも良いと思いますよ。

    またこちらは任意ですが、メールアドレスを入力することで、支払い完了の通知をしてもらうことができます。

    全て入力し終えたら、「次へ」から最終内容確認へ進みましょう。

    ⑨最終内容確認をする

    ここで納付内容の最終確認を行います。
    全て確認したら注意事項を同意するにチェックを入れて、「支払う」をクリックします。

    ⑩手続き完了

    これで自動車税の支払い手続完了です。
    最後に印刷したい場合は、「印刷モード」をクリックして終了です。

    納付完了まで、10分もかからずに納付することができました。

    このようにクレジットカードを使えば、わざわざ銀行やコンビニに足を運ばなくても、手軽で簡単に支払いが出来るのでとても便利。
    しかし、クレジットカードを使って自動車税を支払うメリットはこれだけでは無いんです。
    詳しくはこの次に説明いたします。

    自動車税をクレジットカードで支払うメリットは?

    クレジットカードを利用した自動車税納付には、3つのメリットがあります。

    ★インターネットでどこでも、いつでも納付することができる

    ★クレジットカードのポイント・マイルを貯めることが可能

    ★クレジットカードによっては、自動車税納付によって特別なキャンペーンを受けることができる

    では、順を追って説明していきますね。

    ①インターネットで自宅から、いつでも支払いが出来る

    まず、最初のメリットとしては、インターネットを使って納付手続きをするので、先ほど説明したようにパソコンスマホでいつでも思い立った時に支払いをすることができるという点です。

    うっかり支払いを忘れていた時、支払い猶予が迫っている時なども、さっとアクセスして支払い完了できます。

    わざわざ、近くのコンビニなどへ行く必要もないのでとても便利ですね。
    納付受付も24時間対応なのも嬉しいところです。

    さらに、クレジットカード払いは手持ちのお金が足りない時支払いの猶予を受けられるので助かります。

    クレジットカードではほとんどの場合、支払日(銀行引き落としされる日)は翌月となることが多いですよね(クレジットカードによって支払日は異なりますが)。

    なので、給料日前で現金納付が厳しいという時は、クレジットカードの特徴を活用して、支払日を翌月に伸ばして、余裕を持って支払うことも可能です。

    ②クレジットカードのポイント・マイルを貯められる

    自動車税のクレジットカード納付で得られる一番のメリットは、やっぱりポイント・マイルが貯まるという点です。

    【ポイントの場合】

    例えば、ポイント還元率1.0%のクレジットカードで「2000ccの自家用車」の税金を支払うとします。

    税額は39,500円なので、付与されるポイントは395Pになります。

    【マイルの場合】

    「JALカード」「3000ccの自家用車」の税金を支払った場合の税額は51,000円
    つまり、マイル還元率0.5%のJALカードは255マイル貯まることになります。

    「排気量の大きい車両で税額が10万円を超える」または「複数台所有している」という場合は支払う金額も高額ですよね。

    その場合、数千ポイント・マイル貯まることもありえます

    高額にもなりやすい自動車税は、クレジットカードで支払うことで、カードによっては結構ポイントやマイルが貯まるのでオススメですよ。

    いつもより、少しでもお得になるのは嬉しいですよね。

    <「税の支払いではポイントが貯まらない……」という事はない?>

    クレジットカードのポイントは支払い金額に対して各カードごとのポイント還元率を乗じて貯まります。

    もちろん税金の支払いに対しても同じです。

    JALカード公式HP 公共料金など定期的な支払いでためる

    なので、ポイントをたくさん貯めて「得したい」と思っている場合は、税金や公共料金も積極的にクレジットカードで支払うことで、効率よく貯めることができます。

    ③さらにポイントをプレゼントするキャンペーンをやっていることも!

    自動車税をクレジットカード払いすることで、独自のキャンペーンを行っているクレジットカードもいくつかあります。

    ただ、キャンペーン内容は支払い年度によって変わってきますので、2018年度、実施していたキャンペーンを参考までに紹介していきますね。

    イオンカード

    イオンフィナンシャルサービス公式HP

    イオンが発行しているクレジットカードを利用して自動車税を支払った場合、通常貯まるポイントとは別に、「ときめきポイント」500Pをもらうことができます。

    概要は以下の通り

    ★キャンペーン概要

  • キャンペーン期間中にWEBから応募しておく
  • 応募したカードで1件3万円以上の自動車税を納める
  • 上記条件を満たせば、もれなく「ときめきポイント」500Pをもらうことができます。

    ※500P→500円相当分

    オリコカード

    オリコカード公式HP

    オリコカードでは、「UCギフトカード」「オリコポイント」が抽選でもらうことができます。

    概要は以下の通り

    ★キャンペーン概要

  • キャンペーン期間中にWEBからエントリー
  • 応募したカードで2,000円以上(軽自動車を含む)の自動車税を納める
  • 上記の条件を満たせば、10名「UCギフトカード」10,000円分、または100名「オリコポイント」1,000P抽選でプレゼントされます。

    このように、お得なメリットが盛りだくさんのクレジットカード払い。
    しかし、実は知らないと困るデメリットもわずかながらあるんです。
    次は、クレジットカード払いのデメリットについて説明いたします。

    デメリットは「手数料」と「納税証明書」

    ① 手数料は自治体によるが300円程度

    クレジットカードを使った自動車税納付には、自治体によって異なりますが、決算手数料が300円程度かかります。

    ほとんどの自治体で、一件あたり324円(税込)という金額を設定しています。

    例えば、神奈川県大阪府は324円(税込)です。
    また、他と少し違うところは佐賀県の300円(税込)と沖縄県の308円(税込)です。

    東京都は納税額によって決算手数料が変動し、税額10,000円ごとに73円(税別)が加算されます。

    これだけですと「まあ、300いくらくらいなら……」と考えてしまいがちですが、以下の点には注意が必要です。

    <クレカ納付するなら、還元率1.0%以上のカードを選ぶべし>

    クレジットカードの自動車税払いに決算手数料がかかるということは、支払い税額とポイント還元率のバランスによっては決算手数料分相殺できないことが起きてしまう場合があります。

    そこで、支払いに利用するクレジットカードは、最低でもポイント還元率1.0%以上のカードをおすすめします。

    例えば、ポイント還元率1.0%のクレジットカードで39,500円の自動車税を支払い、決算手数料324円とします。

    ポイント付与は39,500円の1.0%なので395Pが付与されます。

    なので、決算手数料324円がかかったとしても、71P分のプラスになります。

    支払い税額30,000円以上ポイント還元率1.0%以上のクレジットカードでないと、決算手数料をカバーできないので気をつけましょう。

    もう一度、手持ちのクレジットカードのポイント還元率を確認してから納税するようにしましょう。

    ② 納税証明書の発行には2〜3週間かかる

    クレジットカード支払いの場合、納付確認から納税証明書の発行までには、支払い手続き完了日から最大で3週間程度かかることがあります。

    Yahoo!公金支払い 神奈川県

    また、納税確認が電子化され、車検時の納税証明書の提示が省略されたこともあり、納税証明書を送付しない自治体などもありますので気をつけましょう。

    <車検が近い場合はコンビニか銀行で支払いを>

    すぐに納税証明書が必要な場合、または車検が近い場合は、直接クレジットカードでの納付は諦めましょう。

    というのも、(納税確認が電子化されている陸運支局を除いて)車検時、納税証明書の提出が必要となってくるからです。

    クレジットカードで支払ったばかりに、納税証明が間に合わず、車検切れとなってしまったらとても困りますよね。
    余計な手続きも増えてしまいます。

    「確かにそれは面倒だ。ポイントを貯められないのは残念だけど、仕方ないか……」
    ちょっと待ってください!
    クレジットカードを通さなくともポイントを貯められる、オススメの方法があります。

    それは、クレジットカードからチャージした「nanaco」「WAON」を使ってコンビニで納付する方法です。
    この方法ならば、間接的にクレジットカードのポイントを貯めることが可能です(持っていないという場合は、金融機関の窓口等で現金で支払いましょう)。

    「nanaco」「WAON」を使えば手数料なしでポイント・マイルを貯められる!

    車検が近い時などはしっかり確認してから、自動車税を納めましょう。

    メリット・デメリットについてしっかり確認したうえで、クレジットカードを使った自動車税の支払い方法をさらに細かく見ていきましょう。

    クレジットカードを使った自動車税の支払い方法

    クレジットカードの支払いには、都道府県別公式納付サイトと「Yahoo!公金支払い」2つの方法があります。

    ①お支払いは都道府県の納付サイト、もしくは「Yahoo!公金支払い」から

    どちらで支払うかは、各都道府県によって異なります。
    以下のような独自納付サイトが設定されていないところは、「Yahoo!公金支払い」を利用して支払うという形です。

    都税クレジットカードお支払いサイト 

    独自の納付サイトがある都道府県は以下の通りです。

    ★自動車税独自納付サイトがある都道府県一覧

    岩手県 岩手県税納付サイト
    福島県 福島県自動車税お支払いサイト
    東京都 都税クレジットカードお支払サイト
    千葉県 千葉県税 納付サイト
    愛知県 愛知県県税クレジットカードお支払サイト
    三重県 三重県自動車税お支払いサイト
    大阪府 大阪府自動車税お支払サイト
    兵庫県 県税の納税方法
    大分県 大分県自動車税クレジット納税サイト

    この一覧に記載されていない都道府県については、「Yahoo!公金支払い」から納付手続きに進みましょう。

    参考【体験談】実際に自動車税のクレジットカード納付を行ってみた

    「Yahoo!公金支払い」公式HP

    <他にもクレジットカードで支払える税がある!>

    以下の税金や公共料金クレジットカード払いが可能となっていますので、参考までに紹介いたします。

    ★税目・料金名

  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民健康保険
  • 介護保険料
  • 後期高齢者医療保険
  • 使用料・利用料
  • 個人事業税
  • 不動産取得税
  • 法人市民税
  • 事業取得税
  • 市たばこ税
  • 水道料金
  • NHK放送受信料
  • ガス料金
  • Yahoo!公金支払い

    地域によってクレジットカード支払い可能かどうかは異なりますが、これだけの税金や公共料金、国民年金だって支払いが可能となっています。

    高額な支払いになるものも多数あるので、貰えるものはしっかりと貰ってお得にポイントを貯めましょう。

    ②「nanaco」「WAON」を使えば手数料無しでポイント・マイルを貯められる!

    先ほど、ポイント還元率1.0%以上の還元率クレジットカードでの支払いがおすすめと述べましたが……

    クレカ納付するなら還元率1.0%以上のカードを選ぶべし

    しかし、「普段利用しているクレジットカードは還元率が1.0%未満だから、損をしてしまう……」という場合でも、諦める必要はありません。
    ここでおすすめなのが、<車検が近い場合はコンビニか銀行で支払いを>でも説明した電子マネーの「nanaco」「WAON」を使った支払い方法。
    電子マネーを通じて自動車税を納めると、場合によってはお得になることがあるんです。

    なぜなら、「nanaco」「WAON」を使ったコンビニでの自動車税納付には、決算手数料がかからないというのが一点。

    さらに、間接的にクレジットカードポイントが貯まる場合があるからです。

    それでは、「nanaco」から順を追って支払い方法やおすすめクレジットカードなどを詳しく説明していきますね。

    nanaco

    nanako公式HP

    「nanaco」とは、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで利用できる電子マネーです。

    「nanaco」での自動車税納付はセブン-イレブンで行います。
    流れは非常に簡単。
    「nanaco」に登録したクレジットカードを使って自動車税の金額をチャージして支払えばOK!です。

    ですが、ここで注意したいことがあります。
    実は、nanacoにチャージした分はポイント付与対象外となるクレジットカードがかなり多いからなのです。

    これだとお得感はなくなってしまいますよね。

    下記に紹介しているクレジットカードはnanacoチャージ分もしっかりポイント付与されるのでオススメですよ。

    還元率 年会費
    セブンカード・プラス 0.5% 初年度無料
    2年目以降500円
    リクルートカード 1.2% 無料

    セブンカード・プラスはnanacoと一体型オートチャージ機能があり。リクルートカードはポイント還元率と年会費無料というところが魅力です。

    次は、「WAON」の自動車税支払い方法についてです。

    WAON

    WAON公式HP

    「WAON」とは、イオンが提供している電子マネーです。

    支払い方法については、先ほど説明したnanacoのやり方とほとんど同じです。

    「nanaco」と異なる点は、支払い場所がミニストップという点とWAONチャージをするクレジットカードです。

    還元率 年会費
    イオンカードセレクト 0.5% 無料
    JMB WAONカード 0.5% 無料

    どちらのカードもWAON一体型で、還元率、年会費は同じです。
    マイルを貯めたい場合JMB WAONカードがオススメになります。

    今、お持ちのクレジットカードが「nanaco」「WAON」にチャージすることができる(上記オススメカード)なら、手数料もかからずに、さらにポイント・マイルを貯めることができるチャンスです。

    まとめ

    ★インターネットで自宅から、いつでも支払いが出来る

    ポイント・マイルを貯められる

    ★さらにポイントをもらえるキャンペーンもある

    ★手数料は自治体によるが300円程度かかる

    車検が近い場合はクレジットカード払いはオススメできない

    いつでも、どこでも支払いが可能なクレジットカードでの自動車税の支払いは手軽で便利
    さらに、ポイントやマイルも貯まるというメリットは強いですよね。

    しかし、決算手数料がかかる点や納税証明書発行まで期間を要するので車検が近い場合は注意が必要というデメリットもあります。

    支払いのメリットやデメリットをしっかりと確認して、ちょっと負担の大きい自動車税をポイントなどに変えてお得に支払いましょう。

    セブンカード・プラス nanacoポイントがお得!

    リクルートカードとETCカードを作る5つのメリット

    イオンカードセレクトがイオンユーザーにっとて最強にお得なカードである理由

    
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。